Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月20日

管理職の転職を成功させるポイント9つ|転職先の探し方4つ

管理職として転職するためにはポイントを押さえた就活をしていく必要があります。今までのスキルや資格に基づいた職種を探しながら転職先で管理職としてどう活躍できるのかをアピールすることが大切です。そのためには社会情勢を把握しながら動くことも忘れないようにしましょう。

管理職の転職を成功させるポイント9つ|転職先の探し方4つ

管理職の転職とは

管理職の転職を成功させるポイント9つ|転職先の探し方4つ
管理職の転職は難しいと考えられていますが、今までの役職経験を上手く活かすことできれば成功させることができます。管理職の人は前の会社で重要なポストに就いているので、マッチする仕事が探しにくいですが、やり方次第で年収を上げることもできるからです。

管理職の人で転職を考えている場合は、自分の能力に合った職場を探すように活動していくようにします。そのためには自分自身の能力を把握する必要があります。

管理職の転職事情

管理職の転職を成功させるポイント9つ|転職先の探し方4つ
管理職の人の転職は一般的には難しいと考えられています。なぜなら、管理職自体の求人が少なく、また今までと同じ条件で受け入れてくれる企業が少ないためです。そのような転職事情があるので情報を集めて動いていく必要があるでしょう。

管理職の経験がある人で、管理職の仕事に転職したい場合はハイキャリア向けの転職サイトを利用したり、今までの経験を活かして企業にアピールするようにします。

管理職の転職に有利な職種

管理職の人は今までの経験や資格を活かすことができれば仕事を探すのはそれほど難しくはないです。

管理職の人の転職に有利な職種は決まっておらず、本人のスキルや資格が活かすことができ、迎え入れてくれる職場を探せば職種に関係なく転職先を見つけることができます。

即戦力になることはもちろん、管理職として人を引っ張っていかなくてはいけないのでコミュニケーション能力や仕事に必要な知識をつけておく必要があるでしょう。

管理職の転職を成功させるポイント9つ

管理職の転職を成功させるポイント9つ|転職先の探し方4つ
管理職の転職を成功させるためにはポイントを押さえておく必要があります。転職先で管理職として働くので、それなりのスキルや人間性が必要になるからです。

管理職の転職先を探している人は一般社員の求人で求められることよりも高度なスキルや資格、キャリアをどう活かせるかをアピールするようにします。そのためには、今までの仕事で何をしてきたのかを上手に面接担当者に伝えるようにしましょう。

1:キャリアを活かせる業種に絞る

管理職の転職を成功させるポイント9つ|転職先の探し方4つ
管理職に転職したい場合は、今までのキャリアを活かせるように動いていきます。年齢に合ったスキルを身につけており、また管理職としてどのような仕事をしてきたのかをアピールできなければ転職を成功させることが厳しいからです。

管理職として仕事をしたい人は、年齢や業種に応じたキャリアを活かす必要があるので今までしてきた仕事に繋がるような業種を探していくようにします。

2:転職理由を明確にする

転職理由を明確にしなければ管理職として転職できなくなります。一般社員として働くのではないので、より明確な転職理由を述べる準備が必要になるからです。

自分がどうしてその会社でなければならないのかという理由を本人の都合だけでなく、大きな視野で語れるようにします。そのためには、転職先に決めた企業でどのように仕事をして、将来どう成長したいのかをアピールできるようになりましょう。

3:現在と同等以上のポジションを選ぶ

管理職として働くには、向上心が必要になります。現在と同等以上のポジションを望むことで仕事への意気込みや覚悟を転職先の企業にアピールできるからです。

自分が今より同等以上のポジションに就くためにどのような努力をしてきたのかを、面接官にアピールするようにします。そのためには資格だけでなく、自分自身の考え方や成長意欲をポジティブにしていくことが大切です。

4:コミュニケーション能力があることをアピール

管理職として仕事をするためには、管理職としてできることをアピールするようにします。そのためにはコミュニケーション能力があることをアピールする必要があるでしょう。管理職として仕事をするには欠かせないスキルとなるからです。

自分が今までどのように他人と向き合ってきたのかを具体的なエピソードと一緒に面接担当者にアピールするようにします。

5:プライベートよりも仕事を優先する意思を伝える

管理職として仕事をしていくには本人の生活スタイルを仕事中心にする必要があります。管理職になるには、私生活よりも仕事を優先する人でなければ、厳しい競争社会を生き抜くことができないからです。

管理職の仕事を探している人は、面接の際に残業ができることはもちろん、職場の責任者としての覚悟や自覚があることを伝えるようにしましょう。また以前の職場で仕事中心の生活をしていたことをアピールできるようにしておきます。

6:管理職ならではのリスクを認識しておく

管理職として仕事をするためには一般社員よりもリスクが伴います。管理職として仕事をするには、リスクに打ち勝つことができるメンタルと責任感が必要になるでしょう。それらのことをクリアするために日々していることを伝えるようにしましょう。

管理職に就きたい人は、職場のトップとして責任を負う覚悟があることをアピールするようにして、それらのことを受け入れるためにどのような意気込みが大切かを言えるようにしておきます。

7:社会情勢を把握してグローバルな考え方を持つ

管理職として、社会情勢やグローバルな視点で仕事をしていくことが求められています。常にアンテナを敏感にして企業の役職としてどう動いていくのかを理解していなければ、会社を成長させていくことができないからです。

自分なりに転職先の企業が置かれている立場を考え、役職に就いた場合どのように動いていくのかを面接担当者に伝えるようにします。そうしなければ管理職としての採用は難しくなるでしょう。

8:転職先の業種を詳しく知っておく

管理職として仕事をするには転職先の業種に詳しくなることが大切になります。管理職として仕事をする場合、部下に指示を与えるためには業種に詳しくなければ信頼を得ることができず管理部門として仕事をすることができないからです。

自分が転職先に考えている企業の業種を調べることをしておき、必要な資格などを取得しておきます。そうすることで管理職として仕事をする意気込みを伝えることができます。

9:将来へのビジョンをはっきり持つ

転職先で将来どのように活躍していきたいのかを明確にしておきます。管理職としての覚悟や自覚をアピールできないだけではなく、役職の重圧に打ち勝つことができないからです。

自分が転職先の会社でどのように活躍していきたいのかを明確にしておき、将来会社をどのように導いていきたいのかをロジカルに言えるようにしておきます。

管理職の転職先の探し方4つ

管理職の転職を成功させるポイント9つ|転職先の探し方4つ
管理職の転職先を見つけるには一般社員と同じように探しても見つからないです。管理職として仕事をするには専用のサイトを利用したり、人脈がなければ本人の望む転職先を見つけるのが難しくなります。

管理職の仕事に就きたい人は、管理職専用のサイトを利用したり、ハローワークでも管理職として活躍できる企業を探すようにします。

1:管理職専用転職サイト

管理職の転職を成功させるポイント9つ|転職先の探し方4つ
管理職の仕事に就きたい場合は、管理職専用の転職サイトを利用するようにしましょう。闇雲に探しても管理職の求人は見つけにくいので、自分にマッチする求人を探すためにネットの情報を集めるようにします。

マイナビエージェントやリクルートエージェント、DODAなどを利用して今までの職種で得たスキルや資格、経験を活かせる仕事を探すようにします。

2:ハイクラス転職コンサルタント

管理職の仕事を探すには先述にあるような転職サイトでハイクラスの項目で転職先を探すようにします。専門職になれば、より的を得た転職先を探す必要があるからです。

管理職の転職先を探している人は、JACリクルートメント、キュージェントなどのサイトに登録してハイクラスの分野で仕事を探すようにしましょう。

3:ハローワーク

管理職の転職を成功させるポイント9つ|転職先の探し方4つ
管理職の仕事はハローワークでも探すこともできます。ハローワークの担当者にどのようなスキルや資格があるのかを伝えてマッチする企業があればすぐに行動できるというメリットがあります。

ハローワークで仕事を探す人は、職業訓練なども利用してスキルを磨きながら管理職の仕事を探すようにしましょう。

4:友人・知人

管理職の転職を成功させるポイント9つ|転職先の探し方4つ
友人や知人からの紹介で管理職の仕事を見つけることも可能です。その場合、縁故入社という形になるので職場の人の信頼を得るために身につけることがあれば、躊躇せずに取り組むようにしましょう。

自分の知人や友人からの紹介の場合は、転職先の人の信頼を得るために必要なことは何かを考えて身につけておくようにします。

管理職の転職を成功させるポイントを理解しよう

管理職の転職を成功させるポイント9つ|転職先の探し方4つ
管理職の転職に必要なポイントを理解することで転職自体を成功させることができます。そのためには主観的な考え方を捨てて、管理職に必要なことは何かを理解する必要があるからです。

管理職に就きたい人は、ポジティブな考えを持ちながら役職として働くにはどうすればいいのかを考えていきましょう。

Related