Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月10日

転職しない人の理由11|本当は転職した方がいい人の特徴5つ

転職しない理由は色々あります。今回の記事では、転職をしないことを選択している人がそう決断している理由や、本人の意志に関わらず本当は転職した方がいい人の特徴を紹介いたします。転職しない人の理由が知りたい方、転職した方がいいのか気になっている方はぜひご覧下さい

転職しない人の理由11|本当は転職した方がいい人の特徴5つ

転職しない人と転職する人の違いとは?

転職しない人の理由11|本当は転職した方がいい人の特徴5つ
仕事をするのが嫌だ、人間関係に問題があるなどの理由から仕事を変えたい、転職したいと考えて働き続けている人は少なくありません。しかし、転職を実際にする人もいれば結局転職しないでずっと働き続ける人もいますが、その違いはどこにあるのでしょうか。

転職を実際にする人と違い、転職しない人は転職するほどの理由がなかったり、転職しようと決断しきれないから転職しないという理由があったりします。

転職した人のその後は?

実際に転職をした人のその後は、転職したことに満足して新しい職場で頑張る人と、思ったように転職が上手くいかず転職前と同じように不満を抱えて仕事をする人がいます。

転職するときに慎重に、きちんと明確な目的があり自分の実力も備えて転職した人は上手くいく場合が多いのですが、転職しない方が良かったとなってしまう人もいるのが実情です。転職しない人の転職しない最たる理由は、転職による失敗を恐れていることです。

転職しないメリット

転職しない人の理由11|本当は転職した方がいい人の特徴5つ
では、転職しない場合にどのようなメリットがあるのでしょう。転職しないので収入や職場が変わるといった変化がなく安定している他、会社で築いた人間関係もそのまま持ち続けることができる、といったメリットがあります。

長く勤務し続ければそれだけ、退職金などでも有利になると金銭面でもメリットは考えられます。転職しない人も、転職しないことによるメリットはあるのがポイントなので、そのことは知っておきましょう。

転職しない人の理由11

転職しない人の理由11|本当は転職した方がいい人の特徴5つ
転職したいと思いつつも、実際には転職しない人にはそれなりに理由があります。そこでここからは、転職をしない理由として11の理由を解説いたします。

転職というのは、自分の人生を一変させてしまう可能性があるほど大きな影響のあることです。そのため、転職を決断するには自分や周囲を゛十分に納得させる理由が必要となります。転職しない人には、転職しないだけの理由がどこかにあるのでしょう。

転職しない理由1:現状に満足している

現状に満足している、という理由で転職しない人は現在の状況にとくに不満がないため、そもそも転職する必要を感じたことがなく、転職したいとは考えていないでしょう。

転職したい人の転職理由がほぼ、何かしら不満があってそれを改善したいと考えているからなので、現在の職場の人間関係や自分の地位、仕事の内容や報酬などにとくに不満がないということは、転職をしない立派な理由となります。

転職しない理由2:転職先が見つかるかわからないから

転職しない人の理由11|本当は転職した方がいい人の特徴5つ
転職したいと考えていたとしても、現在の会社を辞めてより良い転職先が見つかる保証がないということは転職しない大きな理由になります。

家族がいる人も、1人暮らしをしている人も働かなくては生活していくことは困難です。

一時の感情などから短絡的に現在の会社を辞めても、次の職場が見つからなければすぐに生活が行き詰ってしまいます。そのような未来を懸念することが、転職をしないことの理由の1つとなっています。

転職しない理由3:転職活動をする時間がない

現在の仕事をしたまま転職しようとした場合、仕事をしながら就職活動をしなければならないのですが、激務などの理由でなかなか活動する時間がとれないという人の場合です。

この場合は転職しないというよりも、現在の仕事を続けたままでは転職はできないが正しいでしょう。転職する人は転職先を確保してから転職するのが一番安定していますが、新しい就職先を見つけるための活動すらできないなら転職することは非常に困難です。

転職しない理由4:会社に迷惑がかかるから

性格的に義理堅い人が転職しない理由として考えてしまうものに、自分の転職により会社に迷惑がかかるを避けたい、という理由があります。

現在の会社からしたら、即戦力で働いている人が他に転職してしまうということは仕事に穴が空きかねないことで、たいていの場合歓迎されることではないでしょう。

そのため、迷惑がかかるからと考えてしまう人はそれを理由に転職しない、転職できないままになる場合が多いでしょう。

転職しない理由5:同僚や上司に迷惑がかかるから

上の理由のように会社への迷惑を考えてしまう人もいますが、それよりも多いのが共に働く同僚や上司に自分の転職によって迷惑をかけてしまう、という理由で転職しない人です。

会社からは給料をもらっているのだからその分は働いたと考える人でも、同僚や上司のことを考えるとなかなか転職に踏み切れない、という人も少なくありません。特に親しい、あるいは恩義のある相手ならなおさら転職しない強い理由となってしまいます。

転職しない理由6:上司や家族の反対

転職しない人の理由11|本当は転職した方がいい人の特徴5つ
転職は大きな決意をする必要があることなので、上司や家族の反対を押し切ることができず転職したかったけれど転職しない、という場合もあります。

上司や家族といった親しい人から反対をされてしまうと、なかなか自分の決断を強行するのは難しいという理由があります。とくに子どもがいる家庭では学費などにお金がかかるという理由から、安定した生活環境を壊すことに繋がる転職に反対する可能性が高くなっています。

転職しない理由7:今の会社を改善したいから

自分の現状に満足していず不満があるという人でも、あえて現在の会社を改善していけばいいという理由で転職しないケースです。

自分の環境を今の会社で改善していこう、と考えている人はやる気があり自分の能力にも自信を持っている人です。

不満はあってもなんとかできると考えているから転職理由にならず、逆に転職をしない理由となります。ただこの場合、改善が上手くいかないと転職したい理由に変わってしまう可能性があります。

転職しない理由8:転職先が現状よりも良いかわからないから

転職したくても転職しない人の最も多い理由が、こちらのように転職したところで現状より良くなるかどうか分からない、という不安が理由になっているケースでしょう。

確かに転職したことで良くなるどころか、前より状況が悪化するという人もいない訳ではありません。そういった転職による失敗談を知ることで自分も不安になり、必ずしも今より良くなるわけでないなら転職しないでもよいのではないか、と考えるようになります。

転職しない理由9:今の仕事に責任があるから

プロジェクトを任されている人や、責任ある立場についている人はその立場が理由となる場合や、責任感の強い人が自分の仕事を投げ出せないことを理由に、転職をしないことがあります。

転職をする人が責任感がないという訳ではなく、転職を選択する人は自分がやらなくても他にやる人がいるという理由だったり、自分でなくても変わりはいるという理由などから、現在の仕事への責任が転職しない理由にはならないのでしょう。

転職しない理由10:長く働いているから

勤続年数が長いと有利になることも多々ありますので、転職しない理由の1つとしてその会社で長く働いているから、と答える人は意外と多くいます。

大したことない理由のように考える人もいらっしゃるでしょうが、その会社で働くスキルや長く働いていることで自然と築き上げた人間関係、退職金の金額などへの影響を考えると、長く働いていることにはメリットがあり、転職することはそのメリットを捨てることに繋がります。

転職しない理由11:転職について考えたことがないから

そもそも転職しようとも、転職できるかどうかも考えたことがない、という状態で働いている人もいます。現状にとくに不満を抱いていなかったり、不満があったとしても大したことがないなら転職してまで環境を変えようとはせず、そのことが転職しない理由になるでしょう。

本当は転職した方がいい人の特徴5つ

転職しない人の理由11|本当は転職した方がいい人の特徴5つ
ここまでは転職しない人の理由について紹介してきましたが、転職しない人でも本当は転職した方がいい場合もあります。そんな本当は転職した方がいい人の特徴にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

1:現状では将来的にしたいことができない人

何かやりたいことがある、将来的な目標がある人なのに現状を維持したままでは将来その目的や目標を達成することができないと考えられる人です。

現状に不満がないという理由から転職をしないことを選択している人もいるのでしょうが、将来にわたってもしたいことができないのでいずれ大きな不満となる可能性があります。後になって、あのとき転職していればと後悔する場合もこのタイプが多いでしょう。

2:給与が平均よりもかなり低い人

給与というのは生活費に直接影響してきますので、できるだけ同年代の同職の平均くらいはもらえていないと、働きぶりを正当に評価されていないともいえるでしょう。

多少平均よりも低いくらいと我慢してしまう人もいますが、現状で平均よりもかなり低いという場合は、将来にわたって大きな金額を損してしまう可能性があります。自分の給与が平均と比較してどうなのか、ちょっと気にして確認してみましょう。

3:具体的に転職したい会社がある人

転職しない人の理由11|本当は転職した方がいい人の特徴5つ
転職しないことを選択している、あるいは転職しようと具体的に動いていなくても、すでに働きたい会社があってそこで働きたいと強く考えているような人は、転職した方がよい人の特徴となります。

具体的に働きたい会社があるのなら、現在の会社に勤めたままでは満足できない可能性が高いです。在職したままでもその会社に転職できないか、就職活動してみたり転職に向けて動いてみてもよいでしょう。

4:今の会社でできる改善努力は全てやりつくした人

会社に対して不満があっても、現在の会社を改善していこうと転職を考えてこなかった人で、しかし改善努力をしてもどうにもできなかったような場合がこのケースとなります。

改善努力をしたということは、現状に不満があるということです。改善するために努力をしたにも関わらず、全てやりつくしても変わらなかったのならこのまま務めていても環境が変わることはないでしょう。

5:今の職場環境が理由で体調を崩している人

転職しない人の理由11|本当は転職した方がいい人の特徴5つ
会社の人間関係や仕事へのストレスなど、現在の会社の職場環境で病気になるなど体調を崩している人は具体的に転職に向けて動き出した方がよいのではないでしょうか。

働くにしても、体が資本です。体調を崩すような職場に長く勤めていては、そのうち本格的にもっと体調を悪くしてしまう可能性もあります。体の調子がひどくならないうちに転職を考えることは、体調を改善するという意味でもおすすめです。

転職しない人の理由を知ろう

転職しない人の理由11|本当は転職した方がいい人の特徴5つ
転職しない人の理由は大きく分けて2つあります、まずはそもそも転職することすら考えていないということが理由のタイプと、転職したいけれど不安や周囲の反対などの障害があるという理由で転職しない人です。

このうち転職を考えてもいない人はそのままでも問題ないのでしょうが、転職したいけれどできない理由がある人は、本当は転職した方がいい特徴も参考にして、転職について改めて真剣に考えてみてはいかがでしょぅか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related