Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

転職するなら結婚前?結婚後?考えてほしい5つのポイント

結婚前に転職しようか悩んでいる方はいらっしゃいますか。女性の場合は結婚によって生活が一変するため、それに合わせて転職する方が大勢います。ここでは結婚前と結婚後の転職のメリットとデメリット、どちらがおすすめかなどをご紹介いたします。

転職するなら結婚前?結婚後?考えてほしい5つのポイント

結婚の前に転職を悩む女性は結構多い

女性は結婚を機に将来のことを考え働き方に悩む人が大勢いらっしゃいます。結婚すると夫との生活が始まり子どもができて生活が一変し、今までと同じく仕事ができるだろうか、両立できるのだろうか、と悩む節目のときだからです。

男性も生活が変わりますが、女性の場合は家事の負担が多く子育ても中心となりその影響が大きいため、結婚する前にライフスタイルを考えていまのうちに転職しようかと悩む人が多いです。

仕事と結婚生活を両立させるのは大変

転職するなら結婚前?結婚後?考えてほしい5つのポイント
女性が社会で活躍するようになってから言われているのが仕事と結婚生活の両立の難しさです。なぜ大変なのかと考える人もいらっしゃるでしょうが、結婚すると一人だけでなく相手の分も含めて食事や洗濯、掃除その他の雑事と負担が増えます。さらに結婚し数年すると子どもができて負担は何倍にも膨らみます。

もちろん、夫の手助けはあるでしょうが依然として女性の負担は大きいため、仕事と結婚生活の両立は難しく大変です。

結婚を機に転職をする理由5つ

転職するなら結婚前?結婚後?考えてほしい5つのポイント
結婚を機に転職しようと決意する人が多いと前述しましたが、それはどういった理由からなのでしょうか。ここでは、結婚を機に転職する理由をいくつかご紹介します。これから結婚を控えている方や転職を考えている方はぜひご参照ください。

結婚を機に転職をする理由1:同棲のため引っ越しをした

結婚を機に転職する理由としてまず挙げられるのが、同棲のための引っ越しです。結婚前に同棲するという場合に新居がいまの職場から遠くなってしまい、新居に近いところに転職するためです。結婚前提の同棲ですから、そのまま結婚生活が続く可能性も強く、いっそ結婚前に転職しようということです。

結婚を機に転職をする理由2:妊娠・出産を考えている

結婚を機に転職する理由として妊娠や出産を考えてということが挙げられます。いまの会社が妊娠・出産の場合すぐ退職させられるのが慣例だったり、産休や育休がとりにくい場合は子どもを産んで育児と仕事の両立ができません。そのため、結婚を機に妊娠・出産を想定して産休や育休をとりやすい職場に転職するということです。

妊娠してからでもいいんじゃないかと考えるでしょうが、身重になってからではどこも雇ってはくれません。

結婚を機に転職をする理由3:家事との両立をするため

転職するなら結婚前?結婚後?考えてほしい5つのポイント
結婚を機に転職する理由に家事との両立をするためということがあります。現在勤めている会社で残業が多く休日出勤も多いという場合は、家事をする時間がないでしょう。そのため、残業や休日出勤のない会社へ転職するということです。

家事なんて現代では洗濯機や食洗器があるのではと考えるでしょうが、家事はそれだけではないですし夫が家事は奥さんにやってほしいと考える人の場合は転職して家事をやることが必要になってきます。

結婚を機に転職をする理由4:収入をアップさせるため

結婚を機に転職をする理由としては収入をいまよりもアップさせるためということが挙げられます。結婚した場合、子どもができて子育てにお金がかかりますし、家を建てたりと独身のときよりも安定した収入が必要になってきます。現在の収入が不安定かつ低いと考えている方は結婚を機により好条件のところに転職しようとするということです。

結婚を機に転職をする理由5:ライフスタイルに合う仕事を選びたい

転職するなら結婚前?結婚後?考えてほしい5つのポイント
結婚を機に転職する理由として、結婚によってライフスタイルが変わることから、生活重視の勤務体制が許される仕事に転職したいということがあります。例えば、フレックスタイムがある会社であれば夫の勤務時間や子どもの保育園の登園退園に合わせて出勤や退勤ができますし、また在宅で仕事ができる職であれば子育て中でも自分の都合に合わせて仕事ができます。

転職をするなら結婚前?結婚後?

転職するなら結婚前?結婚後?考えてほしい5つのポイント
転職をするなら結婚前か結婚後どちらが良いのかに関しては、結婚前がおすすめです。というのは結婚後は採用側としても「すぐに産休に入るのでは」と懸念される可能性があるからです。結婚前の場合はいろいろと柔軟に対応できますし、職場の環境に慣れて信頼関係を構築してから結婚、出産、子育てというライフスタイルの変化に対応しやすくなります。

転職する場合は結婚後の生活のことも考えて、結婚前にするようにしましょう。

結婚前に転職するメリットとデメリット

転職するなら結婚前?結婚後?考えてほしい5つのポイント
結婚前か結婚後のどちらが転職活動をするのに良いかについて前述しましたが、結婚前の転職と結婚後の転職ではそれぞれのメリットとデメリットがあります。ここでは、結婚前に転職するメリットとデメリットについてみていきます。

結婚前に転職するメリット1:結婚後の生活がスムーズになる

結婚前に転職するメリットとしては結婚後の生活がスムーズになるということが挙げられます。結婚前に転職すれば、独身ですので転職による人間関係を構築や職場環境になれるための行動が柔軟にできます。そこでしっかりと人間関係を作り仕事に慣れておくことにより、結婚後の生活がスムーズになります。

また結婚後は子どもができライフスタイルも変わりますので、しっかりと職場環境を整えてから結婚生活に移ることができます。

結婚前に転職するメリット2:キャリア環境ややりたい仕事を選びやすい

結婚前に転職するメリットとしては、キャリア環境ややりたいことを選ぶことができるということです。結婚前であれば、自分がそれまでに積み重ねたキャリアを武器にして転職することが可能ですし、自分のやりたいことができる企業に転職しやすい状況です。逆に結婚後だと採用面では不利になりやすく、希望の職種や企業に転職するのが難しくなってきます。

結婚前に転職するデメリット1:すぐに産休・育休は取れない

転職するなら結婚前?結婚後?考えてほしい5つのポイント
結婚前に転職するデメリットとしては、転職後すぐには産休や育休がとれないということです。転職したからには、まずは職場に慣れて仕事を覚えなくてはなりません。また、すぐに産休や育休をとれば職場の同僚や上司との信頼関係を構築できません。

結婚前に転職する場合には、ある程度の期間的な余裕をもって臨まなければならないということです。いますぐにも結婚して子どもを作りたいという場合には結婚前の転職は向きません。

結婚前に転職するデメリット2:企業選びを間違えると結婚生活にも影響する

結婚前に転職するデメリットとしては、企業選びを間違えると結婚生活にも影響するということです。結婚前に転職して結婚後の生活を安定させようと考えていても、企業選びで間違って自分のライフスタイルに全く合わない状況に陥ってしまう可能性があります。そうなると、結婚生活そのものに影響してきます。

結婚前の転職は良いですが、企業選びは慎重に行うようにしましょう。

結婚後に転職するメリットとデメリット

転職するなら結婚前?結婚後?考えてほしい5つのポイント
結婚前に転職するメリットとデメリットをみてきましたが、結婚後に転職する場合にもメリットとデメリットがあります。ここでは結婚後に転職する場合のメリットとデメリットをご紹介します。

結婚後に転職するメリット1:現実的に求人を選べる

結婚後に転職するメリットとしては、実際に結婚生活を経た上で職探しをするため、その生活に合った求人選択ができるということです。結婚前に転職した場合は、人間関係を作ったり慣れたりはできますが、実際の結婚生活には合わないということがあり得ます。

しかし、結婚後であれば実生活に沿った職場を選択でき、旦那さんと話し合った上で就職先を決めることができます。

結婚後に転職するメリット2:主婦を歓迎する働きやすい職場に応募できる

転職するなら結婚前?結婚後?考えてほしい5つのポイント
結婚後に転職するメリットとしては、主婦を歓迎する職場に応募できる点です。結婚して子どもができたりすると、時間的な余裕がなくなりますが、職種や企業によって時間の融通がきき主婦歓迎というところもあります。結婚後であれば、そのような職場に就職でき、実際に家庭のトラブルや子どもの病気や行事にも柔軟に対応できるという利点があります。

結婚後に転職するデメリット1:収入・キャリアの維持が難しい

結婚後に転職するデメリットとしては、それまでの収入やキャリアを維持するのが難しくなるという点です。結婚後に転職しても、企業側はすぐに子どもができて産休や育休に入るのではないか、また実際に時短勤務したりなど周囲に迷惑をかける存在として、それまでより悪い勤務条件を提示することが多いです。

また、結婚後転職すると時間的な余裕がなく仕事をしっかりとこなせない状態になり結果として収入が激減することがあります。

結婚後に転職するデメリット2:仕事と家庭に忙しく転職活動が中途半端になる

結婚後に転職するデメリットとしては、結婚して家庭や仕事が忙しく転職活動しようとしてもおもうように活動できないという点です。結婚をすると、自分以外の夫や子どもにも時間がとられる上に現職の仕事も手を抜けず時間がいくらあっても足りない状態になっているでしょう。そのため、転職活動をしようとしても中途半端になる可能性が高いです。

その点では結婚前の転職活動の方が時間的にも気持ち的にも余裕があり成功する可能性が高いです。

結婚を機に転職する際に考えるべき5つのポイント

転職するなら結婚前?結婚後?考えてほしい5つのポイント
ここまで結婚を機に転職する場合のメリットとデメリットやその理由などをみてきましたが、実際に転職する場合には考えるべきポイントがあります。ここでは、結婚を機に転職する場合の考えるべきポイントについてご説明します。

ポイント1:転職先の既婚者・年代別女性の比率をチェックする

結婚を機に転職する際には、転職先の既婚者の割合や年代別女性の比率を確認しましょう。既婚者の割合が多い職場では、既に産休や育休をとりやすい状況になっているところも多く、転職後も仕事と家庭の両立がうまくいく可能性が高いです。

しかし、若い女性ばかりの職場で既婚者が誰もいない状況の場合には、妊娠し出産、子育てというときに融通がきかない、周囲の協力を得にくいということが考えられます。

ポイント2:将来的な出産まで見越してキャリアプランを立てる

結婚を機に転職する際に考えるべきことに、将来的な出産までを見越してキャリアプランを立てるということです。転職して終わりではなく、転職後に結婚し出産し子育てをする中でもキャリアアップを目指すことができる職場かを見極めましょう。

出産や子育てしながらのキャリア育成は厳しいですが、将来のことを考えればキャリアを積むことができる職場が最良の職場といえます。

ポイント3:企業に求める条件はできるだけ絞る

結婚を機に転職する際に考えるべきことに、企業に求める条件はできるだけ絞るということがあります。結婚することを前提にした転職の場合は、時間的融通のきく職場を選択する方は多いでしょう。そうなってくると、企業としてもあまり高い条件を出された場合には採用を見送ることになります。

家庭との両立を考えて転職するため、企業に求める条件はできるだけ絞ったものにしましょう。

ポイント4:長く働きたいという意思は具体的に示す

転職するなら結婚前?結婚後?考えてほしい5つのポイント
結婚を機に転職する際に考えるべきことに、長く働きたいという意思を具体的に示すということがあります。企業側は結婚する人や結婚した人の場合に、どれくらいの期間勤めるつもりなのかを重要視します。初めから長く働きたいという意思をはっきりと伝えておくことで、その不安を取り除くことができます。

また、仕事へのやる気を見せることにもつながるため、長期間働く意思をしっかりと企業側に示しましょう。

ポイント5:産休や育休の有無を確認する

結婚を機に転職する際に考えるべきことに、その企業に産休や育休制度があるか、また産休や育休を取得した実績があるかを確認するということがあります。転職してから産休や育休がない企業だったと気づいても、もう遅いです。

また、産休・育休制度があったとしても実績がない場合には実際に取ることが難しい職場である可能性があります。転職活動の際には産休・育休があるかを必ず確認しましょう。

すぐに出産の予定がないのであれば基本的に「結婚前」がおすすめ

転職するなら結婚前?結婚後?考えてほしい5つのポイント
いかがでしたか。女性は結婚によりライフスタイルが変わるため、それを機に転職する方は大勢います。また、転職活動は余裕のある結婚前に転職活動をした方が基本的には良いです。どうしても結婚後は採用のときに不利になる可能性がありますし、結婚前の転職の方が職場に柔軟に対応できるからです。

これから結婚を機に転職するという方は、結婚前に転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related