Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月22日

30代でキャリアプランをたてるポイント8つ|役立つサイト

30代は社会に出て10年以上経過しており、社内において自分の今後のキャリアが見えてくる時期です。30代でキャリアプランを見直すことで、自分の仕事における生涯の目標を明確にすることができます。ここでは30代でキャリアプランをたてる際のポイントをご紹介します。

30代でキャリアプランをたてるポイント8つ|役立つサイト

キャリアプランとは

キャリアプランとは、自分がこの先どのような仕事をしたいか、将来的にはどのポジションに就きたいかという事を、目標を持って計画を立てることです。

ひとつの会社に属している間は、ある程度キャリアプランを会社任せにできますが、転職する際は、現在の仕事とどのような違いがある職種に就きたいのか、転職することで将来的に自分のキャリアをどのようにしたいのかを、明確にして自分でキャリアプランを考える必要があります。

30代でキャリアプランを見直す意義

30代は社会に出て10年以上経過しており、社内において自分の今後のキャリアが見えてくる時期です。また、転職する際は20代の時よりも明確な目標や実績が必要となります。

30代でキャリアプランを見直すことで、今の職場でどのポジションを目指すか、もしくは転職してどういった仕事に就くか深く検討し、自分が仕事を通じてどういったことを成し遂げたいか、生涯の仕事における自分の目標を明確することができます。

30代でキャリアプランをたてるときのポイント8つ

30代でキャリアプランを見直すことが、自分の生涯において仕事の目標を明確にすることにつながり、重要で意義のあることだと分かりました。

ある程度好きなようにキャリアプランがたてられた20代とは違い、30代でキャリアプランをたてる際には、自分が今までしてきた実績をふまえ、現実的にキャリアプランをたてる必要があります。

ここでは、30代でキャリアプランをたてるときのポイント8つをご紹介していきます。

ポイント1:理想の年収を考えてみる

30代でキャリアプランをたてるポイント8つ|役立つサイト
理想の年収を考えてみることが、30代でキャリアプランをたてるときのポイントです。自分が40代、50代となったときに理想の年収はいくらか考えてみましょう。

今よりもっと上の年収が欲しいならば、今の職場で出世に力を入れるか、年収の上がる職場へ転職するといった選択肢が出てきます。また、さほど高い年収が必要ないのであれば、現状維持につとめ家庭や趣味を充実させることが目標になります。

ポイント2:自分だけの武器を書き出してみる

30代でキャリアプランをたてるポイント8つ|役立つサイト
自分だけの武器を書き出してみることが、30代でキャリアプランをたてるときのポイントです。職場で伸びしろが求められた20代とは違い、30代では自分だけの武器、専門性が求められます。

自分だけの武器を紙に書き出してみましょう。営業能力や経理能力、パソコンスキル、コミュニケーション能力、企画力など、自分の強みを見つけましょう。自分だけの武器を生かすことが、今後のキャリアプランのヒントとなります。

ポイント3:転職のメリット・デメリットを確認する

30代でキャリアプランをたてるポイント8つ|役立つサイト
転職のメリット・デメリットを確認することが、30代でキャリアプランをたてるときのポイントです。20代と比べて、30代での転職はより厳しいものとなります。

30代は職場で即戦力になれることや、管理職としての管理能力が求められます。厳しい転職状況でも転職することにメリットがあるか、また転職でどんなデメリットがあるか、あらかじめ確認してキャリアプランをたてるようにしましょう。

ポイント4:40代・50代でのキャリアを明確にする

40代・50代でのキャリアを明確にすることが、30代でキャリアプランをたてるときのポイントです。40代・50代となるとさらに転職は難しくなり、ほとんどの場合は30代で決めた職場で活躍することになります。

30代でたてたキャリアプランが、自分の40代・50代のキャリアを決定するとも言えます。自分の将来的な40代・50代のキャリアも踏まえ、キャリアプランをたてていきましょう。

ポイント5:ライフプランとの兼ね合いを考える

30代でキャリアプランをたてるポイント8つ|役立つサイト
ライフプランとの兼ね合いを考えることが、30代でキャリアプランをたてるときのポイントです。30代では家庭を持っている人も多く、家族のことも考えてキャリアをたてなければならない人も多いでしょう。

特に子どもがいる家庭は生活費や教育費など、今後長期に渡って出費が見込まれるため、家族とも話し合い、家族全員が幸せになれるようなキャリアプランを目指しましょう。

ポイント6:転職しなくても不満を解消できないか考える

転職しなくても不満を解消できないか考えることが、30代でキャリアプランをたてるときのポイントです。日本では転職することがキャリアに良い影響を与えないケースが多々あります。

今の職場の良い点と不満点を書き出し、不満を転職せずとも解消できないか考えてみましょう。不満があるからとすぐに転職すると、転職に失敗します。不満を解決できないか考え行動してみて、どうしても解決できない場合のみ転職を決断しましょう。

ポイント7:メンターを見つける

30代でキャリアプランをたてるポイント8つ|役立つサイト
メンターを見つけることが、30代でキャリアプランをたてるときのポイントです。憧れの上司や先輩、理想のキャリアを築いている人など、自分のメンターとなる人を見つけ、自分のキャリアについて相談しましょう。

自分一人でキャリアプランをたてると、どうしても独りよがりになりがちです。理想とする先人の知恵を借りることで社会人として見聞を広め、自分のキャリアプランに客観的な視点を取り入れることができます。

ポイント8:転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用することが、30代でキャリアプランをたてるときのポイントです。30代で転職するとなると在職中に転職活動することになり、求人探しや書類・面接対策に十分な時間をかけられなくなります。

転職する際は転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーによる転職情報や面接対策など多くのサポートが受けられます。一般には出回っていない求人も紹介されるため、有利に転職を進めることができます。

企業が30代に求める能力とは?

企業が30代に求める能力は、20代に求めるものとは違います。社会人としてある程度経験を積んだ30代には、より専門的な能力が求められます。

企業は具体的に、30代にどのような能力を求めているのでしょうか。企業が求める能力を把握し、その能力を意識的に伸ばすことができれば、より転職市場で求められる人材になれます。

ここでは、企業が30代に求める能力についてご紹介していきます。

能力1:業務遂行能力

企業が30代に求めるのは、業務遂行能力です。業務遂行能力とは、与えられた仕事を責任持って達成する能力のことです。

ただ単に言われたことをやるのではなく、たとえば書類の作成を命じられたなら、この書類はいつどのように使われるものなのか確かめ、いつまでにどのような形式で仕上げれば良いのか考え作成する、コミュニケーション能力やスケジュール能力を総括した、仕事を円滑に回す能力が求められます。

能力2:後輩を育てる能力

企業が30代に求めるのは、後輩を育てる能力です。30代は自分が職務をこなすだけでなく、自分がしてきた仕事を後輩でもできるように指導し、育てる能力が求められます。

組織の中で働く以上、自分がいない状況でも仕事が滞りなく動くようにしなければならないため、後輩を育てる能力は重要です。後輩が成功したら褒めて失敗したらフォローする、後輩の性格を配慮して指導するなど、コーチングのスキルが求められます。

能力3:自分で仕事を作り出す能力

企業が30代に求めるのは、自分で仕事を作り出す能力です。30代は仕事に慣れ、どのような時にどう動けば良いのかがわかってくる時期です。30代で人から与えられた仕事をただこなしているだけでは、企業から求められる人材にはなれません。

企業は今ある業務を遂行するだけでなく、業務を改善していく、会社をより良くしていく人材を求めています。自分で仕事を作り出す能力を発揮するためには、観察力や発想力が重要となります。

能力4:培った人脈の活用

30代でキャリアプランをたてるポイント8つ|役立つサイト
培った人脈の活用が、企業が30代に求める能力です。社内および社外の人脈は働く人にとっての財産です。人脈を培うことで入手しにくい情報を手に入れる、困った時に助けて貰える、といったメリットがあります。

時間をかけて築いた人脈は簡単に手に入るものではないため、企業は人脈豊かな人材を常に求めています。多様で質の深い人脈を構築していれば、多くの企業から求められる人材となれます。

能力5:将来の管理職としてのマネジメントスキル

将来の管理職としてのマネジメントスキルが、企業が30代に求める能力です。企業は30代に対し、将来的に有能な管理職となって貰うことを期待しています。

管理職として重要なのが、部署の管理をするマネジメントスキルです。目標を設定して進捗を図ったり、部下の能力を把握し、最大限に引き出したりするスキルも求められます。今すぐに高いスキルは発揮できなくても、先人からスキルを学んでいくことを企業は望んでいます。

キャリアプランをたてるとき役立つサイト

30代でキャリアプランをたてるポイント8つ|役立つサイト
キャリアプランをたてるとき、転職エージェントを利用すると多くのサポートが受けられ便利だと、上の項目でご紹介しました。転職エージェントや求人サイトは多数存在しますが、どのサイトに登録すれば良いのでしょうか。

転職エージェントや求人サイトは、サイトによって受けられるサービスが異なるため、複数のサイトに登録しておくのがオススメです。

ここでは、キャリアプランをたてるときに役立つサイトをご紹介します。

リクナビNEXT

リクナビNEXTが、キャリアプランをたてるときにおすすめのサイトです。リクナビNEXTに登録しておくと、リクナビNEXTにしか掲載されていない求人情報がメールで毎週届くほかに、気になる企業をリストに登録して一括で管理することができ、効率良く転職活動が進められます。

また、職務経歴などを登録しておくと企業から求人オファーが来ることもあるため、登録しておいて損のないサイトです。

グッドポイント診断

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」は無料の自己分析ツールで、質問に答えるとあなたの隠れた強みが見つかり、今後のキャリアに生かすことができます。

グッドポイント診断で発見する強みは18種類に分かれており、質問の結果によってそのうち5つの強みを見つけて貰えます。診断された強みを今後どのように仕事に生かすことができるのかも書かれているため、キャリアプランをたてるときに役立ちます。

マイナビ転職

マイナビ転職も、キャリアプランをたてるときにおすすめのサイトです。マイナビ転職は国内最大級の転職サイトで、豊富な求人情報から自分に合った仕事を探すことができ、WEB履歴書の添削も無料でしてもらえます。

また、「転職ノウハウ」というコンテンツでは、転職に迷っている状態から職務経歴書の書き方、面接対策まで、転職にまつわる豊富なアドバイスが学べるため、一度目を通しておくのをおすすめします。

30代はキャリアプランを見直す時期

今の職場と自分の能力に基づいた現実的なキャリアプランをたてるには、30代でキャリアプランを見直すのが最適な時期です。

40代・50代となると転職はさらに難しくなるため、転職を考えている人にとっては30代のうちにキャリアプランを見直すことが非常に重要です。記事でご紹介したポイントも参考に、自分の能力を最大限に生かせるキャリアプランをたててみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related