Search

検索したいワードを入力してください

2017年おすすめ株主優待|ランキング/権利確定月別/金額別

初回公開日:2017年10月13日

更新日:2017年10月13日

記載されている内容は2017年10月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

株主優待は食事券や商品などを提供している企業がおすすめです。初めて株をスタートする方はまずは株主優待に力を入れている企業の株を探してみましょう。きっと、身近な企業の株が見つかるはずです。2017年のおすすめの株主優待をご紹介するので、ご参考ください。

2017年おすすめ株主優待|ランキング/権利確定月別/金額別

2017年おすすめの株主優待ランキング

2017年おすすめ株主優待をこれからご紹介します。株を始めたきっかけは、株主優待を目的に株を購入されている方が多いです。

配当として現金還元をしてもらえるのは嬉しいですが、やっぱりその会社の商品をもらえたり、利用券として使えれば、必然的に個人投資家としてその会社を応援したくなります。企業にとっても個人投資家にとっても双方の利点がある株主優待、各月のおすすめ株主優待ランキング1位の情報をお伝えしていきます。

利回りって何?

まずここで、配当利回りについてご紹介します。出資金として株主になるときに購入した額から配当金を算出した数字が配当利回りといいます。また、出資金として株主になるときに購入した額から優待を時価換算し算出した数字が優待利回りとなります。

この配当利回り+優待利回りが高いほど、お得度の高いおすすめ株となってます。株価情報などを見るときの参考にしてみると利益がどれだけあるか分かるでしょう。

月ごとのおすすめ株主優待

配当利回りが良くても、株として人気とはいえません。もちろん、投資家として立派に仕事をされている方は別ですが、副業や主婦の暇つぶし、老後の楽しみで株の売買を行なっている方にとっては目に見える株主優待が魅力なのです。

利益よりも楽しむために株の売買をおこなっているのであれば株主優待が送られてくる企業のほうが人気となってしまう理由がわかります。うまくやりくりをすれば毎月株主優待をもらえるということも可能です。今回は、月ごとにおすすめの株主優待をご紹介するので、売買の参考にしてみましょう。

5月権利月おすすめ株主優待

5月は金券類の株主優待が多く、飲食業界の株主優待が少なめです。
【5月決算のおすすめ株主優待 第1位】(2017年10月11日現在)
【銚子丸】100株2,500円相当、200株5,000円相当の自社食事券・配当金1株30円・100株あたり469,000千円
必要額は高いですが、割引券ではなく食事券としてもらえるので利用しやすくおすすめです。

6月

6月は比較的株主優待が多い月です。自分の好みに合って銘柄を選んで購入することができるでしょう。
【6月決算のおすすめ株主優待 第1位】(2017年10月11日現在)
【すかいらーく】
100株3,000円相当、300株9,000円相当、500株15,000円相当、1,000株33,000円相当・配当金1株30円・100株あたり169,300円
2017年すかいらーくの株主優待が大幅にUPしました。100株でも3,000円の食事券がもらえます。ガストやジョナサンでも使用できるので、庶民の強い味方です。

7月

7月は株主優待が少ない月です。株単価も比較的高いので、お好きな銘柄を一つに絞るなどして株主優待を楽しむといいでしょう。
【7月決算のおすすめ株主優待 第1位】(2017年10月11日現在)
【ダイドーグループーホールディング】
100株以上約3,000円相当缶ジュースやゼリーなどの自社商品・1株配当60円・100株あたり537,000円
こちらも保有株という意味では高単価な部類に入るでしょうが、株主優待として送られてくる品がボリュームがあるので人気株になります。

8月

8月は株主優待の扱い企業が多く、飲食業の決算が比較的多いので生活に密着した株主優待をもらえます。また、下記の項目にもあるように、5万円以下で買える魅力の株主優待もあります。
【8月決算のおすすめ株主優待 第1位】(2017年10月11日現在)特別に2銘柄をご紹介します。
【イオン】
100株以上3%キャッシュバック、100株以上は、株数に応じて返金率が変わります。1株配当30円
100株あたり170,700円
イオンやマックスバリュー等で生活品を購入する方には特におすすめの株です。100万円当たり3万円もの現金返金があり、イオンラウンジなど株主ならではのサービスがあります。
【吉野家ホールディングス】
100株以上3,000円、食事券1000株以上6,000円食事券、2000株以上12,000円食事券 1株配当20円
100株あたり188,200円
比較的株単価が安く購入しやすい吉野家は、100円ごとの食事券なので単身者でも使用しやすく人気銘柄です。

9月

9月の株主優待は、3月の株主優待に続いて多くあり、魅力的な株主優待がたくさんあります。
【9月決算のおすすめ株主優待 第1位】(2017年10月11日現在)
【トリドールホールディングス】
100株2,000円分500株6,000円分1,000株10,000円分 1株配当26.5円
100株あたり347,500円
丸亀製麺などで利用できるので、おでかけの帰り道に寄りやすいので、幅広い層におすすめの銘柄です。

10月

10月の株主優待は、全体的に決算となる会社が少なく株主優待の件数も少なめです。その中で少し変わった優待としてビールを商品として株主優待にもらえる株がおすすめです。
【10月決算のおすすめ株主優待 第1位】(2017年10月11日現在)
【日本ハウスホールディングス】
1000株以上で、銀河高原ビール製造の「小麦のビール缶12本セット」・1株配当20円・1000株あたり640,000円
ビールがもらえるとひそかな人気株です。

11月

11月の株主優待は、5月と同様飲食業界の株主優待は少なめですが、このキューピーの株主優待は郡を抜いて人気があります。
【11月決算のおすすめ株主優待 第1位】(2017年10月11日現在)
【キューピー】
3年以上の100株以上で1,000円相当、500株以上で2,000円相当、1,000株以上で3,000円相当・1株配当36円・100株あたり279,500円 1株配当36円
マヨネーズやドレッシング等の株主優待が送られてきます。中には新商品なども入っており、キューピーファンにはとても楽しみになる株主優待です。

金額別おすすめの株主優待

株主優待は、15万円から50万円ほどの株式が購入できるのであれば色々と人気の企業も選びやすくなりますが、まだ始めたばかりだったり、金銭的に高額を売買するのには少し気が引けてしまうという方には、小額から購入できる銘柄おすすめです。5万や10万円ほどでも立派に株主優待がついてくる企業があります。いくつかおすすめをご紹介しましょう。
【5万円以下で買えるおすすめ優待】(2017年10月11日現在)
【コジマ】権利月8月・100株1,000円分の買い物優待券・100株あたり40,100円
【シダックス】権利月8月・100株2,700円の利用券・100株あたり44,100円 
【鉄人化計画】権利月8月・100株2,700円の利用券・100株あたり37,500円
【10万円以下で買えるおすすめ優待】(2017年10月11日現在)
【はるやま】権利月3月・100株ネクタイまたはワイシャツ券1枚贈呈券、15%割引券2枚・100株あたり100,800円 
【アトム】権利月3月9月・100株で2,000円相当の食事カード・100株あたり81,600円

株主優待をもらってみよう

株主優待をもらうには、株主になる必要があります。決算にもあたる権利確定日に、その企業の株式を購入し保有株を持っていると株主の権利が確定されます。すると、株主総会等の案内を知らせる紙が届くでしょう。株主優待は、株主総会の後に送られてくることが多く、早ければ1ヶ月ほどで送られてくる場合もあります。

注意しよう権利確定日

権利確定日とは、大体どの企業も月末日を設定されていることが多いですが、企業によって20日が権利日など、月の途中を設定しているところもあります。初めて購入する企業は、権利確定日を細かく確認しましょう。

また、例えば月末日に設定している企業であった場合でも、3営業日前に株を保有していなければ株主優待はもらえません。初めて売買する方は特に期日に気をつけて購入することをおすすめします。

夢の株主優待生活

一定資金があれば、株主優待だけで生活することもできます。将来の株生活のために、まずは自分がどの企業の株主優待に魅力を感じているのか、どの程度の資金があるのかなど自己分析を行い、第一歩を踏み出してみましょう。送られてくる株主優待をもらえた喜びは、きっと次の人生のステップアップにつながることでしょう。

Related