Search

検索したいワードを入力してください

大和証券の株主優待|どんな特典?・どうやって使うの?

初回公開日:2017年10月18日

更新日:2017年10月18日

記載されている内容は2017年10月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回は、大和証券の株主優待についてご紹介していきます。大手証券会社である大和証券の株主優待についてわかりやすくご紹介していき、タダ取りやクロス取引などの詳しい事から、大和証券の魅力的なipoの抽選率あげる方法についてもご紹介していきます。

大和証券の株主優待|どんな特典?・どうやって使うの?

大和証券の株主優待の特典をご紹介

今回は、大和証券の株主優待についてわかりやすくご紹介していきます。大和証券と言えば、日本を代表する証券会社であり、証券関係の取引や大和証券と連携している会社の管理を行なっている会社です。

そして、この大和証券が発行している株を買うことができ、株主優待の制度もあり、魅力的な株だと言われる理由にIPOに抽選することができ、この大和証券の株式を保有している抽選確率が上がるという他の株式にはない特徴がありますので、こちらを詳しくご紹介していきます。

IPOとは?

まず始めに、ipoとは新規公開株のことを言い、まだ上場していない会社が新たに発行する株式をたくさんの投資家に保有して貰えるように、証券会社が新たに発行する株式のことです。この新しく上場する会社の株式は、人気のため株価上昇の可能性が高いので、大変人気があります。

このIPOを大和証券は、全体の15%を配分して5%をチャンス当選という枠を設けており、大和証券の株式を保有している投資家の人たちに、大きなチャンスが巡ってくるシステムを大和証券は株主優待として採用しています。

ダイワポイントプログラムとは?

次に、大和証券の特別な株主優待であるダイワポイントプログラムのポイントについて分かり易くご紹介していきます。こちらは、大和証券が設けたポイントで、このポイントの保有数が多ければ多いほど、チャンス当選で引けるくじが多くなりますので、IPOに当選する確率が高くなります。

そして、次に株の保有数によるポイント配付ですが、1000株から4999株で2,000ポイント、5000株からで5,000ポイントをもらうことができます。こちらが、大和証券に権利確定日に株式を保有していることで、年に2回ポイントを配付しております。ちなみに、ポイント以外の株主優待の選択も可能であり、他の株主優待については後ほどお伝えします。

1000株以上でカレンダーがもらえる?

次に、大和証券の株主優待の一つにオリジナルカレンダーを進呈しており、1000株以上の大和証券の株式保有が条件で、3月末の株主優待として進呈しております。

これは、希望者のみとなっており、株主優待カタログにて選択可能ですので、ダイワポイントプログラムでも株主優待カタログに掲載されているもの、どちらを選んでも大和証券のオリジナルカレンダーは受け取ることができます。

タダ取りとは?

一つ魅力的な大和証券のタダ取りという方法があり、こちらをご紹介していきます。それは、大和証券の株をつなぎ売りするという方法であって、大和証券の株主優待を手数料だけで手に入れることをタダ取りという名称で言われております。

タダ取りの方法は、大和証券の株式購入時に現物買いを行うと同時に信用売りを行い、大和証券の権利確定日の前に行う株式売買方法です。具体的な手順は、例えば権利確定日前に1000株を現物買いで成功注文を入れると、同時に1000株の信用売りの成功注文を入れる手順です。これで、大和証券の株主優待を少しの手数料で受けることができます。

Jクロス取引とは?

次に、ベテランの投資家だけで流行っていた「Jクロス取引」についてご紹介します。この「jクロス取引」は、権利確定日以降に株価が下がるリスクを避ける方法として用いられた取引で、この損失を避けて株主優待だけを受ける取引です。

分かり易く仕組みを説明しますと、優待は必要ない投資家と優待だけ欲しい投資家が共にオークションのような形で取引を行い、そのバランスで優待だけが欲しい投資家の手数料が確定し取引を行う仕組みであり、複雑な取引の一つになります。

そのため、この取引の名称の由来が「Jクロス取引」と言われてます。大和証券はこの取引を行うことができ、株主優待だけをタダ取りすることも可能です。

チャンス回数とは?

チャンス回数は、大和証券の株主優待であるダイワポイントプログラムか、大和証券に預けている、または株式による資産と資金で評価されるプレミアムサービスのどちらかが優遇され、チャンス回数が順に多くなっていきます。

チャンス回数は、1回から10回までのチャンス回数が設けられており、上記の待遇が高ければ高いほどチャンス回数は多くなっていきます。結果、IPOに当選する確率が上がるということになります。

チャンス当選とは?

大和証券のチャンス当選とは、初めに抽選が行われた際に落選した方を対象に、もう一度抽選を行うことであり、株式の5%を振り分け、また当選者が決定される再チャンスと言っていいでしょう。簡単に言ってしませば、抽選に落ちた方の再チャレンジ制度と覚えておいたら分かり易いでしょう。

大和証券の株主優待の使い方をご紹介

次に、大和証券の株主優待でダイワポイントのもう一つの株主優待カタログにて粗品がもらえる株主優待もありますので、こちらをわかりやすくご紹介していきます。

大和証券の株主優待の内容は?

大和証券の株主優待は、1000株から受けることができ1000株から4999株で、地域の名産品2,000円相当または寄付2,000円、会社四季報一冊となっており3000株以上はこの中から2つ選択することができます。

次に、5000株からで、地域の名産品5,000円相当または会社四季報2冊、寄付5,000円となっており、10000株以上でこの中から同様で2つ選択して頂けます。これらは、年に2回ありますので、魅力的な株主優待と言われております。

権利確定日はいつ?

大和証券の権利確定日についてご紹介していきます。権利確定日は、3月と9月に大和証券は決定されており、権利付確定日は3月27日でこの日までに株式保有や購入をすれば、配当金と株主優待を受けることができます。

権利落ち日は、3月28日となり権利確定日は3月30日となり、9月も同様となりますのでタダ取りをお考えの方は重要な日程で覚えておく必要があります。この権利確定日である3月と9月は、重要な株式日程となりますので、大和証券の株式に興味がある方は覚えておきましょう。

発送日は?

次に、大和証券の株主優待である株主優待カタログでの粗品の発送日をご紹介していきます。その前に、株主優待カタログは権利確定日の末日までにはあなたの住所に送られてきて、その後株主優待カタログの中から好きな粗品を選択し、入ったいたハガキに記入して大和証券に送付します。

その後の1ヶ月から2ヶ月後に発送される予定となっておりますので、株主優待で粗品を選択したいとお考えの方は覚えておきましょう。

実際に到着するのはいつ?

そして、実際に大和証券の株主優待カタログの粗品が到着するのは、発送から1週間までに到着する予定ですので、おおよそハガキ送付から2ヶ月から3ヶ月程度を目安に粗品が到着すると頭に入れておけばいいでしょう。

申し込み方法をご紹介

次に、大和証券の株主優待の申しこみ方についてご紹介していきます。大和証券の株主優待を受けるのに重要なことですので、頭に入れておきましょう。

ダイワポイントポイントプログラムや株主優待カタログのお申し込みは2つの選択技があり、お申し込みハガキの郵送よって申し込むか、大和証券のwebサイトにて申し込みを行うかの選択になりますので覚えておきましょう。

IPOに興味のある方には魅力的な株式です

大和証券の株式は、証券会社だからできる株主優待を設けており、IPO「新規公開株」に当選できるチャンスが株主に用意されております。

株主優待カタログの粗品も魅力的ですが、つなぎ売りなどの取引を利用してダイワポイントを入手し、チャンス回数を増やすことができる新たな戦略もあるので、この記事を見て大和証券の株を購入してみようという方にとてもおすすめな株式ですので、ぜひご参考にして見てください。

Related