Search

検索したいワードを入力してください

結婚式のサブバッグの選び方とNGな素材(動物皮/ファー素材)

初回公開日:2017年09月27日

更新日:2019年04月01日

記載されている内容は2017年09月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

結婚式で使うサブバッグですが、どんなことを重視して選んでいますか。なかなか選ぶのが難しいように思いますが、注意点さえチェックしておけばあとはファッションに合わせて選ぶことができます。今回は結婚式用のサブバッグの選び方を紹介していきます。

結婚式のサブバッグの選び方とNGな素材(動物皮/ファー素材)

結婚式のサブバックの選び方

結婚式のサブバッグはなぜ必要かご存知ですか。(サイトによっては大きめのバッグのことをサブバッグというところもありますが、ここでは大きめのバッグをメインバッグ、パーティーバッグと、式場に持ち込むような小さなファッションバッグのことをサブバッグと表現していきます。)

メインバッグは大きめのものを使いますが、結婚式場に大きなバッグは必要でしょうか。余興で使うものがなければサブバッグだけで十分です。しかし、式場に持ち込めるサブバッグにもルールがたくさんあります。ここでは、サブバッグのカタチやデザイン素材などの選び方を紹介していきます。

結婚式のサブバッグ

結婚式でのサブバッグはどんな種類があるかをご存知ですか。サブバッグと一口に言っても色々な素材や大きさがあります。結婚式場に持ち込むバッグですから、小さめのサブバッグで十分です。選ぶポイントは以下の通りです。

・当日のファッションに合っているか
バックだけ豪華で洋服がシックだとバランスが取れません。お気に入りのバッグでも洋服に合わせて選びましょう。

・財布、ハンカチ、メイク道具、デジカメ、スマホが入る大きさであること
入れるものは上記のものだけでも十分です。どれが入るくらいの小さなバッグで十分です。
そんなサブバッグの代表的な素材のものを紹介していきます。

パール

みなさんがよく使われることが多いのがパールをあしらったサブバッグでしょう。このバッグのいいところは価格がピンキリですが、高級そうに見えることと洋服や髪型に合わせやすくて便利なところです。パールのサブバッグはシックなドレスにも合いますし、華やかなドレスでも素敵に見えます。

またデザインも多いので、選びやすいです。ただし問題があるとすれば、他人とのバッグ被りがおきやすいということではないでしょうか。ですが、主役はあくまでも新郎新婦です。たとえバックが被っても機嫌を悪くなさらないでください。あなたが主役ではないということを忘れないでください。

半貴石

貴石(キセキ)というものをご存知ですか。宝石の取引上の分類で使われる言葉なのです「ダイヤモンド」「ルビー」「サファイア」「エメラルド」の4大宝石とそれ以外に貴重性や高度を基準として数種類の宝石が加えられた分類のことです。

国や専門家、宝石業界でも基準は統一されていません。半貴石(ハンキセキ)は貴石とされるもの以外の宝石全てのことを指します。半貴石が飾られたサブバックを見たことはありませんか。

あまりに輝きすぎなければ(結婚式の邪魔をしなければ)半貴石のサブバッグを使っても良いとされています。昼の結婚式では輝きすぎたり、光を反射してしまうので、結婚式を壊してしまう可能性があります。半貴石のサブバッグ使って良いのは夜の結婚式だけだと覚えておきましょう。

ビジュー

ビジューとはフランス語で「宝石」を意味します。その名の通りに宝石をあしらったバックになります。華やかで、ありながらシックなデザインのものから、華やかさを追求したものまでいろいろあります。

前面に宝石をあしらったものから、写真のように一部を宝石を使ったものまでデザインがいろいろあるので選ぶのが楽しいですが、大変でもあると思います。このサブバッグだけが華やかで洋服がシンプルすぎて周囲から浮かないように、洋服がシンプルならばバッグは華やか差で色を合わせるなどオシャレに選んでください。

ゴールド

ゴールドといってもいろんなサブバッグがあります。黄色に近いゴールドは光すぎるので逆に下品に見えますが、シャンパンゴールドのような落ち着いたゴールドであれば結婚式のサブバッグに使いたいバッグの一つです。

イエローゴールドでも落ち着いたデザインであれば下品に見えませんし、ファッションに合わせていればオシャレに見えます。ただし、イエローゴールドやシルバーなど派手めの光素材は昼間の結婚式では避けましょう。輝くのは新郎新婦だけですので、サブバッグの光で結婚式の邪魔にならないようにしましょう。

NGな素材

結婚式のサブバッグにはいろいろなタブーがあります。

・殺生を連想させるもの
・チープすぎる素材のもの
・濡れてしまう素材
・紙バッグやショップの持ち帰り用バッグ

などいろいろなタブーがあります。なぜタブーなのかを紹介していきましょう。

動物皮

結婚式では動物皮のサブバッグはNGなのはご存知の方も多いでしょう。動物のサブバッグは高級そうに見えて良いのではないか、と思う方もいらっしゃるでしょう。それでは、なぜ動物皮がNGなのでしょう。

理由は「殺生を想像させるため」です。ワニ皮やヘビ皮なら良いと思っている方もいますが、動物を使っている時点でNGです。型押しやフェイクも殺生を連想させるものなので、サブバッグとして結婚式に使うのはNGです。結婚式という新しい門出に傷をつけかねませんので、動物皮のサブバッグは使用しないでください。

ファー素材

モコモコしていて可愛らしくもありおしゃれなファーの素材を使用したサブバッグも結婚式ではNGです。「ファー素材ならおしゃれだし大丈夫」と思っている方もいらっしゃいますが、ファー素材は何でできているかご存知ですか。ファー素材も動物の皮を使っています。

ミンクやラビット、フォックスなどの革を使用して作られたものがファーです。結婚式では「殺生」を連想させるものはNGです。ですからサブバッグとして使用するのはやめましょう。

また、「フェイク・ファー」なら良いと思っている方もいらっしゃいますが、フェイクでも本物か偽物かということが重要なのではなく、「殺生」を連想させるものなのでサブバッグとしての使用はやめましょう。

ビニール

ビニール素材はなぜダメなのでしょうか。水を弾いてくれますし、おしゃれに見えそうなものもたくさんあります。一見良さそうに見えますが、NGなのです。

NGの理由は「結婚式はフォーマルな場所であって、カジュアルなサブバッグはNG」なのです。結婚式はカジュアルな場所ではありません。フォーマルな場所です。どんなに素材の良いビニールのサブバックをドレスアップした衣装に合わせてもフォーマルには向きません。

綿素材

綿素材がNGなのを知っていますか。シンプルだけどファッショナブルでいいのではないか、と思います。ですが、NGなのにはきちんとした理由があります。綿素材は「濡れる」という難点があります。結婚式では濡れて形が崩れるものを嫌います。

「形が崩れる」ということは「結婚式が壊れる」という意味にも取れます。サブバックとして使いたくても綿素材は失礼にあたるのでやめましょう。

紙バッグやショップのバッグ

オシャレだから、かっこいいからという理由で紙袋やショプのバッグを使っている方がいらっしゃいます。日常使いには問題ないですが、結婚式という場にはふさわしくありません。「破れる」という難点があります。「破れる、壊れる」は「結婚式が壊れる、結婚生活が破れる」という意味に取られるのでNGです。

ショップによってはビニールバッグを使っているところもありますよね。「オシャレだから、ファッショナブルだから」という方もいらっしゃいますが、結婚式にはNGなバッグです。

丈夫なショップのバッグでもいずれは壊れてしまいます。壊れるという言葉は、結婚式ではNGです。どんなにおしゃれに見えても、周囲からはフォーマルに見えません。紙バッグやショップのバッグをサブバッグとして使うのはやめましょう。

白い素材のもの

洋服での白はNGという話は聞いたことがあると思います。しかし、サブバッグは気を使っていなかったでしょう。NGとまではいきませんが、控えた方が良い色ではあります。なぜなら白は「花嫁が身につける色」だからです。ワンポイントやパールが白なのは大丈夫ですが、オール白いバッグは控えましょう。花嫁を引き立てるための存在だということを忘れないでください。

結婚式のパーティーバッグやサブバッグの選び方

これまで、NGバッグを紹介してきましたが、実際にどんなバッグを選べば良いのか悩むことでしょう。結婚式用どのようなバッグを選べば良いのかポイントを挙げてみましょう。まずはパーティーバッグから紹介しましょう。

・フォーマルなバッグ
結婚式はフォーマルな場所です。最近はネットなどで、「結婚式用バッグ」と検索しただけでも様々なフォーマルバッグば出てきます。その中から選んでください。

・動物側やビニール、ショップのバッグ、布素材(綿、麻など)以外のバッグを選ぶ
上記のものは全てNGバッグです。日常に使うバッグは全てNGと考えても良いでしょう。

・イエローゴールドや半貴石、ビジューなど光り輝くようなバッグは昼間の使用を避ける
光物のバッグはNGではありませんが、昼間の結婚式では光が反射して指揮を壊してしまう可能性があります。せっかくの幸せの場をバッグで壊してしまわないように光るバッグは夜の結婚式でのみ使用しましょう。

・子供がいるからといって大きすぎるバッグの使用は避ける
子供の荷物といって大きいバッグを用意される方がいらっしゃいますが、そんなに荷物が必要でしょうか。オムツは2〜3個ぐらいあれば十分でしょうし、布製のよだれかけがあれば十分でしょう。あとはお子さんが使い慣れた小さいスプーンやフォークがあれば十分です。

・財布、デジカメ、スマホ、ハンカチやティシュ、袱紗(ご祝儀袋)が入るサイズのバッグがあれば十分
財布やデジカメ、スマホやハンカチやティシュが入るバッグであれば十分です。ご祝儀袋が入るサイズまで大きいと中々無いので、袱紗に包んで持ち歩くようにしましょう。

それではおすすめのバッグを一部紹介しましょう。

パーティバッグ

パーティーバッグを使ったことはありますか。メインバッグとも呼ばれていてサブバッグを入れて持ち運べるくらい大きめのバッグのことです。それ自体が、華やかなデザインになっているので、サブバッグを使わずパーティーバッグのみで結婚式に伺う方も多いです。荷物も結構入る大きさなので便利です。

ただ式場に入った時に置く場所に困ります。サブバッグなら、手元に置いていても失礼ではないですが、ちょっと大きいパーティーバッグは、手元に置いたら邪魔になります。ではどこに置いたら良いのでしょうか。それは椅子の下です。

「バッグを臼の下に置くなんていやだ」と思うかもしれませんが、テーブル用のバッグかけは使えません。テーブルクロスを引っ張ってしまう料理や飲み物を壊してしまうからです。式場は人が動く場所です。椅子にかけるなんてもってのほかです。

椅子の下に置いて邪魔にならないようにするか、サブバッグを準備してパーティーバッグをクロークに預けるなどの対処をしましょう。

結婚式用パーティーバッグ クラシカルバングルパーティーバッグ

パーティーバッグ1つ目はMake Merry(メイクメリー) クラシカルバングルパーティーバッグ
です。サテン素材を使用して、表側のミニラインストーンのついたおしゃれなパーティーバッグです。持ち手がついていますが、ショルダーバッグとしても使える便利ものです。

内ポケットもついているので、使い勝手も良い商品です。このバッグならメインバッグとしてもサブバッグとしても使えるので便利です。また、結婚式だけでなく日常にも使えるデザインなのがオススメです。

結婚式用パーティーバッグ 上質サテンプリーツバッグ

結婚式用パーティーバッグ2つ目は上質サテンプリーツバッグです。Koei Storeの商品です。これは結婚式だけでなく、入学式や卒業式などでも使えるサイズのバッグです。サテンプリーツが入っておしゃれです。

また内ポケットも2つあり、小物を入れるのに便利です。大きさもちょっとあるので小さいお子さんがいらっしゃる型でも使い勝手が良いです。小さいですが、電車移動などの時にサブバッグを入れられるので便利です。

サブバッグ

結婚式にサブバッグは必要なのか、メインバッグ(パーティーバッグ)があれば良いのではないかと思う方もいらっしゃるでしょう。

ですが、結婚式ではメインバッグを大きいバッグを使いたい場合、式場に持ち込むのは失礼にあたります。小さいサブバッグのみで結婚式に出席できれば良いのですが、電車などで伺う場合やお子さんがいらっしゃる方はなかなかそうもいかないです。

その時のために、メインバッグを持つことが必要なのです。式場に着いたら、メインのバッグや上着はクロークに預けて、式場には小さいサブバッグを持って入るようにしましょう。おすすめのサブバッグをご紹介していきましょう。サブバッグの選び方は以下の通りです。

・ハンカチ、小さな財布、デジカメやスマホ、化粧品(化粧直し程度)が入るバッグ
サブバッグに入れるものは上記のものぐらいです。小さくてもこれだけのものが入れば十分です。サブバッグは式場に持って入るバッグなので必要なものだけで十分です。袱紗(ご祝儀袋)が入れば良いのですが、サブバッグは小さいので入らないことが多いです。

・紙バッグやショップバッグ、動物皮、ファー素材、布製品(綿や麻)、ビニール素材などを使っていないものを選ぶ
サブバッグを選ぶ時にはこれらのNGバッグを選ばないようにしましょう。

・半貴石、ビジュー、イエローゴールドなど光に反射するバッグは昼の結婚式では控える
お昼の結婚式は太陽の下で行われることも多いです。その時に太陽の光で自分のバッグが花嫁よりも光ってしまわないようにしましょう。

結婚式用サブバッグ GIRLサテンプリーツパーティクラッチバッグチェーンラインストーン

結婚式で使いたいサブバッグまずは、「GIRL(ガール)」「サテンプリーツクラッチバッグチェーンラインストーン」です。表生地はサテン生地でおしゃれでありながら上品なデザインで使いやすいサブバッグです。

留め具はマグネットになっているので使いやすくミニ財布やハンカチ、スマホやお化粧品など必要なものが入るので、便利です。華やかで上品なデザインなので華やかな印象を与えてくれるサブバッグです。

結婚式用サブバッグ Enjoyable Storeパーティーバッグ

結婚式で使いたいサブバッグもう一つは「Enjoyable Store」の「パーティーバッグ クラッチバッグ」です。素材はサテンですが、宝石を散りばめられたビジュータイプになっています。2WAYタイプなのでショルダーとしても使えますし、クラッチバッグとしても使えます。華やかでありながら大人が使っても可愛いデザインになっています。結婚式で使いたいサブバッグです。

結婚式で使いたいサブバッグ Lie Innovation ビジューパーティーバッグ

結婚式で使いたいサブバッグもう一つは「Life Innovation」の「ビジューパーティーバッグ」です。クラッチバッグなので結婚式のサブバッグとして使い勝手も良いですよ。プリーツ加工されてエレガントなのに上質な光沢が美しいサテン仕上げです。このバッグも2WAYで使用できます。ショルダーバッグとしても、クラッチバッグとしても使えるので結婚式のサブバッグとして使うには便利です。

結婚式で使いやすいサブバッグとは

結婚式に呼ばれるということはどういうことでしょうか。仲がいいから、友人として、会社の関係で、祝って欲しい人だからで選ばれたのです。せっかく呼ばれたのですから、おしゃれも必要ですが、バッグもファッションに合わせて選びましょう。NG素材を使っていないものを選び、華やかな結婚式に合うように華やかなバッグを選びましょう。

パーティーバッグはサイズが大きすぎず、必要なサイズのものを使いましょう。サブバッグは小さめで、必要最低限のものが入る大きさのものを選びましょう。

何よりも必要なのは、自分のことよりおめでとうという気持ちです。お祝いの気持ちを持って結婚式に臨んでください。

Related