Search

検索したいワードを入力してください

映画の名言集(洋画/邦画)・監督の名言・アニメ映画の名言

初回公開日:2017年09月11日

更新日:2017年09月11日

記載されている内容は2017年09月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

映画には不思議な力があります。良質の映画であれば、なおさらです。また、良い映画ほど、それを見終った後、自分の人生に彩りを一つ追加してくれます。今回は良質な映画と、その映画の中での名言をご紹介しています。名画が織りなす名言の数々をお楽しみください。

映画の名言集(洋画/邦画)・監督の名言・アニメ映画の名言

不動の名作映画の名言集

洋画での名言

まずは不動の名画「ロッキー」をご紹介しましょう。舞台はフィラデルフィア、借金の取り立てをしながら、冴えないボクサー生活を送っていたロッキーが、世界チャンピオンのアポロ・クリードの指名により、リングに立つことになります。

値千金のチャンスを掴んだロッキーは、トレーナーのミッキーの下で猛トレーニングに励みますが、どうしても勝てる気がしません。しかし、対戦前夜にロッキーは恋人のエリドリアンに向かって「最後までもちゃ、それでいい。15ラウンド戦って、ゴングが鳴ってまだ立っていられたら、それだけで俺は満足だ。ゴロツキじゃないってことを証明できる。」と言います。 

「大切なのは人の評価ではなく自分がどう思うかだ」という、この映画のテーマが凝縮された名言です。

邦画での名言

日本が誇る永遠の名優、高倉健が最後に主演した映画「あなたへ」をご紹介しましょう。高倉健演じる倉島英二は、富山にある刑務所で指導技官として働いています。ある日、倉島英二のもとに亡くなった妻、洋子から一通の手紙が届きます。その手紙には「故郷の海を訪れ、散骨してほしい」と書かれていました。

英二は、洋子の本当の気持ちを知るために、彼女の故郷である長崎を目指します。その道中で様々な出会いがあります。

映画の中で高倉健が「女房にとって自分は何だったのだろう。」と言う場面があります。すると、道中で出会った女性が「夫婦やけんて、相手のことが全部わかりやしません。ここまで来たってことで十分じゃなかですか。」と言います。

身近な人ほど、その人のことを理解している気になってしまいがちですが、実はわかっていない事を気付かせてくれる名言です。この名言は、主人公のセリフではなく道中で出会った女性のセリフなので、珍しいパターンですが、映画のメッセージをよく表している言葉です。

テーマ別の映画の名言

「人生」について考えさせる名言

「人生の特等席」という作品をご紹介しましょう。この映画は、一組の親子の話です。父親であるガス・ロベル役は、クリント・イーストウッド演じています。また、娘であるミッキー役をエイミー・アダムスが演じています。

クリント・イーストウッド演じるガス・ロベルは長年、大リーグのスカウトマンとして活躍してきましたが、年老いてきたこともあり、その能力に疑問を持たれ始めてしまいます。

そんなガスを助けるのが、長年離ればなれで暮らしていた娘のミッキーです。ミッキーは、弁護士として活躍しています。

ミッキーは、かつて自分を遠ざけた父に対して好意的な気持ちを持っていませんでした。しかし、久々に父の家を訪れ、父の衰えを目の当たりにしたことから、ガスのスカウト行脚に付き添うことを決心します。

ある日、会話の中でガスがミッキーに「スーツケースを片手に、田舎の町を訪ね歩く、そんな人生はダメだ、三等の人生だ。」と言います。

すると、ミッキーは、「そんな人生が良かった。目覚めるとパパは野球を見ていて、体に悪いものばかり食べて、徹夜でビリヤード、人生の特等席だった。」 と言います。

何が「人生の特等席」なのかは、人それぞれであり、またそれは、本人にしか分からないという事を気づかせてくれる名シーンであり、名言です。

教訓

ここでは、「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」という作品をご紹介しましょう。イギリスで、それぞれに悩みや事情を抱えながら暮らす老人男女7人の話です。

そんな彼らに、「インドの高級リゾートホテルで、帝国時代のような優雅な毎日を。」という広告が目に止まります。人生を変えたい7人はそれぞれの思いを持ってインドに旅立ちます。しかし、そこで待っていたのは高級リゾートホテルではなく、ボロボロのホテルでした。

そんなホテルと、インドという異文化に振り回される日々が始まります。上手くいかないことの連続です。しかし、そんな中でも、ささやかな幸せもあります。

そんな暮らしを経て、彼らは「本当の失敗とはやらないでおくこと。」「私たちはやってみたのよ、皆がそれぞれの方法で。」「不本意なことが思い出になる時も。」と言います。

普段、成功することにばかりに目が行きがちですが、ドタバタな生活の中にも人としての活力や幸せを見出す彼らを見ていると、「幸せって何だろう」と考えてみたくなる映画です。

映画監督の名言

いくつかの映画の名言をご紹介してきましたが、そんな映画を作り出す映画監督も名言を残しています。

まずは、日本が誇るビートたけしの名言をご紹介します。「ビーたけしさんは、どうしてこの映画を撮ろうと思ったんですか? 」という問いに対して、「それはおまえらが考えればいいじゃないか。」という名言を残しています。

また、フランスの映画監督で代表作が「勝手にしやがれ」であるジャン=リュック・ゴダールは、「男と女と一台の車があれば映画が撮れる。」 と言いました。このコメントは、映画についての全てを言い尽くしたような痛快な名言です。

アニメ映画の名言

次に、アニメ映画の中から名言をいくつかご紹介します。

ディズニー映画の名言

ここでは「シュガー・ラッシュ」を紹介しましょう。この映画は、閉店後のゲームセンターで、ゲームのキャラクターたちが人間と同じように暮らす世界があるという設定のストーリーです。

ゲームのキャラクターであるラルフは、レトロゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の中で、悪役を演じていました。そんな毎日にウンザリしていた彼は、「ヒーローになりたい」という思いを胸に、ゲームを飛び出して旅にでます。そして、辿り着いたのがレースゲーム「シュガー・ラッシュ」です。そこでラルフは、レーサーになりたいのにレーサーになれない少女、ヴァネロベと知り合います。

ラルフは、ヴァネロベに「俺は悪役、それでいい。 ヒーローになれないのは悪いことじゃない。だって、あの子を助けることができるのだ!」「俺はもう幸せだよ。世界で有数の友達がいるから。」「あの子が俺を好きでいてくれるなら、悪役も悪くない!」と言います。

今の自分に迷いがある方、自分の立ち位置が何となく定まらないと悩んでいる方に対して、ヒントをくれる名言が詰まった映画です。

名探偵コナン

まずは、「瞳の中の暗殺者」での名言をご紹介します。3人の刑事が狙われる事件が発生します。その3人は、1年前に自殺と断定した事件を担当していました。その3人のうちの一人である佐藤刑事が撃たれた現場に、蘭が居合わせてしまいます。そして、蘭は佐藤刑事が撃たれたショックで記憶喪失になってしまいます。

記憶を失った欄は、コナンに「工藤新一ってどんな人?」と聞きます。その時、コナンは、「たぶん蘭姉ちゃんのことを一番に考えていて、でもそういう気持ちを素直に言えない人だと思うよ」と名言を言います。

次に「迷宮の十字路」での名言です。5人の男が日本刀や弓矢で殺される事件が東京、大阪、京都で発生します。コナンは、この事件を追いますが、西では服部平次がこの事件を追っていました。二人はちょっとした恋模様をはらみながら、協力して事件を追いかけます。

ラストのシーンで、蘭が新一に再開します。そして、「あら、私は人を待つのって嫌いじゃないよ。 だって長く待てば待つほど逢えた時に嬉しいじゃない」と、感動を呼ぶ名言を言います。

ワンピース

「ワンピースフィルムZ」から名言をご紹介します。この映画は、元海軍大将ゼットと、「麦わらの一味」の戦いを描いた話です。

チョッパーが、怪我を負ったゼットを手当てしようか迷っているときに、ルフィーが「いいじゃねえか、治してやれよ!チョッパー。そんでもし敵だったらおれがぶっ飛ばしてやる。それでいいな?」という男らしい名言を放ちます。

まだ見ていない映画があったらぜひチェックを

映画での名言とそのシーンのご紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。名言を「人生」や、「教訓」という視点から捉えるならば、ベテラン俳優が演じる映画には、味わい深い名言が詰まっています。

今回ご紹介した「人生の特等席」や、「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」は、映像も美しいので、まだ観た事がない方はぜひチェックしてみてください。また、アニメも、今回ご紹介した名言に注目してご覧になると、より楽しんで観ていただくことが出来るでしょう。

Related