Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

管理職層の転職が難しい4つの理由|管理職層の転職メリット・デメリット

管理職といえばキャリアも豊富で実績もある人というイメージがありますが、実は管理職の転職は難しいといわれています。ここでは管理職の転職が難しい理由や管理職の転職によるメリット・デメリット、おすすめの転職エージェントについてご紹介します

管理職層の転職が難しい4つの理由|管理職層の転職メリット・デメリット

管理職になってしまうと転職は難しい?

管理職とは、現場の決裁権を持つ役職であり会社において重要な役職を担う人です。会社の管理職になるということは出世を意味し喜ばしいことですが、実は管理職になってしまうと転職が難しいといわれる現状があります。

管理職の転職が難しい理由とはどのようなものなのでしょうか。ここでは管理職になってしまうと転職が難しい理由や管理職が転職することによるメリット・デメリット、管理職の転職に強いエージェントを紹介します。

管理職の転職が難しいと言われる4つの理由

管理職の転職は一般的に難しいといわれていますが、なぜ転職が難しいのでしょうか。一般的な考え方であれば、管理職であればそれなりの功績や実績、キャリアがある人という印象があるため、転職にも有利だと思われがちです。

しかし現実は違います。ここでは、管理職の転職が難しいという4つの理由についてご紹介します。

1:管理職者は年齢が高いことが一般的

管理職者というと一般的にはある程度の年齢に達しているケースが多く、転職サイトなどで求人を検索しても年齢で見合う求人が少ないです。管理職の転職が難しい理由は管理職者の年齢が高いということが挙げられます。

企業の求人は年齢制限があり通常は40歳を上限にしていたりするケースが多いですが管理職者といえば40~50代がメインです。そのため、管理職者の転職は入り口の時点で難しいものになっています。

2:マネジメント実績の正確な評価が難しい

管理職者の転職が難しい理由として挙げられるのが、マネジメント実績の正確な評価が難しいという点です。企業において管理職となっているという方の場合、それまでにさまざまな役職や部署を経験してきたでしょう。

また、その際に培ったマネジメントスキルも相当にあるはずです。しかし、それらのマネジメントスキルは履歴書や面接などですぐに測れるものではありません。そのため、管理職の転職はハードルが高く難しいといえます。

3:管理職求人は圧倒的に少ない

管理職者の転職が難しい理由として挙げられるのが管理職の求人数が圧倒的に少ないということです。前述のように、求人の年齢においても問題のある管理職ですが、それに加えて管理職の求人そのものが少ないということです。

また、ヘッドハンティングを除いては、いままでの管理職の条件に見合うだけの求人にはまず出会えないと考えた方が良いでしょう。この条件面の難しさが、管理職の転職が難しいといわれる理由だといえます。

4:「今の待遇と同等以上」の求人を探すのが難しい

管理職の転職が難しいといわれる理由に管理職としての今の待遇と同じかそれ以上の条件の求人を見つけるのが難しいということが挙げられます。管理職の場合、既に今いる会社において相当優遇された条件のもとで働いているケースが多いです。

転職において今までの会社と同じかそれ以上の条件を求めるのが一般的です。しかし、それほど厚遇な管理職の求人は少ないのが現状です。そのため、管理職の転職は難しいといわれています。

管理職が転職することで得られるメリット・デメリット

管理職が転職することが難しい理由が前述でわかっていただけたでしょうが、では管理職が転職する場合のメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

転職によるメリットがなければ、管理職に上り詰めたのにわざわざ転職する方もいらっしゃらないでしょうし、転職によるデメリットも存在するでしょう。ここでは、管理職の転職のメリット、デメリットについてみていきますのでご参照ください。

メリット

管理職者が転職することのメリットはいくつかあります。求人数が少なく、なかなか転職の難しい管理職ですが、以下の管理職の転職のメリットをみて、検討してみてはいかがでしょうか。

メリット1:キャリア・年収アップが見込める

管理職が転職するメリットとしてキャリアアップや年収アップが見込めるということが挙げられます。

管理職が転職する目的の一つはキャリアアップや年収アップでしょう。転職市場では中途採用や管理職需要は年々増えており、優秀な人材が欲しいと考える企業がヘッドハンティングを行っている現状もあります。

人によっては管理職の転職によってより厚遇された状況でキャリアアップや年収アップが見込めるということがいえます。

メリット2:現職や現業界の将来性への不安を解消できる

管理職が転職するメリットとして挙げられるのが現職や現業界の将来性に不安がある場合の不安を解消できる点です。もし現会社の将来性に不安があれば管理職として転職することは将来的にメリットが大きいです。

今は一企業に定年まで勤める終身雇用が崩れており転職する人も多いです。現職で企業が危なくなってから転職するより、それ以前に落ち着いて転職活動した方が希望に合う転職先を見つかる可能性が高いということもいえます。

メリット3:スカウトやヘッドハンティングが期待できる

管理職が転職するメリットとして挙げられるのがスカウトやヘッドハンティングが期待できるという点です。一般職より管理職の転職はヘッドハンティングやハイキャリア転職サービスが利用できます。これら制度を使えば自分から積極的に動かなくても転職活動が可能です。

それまでの実績や実力が伴わなければ希望に合うところの転職は難しいですが、ハイキャリア転職サービスが利用できる点でメリットがあるということがいえます。

メリット4:現状のマンネリ感を打破できる

管理職の転職によって得られるメリットに現状のマンネリ感を打破できるということが挙げられます。マンネリ感は現職場や業務で満足感がない状態のことを指します。

キャリアアアップやわくわくする気持ちを仕事に追求する人の場合には、転職することによってそういった気持ちを得ることが可能ですし、自分の意思によって更なるキャリアアップをすることもできます。その点でマンネリ感の打破は管理職の転職のメリットだといえます。

デメリット

管理職が転職する場合には、メリットだけでなくデメリットもあります。

前述のように管理職の転職が難しいという現状に加えて、管理職で転職をすることによって前職よりも年収や待遇面で良くない結果になったという方もいらっしゃいます。ここでは管理職が転職することによるデメリットをご紹介します。

これから転職したいと考えている管理職の方は、以下のデメリットもよく考えた上で転職活動を行うようにしましょう。

デメリット1:転職後のプレッシャーは一般社員とは別次元

管理職が転職する場合のデメリットは転職後のプレッシャーが一般社員よりもはるかに高いという点です。

管理職は転職先で異なる環境でも期待される以上の業績を上げなければなりません。転職先企業の期待に応えられなければ解雇もあり得るため、そのプレッシャーは非常に大きいです。

転職によるミスマッチによって、そのプレッシャーに応えられない人は多く、転職エージェントによる適切な企業への転職が非常に重要になってきます。

デメリット2:入社してみたら「管理職候補」だったという可能性

管理職が転職する場合のデメリットに、入社してみたら「管理職候補」だったという可能性が挙げられます。求人の中には、「管理職候補」という名目で求人を出す企業がありますが、これは管理職ではなく飽くまで管理職候補、つまり一般職です。

もしかしたら、あなたの管理職としてのキャリアや実績が正当に評価してもらえず、管理職にはなれない可能性があります。管理職の転職においては慎重に求人を見極めることが重要です。

管理職の転職に強いエージェントを活用しよう

ここまで管理職の転職が難しいことや管理職の転職のメリットやデメリットをみてきましたが、管理職の転職には転職エージェントが便利です。特に転職エージェントを利用することによって自分に合った転職先を紹介してもらえるため管理職の転職のデメリットを補ってもらえます。

ここでは、管理職の転職に転職エージェントを使うメリットや、管理職の転職に強いおすすめの転職エージェントをいくつかご紹介いたします。

エージェントを使うことで転職のデメリットを防げる

管理職の転職では上述のようなデメリットがあります。

しかし、転職エージェントを活用することにより、自分に見合う転職先を紹介してもらえたり転職後の失敗を防ぐことが可能です。また、管理職候補など求人の内容を見誤ることなく最適な転職先を転職エージェントが紹介してくれます。

転職エージェントは求人を紹介してくれるだけでなく、転職時のサポートや相談にも乗ってもらえますのでとても心強い味方だということがいえます。

おすすめの転職エージェント

管理職の転職が難しいという実態をご紹介しましたが、そのような難しい管理職の転職を支援してくれるのが転職エージェントです。

そのような管理職の転職に心強い味方になってくれる転職エージェントですが、ここでは特におすすめの転職エージェントをご紹介します。これから転職しようとお考えの管理職の方はぜひご参照ください。

1:CAREER CARVER

管理職の転職におすすめの転職エージェントに「CAREER CARVER」があります。「CAREER CARVER」は大手人材紹介会社であるリクルートキャリアが提携する転職エージェントで、30~40代のミドル世代向けの転職サポートに強い特徴があります。

また、転職コンサルタントは無料で求人探しや面接サポートをしてくれますのでハイキャリア転職を希望する方にぴったりの転職エージェントです。

2:BIZREACH

管理職の転職におすすめの転職エージェントに「BIZREACH」があります。BIZREACHは、利用企業数5000社以上で、ヘッドハンターからスカウトが来るという珍しい転職エージェントです。

は、会社に転職活動がバレたくない、年収アップしたい、忙しくて転職活動がおもうようにできないという方におすすめの転職エージェントです。

3:doda

管理職の転職におすすめの転職エージェントに「doda」があります。は転職サイト兼転職エージェントとして日本最大級のサイトであり、特に管理職を主要ターゲットとして転職エージェントサービスに力を注いでいます。

また、dodaは大手転職エージェントならではの国家資格を有するキャリアアドバイザーを設置したりサービス向上に努めており、他転職エージェントにひけをとらない管理職求人数を誇ります。

管理職としての経験や実績を上手にアピールしよう

いかがでしたか。管理職の転職が難しい理由がわかっていただけたでしょう。しかし、管理職の転職は最適な転職先にキャリアアップや年収アップを見込んで行った場合には、とても良い効果があるということもわかりました。

管理職の転職は難しいと最初からあきらめずに、転職エージェントを活用して、管理職としての経験や実績を上手にアピールし転職を成功させましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related