Search

検索したいワードを入力してください

オリエンタルランドの株主優待|ディズニーパスポート・優待内容・売買

初回公開日:2017年09月27日

更新日:2017年09月27日

記載されている内容は2017年09月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

オリエンタルランドの株主優待制度について、株主になるとどのような優待が受けられるかご存知でしょうか。この記事では、株主になることで受けられる優待制度の条件や内容、株主優待を利用する際の注意点について詳しく紹介していきます。

オリエンタルランドの株主優待|ディズニーパスポート・優待内容・売買

オリエンタルランドの会社概要

オリエンタルランドの正式名称は株式会社オリエンタルランドです。1960年7月に設立された千葉に本社を置く会社です。テーマパークの経営や不動産の賃貸などを行っています。東京証券取引所市場第一部に上場しています。

オリエンタルランドの株式情報

2017年3月末時点で、オリエンタルランドの株式所有者の割合は、その他の法人が33.8%、個人・その他が25.19%、金融機関が17.55%、外国法人および外国人が9.75%、自己株式が8.73%、政府および地方公共団体が4.36%、証券会社が0.62%となっています。株主には、京成電鉄株式会社や三井不動産株式会社などが大株主となっています。

オリエンタルランドの株主優待

オリエンタルランドの株主優待について紹介していきます。オリエンタルランドの株主優待制度で、東京ディズニーランド、または東京ディズニーシーのどちらかで利用可能な1デイパスポートが株主優待として配布されます。

オリエンタルランドの株主優待を受ける条件

株主優待を受けるためには、割当基準日が9月末、3月末の年2回となておりその3営業日前である権利確定日までにオリエンタルランドの株式を購入しておく必要があります。この権利確定日までに株式を購入することで、9月、3月末の割当基準日の株主名簿に登録され株主優待として、東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーの1デイパスポートを受け取ることができます。

割当基準日に株主として登録されていない限り、株主優待の対象となりません。必ず権利確定日までに株式を購入して、割当基準日に株主として登録されているようにしておきましょう。

株所有数別にみる株主優待

オリエンタルランドの株主優待である、東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーの1デイパスポートは、株主が所有している株式数によって配布される枚数が違います。株式の所有数が多ければ多いほど、東京ディズニラーンドまたは東京ディズニーショーの1デイパスポートの配布される枚数が多くなります。

9月末の株所有数別の株主優待

9月末の株主優待は、400株以上の株を所有している株主が対象となります。株式所有数別の東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーの1デイパスポートの配当枚数は
・400株以上 1枚
・800株以上 2枚
・1,200株以上 3枚
・1,600株以上 4枚
・2,000株以上 5枚
・2,400株以上 6枚
というような配当基準となっています。

3月末の株所有数別の株主優待

3月末の株主優待は、100株以上所有している株主が対象となります。株式所有数別の東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーの1デイパスポートの配当枚数は

・100株以上 1枚
・400株以上 1枚
・800株以上 2枚
・1,200株以上 3枚
・1,600株以上 4枚
・2,000株以上 5枚
・2,400株以上 6枚
というような基準となっています。

2,400株以上を所有していれば年間で12枚の1デイパスポートが配当されるということになります。

オリエンタルランドの株主優待の内容

オリエンタルランドの株主優待である、東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーの1デイバスポートについて、どのように使用するのかや使用上の注意について紹介していきます。

ディニーランドとディズニーシーの1デイパスポート使い方

オリエンタルランドの株主優待で配布された優待券1枚で、東京ディズニーランドか東京ディズニーシーのどちらか一方に入場することができます。優待券を利用しての入場方法ですが、通常チケットを購入して入場する方法と同じです。入場の際に入り口で優待券を提示すれば入場可能することができます。

株主優待で配布される優待券は入場パスポートのみですので、ディズニーストアや東京ディズニーランドのホテルなどでは使用することはできません。

ディズニーランドとディズニーシーの1デイパスポート発送について

オリエンタルランドの東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーの1デイパスポートの発送日は、9月末の株主優待の場合12月上旬から中旬頃、3月末の株主優待の場合は6月上旬から中旬頃に発送されます。発送日は9月末、3月末から少し時間が経過してからとなりますし、毎年同じ日に発送というわけではないので、だいたい12月と6月ごろに届くということを頭に入れておきましょう。

ディズニーランドとディズニーシーの1デイパスポート有効期限

株主優待の東京ディズニーランド、または東京ディズニーシーの1デイパスポートには有効期限が定められています。有効期限は1年間とされています。詳しい有効期限の日にちについては、株主用の1デイパスポートに記載されていますので、利用する際は期限を確認しておくといいでしょう。せっかくの株主優待でお得にディスニーランドやディズニーシーで利用できますので、期限が切れて利用できなくなったということがないようにしましょう。

株主優待券を金券ショップで売る

株主優待を期限内に利用できない方もいらっしゃいますよね。そんな時に金券ショップなどに売ることができるといいのですが、近年では金券ショップで1デイパスポートを取り扱いしていないところが多いようです。

これは、2012年にパスポートでの入場方法がバーコードを読み取るタイプになったためです。パンチ式ではチケットを使用済かどうかがチケットを見ればわかりましたが、バーコード読み取りとなれば未使用か使用済かはチケットにのみでは判断できません。

そのため、株主優待が送られてきた封筒が未開封の場合のみ買取を行います、という条件付きの金券ショップもあります。もちろん、開封してあっても買取を行ってくれる金券ショップもありますので、1デイパスポートを売りたいときは事前に金券ショップに確認してみるといいでしょう。

株主優待券をオークションで売る

前の見出し「金券ショップで売る」に記載した通り、2012年以降の入場方法が変わったことにより、オークションに出しても入札する側には「本当に未使用なのか」、「詐欺にあったらどうしよう」という不安を持つ人もいるので、売れにくいかもしれません。入札する側が安心して入札できるように、株主優待が届いた状態でオークションに出品することで、入札される可能性も高くなるのではないでしょうか。

株主優待が利用できない場合

入園制限がある場合や年越し営業などの特別営業時間の際は、株主優待の1デイパスポートを利用することができませんので、注意が必要です。

長期保有株主の優待制度

オリエンタルランドでは、株主優待制度の他に長期間にわたり、オリエンタルランドの株式を保有している株主を対象とした長期保有株主優待制度を設けています。長期保有株主への優待制度は、東京ディズニーリゾートの5周年ごとのアニバーサリーイヤーに、パスポートが配布されるというものです。

長期保有株主優待制度の内容

現在の長期保有株主優待制度の内容は、東京ディズニーリゾートの35周年、40周年のパスポートです。東京ディズニーリゾートの35周年のパスポートは2015年9月30日から2018年9月 30日までのすべての基準日に、100株以上保有しており、3年間株式を継続保有している株主へ一律で2枚のパスポートが配布されます。

40周年のパスポーとは2018年9月30日から2023年9月30日までのすべて基準日に、100株以上保有しており、5年間株式を継続保有している株主へ、一律で4枚のパスポートが配布されることとなっています。長期保有株主の優待制度についての詳細は、下記のリンクからご確認ください。

株主優待制度で楽しい時間を過ごそう

オリエンタルランドの株主優待について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。企業により、株主優待の内容はそれぞれ違いますので、株式の購入を検討している方は、購入を検討している企業の株主優待制度について調べて、株式の購入の参考にしてみるのもいいかもしれません。皆さんも株主優待制度をきちんと理解して、楽しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

Related