Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月21日

エリートの転職で成功するポイント8つ|苦労する点

エリートは長く同じ職場に勤め、キャリア積むことが多かったですが、今では仕事のやりがいや挑戦を求めて転職する人が増えています。エリートの転職活動は、他の人と比べて有利な点もありますが、エリートであるからこそ注意しないといけない点もあります。

エリートの転職で成功するポイント8つ|苦労する点

エリート層が転職を考えるなら

高学歴を持つ人は高職歴を積み重ねていくことが多いです。このような人は若手の頃からエリートとして、現場の最前線で活躍していくことも多いです。

また、エリートは常に活躍し続けるため、同じ職場から動かず、転職などをせずにキャリアを積み重ねていきます。

しかし、最近ではエリートでも、自分にとって有利な現場を離れて、新しいことに挑戦しようと転職を考える人も多くなりました。

エリートの転職事情

以前までのエリートの印象は、大手に就職して、若手の頃から同じ職場で活躍し続けて、キャリアを積み重ねていくというものが多かったです。しかし、今ではエリートであっても、新しい環境を求めたり、挑戦をするために転職を考える人も多くなりました。

これは、職の選択肢が増えてきたため、エリートでも必ず高職歴を積み重ねないといけないという考えが薄れ、仕事にやりがいや挑戦を求める若い人が増えているためです。

エリートが転職するメリット

エリートと呼ばれる人は基本的に能力が高いです。そのため、どのような職に転職をしたとしても、成長が早く、安定した能力を発揮することができます。

また、エリートは高学歴であり、高職歴を積んでいることも多いため、転職活動をすると、企業から優秀な人材と判断されて、奪い合いとなります。そのため、転職活動でなかなか新しい仕事が見つからないという人も多い中、エリートは比較的簡単に新しい仕事に就くことができます。

エリートの転職で成功するポイント8つ

先に述べた通り、職の選択肢は増えてきています。また、エリートが転職をする際には仕事へのやりがいや挑戦を求めることも多いです。

そのため、エリートが立ち上がったばかりの若いベンチャー企業に就職したり、自分で企業したり、芸人になったりなどすることもあります。

基本的には能力が高いエリートなので、どのような仕事をしても大きな結果を出す可能性は高いです。しかし、エリートであるからこその転職の注意点があります。

1:ハイクラス求人サイトを利用する

エリートの中には仕事のやりがいや挑戦よりも、高職歴を積み重ねていくことを重視する人もいます。高職歴を積み重ねていくことを重視するエリートは、中小企業はあまり転職先の選択肢に含めないということもあります。

そのような人は一般の求人サイトを利用しても、希望条件が整った企業が見つかりにくいです。なので、効率良く転職先を探すためには、ハイクラス求人サイトを利用するべきでしょう。

2:経験が活かせる業種を選ぶ

エリートは基本的に能力が高いですが、全く経験のない仕事に就いた場合にはゼロから成長をしないといけません。

そのため、長年その仕事をしてきた人の技術に追いつくまでに時間がかかってしまいます。また、エリートであっても得手、不得手があります。もし、仕事を始めてから不得手な仕事に気がついても遅いです。

なので、よっぽどやりたい仕事でない限りは今までの経験を活かせる仕事に就くことが無難でしょう。

3:給与だけにこだわらない

エリートは高職歴を積み重ねていることが多いです。そのため、給与の額も一般的な給与額よりも多くもらっていることも多いです。そのため、エリートにとっては、高い給与が基準となってしまっていることがあります。

なので、転職活動を始めると、どこの企業の給与額にも納得できないと感じてしまうことがあります。転職は新しい環境を求めて行うものなので、給与を一番重要な要素として考えることはやめましょう。

4:企業風土をリサーチする

転職活動をする際には、企業情報を重視することが基本です。企業情報では事業規模や、仕事内容などについて確認をすることができます。しかし、企業風土は公開されている情報では確認することができません。

企業風土は説明会や面接などで、実際に会社を訪れたり、社員と接しないとわかりません。もし、仕事内容が自分の条件に合っていても、働きにくいと感じる職場では仕事を続けていくことは難しくなります。

5:今までの環境は忘れる

エリートの中には、その能力の高さや学歴などで、周囲からチヤホヤとされて仕事をしてきたという人も多いです。しかし、転職活動を始めるのであれば、高学歴や高職歴などは企業からの興味を惹きつける入り口にしかならず、チヤホヤされません。

特に、同じ環境で長く仕事を続けてきて、チヤホヤされてきたエリートにとっては、冷たい反応と感じてしまうこともありますが、それは一般的な態度と理解した方が良いでしょう。

6:スキルを身につけておく

エリートは会社での社内評価が高かったことに自信を持って転職活動に挑む人もいます。しかし、その社内評価は社内でしか通用しない仕事内容で評価されていることもあります。そのため、他社では発揮しにくい能力ばかりを身につけている場合もあります。

社内でしか役に立たない能力は、他の企業で活用できないため、どこでも通用する能力を身につけておかないと、なかなか採用されないという状況に陥ってしまうことがあります。

7:プライドは捨てる

エリートの人は常に高い能力で、人の上役に立ってきています。そのため、プライドが高いことも多いです。そのため、転職をすることによって、末端の一般社員となることに抵抗を感じる人も多いです。

業務内容も簡単なものから始まりますし、その説明は事前にされることになります。しかし、エリートはプライドが高いため、始めからある程度の仕事がしたいと考えてしまい、納得することができず転職先の選択肢を絞ってしまうことがあります。

8:流行に流されない

エリートは多くの企業が欲しがる人材です。そのため、人気のある企業への転職意欲が高くなりがちです。

このとき、人気があり勢いのある企業であるという理由で、企業に就職してしまうことがあります。そのような企業は流行に乗っているときは勢いがありますが、流行はいつか終わりが来ることも考えられます。

勢いのある企業に転職する際には、その企業の将来性に注目する必要があります。

エリートの転職で苦労する点5つ

エリートの人は多くの企業が欲しがる人材のため、基本的に転職で苦労をすることはありません。しかし、エリートとして、今まで仕事をしてきたからこそ、苦労してしまう点はいくつかあります。

1:経験を活かせない

エリートは大手などに就職して、キャリアを積むことが多いです。しかし、大手では、独自の技術を使っていたり、その大きな名前によって仕事を獲得できたりすることも多いです。

そのため、エリートが勤めてきた会社で身につけたノウハウが、汎用性に乏しく他社では通用しないということがよくあります。そのため、転職活動でアピールできる経験や実績が少なく苦労する可能性があります。

2:企業風土に馴染めない

エリートの人は長く同じ仕事を続ける人が多いため、転職をする機会はそれほど多くありません。そのため、自分のやりたい仕事を求めて転職活動をする際には、企業情報ばかりに注目しがちになってしまいます。

なので、企業風土や担当業務内容に注目せず転職してしまうと、職場の雰囲気や仕事の仕方に馴染めずに、ストレスを感じてしまうことがあります。

3:福利厚生面が充実していない

エリートは大手に勤めていることが多いです。大手に勤めていれば福利厚生は充実していることが多いです。そのため、転職活動をしている際に、福利厚生面を確認すると、今まで勤め先の福利厚生が充実しすぎていたせいで、不満を感じてしまうことがあります。

エリートの転職は、今までの恵まれた環境が基準となってしまうため、自ら転職先の幅を狭めてしまうことがよくあります。

4:実力主義

高学歴や高職歴は企業が欲しがる人材です。しかし、最近では学歴や職歴に関係なく、実力主義で採用をする企業も増えてきています。

先に述べた通り、エリートは今まで勤めてきた会社でしか通用しない技術しか持っていないことがあります。実力主義で採用する企業の場合には、エリートであってもなかなか採用にたどり着けないということがあります。

5:自分の力だけで解決しようとする

エリートは能力が高いため、何でも自分で調べたり、実行したりすることができます。そのため、転職をする際にも、自分だけの力で転職先を見つけて、採用を獲得しようとします。

問題なく転職活動が進めば良いですが、エリートはプライドが高いため、問題が起きても自分だけで何とかしようとしてしまいます。また、周囲に頼らないため、情報が限定的で重要な情報を取り逃がしてしまうこともあります。

エリートの転職を成功させよう

エリートは長く同じ職場に勤め、キャリア積むことが多かったですが、今では仕事のやりがいや挑戦と求めて転職する人も増えています。

エリートであれば必ず良い転職ができるというわけではないので、しかりと情報を集めて転職活動に挑みましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related