Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月12日

交通費実費と自費の違いは?交通費支給5つの種類と意味を大公開

交通費実費と交通費自費の違いについてご存知ですか。特に、通勤交通費の場合、徒歩で通勤する以外は必ずかかる費用です。会社から通勤交通費が支給されるか否かは、会社を選ぶ際に重要なポイントです。自社の交通費の支給ルールについて把握し、上手に活用しましょう。

交通費実費と自費の違いは?交通費支給5つの種類と意味を大公開

交通費実費とは?

通勤にかかる交通費の支給は、金額や負担の仕方に種類があり、その中の1つが「交通費実費」です。

通勤交通費とは、従業員が勤務先の会社や店舗などに通勤する際にかかる費用を会社が支給することをいいます。会社によっては、通勤手当と呼ばれることもあります。

通勤交通費の支給は法律で定められておらず、会社側も支給する義務はありません。しかし、福利厚生の1つとして、通勤交通費を支給する会社は多い傾向にあります。

かかった金額を負担してくれること

交通費実費支給とは、通勤時にかかった金額を会社側が負担してくれることをいいます。

交通費の支給方法は、会社によってそれぞれ定められており、会社によっては通勤交通費実費支給の会社もあります。その場合は、実際に通勤する際にかかった費用を、会社が通勤手当として支給してくれます。

また、勤務中や出張時にかかる交通費は、基本的にかかった金額を実費交通費として会社が負担する必要があります。

交通費自費とは?

交通費の支給方法の一つに、「交通費自費」があります。

交通費の支給の方法は、会社の規定によってそれぞれ定められています。自分の会社の規定に従って、交通費の精算をする必要があります。

交通費自費の場合、従業員と会社のどちらが交通費を負担する必要があるのかなどを解説します。

自分で負担すること

交通費の自費負担とは、全額従業員が負担することをいいます。

交通費自費とは、文字どおり交通費を自分で負担することをいいます。通勤交通費は法律で定められておらず、会社も支給する義務はありません。そのため、会社によっては交通費の支給はなく、従業員が自分で負担する場合もあります。

単発のアルバイトなどは、交通費自費の場合が多い傾向にあります。

交通費実費と似た5つの交通費支給ルール

交通費実費と似た、5つの交通費支給ルールをご紹介します。

通勤時に実際にかかった交通費を支給してくれる交通費実費支給の場合でも、会社によっては限度額や支給のルールが設けられていることもあります。また、通勤時に使用する乗り物によっても、実費支給されるか否かが細かに決まっている場合もあります。

自分の会社のルールをしっかりと把握し、交通費支給制度を上手く活用しましょう。

交通費実費と似た支給ルール1:全額支給

交通費実費と似た支給ルール1つ目は、交通費の全額支給です。

全額支給とは、文字どおり実際にかかった交通費全額を実費支給することをいいます。支給方法は会社によって異なり、毎月の給与と併せて支給や、年1回まとめて支給などがあります。

しかし、全額支給といっても会社によってさまざまな規定があります。公共交通機関の中で1番安価な方法での通勤した際の金額を全額支給や、自宅からの最短ルートの定期代を支給するなどが多いです。

交通費実費と似た支給ルール2:上限あり

交通費実費と似た支給ルール2つ目として、交通費の支給の金額に上限が設けられていることがあります。

多くの会社は、規定によって交通費の実費支給に上限である限度額を設けています。会社によって上限額はさまざまです。

交通費の上限が規定されている場合は、その上限を超えた分は自費での負担となります。また、上限額未満の場合は上限額が支給されるのではなく、実際にかかった金額のみが支給となります。

交通費実費と似た支給ルール3:一律支給

交通費実費と似た支給ルール3つ目は、決まった金額の交通費を支給する一律支給制度です。

一律支給制度を導入している会社は、通勤時にかかった金額に関係なく一律の金額を従業員に支給します。自分の交通費が一律支給額を下回っている場合でも、一律支給額は全額支給されます。

反対に、実際にかかる交通費が一律支給額を上回っている場合は、上回っている部分は自分で負担することになります。

交通費実費と似た支給ルール4:ガソリン代実費支給

交通費実費と似た支給ルール4つ目は、ガソリン代の実費支給です。

従業員が会社や勤務先の店舗などに自家用車やバイクで通勤している場合、交通費としてガソリン代を実費支給する会社もあります。

実際にかかったガソリン代を実費支給するのではなく、1km当たりの支給額が決められており、自宅から勤務先までの距離が何kmかで計算されることが多いです。自家用車の燃費良さやガソリン代の実際の値段などは反映されないことが多いです。

交通費実費と似た支給ルール5:公共交通機関のみ

交通費実費と似た支給ルール5つ目に、公共交通機関で通勤する場合のみ交通費が支給される場合があります。

勤務先の会社に「公共交通機関の利用時のみ交通費支給」と規定がある場合は、自家用車やバイク、徒歩通勤の人には交通費の支給がありません。

交通費については会社によってさまざまな規定があるため、会社を選ぶ際にも確認すべきポイントの1つといえます。

交通費の支給に関する豆知識

交通費の支給に関する豆知識についてご紹介します。

「従業員の交通費の支給は、法律で義務化されているのか?」「通勤や社用での移動時に交通系ICカードを使用し、運賃が割引きされた場合の差額はどうするのか?」についてを詳しく解説します。

法律的な取り決めはない

通勤交通費の支給について、法律的な取り決めはありません。

通勤交通費の支給制度は多くの企業で導入されていますが、法律的に定められたものではなく、会社独自の福利厚生の一部です。そのため、通勤時の交通費は全く支給がない会社もあります。

通勤交通費については法律的な取り決めはありませんが、社用での移動時や出張にかかる交通費の支給は基本的に支給する必要があります。

ICカードの割引の場合は?

交通系ICカードを利用する場合の割引額は、交通費精算時にどう処理するのかは会社の規定によります。

suicaやpasmoなどの交通系ICカードを利用すると、運賃が割引になることがあります。交通費を精算する際は、それぞれの会社の規定に従うことになりますが、割引された運賃を会社に請求する場合が多いです。

また、会社によっては社用時専用のICカードを支給される場合もあります。

交通費実費は年収に含まれる?

交通費の支給を受けた場合、交通費は年収額に含まれるのか否かを解説します。

社用での移動時や出張旅費などの交通費は、年収には含まれません。年収とは、税金や保険料などを引かれる前の総支給額のことをいいます。

また、通勤交通費は年収に含めるため、交通費が多額の場合は税金が多くなる場合があります。

交通費実費は所得税に含まれるのか

通勤交通費は所得税の課税対象となる場合と、ならない場合があります。

通勤に公共交通機関を利用する場合は、月に15万円までは非課税となります。しかし、月15
万円を超える場合は所得税や住民税の課税対象です。

また、自家用車屋バイクで通勤する場合のガソリン代は、片道2km以上の場合、距離に応じて非課税枠が設けられています。

交通費実費支給の意味を理解しよう

「交通費実費支給」の意味をしっかりと理解し、交通費支給制度を活用しましょう。

徒歩で勤務先に通勤する場合以外は、交通費は必ずかかります。交通費の支給の有無や金額、限度額などは会社を選ぶ際の重要なポイントです。

また、正社員だけでなく、アルバイトやパート従業員も通勤交通費支給の対象となる場合もあります。自分の会社のルールをしっかりと把握し、交通費支給制度を上手く活用しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related