Search

検索したいワードを入力してください

タクシーとハイヤーの違い|東京都内/各地の会社

初回公開日:2017年09月14日

更新日:2017年09月14日

記載されている内容は2017年09月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

普段使い慣れているタクシーと、あまり使うことがないハイヤー。ハイヤーは会社の偉い人やVIPが乗るもので一般庶民が利用するものではないと思われがちです。タクシーとハイヤーの違い、料金や手配の仕方などご説明します。上手に使い分ければより利便性が高まります。

タクシーとハイヤーの違い|東京都内/各地の会社

タクシーとハイヤーの違いとは

日常よく目にするタクシーとハイヤー。どのような違いがあるかご存じですか?タクシーは路上で手を上げれば止まってくれるけど、ハイヤーは予約制?意外とハイヤーのことは知らないことが多いのです。

日常的にタクシーはよく利用してもハイヤーはなかなか利用する機会も少ないでしょう。まずはタクシーとハイヤーの違いについてご説明しましょう。

【タクシー】

タクシーはメーターが付いていて、走行距離と時間で料金が変わります。タクシーは「流し営業」ができ、利用者はどこでもタクシーを拾え、目的地に行くことができます。

【ハイヤー】

ハイヤーはメーターが付いておらず時間貸し切りです。予めタクシー会社に時間と目的地を伝えハイヤーの予約をします。タクシーのような「流し営業」はできません。

タクシーとハイヤーの違い一覧

タクシーハイヤー
車の色緑、黄色、白(個人)、黒など
ドアの開閉自動ドア運転手が開け閉めしてくれる
支払い車を降りる時に支払う後日請求書が届く

タクシー・ハイヤーの料金設定は

タクシーはメーターがあるので料金は一目瞭然です。一方、ハイヤーにはメーターが付いていません(付いている場合は乗客から見えない位置に設置する)。いったいどれぐらいの料金なのでしょうか。

ここでは日本交通株式会社による2017年1月30日現在の利用運賃を見てみましょう。

【タクシー料金】
・距離制運賃 初乗り(1.052km)410円/加算237km毎 80円
・時間距離併用運賃 時速10km以下で走行した場合90秒毎 80円
・時間制運賃 初乗り(60分まで)4,650円/加算(30分毎)2,110円

※タクシーの請求区間は乗車から降車まで

出典: http://www.nihon-kotsu.co.jp/taxi/fare/ |

【ハイヤー料金】
基本、利用用途ごとに料金が変わります。

・役員車・社用車 見積もり
・通勤使用 見積もり
・成田空港送迎 片道35,000円〜
・羽田空港送迎 片道18,000円〜
・ゴルフ使用 1日あたり45,000円〜
・スポット使用(2時間または30km)12,310円〜
・ワゴン(2時間または30km)12,310円〜

※ハイヤーの請求区間は営業所出庫から営業所帰庫まで

出典: http://www.nihon-kotsu.co.jp/hire/fare/ |
このように、タクシーとハイヤーとでは請求区間から料金設定まで異なります。

タクシーは個人的な利用がメインとなりますが、一方ハイヤーは個人で利用するほか、企業が役員の通勤(送迎)に利用したり、冠婚葬祭の会場への送迎等に利用されることが多いのです。

タクシーは街中乗車できますが、ハイヤーは完全予約制となっています。

タクシー運転手とハイヤー運転手の年収は

タクシーの運転手とハイヤーの運転手とでは、年収はどれぐらい違うのでしょうか。

日本交通株式会社の求人情報によるとハイヤーの場合、未経験者入社1年目の社員の平均年収が490万円、となっています。ほかの会社の情報を見てもだいたい500万円前後が相場のようです。

一方タクシーの場合、全国的に売り上げの50%が給料として支給されます。あくまでも歩合制なので、営業成績が良い人とそうでない人とでは、かなりの差が生じてしまうのです。都心のようにタクシーのニーズが高い地域と、地方のようにタクシーのニーズが引く地域とでは、やはり年収の差が生じてしまうのです。

一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合の発表(平成25年)によると、タクシー運転手の平均年収は298万円となっています。

タクシーとハイヤー法律の違い

タクシーとハイヤーの違いは営業方法や料金システムだけではなく、法律で明確に違いが規定されています。「タクシー業務適正化特別措置法」によると、

【第2条1号】

タクシーとは、一般乗車旅客自動車運送事業を経営する者がその事業の用に供にする自動車でハイヤー以外のものを言う。

【第2条2号】

ハイヤーとは、一般乗車旅客自動車運送事業を経営する者がその事業の用に供する自動車で当該自動車による運送の引受けが営業所のみにおいて行われるものをいう。

となっています。簡略的にいうと、

・タクシーは乗車区間だけ料金を支払う
・ハイヤーは営業所を出てから戻るまで完全貸し切り契約

ということです。

タクシー運転手とハイヤー運転手の資格

タクシー・ハイヤーの運転手になるためには「第二種運転免許」を取得しなければなりません。普通乗用車を運転する免許証では運転できないのです。

【「第2種運転免許」の受験資格】

・21歳以上
・大型自動車免許・普通自動車第一種免許・大型特殊免許のいずれかを取得してから3年以上経っている

さらに、東京・大阪・神奈川(横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市)で働く場合、タクシーセンターの地理試験に合格する必要があります。

タクシー・ハイヤーの運転手になるには(求人情報)

タクシーやハイヤーの運転手になるには、どうすればよいのでしょうか。先述したように「第2種運転免許」を取得しているという前提でご説明します。

「indeed」「マイナビ転職」などの求人情報サイトに各一般乗車旅客自動車運送会社の求人情報が掲載されています。営業所(地域)、タクシーかハイヤーか、夜勤有り無しなどさまざまな条件が提示されているので、要望にあった求人情報を探してみてはいかがでしょう。

タクシー運転手の仕事とは

タクシーの運転手もハイヤーの運転手も基本は人を目的地まで運ぶことが仕事です。具体的にそれぞれの仕事内容はどのような違いがあるか見てみましょう。

タクシーは「法人タクシー」と「個人タクシー」の2種類となります。法人はタクシー会社が所有する車を使い、タクシー会社の社員として働きます。

一方、個人は運転手個人が所有するタクシーを使います。会社員ではなく個人事業主扱いとなります。タクシーの運転手は乗車されたお客様の要望に的確に応えなければなりません。つまりプロとして地理に詳しくなければならないのです。目的地まで最短で到着することが求められます。

ハイヤー運転手の仕事とは

ハイヤーの運転手も乗客を目的地へ運ぶのた大切な仕事です。タクシーの場合、基本的には何時何分までに到着という制限はありません。その時の交通状態によって到着時間は変わります。しかしハイヤーの場合、予め何時何分にどこへ到着する、ということが決められています。その条件を死守することが求められるのです。

ハイヤーの場合、VIPの乗客を乗せるケースが多いため、運転手の接客接遇にも高いスキルを求められます。ドアの開閉の仕方やお客様への挨拶の仕方など、高いプロ意識が求められるのです。

手配方法

タクシーとハイヤーはどのように手配すればよいのでしょうか。

【タクシー】

・流しのタクシーを路上で拾う
・予めタクシー会社に予約する(電話またはインターネット)
・スマホアプリを利用してタクシーを呼ぶ

【ハイヤー】

・完全予約制(電話またはメールなど)
・時間と目的地をつたえ見積もりを出してもらう

タクシー会社のよって利用する日の何日前までに予約しなければならないかが異なります。車があれば当日予約も可能ですが、なるべく早めに手配されることを強くおすすめします。

タクシーとハイヤーの会社

タクシーやハイヤーを手配したいけれど、どこへ連絡すればいいかわからない、という方に東京ならびに各地方都市で運営しているタクシー会社をご紹介します。

東京都内の主なタクシー・ハイヤー会社

【タクシー・ハイヤー】

・グリーンキャブ 電話:03-5272-1515
・国際自動車グループ 電話:03-5530-6001
・ダイワ自動車交通株式会社 電話:03-3563-5151
・帝都自動車交通株式会社 電話:03-3643-6881
・東京エムケイ 電話:03-5547-5551

【タクシー】

・チェッカー無線 電話:03-3573-3751
・東京無線 電話:03-3661-2111
・日本交通株式会社 電話:03-5755-2151
・日の丸交通株式会社 電話:03-3814-1111

【ハイヤー】

・エコリムジン東京 電話:03-5793-7557
・日の丸リムジン 電話:0210-115-115
・平成ハイヤー 電話:050-3733-7444

各地方都市の主なタクシー・ハイヤー会社

【大阪】

・さくらタクシーグループ 電話:06-6452-0055
・大阪エムケイ 電話:06-6452-4441(タクシー)/06-6562-5489(ハイヤー)
・ナニワ交通株式会社 電話:06-6562-0690

【京都】

・Yasaka 電話:075-842-1212
・京都エムケイ 電話:075-778-4141
・都タクシー株式会社 電話:075-661-6611

【名古屋】

・宝交通株式会社 電話:052-682-6000
・名古屋エムケイ 電話:052-912-5489
・名鉄名古屋タクシー株式会社 電話:052-331-2211

【福岡】

・福岡西鉄タクシー株式会社 電話:092-531-0531
・福岡エムケイ 電話:092-713-2229
・大稲タクシー 電話:0120-2525-84

用途別にタクシーやハイヤーを使い分ける

タクシーは気軽に乗れるけどハイヤーは敷居が高い、と思われがちですが、用途によって使い分けるととても便利です。普段の「足」として乗るならタクシーがおすすめ。一方、予め目的地、到着時刻等決まっているならハイヤーのほうがおすすめです。

外国でタクシーに乗って自動ドアのクルマなどほとんどありません。日本のタクシー、ハイヤーのサービスは世界で有数と言っても過言ではありません。また、2017年1月30日から、国土交通省は東京のタクシー初乗り運賃を410円〜380円に引き下げました。これにより、近場でも気軽にタクシーを利用できるようになりました。

タクシー、ハイヤーを上手に使い分けすれば私たちの生活も利便性が高まります。ぜひ活用しましょう。

Related