Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

AIに代替されにくい仕事12|AIに代替されやすい仕事5

AI(人工知能)の進化によって、私たちの生活は便利になっていきます。しかしAIの進化によって、さまざまな仕事がなくなるのではないかといわれています。そこで今回は、AIに代替されにくい仕事や、AIに代替されやすい仕事とはどのようなものなのかご紹介していきます。

AIに代替されにくい仕事12|AIに代替されやすい仕事5

これからの仕事選びとは?

近頃、AI(人工知能)の技術を身近に感じることが多くなりました。AIの発展は、私たちの生活をより豊かにします。その一方で、AIが普及することで人手を必要としなくなる仕事もあるでしょう。

自分の仕事をAIに奪われるのではないかと懸念する声も多く見受けられます。では、実際にどのような仕事がAIに代替される可能性があるのでしょうか。AIに代替されやすい仕事や、AIに代替されにくい仕事の特徴をご紹介します。

AIに代替されにくい仕事の特徴

AIに代替されにくい仕事は、人工知能で代替できない仕事ということになります。人工知能が得意とする事は大きく分けて2つあります。1つは、前に与えられた情報を元に新しい答えを出すことです。そしてもう1つは、情報の関連性などから今後使えるであろう答えを出すことです。

その反面、具体性がないことを予測することが苦手です。そのため、経営者やデザイナーなどの仕事はAIでは代替できないだろうといわれています。

AIに代替されやすい仕事の特徴

AIに代替されやすい仕事は、いわゆる「ルーチンワーク」です。一般事務のような定型業務は自動化することが可能なため人手が不要になるといわれています。

また今後はAIの進化によって、デザイン業務の中でも変化が起こるといわれています。発案以外はAIが行うなど人手を必要としなくなる場面が増えるともいわれています。

AIに代替されにくい仕事12

ここからは、AIに代替されにくい仕事を12の職種に分けてご紹介していきます。具体的にどのような仕事がAIに代替されにくいのでしょうか。

AIが進化することによって、ルーチンワークは消えると予測されています。現在はAIの便利な機能を人間が使いこなしているといった状況ですが、今後は「AIに使われる人」と「AIを使う人」の二極化が進む可能性が大いにあります。

AIに代替されにくい仕事1:経営者

AIに代替されにくい仕事といえば、経営者です。経営者は、AIでは代替することのできない仕事の一つです。経営者は、決定権がある仕事です。中には、AIのデータや論理で推し量れない決定事項が存在するでしょう。また、全体的な統括を担う必要があります。

AIは合理的に解決できない仕事の他にも、相手の意図や心情を汲み取って臨機応変に対応することは難しいとされています。

AIに代替されにくい仕事2:企画や開発関係

AIに代替されにくい仕事として、企画や開発関係も代替されにくいといわれています。企画や開発関係の仕事をAIに代替させることは難しいでしょう。創造力が求められる仕事は現状のAIでは代替できません。

企画や開発など高度な発想・判断が必要な職種は代替されにくいでしょう。独自性が求められることはAIにはできないとされています。

AIに代替されにくい仕事3:営業関係

AIに代替されにくい仕事には営業関係の仕事も挙げられます。営業関係の仕事は、人間のコミュニケーション能力や個人の特性などが相手との関係に必要なポイントだといわれています。

相手の感情や、その場の状況によって臨機応変にコミュニケーションをとる必要がある仕事だといえます。その一方で、営業関係の一部のルーチンワークはAIに代替される可能性があります。機械で行える仕事は人間の手から離れていくでしょう。

AIに代替されにくい仕事4:弁護士

AIに代替されにくい仕事には、弁護士も挙げられます。弁護士は、人間相手に交渉を行う必要がある仕事です。そのため、弁護士はAIに代替されにくいといわれています。

その一方で、弁護士の代わりにAIなどの機械ができる仕事が発生する可能性はあります。また、一説によるとAIの進化によって翻訳やデータの分析などが可能になるともいわれています。こちらも、機械で行える業務は人間の手から離れていくでしょう。

AIに代替されにくい仕事5:人事

AIに代替されにくい仕事には、人事も挙げられます。人事は会社の管理業務の一部として、どの会社にも設置されています。企業独自の仕事内容を扱ったり、細かいコミュニケーションが必要な仕事はAIに代替されにくいといえるでしょう。

管理業務の多くは、AIが代替しやすい業務だといわれています。その中で、細かいコミュニケーションが求められる人事は、AIに代替されにくい仕事だといえるでしょう。

AIに代替されにくい仕事6:俳優やタレント

AIに代替されにくい仕事として俳優やタレントも代表的な存在だといえます。代替されにくい仕事の特徴として非定型業務の職業が挙げられます。

また、創造性や個性が必要とされる仕事はAIに代替されることはないでしょう。現状のAIでは俳優やタレントという仕事がAIに代替されることはないといえるでしょう。

AIに代替されにくい仕事7:アーティストやデザイナー

AIに代替されにくい仕事として、アーティストやデザイナーも代表的な存在です。人間ならではのアイデアやデザインが求められる仕事は代替されにくいでしょう。

しかし、アイデアやデザインを生み出すことができない人材はAIに代替されていくでしょう。HTML+CSSなどのコーティング業務など、AIで代替できる部分は人間に依頼する必要がなくなっていきます。機械で行える業務は、人の手から徐々に離れていくでしょう。

AIに代替されにくい仕事8:講師や教師

AIに代替されにくい仕事には、講師や教師も挙げられます。特に学校の教師という仕事は、ただ勉強を教えればいいというわけではなく複雑な仕事です。教師は人格の形成に影響を及ぼす可能性が大いにあります。

AIは各科目の内容を伝えるという点では優れていますが、それだけでは学校の教師の仕事は難しいでしょう。その一方で、ただ講義をするだけの講師はいずれ必要のない存在になるでしょう。

AIに代替されにくい仕事9:マネージャー

AIに代替されにくい仕事には、マネージャーも挙げられます。代替されにくい理由としては、人をまとめる力が求められることがあるためです。AIの進化によっては安泰だと言われていた仕事も消滅する可能性があるといわれています。

マネージャーなどの管理職は、知識だけではなく経験を通して部下を導くことができます。ただし、PDCAを効率的に行うという点においてはAIでも可能なのではないかともいわれています。

AIに代替されにくい仕事10:プログラマー

AIに代替されにくい仕事には、プログラマーも挙げられます。全体を俯瞰して作業が行えるプログラマーは生き残っていくといわれています。ただし、今後はAIの進化によってシステムエンジニアは代替されにくいが、プログラマーは代替されやすくなるのではないかといわれています。

システムの設計はシステムエンジニアが行いますが、実際にプログラミングのスキルを持ったプログラマーはAIに代替されるだろうといわれています。

AIに代替されにくい仕事11:コンサルタント

AIに代替されにくい仕事には、コンサルタントも挙げられます。代替されにくい理由としては、人間の心に寄り添う必要がある仕事だからということがいえます。

人とのコミュニケーションが求められる仕事も、AIに代替されるといわれていますが、人の話を聞いて寄り添うことはAIには難しいでしょう。そのため、コンサルタントはAIに代替されにくい仕事だといえます。

AIに代替されにくい仕事12:カウンセラー

カウンセラーもAIに代替されにくい仕事です。カウンセラーは、人の心に寄り添って癒やしを与える仕事です。このように、癒やしや安らぎなどを求められるカウンセラーのような仕事はAIにはできないでしょう。

また、情報漏洩の観点からもAIには不向きだといわれています。AIにカウンセリングしてもらった内容が記録されていた場合、プライバシーの侵害ともとれるでしょう。

AIに代替されやすい仕事5つ

ここからはAIの進化によってなくなる仕事とは、どのようなものなのかご紹介していきます。どの仕事も今すぐにAIによってなくなる仕事というわけではないでしょう。しかし、AIだけで可能になる仕事は徐々に人の手から離れていきます。

仕事1:一般事務

AIによってなくなるといわれている仕事の一つは、一般事務です。一般事務は専門的知識をあまり必要としません。典型的なルーチンワークです。データ入力などの単純労働の事務職の仕事は、AIが進化することによって仕事を奪われてしまう可能性が高いです。

一般事務の作業がAIのシステムで正確に素早くできるようになれば、人間が行う必要がありません。いつまでも同じ仕事に就くことができる時代ではなくなってきています。

仕事2:経理や会計

経理や会計もAIの進化によってなくなる仕事の一つだといわれています。経理はAIが得意とする数字関連のデータを扱う仕事です。しかし、最終的には人間が確認する必要がある項目もあるでしょう。しばらくはなくなることはないのではないでしょう。

ただしAIの導入によって経理という仕事が完全に消えることはなくても、多くの人手を必要としない仕事になることは、予想がつくのではないでしょうか。

仕事3:コールセンター

コールセンターもAIに代替される仕事の一つです。コールセンターも決まり切ったシステムの中で行う仕事です。コールセンターのオペレーターは、今後ますます需要がなくなるでしょう。コールセンターの仕事内容は繰り返しが多く、パターン化しています。

これはAIが得意とする分野です。しかし、相手の気持ちに寄り添ったコミュニケーション能力がある人は、その中でも必要とされるでしょう。

仕事4:レジ

レジの仕事もAIに代替されやす仕事です。既に多くのスーパーで自動会計を行うレジが導入されています。今後は、ますますレジ打ちの仕事は需要がなくなっていきます。

いつまでも同じ仕事に就ける時代ではなくなってきているということです。何気なく行っている仕事が機械に置き換えられることは全く不思議ではありません。

仕事5:運転手

運転手もAIの進化によって、近い将来なくなるといわれています。長距離トラックやタクシードライバーの仕事は、完全自動運転の普及によって消えるといわれています。

しかし、実用化や普及を考えると、今すぐになくなるということはないでしょう。自動運転が搭載されても、完全に無人運転が可能になるには時間がかかるのではないでしょうか。

AIに代替されにくい仕事を選ぼう!

AIに代替されにくい仕事とAIに代替されやすい仕事には、それぞれ特徴があることがわかりました。今後は、AIに代替されないスキルを身につける必要があります。 実際にAIに代替されない職業に興味を持つ人も増えています。

今後はAIを使う側だった人間が、AIに使われる側とAIを使う側に分かれていくことが予測されます。まずは、AIに代替されにくい仕事を選べる人になりましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related