Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月22日

キャリアプランとは何か?考えるメリットと面接での答え方5つ

キャリアプランとは何かを考えるメリットと面接での答え方5つについて紹介しています。キャリアプランを立てることは、人生の計画を立てることと関係しています。キャリアプランをしっかりと立てることで、転職に有利になり賃金アップも見込めます。

キャリアプランとは何か?考えるメリットと面接での答え方5つ

キャリアプランとは

キャリアプランとは、自分の今後の職務内容の向上や、人生で何を成し遂げたいのかを明白にすることです。それには、今までのキャリアや学んできた知識なども多いに関わります。

将来的にどのような仕事をしたいのか、どのような人材になりたいのかを確認した上で、そのようになるための計画ともいえます。キャリアプランを立てることによって目標ができ、仕事を充実させることができます。

キャリアプランを立てるメリット

キャリアプランを立てることには多くのメリットがあります。キャリアプランを立てる前に、メリットを確認しておきましょう。メリットを確認することで、キャリアプランを立てることが楽しくなります。

将来的な設計を立てるために、キャリアプランはとても役立ちます。人生は一度きりなので、後悔しないためにもプランニングは大切です。

メリット1:仕事のモチベーションが上がる

キャリアプランを立てることで、具体的な目標ができ、仕事のモチベーションをアップさせることができます。仕事は同じことの繰り返しというわけではなく、ステップアップを実感できることにより、さらにやる気が増します。

やる気やモチベーションを上げるためにも、やりがいや楽しむことはとても大切です。キャリアプランは仕事をクリアし、前進していることを実感できます。

メリット2:取るべき資格やスキルがわかる

キャリアプランを立てることにより、何が必要で、どのようなことが不足しているかが見えてくるため、取るべき資格やスキルの具現化につながります。

取るべき資格やスキルがはっきりとわかれば、どのような勉強をするべきかも見えてきます。今何をすべきかを把握することで、キャリアップが図れます。資格やスキルを取得すれば、給料のアップや転職にも有利なる可能性が高いです。

メリット3:実現しやすい

ぼんやりとした目標や漠然とした夢は、掴み方や掴む方法が見出せないことがあります。しかし、キャリアプランをしっかり立てることで、夢や目標が実現しやすくなります。

夢や目標を実現させるためにも、キャリアプランはとても有効です。夢がない方でも、キャリアプランを立てることで、夢や目標がはっきりと確認できるきっかけにもなります。

キャリアプランの作り方

キャリアプランを立てることが将来的にとても有効なことがわかったところで、実際にキャリアプランを立ててみましょう。キャリアプランの立て方についてご紹介します。

キャリアプランを立てる時のポイントを押さえることで、誰でもキャリアプランを立てることができます。計画を立てることが苦手な方でも、一度ポイントを把握して、キャリアプランを立ててみましょう。

作り方1:人生でやりたいことを考える

キャリアプランを立てるときのポイントとして、人生で時間がかかってもやり遂げたいことを考えてみましょう。例えば、起業などの仕事に関することや、旅行に行きたいという願い、プライベートに関することでもよいです。

人生の中で少しでも興味を持ったことなど、まずはどんなことでも構いません。人生でやりたいことを、より具体的に考えることがポイントです。

作り方2:自分の過去や経験を振り返る

キャリアプランは、成功させるために立てます。そのため、まずは自分の経験や過去を振り返ることも重要です。自分の経験に基づいて次のステップを考えることは、キャリアプランを立てることにつながります。

自分の経験の中で、得意なことや好きなことなどを中心にピックアップしていきましょう。キャリアプランを立てる際のヒントになる可能性が高いです。

作り方3:自分の強みを考える

キャリアプランを立てるときは、自分の強みを考えてみましょう。自分の強みをさらに極めることで、キャリアアップにつながることがあります。自分の強みを考えるときには、資格やスキルなどの他に、性格や特徴などからも引き出してみましょう。

自分の性格を客観的にみることで、強みがわかるとともに、弱みを発見することもできます。弱みがわかれば、弱みを強化することも視野に入れておきましょう。

作り方4:やりたくないことを考える

誰でも苦手なことや、やりたくないことはあります。例えば、長年事務職をしていた方は営業職はやりたくないなどが挙げられます。キャリアアップをする中で、無理にやりたくないことをする必要はありません。

やりたくないことは誰かに頼んだり、業者にお願いするということもできます。どうしてもやりたくないことがあり、それが必須な場合には、自分で取り組むこと以外の方法も考えられます。

作り方5:キャリア年表を作る

キャリアプランを立てるときのポイントは、年表を作ることです。キャリアプランは、時間をかけて積み重ねていくものです。年表を作ることで、どれだけの時間が必要なのか、自分の中で期限を設けることができます。

キャリアプランを立てるときの年齢にもより年表は異なります。一般的には、今の年齢から55歳~60歳ぐらいまでにかけて作ることがおすすめです。

作り方6:ロールモデルを探す

ロールモデルとは、自分が目標にする人物のことを言います。例えば、憧れている方や理想の先輩や上司などが挙げられます。中には、両親など身近な方の場合もあります。

ロールモデルを挙げることで具体的な想像ができるため、キャリアプランを立てるときにもイメージしやすいです。また、ロールモデルがいる場合、その方に相談や質問をすることもできます。

作り方7:自分の価値観を棚卸しする

価値観は人によってそれぞれなので、自分の価値観を棚卸しすることで、基準を作ることができます。何事にも基準を持つことはとても大切です。価値観を変化させたり、変わっていくことは、キャリアプランを立てるときにも重要なポイントになります。

価値観は自分の視野と比例していることが多く、思考にも関係しています。キャリアアップをするときには、価値観や視野の広さはとても重要です。

作り方8:ゴールと期限を決める

キャリアプランを立てるときには、ゴール、いわゆる目標を明白にすることが大切です。ゴールから考えていくこともできますが、プランニングしていく過程でゴールを設定することもできます。いずれにせよ、ゴールは必須です。

ゴールができたら、ゴールするまでの期限を定めましょう。期限を定めることで、プランニングするだけで実行しないという先送りを防ぎます。

作り方9:ゴールに合わせて目標を設定する

ゴールに合わせて目標を設定することで、常に何をするべきかということがみえてきます。キャリアアップをしたいという方の多くは、漠然としていて、何をすべきか把握できていないことが多いです。

最終的なゴールまでのポイント毎の目標を設定することで、現状のやるべきことが見えやすくなります。大ジャンプをすることは難しいですが、日々小さなジャンプを繰り返してゴールに向かいます。

【年齢別】キャリアプランを考えるときのコツ

現状の年齢により経験値や価値観が異なるため、年代別のキャリアプランの立て方をご紹介します。キャリアプランはいつから立てたとしても遅くなく、早くもありません。

プランニングしようと思ったときに、適切なキャリアプランを立てることでキャリアアップを図れます。20代にキャリアプランを立てた方でも、30代で立て直すことも必要です。

20代のキャリアプランのコツ:先輩に相談する

20代の頃は、社会人経験が少なく、視野も狭いことがあるので、先輩や周囲の方に相談することも得策です。

先輩に現状の悩みや、目標への達成方法などを相談することでヒントや自分と違う意見を入手することができる可能性があります。思いがけないところから新たな見解が見えてくることもありますので、さまざまな人の言葉を聞いてみましょう。

30代のキャリアプランのコツ:経験力を見直す

30代になると、ある程度経験値が補われていますので、今までの経験を見直すことがおすすめです。社会人としての経験や年齢を重ねた上での経験など、20代の頃は見えてこなかったものが分かるようになるでしょう。

今までの経験を見直すことで、次のステップを見出せる可能性があります。また、経験からキャリアプランに必要なことと、そうでないことを振り分けることも大切です。

40代のキャリアプランのコツ:将来設計を踏まえる

40代でも転職する方は多く、まだまだキャリアアップは図れます。40代では、将来設計を踏まえた上でのキャリアプランを立てましょう。例えば、体力などもキャリアプランを立てるためには大切です。

面接でキャリアプランを聞かれたときの答え方

転職をするときなど、面接でキャリアプランを問われるケースが増えています。面接では、しっかりとキャリアプランを答えることで採用を勝ち取れる可能性はアップします。面接に行く際には、事前にキャリアプランを立てておくことがおすすめです。

答え方1:目標は具体的に答える

面接官にきちんと伝えるために、目標は具体的に答えましょう。何を伝えたいか不明であったり、あやふやな答え方をすることは避けましょう。面接官は、キャリアプランの中で、応募者と企業のマッチング率を確認しようとしています。

答え方2:目標に向けて努力していることを話す

キャリアプランを立てるだけでなく、その目標についてどのように努力しているか、達成しよとしているかを伝えましょう。単にプランニングしただけでなく、実行に移そうとする行動力を問われます。

答え方3:その会社に入ることがキャリアプランに重要なことを伝える

自分のキャリアプランの中で、応募する企業へ入社することが重要であることを伝えましょう。入社することがゴールでなくても問題ありません。つまり、将来的には退職して起業したいという場合でもよいのですが、その企業で何をしたいのかを示しましょう。

答え方4:自分の経験が会社での仕事に役立つことを示す

自分の経験が企業で貢献でき、役に立つことを含めて、キャリアプランを伝えましょう。企業はキャリアプランを問う中で、本当に企業に必要な人材かどうかを判断しています。

答え方5:夢を伝える

キャリアプランは仕事のことばかりでなく、プライベートに関する夢でも問題ありません。最近では、プライベートと仕事を同時に充実させることを前提で考えている起業もあります。

人生全体の満足度は、仕事だけでなく趣味や家族なども含まれます。私生活に関することばかりはおすすめできませんが、織り交ぜることはよいです。

キャリアプラン作りは周りの手を借りるのもおすすめ

キャリアプランとは何か?考えるメリットと面接での答え方5つのご紹介はいかがでしたか。キャリアプランは自分の力だけで立てることはとても難しいです。周囲の先輩や上司などに相談することにより、ビジョンが明確になることもあります。

悩みを相談することは悪いことではありません。恥ずかしがらずに、周囲の方に思い切って相談してみることで、キャリアプランへの糸口が見つかることもあります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related