Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

転職を考えるときの状況7つ|転職を考えるときの年齢は?

CMでもお馴染みの転職サイトがたくさん増えましたが、転職を考える時に考えておくべきことをご紹介します。また、転職を考えるときに気になるポイントもご紹介します。転職を考えるときには年齢やスキルなども含めて考えることで転職が成功できます。

転職を考えるときの状況7つ|転職を考えるときの年齢は?

転職を考えるときの年齢は?

転職を考えるときには、年齢も問われることが多いです。アメリカでは年齢や国籍で判断しないように、履歴書には生年月日や写真を張り付けないことが一般的です。しかし、日本で転職を考えるときには、年齢も考慮されます。

求人内容によっては、キャリア育成のために、応募資格に年齢制限が設けられていることもあります。一般的には35歳までと定められていることが多く、転職を考えるときには、35歳までが有利といえます。

24歳~26歳が最も多い

転職を考えるときの年齢で最も多いのは、24歳~26歳です。この年齢は、大学を卒業後の1社目を経験し、次へのステップや会社への不満も抱きやすい年齢です。そのため、転職を考える人も多くなります。

また、24歳~26歳は社会人としてもまだ若く、企業からも求められる確率が高く、転職に有利といえます。年齢制限により求人に応募できないということはまずないでしょう。

転職を考えるときの状況7つ

転職を考えるときには、それぞれの理由があります。転職を考えるときの状況を7つご紹介します。転職を考えるときの一般的な状況は、今の会社に何かしら満足していないことが多いです。

もちろん、不満を解消するだけでなく、自分自身のスキルアップを目的としている場合もあります。現状を把握することで、転職を考えるときの目的や目指す方向も見いだせるので、転職を成功させるためにも1度考えてみましょう。

1:残業代が支払われない

転職を考えるときの理由として、残業がつかないとか、残業時間が長いということが考えられます。世間でもサービス残業という言葉があるように、残業が支払われない企業もあります。また、ある程度の残業時間を超えないと支払われないということもあります。

残業代についても、入社時に確認しておくことが大切です。また、生活環境がかわったり残業ができない状況になることもあるため、転職を考えるときもあります。

2:社内がギスギスした雰囲気

転職を考えるときの最も多いと言われている理由が、社内の人間関係です。人間関係が悪いと社内がギスギスした雰囲気となり、仕事に行くことに億劫になることもあります。

社内の人間関係はコミュニケーション不足などで悪化する傾向があります。性格の問題もあるため、人間関係に関しては最も難しい問題ではありますが、転職という結果に至るケースもあります。

3:会社が業績悪化に手を打たない

会社の業績悪化し、幸先が不透明になることにより、転職を考える方もいます。会社の業種によっては、どうしても時代の流れにそえないこともあり、業績が落ち込むこともあります。

新規事業を試みたりと、業績を取り戻す改革がなされなければ、この先勤め続けていても将来に不安を感じることもあります。転職を考える中で最も深刻な問題といわれています。

4:給料があがらない

勤務が長くなるにつれて、仕事の評価であったり、年齢給などにより、一般的には給料がアップします。しかし、業績が悪化すると、給料があがらず転職を考える方もいます。

仕事の内容に不満がなく、順調であっても給料が見合っていないと、やる気が減少したりもします。給料は生活にも直結するために、見て見ぬふりはできない問題の1つです。

5:新しいことにチャレンジしたい

特に若い世代の場合、仕事をする中で、新たな発見や今まで知らなかったことに触れあうなかで、新しいことにチャレンジしたいというおもいを抱くことがあります。転職を考えるときの理由として、スキルアップを目指すという前向きな理由です。

新たな資格を取得したり、勉強にはげんだ上で、転職をする方もいます。今後の時代の流れのニーズにあった方向へと進路変更することも考えられます。

6:転居

女性に多き転職を考えるときの理由が、結婚などによる転居という事情です。転居した場合、現状の会社に通勤することが困難となり転職する場合です。大手企業でない場合、転勤なども難しいが、結婚後も働きたいという女性が多いです。

現在では、一般企業でも在宅ワークを取り入れている企業も増えており、さらに女性も働きやすくなっています。これらのことも含め、転居する結果になることも多いです。

7:やる気が見いだせない

仕事をする上で、1日のなかで仕事に費やす時間が最も多く、仕事にやる気が見いだせないう理由で、転職を考えるときがあります。今の仕事が向いていないのではないか、もっと違う仕事に興味深々であるなど、個人のおもいはそれぞれです。

仕事は1年経過すると一人前と言われることが多いですが、その後も自分で試行錯誤することでやる気や面白みを見いだせることもあります。

いったん転職を保留した方がいい人の特徴

転職を考えるときには、今の現状をよく考えることが大切です。転職を考えなおした方がよいこともあり、一時の感情であることもあります。それでは、どのような人は、転職を見直すべきがご紹介しますので、ぜひともご参考にしてくだい。

誰でも1度は仕事を辞めたいとか行きたくないとおもうことはあります。それでも、転職にいたらない理由もあるということです。

特徴1:安定志向の強い人

チャレンジ精神が薄く、安定を求めるタイプである場合、転職を考えなおした方がよいことがあります。転職したからといって、今以上によい環境に恵まれ、理想どおりになるとは限りません。

今抱えている転職願望に繋がる問題がより悪化することも考えられます。現状の仕事が安定しているのであれば、今の問題を現職で改善することの力を入れることをおすすめします。

特徴2:定時退社に慣れている人

転職を考えるときに、次の職場で定時に帰社できなことも十分あります。現職が定時退社できている方は、定時退社に慣れてしまっている傾向が強いです。転職を考えるときには、条件も考えなおすことが重要です。

勤務条件と転職願望を抱いている不足を天秤にかけることで、本当に転職すべきかどうかを考えなおしてみましょう。

特徴3:未経験の職種ばかり気になる人

転職を考えるときには、隣の芝が青く見える傾向があります。自分が経験したことがない職種が輝かしくうつり、転職をしたいという方向に向かってしまうことです。チャレンジ精神を持つことはよいことですが、現職を極めることも大切です。

未経験の職種は楽しそうとおもいがちですが、見えない苦労や困難もあります。上辺のきれいな部分だけを見て、転職すると望んだ結果を得られないことも十分にあります。

特徴4:現状でやれることをやりきっていない人

転職を考えるときには、現職でやり残したことなどを見つめなおすよいチャンスでもあります。現職でやれることがあり、やりきってないのであれば、そこに力を入れることが先決です。

やりきってもいない状態で転職を考えるときには、逃げている、放棄しているというふうに捉えられることもあります。もう一度、自分の経験と現職を見返すことで、現職でのやりがいをみつけることもできます。

転職の限界年齢は?

転職を考えるときは、何歳であっても需要があえば成功します。しかし、実際のところ経験値やスキルによって転職は難しいことがあります。企業としても若い人材の方が、これから育て貢献してもらえる可能性が高いと考えています。

転職をするにあたって限界の年齢は30代までといわれています。40代になるとヘッドハンティングなど引き抜きがない限り、難しくなります。

転職の前に考えること

転職を考えるときには、仕事や職種だけでなくあらゆることに対して考慮するべきです。仕事以外のプライベートなことを始め、転職をするということの重要さを考えていきましょう。

まずは、転職をするにあたって、クリアにしておくことと、下調べをきちんと行いましょう。転職するに対しての内容を見返して、最終決断をすることをおすすめします。

変えたいのは仕事内容か会社か

転職を考えるときには、まずなぜ転職をしたいかをクリアにしましょう。会社に対してなのか、仕事内容に対してなのかでも、転職するときの方法も異なってきます。仕事内容の場合、職種をかえることになる可能性が高いです。また、職種に悩みがある場合には、会社に相談することで解決することもあります。

また、会社に悩みがある場合にも、勤務条件、業種などどこに不満があるのかを徹底的に考えてみましょう。

どの会社で何をしたいのか

自分のキャリアアップやスキルアップを目指すなかで、どこの会社でどんなことをしたいのかを考えましょう。転職を考えるときには、次のステップや目指す方向を持つことで、転職の成功率が断然アップします。

すでに応募したい企業がある場合には、企業の現状の求人内容などを確認しておきましょう。また、自分の職種と応募内容がマッチしているかどうかも重要なことです。

生活資金は十分か

転職をする際にうまく転職ができければ、無収入になる可能性も考えられます。無収入になったとしても、今までの貯えで生活できるかどうかは事前に確認しておきましょう。

もしも、生活が困難になるようであれば、転職を見送ることも視野に入れておきましょう。家族があり扶養家族がある人は、家族と相談することも大切です。

求人を閲覧する

転職を考えるときには、まずは現状の求人情報を把握しておきましょう。自分の望む求人があるか、時代によっては就職が難しいこともあるので時期も重要です。

転職する際は、新入社員と異なり、即戦力を企業も探しています。できる限りは、現職に近い仕事を探すことが転職の成功への近道です。

将来設計をたてる

転職を考えるときには、自分の将来設計も一緒にたてることがおすすめです。一時の気持ちや感情で転職することはとても危険です。将来どのようになりたいか、ビジョンを明白にすればするほど、やるべきことや目標へ近づくためにも得策です。

仕事だけのことではなく、結婚や趣味を向上させるなど、プライベートのことも大切です。仕事により何かを犠牲にすることはとても残念なことなので、できれば両立できる環境を整えましょう。

今が転職を考えるときか見極めよう

転職を考えるときの状況7つと転職を考えるときの年齢についてのご紹介はいかがでしたか。転職は年齢にもより、成功が左右されることも事実です。転職を考えるときには、世間から見る自分の評価も含め、きっちりと見極めて行動にうつしましょう。

最近では、転職サイトで無料の診断やカウンセリングもあるので、利用してみることもおすすめです。プロのアドバイスもとても参考になります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related