Search

検索したいワードを入力してください

【母の日/誕生日】年代別お母さんへの喜ばれるプレゼント

初回公開日:2017年09月19日

更新日:2017年09月19日

記載されている内容は2017年09月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

いつもお世話になっているお母さんへ、感謝の気持ちを込めてプレゼントを選びましょう。母の日、誕生日、クリスマスなどの記念日には、どんなものをプレゼントすればいいのでしょうか。お母さんに喜んで貰えるプレゼントについてご紹介します。

【母の日/誕生日】年代別お母さんへの喜ばれるプレゼント

お母さんにプレゼントを渡そう

特別な記念日には、いつもお世話になっているお母さんに、感謝の気持ちをこめてプレゼントを贈りませんか?また、誕生日などの特別な記念日以外にも、プレゼントをする機会はあるのでしょうか。まずは、記念日の種類別をご紹介します。

母の日

母の日は、毎年5月の第2日曜日です。日本では、日頃お世話になっているお母さんへ感謝を伝える日として定着しています。あらたまって伝えるには少し照れくさい感謝の気持ちも、母の日にはイベントに参加する感覚で伝えることができます。

誕生日

誕生日は、年に一度の特別な1日です。「お誕生日おめでとう」という、お祝いのメッセージをもらって笑顔になるのは、子どもも大人も同じです。

いくつ年を重ねても、自分の生まれた日を祝福されることは、とても特別なことです。自分がこの世に生まれてから、現在までの、歩んできた日々を再確認できる記念日なのです。

クリスマス

クリスマスはキリスト教の記念日です。日本ではあまり宗教色はなく、どちらかといえば季節のイベントして親しまれている記念日です。

恋人とのデートや、友人とパーティの予定を組む方も多いクリスマスですが、本来は家族で一緒に過ごす記念日です。次のクリスマスには家族で食事をしながら、プレゼントの交換をするのはいかがでしょうか。

新年

新しい年のはじまりには、家族の間でも「あけましておめでとうございます」と挨拶を交わしますね。晴れやかなムードに溢れた新年は、お母さんに感謝の気持ちを伝えるチャンスです。昨年はお母さんに迷惑をかけてしまったという方も、心機一転新鮮な気持ちで、新年のご挨拶と一緒に日頃の感謝の気持ちを伝えましょう。

記念日以外にプレゼントを渡す

お母さんに感謝の気持ちを伝えるために、必ずしも一年に数回しかやってこない記念日を待つ必要はありません。ちょっとしたプレゼントと感謝の言葉があれば、なんでもない日常生活の中でも、あなたの気持ちをお母さんに伝えることができます。

給料日

就職して初めての給料を貰った時、両親にプレゼントをした経験のある方も多いのではないでしょうか。感謝のプレゼントは、初任給以外の時に渡しても構いません。

また、必ずしも高価なものでなくともよいでしょう。給料日後にお菓子などのちょっとしたプレゼントを渡すことで、お母さんの喜ぶ顔をみることができるのではないでしょうか。

帰省時

親元を離れて一人暮らしの場合や、結婚して独立された場合には、実家と自分の住んでいる場所が遠い方もおられるでしょう。日頃お母さんと会えるの機会が少ない方は、帰省時にプレゼントを渡してみるのもよいアイデアです。

良いことがあった日

自分にとって何か良い出来事が起こった日には、家族への感謝を思い出しましょう。自分を産んで育ててくれた、お母さんへの「ありがとう」の気持ちを、あらためて再確認できるはずです。家族への感謝は心の中で思っているだけではなく、ぜひ言葉やプレゼントにして伝えましょう。

お母さんが喜ぶプレゼント

これまで家族にプレゼントを贈る機会がなかったために、お母さんに何を贈っていいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。お母さんは、どんなプレゼントを贈れば喜んでくれるのでしょうか。お母さんへのプレゼントとして、定番のアイテムをご紹介します。

花束

多くの女性にとって、誰かに花束をプレゼントされることは特別な出来事です。好みの色の花や、誕生花にあわせて花束を作りましょう。迷った場合は、フラワーショップでアドバイスをもらうこともできます。

通信販売で、花束を注文することもできます。自宅まで配送をしてもらえるので、サプライズイベントや遠方に住んでいるお母さんへのプレゼントに最適です。

化粧品

化粧品は女性の必需品です。実用品の面がありながらも、嗜好品の面もあります。自分の中の女性らしさを再確認することができるアイテムで、お母さんへのプレゼントにもぴったりです。

ただし、化粧品のプレゼントは慎重に選ばなければいけません。肌に合わない化粧品は、肌荒れを起こしトラブルの元となってしまいます。特に基礎化粧品は、日常使っている化粧品の中から選ぶと失敗が少ないでしょう。

メイクアイテムや香水の好みは、個人差の大きいアイテムです。ドレッサーの肥やしにしないためには、お母さんと一緒にアイテムを選びましょう。親子でデパートのメイクカウンターに足を運んでみるのもおすすめです。

シャンプー・トリートメント

毎日使う日用品であるシャンプーやトリートメントは、感謝の気持ちを伝えるプレゼントに最適です。家計をあずかるお母さんは、節約のためにドラッグストアやスーパーで特売品を購入することが多いものです。自分では高価なシャンプーやトリートメントを購入する機会は少ないのです。

いつもより少しリッチな、シャンプーやトリートメントを選びましょう。普段使っているメーカーの、上位ラインの商品を選んでみてはいかがでしょうか。オーガニックブランドのシャンプーやトリートメントも、多くの方に喜ばれるアイテムです。

衣類

衣類のプレゼントをする場合は、ベーシックなデザインのアイテムを選ぶのがポイントです。ベーシックなデザインのアイテムは、長く愛用することができます。ベーシックで質の良い衣類を選びましょう。

ブランド品を選ぶ際は、お母さん世代にも知られているような、歴史のあるブランドのアイテムを選びましょう。歴史あるブランドを選べば、長く愛用していく中でもブランド価値が変わることがありません。

財布

財布は、特に新春におすすめのプレゼントです。「春財布」という言葉があり、新春に財布を新調すると金運が上昇するといわれています。「春財布」の「春」とは季節の春ではなく、新春、つまり年のはじまりの時期のことです。毎年デパートや専門店の初売りでは、豊富な種類の財布が並んでいます。

バッグに収納しやすいコンパクトな財布が好みの方と、お札を折らずに入れられる長財布が好みの方がいます。お母さんの好みに合わせて選びましょう。好みのタイプがわからなければ、セカンド財布として使うことができる、コインケースを選ぶのがおすすめです。

家電

話題の最新家電は、喜ばれるプレゼントです。例えば、掃除機、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジなど、家の中に交換時期がやってきた家電はありませんか。

現在使っていない家電でも、例えば、食器洗浄機、ジューサー、ホームベーカリーなど、自宅にあると便利だと感じる家電はありませんか。

家事がスムーズに進めば、時間と気持ちにゆとりができます。家電のプレゼントはお母さんだけでなく、家族みんなが笑顔になれるプレゼントだといえるでしょう。

趣味のアイテム

お母さんに、長年続けている趣味はありませんか。趣味に関するアイテムを、プレゼントに選ぶこともおすすめです。今現在必要な道具や、揃えたいと考えているコレクションはないでしょうか。

例えば、楽器、スポーツ用品、コレクションアイテム、手芸の道具、好きなミュージシャンのCD、はまっているドラマのDVDなど、様々なものが挙げられます。お母さんが欲しいアイテムをしっかりとリサーチしましょう。

お母さんの年代別おすすめプレゼント

贈り物をしたいお母さんの年代によって、喜ばれるプレゼントは異なるでしょう。30代、40代、50代、60代のお母さんには、それぞれどんなプレゼントが喜ばれるのでしょうか。年代別にプレゼントに喜ばれるアイテムを考えてみましょう。

30代へのプレゼント

30代のお母さんへのプレゼントには、トレンド感のある生活雑貨はいかがでしょうか。良い香りのする入浴剤や石鹸は、人気のギフトです。キッチン雑貨なども喜ばれるアイテムです。可愛らしくラッピングをしましょう。

お母さんが30代である場合には、プレゼントを渡す方は10代か、20代前半でしょう。必ずしも、背伸びをして高価なプレゼントを選ぶ必要はありません。

40代へのプレゼント

40代のお母さんへのプレゼントには、おしゃれなインテリアはいかがでしょうか。ソファで使うクッション、収納便利家具、観葉植物などは、リビングルームに置くことができるアイテムです。

予算があれば、デザイン性の高いブランド家電も検討できます。空気清浄機、ヒーター、ドライヤー、コーヒ−マシーンなどのブランド家電は、女性に人気の高いアイテムです。

50代へのプレゼント

50代のお母さんへのプレゼントには、スポーツウエア、ウォーキングシューズはいかがでしょうか。最新のヘルスメーターや歩数計もおすすめです。

まだまだ現役ながらも、からだの調子が気になり出すのが50代です。スポーツアイテムや健康管理グッズは、健康に関心の高いお母さんに喜ばれるアイテムでしょう。

60代へのプレゼント

60代のお母さんへのプレゼントには、パジャマやルームウエアはいかがでしょうか。自宅で過ごす時に着用するものなので、他の衣類に比べると、自由にデザインを選ぶことができます。

肌触りがよい素材、締め付けのないデザインで、腰回りを冷やさないものが良いでしょう。心地よく過ごせるパジャマやルームウエアを選択しましょう。

古希のお祝い

古希(こき)とは、長寿を祝う古くからの習わしです。数え年で70歳になる人の長寿を祝って、古希のお祝いをします。

還暦祝いでは、数え年で61歳になる人が、赤色のちゃんちゃんこを着てお祝いをします。この還暦祝いにちなんで、古希のお祝い用に紫色のちゃんちゃんこが販売されていますが、これは古くからの習慣ではないので、必ずしも必要ではありません。

ただ、還暦には赤色がお祝いのとされているように、古希には紫色がお祝いの色とされています。古希のお祝いの品として、紫色のアイテムをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

食品・スイーツのプレゼント

食品やスイーツは定番のプレゼントです。お母さんの好物の中から特別な品を探すのも良いですし、家族みんなで楽しめる品を選ぶのも良いでしょう。食品やスイーツをプレゼントに贈る際は、アレルギーの有無と賞味期限の長さに注意しましょう。

食品

食品のプレゼントは、どんな年代のお母さんにもおすすめです。デパ地下グルメ、お取り寄せグルメは美味しく味わえる上に、食卓に彩りを与えてくれます。箱から取り出してすぐに食べれらるものや、簡単に調理ができる食品がおすすめです。

また、保存食もおすすめです。いざという時に備えることができ、めずらしい缶詰等は家族の話題となり一石二鳥です。パン、ビスケット、ようかん、ラーメンなどユニークな缶詰がたくさん発売されています。

スイーツ

スイーツのプレゼントは、甘いものが好きなお母さんにおすすめです。洋菓子専門店、和菓子専門店、デパ地下など、たくさんのショップから予算に合わせて選べるのが、贈る側にも嬉しいポイントです。

気軽なプレゼントや手土産には、話題の新商品や、評判のスイーツショップの商品を選びましょう。特別な日のプレゼントには、宝石のようにきらびやかな高級スイーツがおすすめです。ケーキなどの洋生菓子や和菓子は、賞味期限が非常に短いものがあるため、注意しましょう。

体験型のプレゼント

プレゼントは形のあるものだけではありません。近年、体験型のプレゼントも人気が高まっています。かけがえのない体験は、どんな物にも代え難い贈り物となるでしょう。プレゼント選びに迷った際には、体験型のプレゼントも選択肢のひとつです。

食事

おしゃれなカフェでのランチ、ホテルのレストランでのデザートビュッフェなど、食事のプレゼントは、多くの女性にとって嬉しいものです。一緒に食事に行き、家族での楽しいひとときを過ごしましょう。ペアランチチケットをプレゼントをして、お母さんが友人と気兼ねなく楽しめる時間を作ってあげることも良い選択です。

旅行

旅行のプレゼントは、どの世代の方にも嬉しいプレゼントでしょう。気軽に参加できる日帰りのバスツアー、温泉旅行、世界遺産の観光、新婚旅行でめぐった思い出の観光地への旅行など、様々な行き先があります。交通手段やホテルの立地などは、お母さんの希望を確認しましょう。

スポーツ

スポーツが好きなお母さんには、スポーツイベントを体験できるプレゼントはいかがでしょうか。例えば、マラソン大会への複雑な出場手続きを手伝ったり、トレッキングへ向かう交通手段を確保してあげることが喜ばれます。また、一緒にジムやヨガ教室へ通うことも素晴しい日常のプレゼントとなるでしょう。

お母さんに感謝の気持ちを伝えよう

お母さんへのプレゼントは、感謝の気持ちを込めて選びましょう。心を込めて選んだプレゼントに、素敵なラッピングを施すのも良いアイデアです。プレゼントを手渡す時には、忘れずに「ありがとう」という言葉を添えましょう。

Related