Search

検索したいワードを入力してください

JALの株主優待券の使い方/メリット・お得な買取情報

初回公開日:2017年10月03日

更新日:2017年10月03日

記載されている内容は2017年10月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

株主優待でお得に賢く空の足を利用したい人必見のJALの株主優待について詳しくご紹介します。気になる株主優待の中身は、株主優待を受けるためにはどうすればよいのか、初めて株取引をする初心者の方への株式優待目当ての株取引の始め方などをご案内します。

JALの株主優待券の使い方/メリット・お得な買取情報
▼株式投資を始めるならこちらの記事▼
【株初心者向け】おすすめのネット証券6社!

JALの株主優待券の使い方

JALの株主優待券の有効期限は基本的に一年間

JAL公式サイトによると、株主優待券は二種類あり、国内線の株主優待券とJALパックツアー商品の株主優待券となっています。

優待券は発行日によって有効期限が変わります、国内線のJAL株式優待券は年二回発行で6月~翌年5月末日まで、12月~翌年11月末日まで使うことができます。国内線の優待券を使う場合は旅行や出張のプランをよく考えて期日が近いほうから使用することができます。

国内線専用の株主優待券は大人普通席片道一区間分となっているのでファーストクラスなどの機内席のクラスチェンジには割増の料金がかかります。また、JAL国内線の株主優待券を使うとマイルが75パーセントの加算になります。

毎年3月31日 5月下旬 6月1日~翌年5月31日(1年間)
毎年9月30日 11月下旬 12月1日~翌年11月30日(1年間)

出典: https://www.jal.co.jp/dom/fare/rule/r_kabu.html |
JALパックツアー商品の株主優待券に関しては年に一回、海外ツアーパック二枚、国内ツアーパック二枚の株主優待券が発行されます。有効期限は一年期限のJALパック株主優待券と半年期限のJALパック株主優待券です。

半年期限のJALツアーパック優待券は200株以上保有の株主に発送されます。使用できるJALのツアーパック商品は有効期限内に販売されているJALパック商品です。一部株主優待が使えないJALパックもありますので予約の際には株主優待の適応商品か確認してください。

JALツアーパック株主優待券は優待券一枚で株主と同行者、ツアーを利用する参加者全員に適用となります。

3月31日基準日発行分
※100株以上ご所有の方が対象 5月 6月1日~翌5月31日(1年間)

9月30日基準日発行分
※200株以上ご所有の方が対象 11月 12月1日~翌5月31日(6ヵ月間)

出典: https://www.jal.com/ja/investor/individual/guidance/ |

株主優待を得たいなら株購入前に権利確定日を押さえる

株式を取得し優待券や配当を得るのは株を購入後すぐではありません。株式を保有することにより利益が得られる期日を【権利確定日】といいます。通常、権利確定日の4営業日前までに株式を保有していないと株式配当や株主優待は受けられません。

株式優待を得たい人は株式の購入日と権利確定日を必ず確認してください。折角株式を買って保有したのはいいが権利確定日が一週間前に過ぎていた、なんてことになりかねません。権利確定日当日に購入しても株主優待はもらえません。

混同しがちなのが【営業日】と日にちの違いです。土日・祝日は取引が休んでいるので必ず【営業日】で日数を数えてください。

JALの株式を購入し権利が確定するのは3月の末日と9月の末日となります。また、【権利付き最終日】まで保有していれば、その後株式を売却しても株主優待を受けることができます。株取引は何も知らずにただ株保有をしているよりも様々なルールを学ぶことで株主優待のほか、様々なメリットを享受することができます。

JALの株主優待の発送時期はいつなのか

保有している株式が権利確定をしたら株主優待券が送られてきますがその時期は様々です。JALの場合は株主優待券の発送時期は二回に分けられます。

3月31日基準日発行分 5月発送
9月30日基準日発行分 11月発送

出典: https://www.jal.com/ja/investor/individual/guidance/ |

株主優待券で予約を取るときの注意

最初に、当然のことながらあらかじめ予約していた航空券やJALツアーパックを株式優待券が手に入ったからといって後から株主優待を適用させることはできません。株主優待の特典を使いたい場合は予約時から株主優待を使用する旨を連絡してください。

株主優待利用の予約は搭乗日の2カ月前から可能です。搭乗券は予約をしたら3日以内に購入しなければ無効となってしまいます。

JALツアーパックの株主優待券を使用して予約する場合は予約締切があります。海外ツアーは5日前、国内ツアーは7日前までの予約となっています。

海外ツアーは、出発日の前日より起算して5日前まで、国内ツアーは7日前までとなります。
(海外ツアーの一部コースを除きます。パンフレットにてご確認ください。国内ツアーをインターネットでお申し込みの場合はご出発の7日前の21時29分までに、お電話でお申込みの場合は株主優待国内ツアーデスクの営業日・営業時間内に限ります。)

出典: https://www.jal.com/ja/investor/individual/question/ |

JAL株主優待で搭乗券を購入するには

JALの株主優待券で搭乗券を購入するにはインターネットと空港での自動チェックイン、または発券機での予約・購入が可能となっています。

インターネットで株主優待を利用して国内線搭乗券を購入する場合はJALの公式ホームページから国内線片道で検索し、該当の便で【株主割引】を選択してください。その後【株主割引発券用コード】を入力すると航空券が購入できます。発見用コードはJAL国内線株式優待券の裏側のスクラッチを削るとコードが出てきます。

空港で直接発券機で株主優待を使って航空券を購入する場合はJAL株主優待割引券のバーコード認証が必要となります。発券機で「航空券を購入する」を選択後、JAL国内線株主優待割引券のバーコードを読み取らせることで株主優待券の割引を利用することができます。

JALツアーパックの株主優待を使用したい場合はインターネットか電話での受付となります。

海外ツアー 050-3164-1154  ・国内ツアー 050-3155-3320
【営業時間】 9:00-18:00 ※12/31~1/2を除く

出典: http://faq-tour.jal.co.jp/app/answers/detail/a_id/12209/~... |

株主優待を使って予約したが変更やキャンセルはできるのか

JALの株主優待を使って航空券を予約したが予定の日程が変更になった場合、予約の変更は可能です。

購入後の逆区間への変更および区間を変更することはできません。
他の運賃でご購入済みの航空券を株主割引へ変更することはできません。
予約の変更・取消は、ご搭乗便の出発時刻前までに行ってください。
「株主割引券」の有効期間を超えてご予約便を変更することはできません。
予約変更により、航空券ご購入時とご搭乗時の運賃額が異なる場合は、差額の調整が必要です。

出典: https://www.jal.co.jp/dom/fare/rule/r_kabu.html |
払い戻しも可能となっており、その場合【株主割引代替券】か【株主割引代替券発券用コード】が発券されます。払い戻し手数料は航空券一枚につき430円かかります。キャンセルの場合は予約していた便の出発前なら無料で、出発後は各1区間の取り消し手数料がかかります。

株主優待券と株保有のまとめ

以下はJAL株主優待国内線割引の株保有数に応じた発送枚数です。100~199株の方は年に一度の発送となります。

ご所有株式数 3月31日現在の株主様 9月30日現在の株主様
100株 ~ 199株 1枚 -
200株 ~ 299株 1枚 1枚
300株 ~ 399株 2枚 1枚
400株 ~ 499株 2枚 2枚
500株 ~ 599株 3枚 2枚
600株 ~ 699株 3枚 3枚
700株 ~ 799株 4枚 3枚
800株 ~ 899株 4枚 4枚
900株 ~ 999株 5枚 4枚
1,000株 ~ 1,099株 5枚 5枚
1,100株 ~ 99,999株 5枚+1,000株超過分500株ごとに1枚 同左
100,000株 ~ 203枚+100,000株超過分1,000株ごとに1枚 同左

出典: https://www.jal.com/ja/investor/individual/guidance/ |

JALの株主優待券のメリット

飛行機を利用する人におすすめのJAL株式優待券の割引

JALの株主優待券の最大のメリットは国内線片道運賃が半額になる割引が利用できる点です。例として通常、JALの東京(羽田)ー北海道(新千歳)間は片道普通大人運賃が37790円ですが、JAL株主優待券の国内線割引を使用すると19040円となります。

料金は便の出発時間や時期によって変動しますが優待券の割引率は変わりません。

JAL株は100株単位からの購入となり2017年9月現在のJAL1株当たりの値段は約3800円、100株買うと約38万円となります。株式保有は配当金制度もあり金額は決算ごとによって違いますが株主優待を使うだけで約19000円得をしたという結果になります。つまり購入後190円以上価格の下落がなければそれだけでお得ということになります。

JALツアーパックの株主優待券も株主と同行者全員がツアー代金から7パーセント引いた金額で旅行を楽しむことができます。航空券半額割引は国内線限定ですがJALツアーパックの株主優待は国内線・国際線商品ともに二種類の割引を利用できます。

3期連続で株式を保有するとお得な特典がある

JALの株式を三年連続(7基準日目)で保有している株主にはさらにお得な特典として国内線株主優待割引券が追加されます。追加される保有口数は300株から一枚となっています。

300株 ~ 999株 各7基準日目に 1枚
1,000株 ~ 9,999株 各7基準日目に 2枚
10,000株 ~ 各7基準日目に 3枚

出典: https://www.jal.com/ja/investor/individual/guidance/ |
ただし追加発行は同一株主番号に限りますので年毎に株式を全売却・買い付けしている株トレード方法の場合には対象外なので注意が必要です。

株主優待券は当日でも使えるのか

緊急の要件で当日飛行機を利用しなけらばならない場合でもJAL国内線株主優待割引券は使用できます。

お盆や年末年始の混雑期に株主優待は使えるのか

旅行や帰省ラッシュの夏休み、お盆、年末年始でもJALの株主優待は使用することができます。しかしもともと混雑している空の便ですので、株主優待用で確保されている座席が埋まってしまった場合はキャンセル待ちとなるので旅行や帰省の予定が早めに見通せる株主は早期予約がおすすめです。

空席情報はJAL公式ホームページから確認できます。

JALの株主優待券の買取情報

JALの株主優待券は株主でなくとも利用することができるため転売されている株主優待券も存在します。当日や近々日にJALを利用したい人は転売されている株主優待券を購入するとお得に飛行機を利用することができます。

株主優待は金券ショップで買える

株式トレードしていない、JALの株式を保有していないが飛行機を利用するので株主優待を使いたい人におすすめなのが金券ショップです。金券ショップは店舗型のものやホームページ上で運営されているものまで様々な形態のお店が存在します。

オークションで株主優待を購入する場合

株主優待はオークションでも購入することができます。オークションの場合は一枚単位での購入ではなく複数枚でのセット購入もできます。JALの株式を保有しておらずJALを頻繁に利用するビジネスマンや旅行が趣味のかたなどにおすすめとなっています。

転売されている株主優待券の価格や相場はいくらか

転売されている株主優待券の価格相場はインターネットなどの金券ショップサイトを見ると3500円~となっています。一枚での販売と10枚セットでの販売などで価格は変動します。また時期的(年末年始・長期休暇)などでも価格や相場は動くので少なくとも平時の値段より下がることはないと考えた方がよいでしょう。

ネットオークションも同様ですがオークション主が金額を自由に設定できるので運が良ければ相場よりも若干安く手に入れることができます。しかし通常相場はやはり3500~4500円の価格だと思っておくのが無難なところです。

株主必見 株主優待の売り時とは

旅行に行かない、飛行機に乗らないというJALの株主にとって、航空券やツアーパックがお得になる株主優待は宝の持ち腐れとなってしまいます。JALの株主優待券は無記名発送となっているので転売が可能です。

オークションや金券ショップに転売して利益を出したいと考えているJALの株主にとっては株主優待券をより高値で売るためには時期を見極めることが大切です。

どのような商品も需要と供給のバランスが存在します。欲しい人が多ければ多いほど商品価値が上がります。JALの株主優待券を求める人が多い時期というのは長期休暇のある夏休みシーズンになります。もちろん年末年始や春休みシーズンもねらい目です。

転売で勝負をするなら秋

穴場の売り時としては秋頃(10~11月初旬)も売り時です。JALの株主優待券の国内線半額は有効期限が二種類あり、11月末日で切れる優待券があります。11月になると新しい優待券が株主に送付されますが、その送付までのわずかな期間、金券市場にはJAL株主優待券が実質品薄となることがあります。

手元にある優待券の期日が近いこと、新しい金券がもうすぐ発送という時期を見極めると高値で売ることができるのです。しかし秋頃の転売には見極めが必要ですので、そうしたことが面倒だという株主は長期休暇時期を狙って転売するのがおすすめです。

初心者のための株式講座

株式優待を受けるためには株を保有しなければなりません。株主優待目当ての初心者が陥りがちなのが下調べなく大手の証券会社を選んで株を買ってしまうことです。大手だから問題ないだろう、そんな理由でぼんやり証券会社を選んでしまった人は実は損をしている可能性があります。

株式を証券会社から買う際に手数料というものが発生します。実はこの手数料、各証券会社によって金額が違うのです。

手数料には【約定単位】と【一日定額】に二種類が存在します。株取引で利益を上げる、いわゆるデイトレーダーは一日に何度も取引を行いますのでデイトレードにかかる手数料は【一日定額】の金額です。株主優待を目当てに株式を買う人に注目してほしいのがもう一つの手数料【約定単位】です。

約定単位が安い証券会社がねらい目

株主優待を目的とした株取引をする人で年単位、月単位で株式を保有する株主には【約定単位】の手数料が低い設定金額の証券会社がねらい目です。というのも【約定単位】とは10万円ごとの金額によって決まってきます。【一日定額】はその日何度も取引してもそれ以上かかりませんよ、という手数料です。

基本的に【一日定額】の手数料よりも、【約定単位】の手数料のほうが金額設定がお得なので株式を中長期で保有する株主優待利用者は【約定単位】の手数料を比較して証券会社を選んでください。

分配金と売り時

株式取引で得られる利益は株主優待だけではありません。むしろ株主優待は日本独自の制度で本利益は分配金と株の売買取引によって得られる利益となっています。

多くの企業の場合、年に一度は必ず決算があり、決算後は収益の額に応じて株主に分配金が配られます。その分配金が株取引の利益の一つです。分配金を株式の再投資に回すもより、利益として口座に残しておくのも株主の采配によって自由に決めることができます。

企業の株式を保有し、利益が出ている限り分配金は通常であれば発生します。ですが、まれに利益が出ていても分配金を出さない企業も存在します。これまでの分配金実績をみて株主優待を得ても得をする企業かどうか見極めてください。

経営再建 再上場のJAL その行く先は

記憶に新しい人もいるかと思いますが、JALは以前上場廃止になり2012年に株式市場に戻ってきました。当時の株主の方で紙屑同然でJAL株を売った、以前の上場していた時に株主優待券が使えなくなって損をしたという人も大勢います。

2016年、世界的スキャンダルのパナマ文書にもJALの名前は記載されていました。パナマ文書とはタックス・ヘイブン、いわゆる脱税対策の抜け道として海外を利用していた企業のリストのことです。税金を投入し経営再建中のJALの名前もその中にありました。この事実はインターネット以外のメディアはほとんど報じませんでした。

株主優待目当てでJAL株を購入する人は株取引のリスクやこれまでのJALの企業経営を踏まえたうえで購入してください。

優待券をお得に使おう

さまざまな問題を抱えているJALではありますが、地方空港にも発着便がある使い勝手のよい空の足であることは紛れもない事実です。これからのJALに期待し、賢くお得に株主優待券を使ってください。

そしてJALを利用する人はぜひ機内サービスのコンソメスープをご賞味あれ。

おすすめのネット証券で株式投資を始めよう!

少ない資金で投資を始められるコンテンツも揃っており、手軽で便利なネット証券。しかし、株初心者にとってはどのネット証券を選ぶべきか…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。こちらの記事では、株初心者がネット証券を選ぶポイント&おすすめのネット証券6社をご紹介しています。是非自分に最適なネット証券を選んでみてはいかがでしょうか。

▼株式投資を始めるならこちらの記事▼
【株初心者向け】おすすめのネット証券6社!

Related