Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月21日

ヘッドハンティングによる転職を成功させる方法9つ|NG3つ

優秀な人材は企業同士で奪い合いとなります。すでに就業をしている優秀な人は、その人が転職を考えるまで、他社はその人を確保をすることができません。しかし、ヘッドハンティングという手法で、その優秀な人を確保するという方法もあります。

ヘッドハンティングによる転職を成功させる方法9つ|NG3つ

ヘッドハンティングによる転職とは

ヘッドハンティングによる転職を成功させる方法9つ|NG3つ
企業は優秀な人材を求めています。しかし、優秀な人材は企業同士で奪い合いとなります。さらに、すでに終業をしている優秀な人は、その人が転職を考えるまで他社はその人を確保をすることはできません。

しかし、優秀な人材は常に奪い合いのため、すでに他社に勤めていたとしても、ヘッドハンティングという方法で、その人を確保するという方法もあります。

ヘッドハンティングによる転職事情

ヘッドハンティングをされると、自分が認められたと嬉しくなり、すぐに転職を決断してしまう人がいます。しかし、いざ転職をしてみると、想像していたような職場でなかったということもよくあります。

また、ヘッドハンティングされたことを嬉しく思い、給料などの労働条件もあまり確認せずに転職してしまう人もいます。このような人は、やりたい仕事ができなくなってしまうだけでなく、給料面まで下がってしまうこともあります。

アームハンティングとは

上記で述べたように、ヘッドハンティングによって転職すると、想像していた環境ではなかったということがよくあります。これは、スカウトされた人がアームハンティングとヘッドハンティングを勘違いしてしまった可能性があります。

企業は優秀な人材を常に求めてはいますが、もう一つの背景として人材不足ということもあります。そのため、無難に仕事ができる人をスカウトするアームハンティングが行われていることもあります。

ヘッドハンティングによる転職を成功させる方法9つ

ヘッドハンティングのスカウトによって転職した人の中には、転職を失敗と感じてしまう人もいます。なので、ヘッドハンティングをされたとしても、すぐに転職を決断するのではなく、失敗しないためにも、一旦冷静になる必要があります。

冷静になったときに、転職で失敗しないように、いくつか確認したり注意しておくべきことがあります。

1:転職する理由を明確にする

ヘッドハンティングをされると、自分が必要とされていると感じてしまい、すぐに転職を決断してしまう人がいます。しかし、転職をするということは、今まで勤めてきた会社を離れるということでもあります。

身につけたものや築き上げた人脈はなくなりませんが、会社を離れることで社内で積み重ねたことはなくなってしまいます。今までの会社でしてきたことをなくしてでも、転職するだけの理由がなければ、転職はするべきではないでしょう。

2:ヘッドハンティングされた理由を整理する

ヘッドハンティングによる転職を成功させる方法9つ|NG3つ
先に述べた通り、ヘッドハンティングとアームハンティングを勘違いすることが転職の失敗の原因となってしまうことがあります。ヘッドハンティングとアームハンティングを勘違いしてしまうと、やりたい仕事ができない環境になってしまう可能性があります。

なので、まずはスカウトをした担当者に、どうして自分をスカウトしたのかを確認しましょう。また、転職後にはどのような労働環境や業務内容が用意されているかも確認しておきましょう。

3:労働条件を比較する

上記で述べた通り、ヘッドハンティングをされて、転職をする場合には労働環境を確認しておくことは重要です。実際に労働環境を確認せずに転職してしまう人もいます。

労働環境を確認せずに転職してしまうと、思い描いていたキャリア形成ができないだけでなく、給料が減額となることもあるので注意が必要です。

4:期待を大きくしない

ヘッドハンティングによる転職を成功させる方法9つ|NG3つ
ヘッドハンティングをされるということは、相手の会社から仕事で結果を出してもらえると期待をされているということでもあります。

スカウト交渉の時点で、自分はマルチタスクプレーヤーで各分野に精通しているなどと、担当者の期待を大きくしすぎてしまうと、転職後のハードルが高くなってしまいます。

自らハードルを上げてしまうことで、「仕事の結果」と「事前の期待」のバランスが悪くなってしまいます。

5:条件を釣り上げない

ヘッドハンティングではスカウトをしてきた担当者はできるだけ、今の会社の労働条件よりも、好条件を出そうとします。

このとき、相手の足元を見て、給料などの条件を釣り上げないようにしましょう。上記で述べた通り、期待を大きくすると、転職後にはその期待に応えなくてはいけなくなります。特に給料面では、金額に見合った結果を出さなくてはいけなくなってしまいます。

6:将来性を考慮する

ヘッドハンティングによる転職を成功させる方法9つ|NG3つ
ヘッドハンティングをされた場合、給料などの条件を今の勤め先よりも良い条件を用意してもらえることがあります。しかし、目先の得に飛びついてしまうと、その他の面で損をしてしまう可能性があります。

会社の将来性を無視してしまうと、生涯年収が下がってしまう可能性があったり、任される仕事内容などからモチベーションの維持など、すぐに確認できないことも転職の判断材料に含めておきましょう。

7:求めている能力を確認する

ヘッドハンティングは優秀な人材をスカウトしてくることが仕事です。しかし、優秀な人材と言っても、ただ漠然と優秀な人を探すわけではありません。

ヘッドハンティングをするということは、会社が欲している能力や不足している役割などが明確にあるということです。

そのため、ヘッドハンティングの話しがあった場合には、相手がどのような能力を求めて、その能力が自分にあるかを必ず確認しておきましょう。

8:横柄にしない

ヘッドハンティングでスカウトをされた人は、自分の能力を求められているということで、立場が優位になっていると勘違いをしてしまうことがあります。

しかし、上記で述べた通り、ヘッドハンティングも求める人材像を求めてスカウトを行っています。そのため、交渉の場でスカウトされている側であるからと、横柄な態度を取ったりなどすると、求めている人材像と合わないと判断されてしまうことがあります。

9:良縁を待つ

ヘッドハンティングされたとしても、話しがまとまらないこともあります。先に述べた通り、話し合いの場や面接などで横柄な態度を取ると、相手の求める条件を満たせなくなることもあります。

また、このような横柄な態度を取ってしまうと、スカウトの仕事をしている人たちの横の繋がりによって、能力はあるが態度が悪いという評価が広まってしまう可能性もあります。すると、その後のスカウトがなくなってしまう可能性もあります。

ヘッドハンティングによる転職のNG3つ

ヘッドハンティングによる転職を成功させる方法9つ|NG3つ
ヘッドハンティングをされたとき、自分の能力が求められていると思い、嬉しく思ってしまい、すぐに転職を決断してしまう人がいます。

しかし、転職をする際には、転職先の条件を必ず確認しておく必要があります。また、転職に失敗しないためにも注意しておくべき点がいくつかあります。

1:給与だけが目的

ヘッドハンティングでは、転職をしてもらうために今の職場よりも良い条件を出してくることがあります。特に、給料を上げることはわかりやすいので交渉の要素として挙がってきやすいです。

しかし、給料が良くても、仕事に対するモチベーションが維持できないと意味がありません。なので、給料は大きな要素ではありますが、給料だけで判断してしまうと、続けられない仕事をすることになってしまう可能性があります。

2:残業や休暇の取得状況がわからない

ヘッドハンティングでは、転職をしてもらうために良い条件の部分は丁寧に説明をしてくれます。しかし、デメリットとなる部分は相手の転職に対する意欲を落としてしまう可能性があるため、話しを避けようとします。

なので、デメリットの部分については自分から確認する必要があります。このとき、残業や休暇について話そうとしない場合には、過酷な労働環境を隠そうとしている可能性があるので注意が必要です。

3:現在の職場に不満がない

ヘッドハンティングをされたときに、自分が必要とされていることに対して嬉しさを感じてしまい、すぐに転職を決断してしまう人がいます。

しかし、今の職場に対して不満がないにも関わらず、一時の感情によって転職をしてしまうと、次は不満のある職場に移ってしまう可能性があります。なので、不満がなければ、わざわざ不満を作ってしまうリスクを負うようなことはやめましょう。

ヘッドハンティングによる転職を成功させましょう

ヘッドハンティングによる転職を成功させる方法9つ|NG3つ
優秀な人材はヘッドハンティングをされる可能性があります。しかし、ヘッドハンティングしている企業側にも求める人材像があります。なので、お互いの条件が一致させて、良い形で転職を実現するようにしましょう。

Related