Search

検索したいワードを入力してください

吉野家の株主優待券|使い方/店/購入/買取/注意事項

初回公開日:2017年10月10日

更新日:2017年10月10日

記載されている内容は2017年10月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

吉野家ホールディングス(9861)は、最低でも年間6,000円相当の株主優待食事券がもらえるため、優待高利回り銘柄として人気があります。吉野家の株主優待の使える店舗や、株主優待券の購入方法、買取方法を調べましたので、ぜひ参考にしてみてください。

吉野家の株主優待券|使い方/店/購入/買取/注意事項

吉野家の株主優待券おすすめの特典|使い方

「吉野家」といえば「牛丼」のイメージが強く、全国に1,200以上の店舗を構えており、非常に身近な存在です。「吉野家」を運営する吉野家ホールディングスは、2000年11月に東証1部に上場した吉野家グループの持ち株会社で、牛丼の「吉野家」以外にも、実に多くの飲食チェーンを運営しています。

讃岐うどんのチェーン店「はなまるうどん」を運営する株式会社はなまる、持ち帰りお寿司の「京樽」、「ステーキのどん」「フォルクス」「しゃぶしゃぶどん亭」を運営する株式会社アークミール、たい焼き・たこ焼きの「一口茶屋」を運営する株式会社グリーンズプラネットも、吉野家ホールディングスの子会社です。

吉野家ホールディングスは、株主優待の人気ランキングでも常に上位にくる存在です。吉野家の株主優待券が使える店舗や、株主優待券の購入方法と買取方法、吉野家の株主優待券の注意事項などを紹介していきますので、吉野家の株主優待券の人気の理由を知りたい方は、ぜひ最後までお付き合いください。

吉野家株の価格

吉野家ホールディングスの株価は、2017年10月5日現在、1,919円となっています。100株から購入可能となりますので、投資金額は「191,900円」になります。牛丼チェーン大手の「すき家」「松屋」と比較すると、以下のようになります。
牛丼チェーン大手3社投資金額(100株)株主優待券(年2回)
吉野家ホールディングス191,900円300円の株主優待券(10枚)
ゼンショーホールディングス(すき家)205,300円1,000円分の食事券
松屋フーズ(松屋)426,500円優待食事券(10枚)
吉野家ホールディングスの株主優待は、牛丼チェーン大手3社の中で、投資額に対する利回りが最も高くなっています。

株主優待食事券

吉野家ホールディングスの株は、最低売買単位が100株になっています。100株保有していると、3,000円相当の株主優待券(食事券)が貰えます。食事券は、店内の飲食だけでなく、テイクアウトにも使う事が出来ます。株主優待券と、他の各種割引券との併用も可能で、その上、一度に複数枚使用する事も出来ます。但し、「お釣り」は出ないので、その点は注意が必要です。

株主優待券の枚数

吉野家の株主優待食事券は、最低売買単位である100株を保有していると300円券が10枚もらえます。1,000株以上、2,000株以上になると、もらえる株主優待券の枚数が変わってきます。下記をご参照ください。
保有株数もらえる株主優待券の枚数
100株以上300円×10枚
1000株以上300円×20枚
2000株以上300円×40枚

吉野家の株は何株から買えるか

吉野家ホールディングスの株は、単元株数が100株となっています。これは、最低売買単位が100株である事を意味します。20万円弱の投資金額で、年間6,000円相当の株主優待券と配当金がもらえるので、まずまずの優待利回りとなっています。

株主優待の発送時期

吉野家ホールディングスの株主優待券は毎年2月末と8月末の2回が権利確定日ですので、毎年2月26日と8月26日に株を保有していれば、株主優待券がもらえます。株主優待券が届くのは、権利確定日の約3か月後になります。
権利確定日株主優待の発送時期
2月末日5月
8月末日11月

吉野家の株主優待券が使える店舗

吉野家ホールディングスの株主優待は、牛丼の吉野家以外にも、色々なお店で利用することが出来ます。汎用性の高さが、株主優待の人気ランキングで常に上位に入る理由の一つです。次に、吉野家の株主優待券が利用できる店舗をご紹介します。

はなまるうどん

「はなまるうどん」は、讃岐うどんの本場である香川県で創業した、セルフ式讃岐うどんのチェーン店で、吉野家ホールディングスグループに属する「株式会社はなまる」が運営しています。2017年2月には店舗数が415まで増え、2000年に創業して以来、成長を続けています。

「株主優待券があるから」と吉野家に通い続け、吉野家の牛丼に少し飽きてしまったら、あっさりしたはなまるのうどんを頂くのも良いでしょう。はなまると吉野家の両方で使えるお得な「はしご定期券」(期間限定)などもあるので、情報をマメにチェックして賢く利用しましょう。

はなまるグループの店舗

「うまげな」「さぬき麺屋」「つるさく」「讃岐うどん高松勅使」「さぬきう丼横丁」も、はなまるのグループ店舗となっており、吉野家の株主優待券が使用可能です。「吉野家」と「はなまるうどん」が一緒に食べられる「はなまるうどんスペシャル店舗」も全国に7店舗あります。

ステーキのどん

「ステーキのどん」は、吉野家ホールディングス傘下の株式会社アークミールが運営するステーキレストランで、全国に71店舗展開しています。ランチはスープ・ライス・パンがおかわり自由、ディナーもライス・パンがおかわりできます。

VOLKS(フォルクス)

「VOLKS」も、「ステーキのどん」と同じく株式会社アークミールが運営しているステーキレストランです。日本で初めて「サラダバー」を提供したのがVOLKSです。現在は、おかわり自由のスープバー・サラダバー・ブレッドバーを導入しています(一部店舗を除く)。

株式会社アークミールのグループ店舗

株式会社アークミールは、他にも「しゃぶしゃぶ どん亭」(57店舗)「donイタリアーノ」(3店舗)「ステーキのどんmini」(2店舗)「パスタリアーノ」(1店舗)を運営しており、そこでも吉野家の株主優待券が使えます。

京樽

持ち帰り寿司の「京樽」、寿司店の「海鮮三崎港」「すし三崎港」「すし三崎丸」「関山」は、2011年から吉野家ホールディングスの完全子会社になった株式会社京樽が運営しています。これに伴って、2012年から吉野家の株主優待券の対象店舗になりました。

株式会社グリーンズプラネットが運営する企業

吉野家ホールディングス傘下の株式会社グリーンズプラネットは、ファーストフード事業を主に展開しています。ポテト&クリーム・ピッツァナポレターノカフェ・レムソンズ・一口茶屋・ドンブリー・ピーターパン・石焼ビビンバ・やきやきや・味咲き・えびすだこ・らーめん亭・ペッパーランチでも吉野家の株主優待が使えます。

吉野家の株主優待券の購入方法

吉野家の株主優待は優待利回りが良いので人気が高く、優待券を所有している人も多いため、市場にも多く出回っています。ネットオークションや金券ショップにも多数出品されていて、ほぼ1年中購入することができます。

申込

金券ショップでは、店頭での購入の他、インターネットでの購入申し込みが出来ます。オークションサイトも併用して、出来るだけ安く購入できる方法を探しましょう。

価格

購入価格は、基本的に「時価」になります。市場に多く出回っている場合は安く手に入ります。逆に、流通量が少ない場合は、高価になってしまうので注意が必要です。

相場

吉野家の株主優待券は、金券ショップやネットオークションで、1枚280円から290円で購入できます。金券ショップで郵送購入すると別途送料等もかかりますが、株を売買して株主優待券を入手するのに比べれば割安感があります。

ヤフオク

ヤフオクには、吉野家の株主優待券が郵送料無料で多数出品されています。申し込む際は、有効期限に注意しましょう。

金券ショップ

吉野家の株主優待券は、多くの金券ショップで取り扱いがあります。3,000円分のチケットが2,800円前後で購入可能となっていてお得です。

オークション

「ヤフオク」「メルカリ」「モバオク」「ebay」「sekaimon」「Amazon」でも購入できます。底値落札を目指しましょう。

吉野家の株主優待券の買取方法

株主優待券を有効期間中に使い切れない方、ダイエット中で牛丼やうどんは食べたくない方、家の近くに優待券が使えるお店が無い方も、中にはいらっしゃるでしょう。そんな方のために、株主優待券を買取ってもらう方法をご紹介します。

販売

株主優待券は、金券ショップやオークションで売ることが出来ます。金券ショップでは、店頭買取の他、郵送で買取ってくれる店舗がありますが、価格が異なりますので注意しましょう。優待券に汚れ・黄ばみ・折れ曲がり等がある場合は、表示価格より安くなってしまうこともあります。

価格

株主優待券の券面額は300円ですが、買取価格はおよそ245円から260円ほどになっています。他社の株主優待券の場合、買取価格がもっと低い場合があるので、吉野家の優待券は高価買取の部類に入ります。

相場

1枚およそ260円が相場になっています。吉野家の株主優待券は人気が高いのであまり値崩れせず、他の飲食チェーン(ラーメン・ハンバーガー等)と比較して、高価で買い取ってもらえます。

ヤフオク

優待券の金額(300円)よりも安く買い取られる場合が大半となっていますが、入札のタイミング等によっては、高値で取引される事もあります。

金券ショップ

店頭買取・郵送買取のどちらにも対応していて、且つ高価買取してくれる店を3店紹介します。多くの優待券が冊子単位での買取価格である中、吉野家の優待券は1枚単位でも買取してもらえるのが特徴です。

株主優待券には有効期限が設けられており、期限が迫ったチケットは買取してくれる店が少なくなります。株主優待券を受け取ったら、早めに買取してもらうことで、高価買取が可能になります。

金券ショップ アクセスチケット

アクセスチケットは、全国展開の金券ショップです。3ヶ月以上有効期限が残っている株主優待券を一枚260円で買取と、今回ご紹介する買取店の中では最も高価買取してくれるお店です。

金券ショップ チケッティ

金券ショップチケッティは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップです。都内4店舗及び郵送での買取販売を扱っています。チケッティでも、一枚260円で買い取ってもらえます。どこにお住まいの方でも、郵送で買取ってもらえますので、近所に吉野家の優待券を買取してくれそうなお店が無いという方におすすめです。

チケットショップアイギフト

大阪の梅田にある金券・チケットショップアイギフトでは、買取価格が一枚250円となっています。上記2店舗と比べると、買取価格が10円下がってしまいますが、株主優待券の有効期限が迫っているものでも買い取ってもらえるので、有効期限が近づいたタイミングによっては他店よりも有利で高価買取になる場合もあります。

オークション

オークションサイトでの平均価格は、一冊(300円×10枚)あたり3,750円程度になっています。

吉野家の株主優待券の注意事項

高利回りでお得感があり、人気の高い吉野家の株主優待ですが、注意しなければならない点がいくつかあります。株主優待券の有効期限や、権利確定日、利用できない店舗が一部あるので注意しましょう。

株主優待の有効期限

吉野家ホールディングスの株主優待券は、有効期限が1年間です。頻繁に吉野家を利用する人や家族の多い人は簡単に使い切れそうですが、あまり吉野家に行かない人は有効期間内に使い切れない可能性があるので注意しましょう。

近所に吉野家系列のお店が無い場合は「吉野家外販商品詰め合わせセット」と引き換えることもできますし、吉野家の株主優待は換金率が高いので、金券ショップやオークションで換金するのも良いでしょう。

権利確定日

吉野家ホールディングスの権利確定日は2月末日と8月末日ですが、株主優待をもらうには、権利確定日の3営業日前の、「権利付き最終日」までに株を買っておく必要があります。

また、夜間取引では権利が取れないので注意が必要です。権利確定日前には、株主優待狙いで株を購入する人が増え、株価は上がりやすくなっています。購入するなら早めに株価をチェックしておきましょう。

権利確定日よりも重要な「権利付き最終日」

株主優待や配当金を得るには、権利確定日に株主名簿に名前が載っていなければなりません。株主名簿に載るためには、権利確定日の3営業日前までに株を買っておかなければ間に合わないので、権利確定日よりも権利付き最終日の方が重要となります。

株主優待券の利用できない店舗

吉野家ホールディングスの株主優待券は、日本国内の株式会社吉野家、株式会社はなまる、株式会社アークミール、株式会社京樽、株式会社グリーンズプラネットの店舗で利用できます。

しかし、利用できない店舗が一部あります。吉野家の競馬場内・競艇場内・臨時店舗と、京樽・はなまる・グリーンズプラネットの一部店舗では株主優待券が利用できないので、不安な場合は事前に問い合わせてみましょう。

吉野家の株主優待券は使えるお店が多くて便利

吉野家の株主優待券は、吉野家ホールディングスグループ各社で使える汎用性の高さと、優待利回りの高さで、株主優待人気ランキングで常に上位にランクインしています。株主優待の食事券は、吉野家だけでなく、はなまるうどんやステーキのどん、フォルクス、京樽など、多くの飲食店で使う事ができます。

優待券の有効期限は1年間と長く、余裕で使い切れそうですが、使い切れずに無駄にしてしまいそうな場合や、売って現金化したい場合は、金券ショップやオークションを利用しましょう。

Related