Search

検索したいワードを入力してください

断捨離する効果・洋服断捨離のやり方・コツ(リサイクル)

初回公開日:2017年10月13日

更新日:2017年10月13日

記載されている内容は2017年10月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

断捨離の意味とその効果を知っていますか?断捨離を効果的に実践することで、今までの生活を精神的に豊かで幸せな生活に変えることができます。今回は、断捨離の意味や考え方、得られる効果と、そのやり方やコツなどをご紹介していきます。

断捨離する効果・洋服断捨離のやり方・コツ(リサイクル)

断捨離はただの流行語ではない

断捨離という言葉は、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。日常会話で部屋を片付けたと言うと、断捨離したのかと言われるほど、断捨離という言葉は馴染みのあるフレーズになっていますが、その本質やどんな効果が得られるのかを知っていますか。

断捨離という言葉は、「やましたひでこ」さんという方が考案し考え方を広めて、流行語にまでなった言葉です。片付けや整理法の一つではありますが、それだけに留まらないところに、断捨離の持つ意味や効果があります。

断捨離を行うことの意味や効果を知り、実践することで、人生の考え方や生き方そのものを変えることができます。断捨離とはどういう意味なのか、断捨離するにはどうしたらいいのか、行うことでどんな効果が得られるのかをみていきます。

断捨離の意味を知っていますか

断捨離の意味は、「入ってくる要らない物を断つ」ことと、「持っている要らない物を捨てる」こと、「物を持つ執着から離れる」ことで生活を整えることができ、よりよい生活を送れるようになる、というものです。

単純に物が減って身の周りがシンプルになるということだけでは、ただ物を捨てただけ、断捨離の中の「捨」を実行しただけにすぎません。「断」と「離」まで実践して、初めて断捨離をやったことになり、その後の自分の生活の変化に断捨離の効果をもたらします。

断捨離は、元はヨガの「断行」「捨行」「離行」という考えを応用したものだと言われていますが、ヨガも不要なものをそぎ落としてシンプルになるという意味では、その思想がしっかり入っていると言えます。

片付けと断捨離の違いとは

片付けや整理整頓することと、断捨離は何が違うのでしょうか。また、ミニマリストのような生活スタイルを極めた人とも違うのでしょうか。

片付けや整理と断捨離の違い

片付けや整理と断捨離との違いは、その効果にあります。そう言うとなんだか大袈裟ですが、単純に物が増えたから片付けようというのと、片付けることで自分の考えそのものを変えようというのとでは、効果にも当然違いが出てきます。

片付けや整理は一旦その場ではきれいになり物が減りますが、同じようにまた物を買ってしまえば何も変わりません。捨てるよりも買う方が多ければ、ますます物が溢れていきます。

一方、断捨離は捨てるだけではなく、物に対する執着を捨てることで、新しく買おうとする行動を断つわけですから、ほとんどの人が断捨離を行えば今よりシンプルな生活になるという効果があらわれます。

片付けや整理では、同じことの繰り返しあるいは物がさらに増えていくだけで、生活にいい効果はもたらしません。逆に、断捨離はその考えを取り入れることで、生活を変える効果があるのです。

断捨離とミニマリストは似ているようで違う?

ミニマリストとは、無駄なものを持たず最小限の物だけで生活する人のことを言います。物を最小限にすることで、精神的に豊かな生活を送ることが目的です。必要最小限の物しか持たないので、生活空間はかなりすっきりしたものと言えるでしょう。

断捨離も、要らない物を捨て、物に執着することから離れるので、行う前よりは生活空間はすっきりしますが、最小限まで減らすことが目的ではありませんし、期待する効果はそこではありません。

要らない物を捨て、物への執着を持たないことで生活スタイルを変えるという点では共通しますが、断捨離をする人がミニマリストを目指す必要はありません。

断捨離することで得られる効果

断捨離は単に片付けるとすっきりするから気分が良くなる、過ごしやすくなるという効果だけではありません。他にも様々な効果が得られますし、それによって人生も変わっていきます。

特に洋服は、家にいる時も仕事や遊びなどで出掛けている時も、常に着ています。洋服の断捨離は、家の中での在り方も外にいる時の在り方も、人との関わり方にも効果を発揮します。

断捨離効果で恋愛はうまくいく?

断捨離の効果は恋愛に適用されるかと言われれば、答えはイエスです。断捨離をすることでの恋愛への効果はいろいろあります。

例えば、行き詰っている関係であれば、断捨離をして頭をすっきりさせることで、距離を置こうと決断できます。執着から離れることで、関係を客観的に見ることができます。別れる選択もあれば、改めていい関係を築くことができるという効果もあります。

お相手がいない方にも効果はあります。洋服を断捨離すれば、お気に入りの服だけになります。常にお気に入りの服を着ていれば、毎日明るく過ごせます。暗い表情をしていたら、それだけで良い人は寄ってきません。断捨離は恋愛運をあげる効果もあります。

結婚に結びつく断捨離の効果

結婚となると、恋愛の要素だけではなくなります。気持ちだけではなく、生活をしていく上での価値観も共有していくからです。

断捨離によって、自分に必要なものと不要なものが明確になります。考え方や生活スタイル、好きなものなどがはっきりわかっているので、共通点があれば見つけやすいし、一緒に生活していけるかどうかの判断基準にもなります。

断捨離をすることで明るくなったり、前向きになったり、楽しく毎日が過ごせるようになると、お相手からも明るい家庭を築けそうだな、楽しい家族を作れそうだなと思ってもらえて、それが結婚の意思へとつながる効果となります。

さらに言うなら、断捨離で得た効果は、結婚式や新居選び、新生活をスタートさせることにもいい結果に結びつくことでしょう。

断捨離効果で得られる仕事へのメリット

仕事にも当然、断捨離の効果はあります。身も心もすっきりすることで、頭が冴えて仕事に意欲が湧き、新しいアイデアを思いつけば効果ありと言えます。

今まで苦手に思っていた作業も、すっきりして前向きに考えられるようになることで、進んで取り組めるようになるでしょう。それでも苦手だったら、何か苦手を克服する手立てを考え付くことができるようになるでしょう。

仕事だからと適当に着ていた服ではなく、お気に入りの服でいれば、気持ちが明るくなり、それは周りからも感じ取ってもらえるはずです。仕事を任せてもらえたり、チームワークが良くなったりという効果もあり得ます。

家の断捨離がうまくできたら、職場のデスクや資料なども断捨離してみましょう。仕事の効率が格段にあがり、やりがいに繋がれば、それも断捨離の効果です。

断捨離の効果を風水の観点から見る

要らない物を捨てることは、風水から見てもとても効果のあることです。風水的には、古いものや自分が好ましく思っていないものには悪い気がたまると考えられています。

使わなくなった物、気持ちよく使えていない物は、持っているだけでも気持ちがすっきりしません。そうすると、その周辺の空間がよどんでしまいます。そういったものを処分することで、いい流れを取り込めるという効果があります。

また、風水では狭い空間には幸運は寄って来ず、キレイで整えられた空間には幸運が入ってくるとも言われます。断捨離で心も空間もすっきりしたところに幸運が訪れるのであれば、断捨離をすることで風水的にも効果が得られるということになります。

断捨離で運気アップできる

断捨離をすることで得られる効果はたくさんあります。きれいに片付くことでスッキリ感を得られ、気持ちが明るくなったり前向きに考えられるようになります。いつまでも処分できない物を見ることで、過去を振り返って落ち込むこともなくなります。

捨てる捨てないを判断することで決断力が養われ、迷うことが少なくなれば、いつもすっきりと決められるようになります。周りが自分が好きな物ばかりになれば、生活が楽しくなりいろいろなことにやる気が出てきます。自分が何が好きなのかはっきりするので、無駄な買い物をしなくなり余裕が出てきます。

こうしていろいろな行動や考えがよい方向に変わることで、結果的に運気がアップするという効果があらわれるのです。

洋服を断捨離するやり方とコツ

洋服を断捨離するのは、着なくなった服を処分する、新しい服を買うのを控えるというだけではありません。それでは、単純に片付ける、整理整頓するのと何ら変わりがありません。中途半端な断捨離では、効果を十分得られなかったり、同じことを繰り返してしまうことになります。

ここでは、洋服の断捨離の考え方からやり方、スムーズに行うコツなどを紹介していきます。断捨離は洋服だけではなく、生活空間や、仕事、自分の考え方や生き方といったところまで活用することができます。

身近な洋服を断捨離することで、やり方や考え方をマスターし、さらにそれを他のことにも広げていくことで、精神的に豊かな生活を送るという効果を得られます。

洋服を断捨離する基準を決める

洋服の断捨離は実は一番難しいものです。畳んで仕舞っておけば、一枚一枚はそれほどスペースを取らず、とりあえず残しておこうかなと思いがちです。

明確な基準を設けると、洋服の断捨離はとてもやりやすく、効果も高くなります。その基準とは、洋服の状態、自分との相性、今着たいと思うかです。

洋服の状態とは、シミがある、破れているといった明らかなデメリットがあるものです。自分との相性とは、サイズが合うか、着た時に違和感を感じないかなどです。似合う似合わないや、肌ざわりなどの素材感も当てはまります。

今着たいと思うかは、過去1年着なかったものは二度と着ないと思っていいでしょう。明らかなデメリットがなくても、何かしら気になることがあるから着ようと思わなかったのです。

来年着るかもとか、高かったからもったいない、体型が変わって着れるようになるかも、などという考えは捨てます。それでは執着を断ちきれず、断捨離になりません。

ブログから断捨離を学ぶ

断捨離については、多くの人が自分なりのやり方や、それで得たメリット、効果などをブログで発信しています。自分がいいなと思った人のブログを読んで、真似してみるのも一つのやり方です。

たくさんの人のアイデアややり方をちょっとずつ取り入れてもいいでしょう。結果的に、要らない物を捨て、新しく入ってくる要らない物を断ち、物に対する執着から離れることができれば断捨離の効果は得たと言えますから、いろいろな人の考えや基準を学ぶもの断捨離への第一歩となります。

断捨離の考案者であるやましたひでこさんも、公式のオフィシャルブログを持っていらっしゃいます。そのブログ名もまさに「断捨離」なので、すべてのベースに断捨離の思想、考えがあり、日常の話からもヒントを得られることもあるでしょう。こちらも、ぜひ参考にしてください。

処分することは悪いことではない

普段から要らなくなった物は捨てます。しかし、断捨離をする前の段階で、大量に処分することに対しての罪悪感が沸き起こることがあります。

そういった場合は、考え方を変えるといいでしょう。物という物は、永遠に自分のもとに留まるものはありません。その「物」が今自分の手元にあるのは、そういうタイミングだっただけで、いずれかは自分の手元からなくなるものなのです。それが今だと考えればいいのです。

ゴミをたくさん出すことで環境のことを考えるなら、断捨離をすることで今後は不要なものは買わない、ゴミを増やさないという考えに変わることで、環境に対しても優しくなれるという効果が得られます。

まだ使える物はリサイクルへ

捨てる物の行方としては、リサイクルを考える方も多いでしょう。リサイクルショップに売る、ネットオークションに出す、フリーマーケットで売るなど方法もいろいろあります。

リサイクルショップも地域によっては複数店舗あり、倉庫のような雑多な雰囲気から、何かの専門店かと思うほどきれいで大きなショップもあります。一つ一つ自分で選別して出すのもありですし、ある程度まとめて引き取ってもらうのもいいでしょう。

どこかの団体なり事業なりに寄付をする方法もあります。自分に負担になり過ぎない程度で考えるとよいでしょう。負担になり過ぎると、それも断捨離の効果を薄めてしまう要因になってしまいます。

要らない物をフリマやオークションで売るメリットとデメリット

要らない物をただ処分するのはもったいないと考えた時、リサイクルショップやフリーマーケット、オークションなど、リアルの店舗にしろネット上にしろ場所はたくさんあります。昨今は、フリマアプリも大人気で、誰もが気軽にやり取りできる時代です。

断捨離とともに少額でもお金に変えられるなら、これはメリットと言えるでしょう。誰かに譲り渡すことで、もったいない精神を満足させてくれるなら、これもメリットです。フリーマーケットやオークションを利用することで、あまりに時間を費やしてしまったり、作業自体があまりに負担になり過ぎるようなら、これはデメリットになります。

そのうち売ろうと思い処分せずにためこんでしまっては、結局は処分品の場所を余分に取ることになり、断捨離した意味や効果がありません。向き不向きもあると思いますが、精神的に苦痛を伴うなら、利用するメリットはないと言えます。

洋服以外にも断捨離するとしたら何?

洋服以外にも、断捨離できるところはいろいろあります。例えば、家具や雑貨など生活を構成する物や、スマホやタブレット、パソコンのデータなどです。

女性であれば、化粧品の断捨離もできます。毎日使う物、特別な日に使う物以外は、断捨離してしまいましょう。

洋服の断捨離とともに収納スペースの見直しをする

洋服を断捨離する時に、特におすすめなのは収納スペースの断捨離です。洋服の断捨離をすると、今まで収納していたスペースに空きができます。そのままにしておくと、ついつい買い足して、結局同じ状態になるということもありえます。

断捨離した部分すべてをなくせとは言いませんが、減った分に合わせて収納スペースも減らすことで、自分が必要な分はこれだけと決めます。入る容量が決まれば、自分に必要な量もおのずと決まっていき考えも変わるので、ついつい買ってしまうのを防げます。結果的に、断捨離の効果を持続させることができるのです。

収納スペースをどれだけ減らすか決めてから、洋服を減らしていくのもいいでしょう。ここまで収納スペースを減らしたいと思うのであれば、その減った状態が自分にとっていい効果をもたらすと自分自身気付いているからだとも言えるからです。

デジタルデータの断捨離も効果的

デジタルデータの断捨離もおすすめです。洋服や雑貨などと違って、意識しなくても目に入ってくる空間ではありません。しかし、日々多くの時間をスマホやタブレットに費やしている、仕事あるいは趣味などで常にパソコンを使っている人ならば、断捨離の効果は大きいでしょう。

新しいアプリ、便利そうなアプリを見つけると、ついダウンロードしてしまいます。ネットサーフィンをしていて気になるページがあると、とりあえずブックマークするでしょう。仕事でパソコンを使っている人は、デスク有数がファイルやフォルダーだらけという人も多いのではないでしょうか。

そういった情報を整理することで、自分の必要なものが明確になり、頭がすっきりします。探すのに手間取って余計な時間を使ったり、イライラすることがなくなります。このような効果が得られることで、結果的に仕事の効率に結びついたり、プライベートの時間も快適に過ごせるようになるのです。

断捨離した後の暮らし方

断捨離したら、それで終わりではありません。断捨離はまず要らない物を捨てることですが、その後に要らない物を断つことと、物に対する執着から離れることが続きます。断つことと離れることが出来ていなければ、断捨離をやったことにはなりません。

一度断捨離をしても、その精神を忘れて物が増えていってしまったり、生活空間がごちゃごちゃしてきてしまったら、元に戻ってしまいます。せっかく断捨離によって得た効果も薄れて行って、なくなってしまうでしょう。

ダイエットのリバウンドと同じです。断捨離で得た効果を持続できなければ、元に戻るか元より良くない状態になるだけです。常に今の自分、今の生活、理想とする自分、理想とする生活を思い描き行動することが必要です。

断捨離で後悔する人はいないの?

断捨離とは執着から離れることです。断捨離をした後で、捨てなければよかったなどと後悔するということは断捨離の効果を十分に得られていないことになります。

また、自分のものではなく家族のものを捨ててしまったことで、家族に非難され後悔することもあるでしょう。家中を断捨離したいという気持ちがあっても、自分に必要ないものは何もかも捨ててしまっていいわけではありません。

家族の意思も尊重しなければ、断捨離の後の精神的に豊かな生活は望めないでしょう。まずは自分の身の回りから始める。さらに家族の協力を得ていくという順番も大切です。

ストイックになりすぎる必要はない

断捨離をきちんと実践した上で後悔するケースは、ほとんどないと言っていいでしょう。断捨離したい人は、何かしら生活を変えたいと思っていたり悩みを抱えている人です。あるとすれば、必要なものまで捨ててしまった場合ですが、その場合は新しく買い足せばいいのです。

捨ててしまってもったいなかったと思うでしょう。しかし、一旦捨てることでその物に対する執着がリセットされ、次に買う時は新たな視点でそれを必要と考え購入するわけですから、一度捨てたことで良い効果が得られたと考えることができます。それは、後悔とは違うのです。

一度捨てたからといってストイックになる必要はありません。よくよく考えて必要ならば買うという選択肢の持てる、心の寛容さも必要です。

断捨離効果で幸せを引き寄せよう

断捨離は、実は奥の深い思想です。かと言って、とても難しいことでもありません。誰でも、今から、すぐに、出来ることです。

大切なのは、今の自分、今の生活を変えたいと思うことです。なんとなく部屋をキレイにして終わりではなく、その先にある、精神的に豊かで幸せな生活を思い描き断捨離を実践することで、その効果を十分に得ることができるでしょう。

Related