Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月10日

昇給なしなら転職すべき?昇給に関する豆知識6つ|おすすめ転職サイト

昇給とは給料が上がることです。昇給の詳細については給与規定や就業規則で確認することができます。しかし、そもそも会社に昇給制度がなかったり、何らかの理由で昇給が実現しないということもあります。そのため、昇給なしという状況に転職を決断するという人もいます。

昇給なしなら転職すべき?昇給に関する豆知識6つ|おすすめ転職サイト

昇給とは

昇給とは給料が上がることです。給料の詳細については入社前に説明をされたり、入社後に就業規則などで確認することができます。

給料について確認をすると、昇給についての情報を確認できることもあります。昇給ではよく年1回や2回などとされていることがよくあります。

昇給は年1回と就業規則などに書かれていることを確認したことで、人によっては給料が毎年上がるものと勘違いをしてしまうこともあります。

給料は毎年上がるもの?

昇給は年1回と入社前に説明を受けたり、就業規則に記載されていることがあります。しかし、昇給には会社の売上や業績などで基本給が上がるベースアップと、会社の給与規定で定められた条件などを満たすことで昇給する定期昇給があります。

昇給が年1回とされている場合には、定期昇給が年に1回行われるということです。そのため、会社によって条件は異なりますが、昇給の条件を満たさなければ昇給なしということもあります。

昇給額と昇給率

定期昇給では会社の給与規定で示された条件などを満たすことができなければ昇給なしとなることもあります。また、昇給するとなったとしても、その昇給額や昇給率を決める方法はまた別の条件に従うことになります。

その条件も会社によって異なりますが、経済状況や、同業他者や業界の昇給率の相場に合わせたりなどします。また、労働組合がある会社では労使で協議したり、労働組合のない会社は経営者が判断することもあります。

昇給なしなら転職すべき?昇給に関する豆知識6つ

給料はできるだけ高い方が望ましいです。しかし、毎月の給料を受け取るだけで、その内訳がどのようになっていたり、昇給や手当の種類などを把握できていないという人もいます。

自分の給料を管理するためにも、昇給や手当などに関する知識は持っておいた方が良いでしょう。これらを把握しておくことで、給料に対する不満がある場合、どの部分に不満があるかを明確にしておくこともできます。

昇給に関する豆知識1:昇給の種類

先に述べた通り、昇給にはベースアップや、定期昇給などの種類があります。これら昇給の種類を把握しておかないと、どのような条件で昇給が行われ、どのようなときに昇給なしとなるのか判断できなくなってしまいます。

もし、昇給に関して会社と交渉をする際には、会社に昇給をしてもらうための根拠や証拠が必要となります。その根拠の材料を集めるためにも、昇給に関する知識が必要となることもあります。

定期昇給

定期昇給は年に最低1回は行われることが多く、その定期昇給の時期に昇給するかどうかを会社が判断をします。昇給の条件は会社によって異なりますが、主に勤続年数や、能力、成績などが多いです。条件を満たせなければ、昇給なしとなります。

詳細を確認したい場合には会社の給与規定や就業規則を確認すると良いでしょう。また、昇給について確認する際には、昇給額や昇給率、支給時期などについても確認しておくようにしましょう。

臨時昇給

定期昇給はその名前の通り、定期的に行われます。また、定期昇給で昇給するためには会社の給与規定や就業規則に従います。しかし、昇給には定期的に行われる定期昇給以外に、必要に応じて行われる臨時昇給もあります。

必要に応じて昇給をするため、定期昇給のように勤続年数や年齢などの条件を満たすのではなく、業務上の負担や高い功績などで会社が昇給が必要と判断した場合などに行われることになります。

ベースアップとは?

昇給でのベースアップとは、ベースとなる基本給がアップすることです。要は給料が上がることのため、定期昇給とベースアップの意味を混同してしまう人もいます。

定期昇給は個人の勤続年数や能力、成績などで昇給の判断をされますが、ベースアップの場合は会社が規定する賃金表が改定される際に、景気などの影響で賃金水準を引き上がることを指します。ただし、景気や相場に合わせるため、ベースダウンしてしまうこともあります。

昇給に関する豆知識2:昇給なしは違法ではないのか?

会社によっては何十年働いても昇給なしということもあります。昇給なしという状況は違法と思う人もいますが、労働基準法では昇給なしでも違法にはなりません。

しかし、給与規定や就業規則などに昇給についての内容が含まれていれば、会社には昇給に関する義務が発生します。ただし、「会社の業績の低下などのやむを得ない事由がある場合にはこの限りではない」などのような但し書があれば昇給なしでも問題ない場合もあります。

昇給に関する豆知識3:昇給しない理由

労働基準法上では昇給なしでも問題はありません。そのため、昇給自体がない会社の場合には、何年働いたとしても昇給しないということもあります。

また、昇給の制度があっても、昇給の条件を満たすことができていなければ、昇給なしとなります。他にも、給与規定や就業規則に「やむを得ない事由があれば昇給できないこともある」などの内容が含まれていれば、会社の業績や景気などによって昇給が実現しないこともあります。

昇給に関する豆知識4:手当と昇給の違い

手当の場合は基本給とは別に諸費用として支払われる賃金のことです。そのため、残業などの時間外労働をしたり、役職に就いたりなどすると会社によっては手当が付きます。他にも手当には扶養手当、地域手当、住居手当、通勤手当、資格手当などもあります。

しかし、昇給では基本的に基本給が上がることになります。労働者に賃金として支払われることに変わりはありませんが、その枠組みは基本給と手当で分けられています。

手当の種類

手当にはいろいろな種類があり、扶養家族している人数に応じて支給される扶養手当や、地域の物価などに合わせて職員に支給される地域手当、通勤費を支給する通勤手当、住居の家賃の一部を負担したり、住宅ローンの返済の補助を行う住宅手当などがあります。

もし、条件を満たしているにもかかわらず、これら手当を支給されていなければ、会社に相談をして手当を付けてもらう必要があります。

昇給に関する豆知識5:昇給なしのデメリット

昇給自体がないという会社や、給与規定や就業規則の但し書を理由にして、昇給がないという会社もあります。

昇給なしということは基本給が上がりません。残業代や役職などの手当は付いても、昇給なしでは基本給が上がらないので、毎月の給与も必然的に毎回同程度の額となります。

また、昇給なしでは、頑張って仕事をしても給料が上がらないということでもあるので、従業員のモチベーションを下げてしまう可能性は高いです。

昇給に関する豆知識6:昇給なしなら転職すべき?

上記で述べた通り、何らかの理由によって、昇給なしという会社もあります。もし、昇給なしの会社で働き続けると、何十年の勤続年数を重ねても、仕事で大きな結果を出したとしても、あまり給与が上がらないという可能性があります。

将来のことを考えたときに、給料が増えていかないことに不安を感じてしまう人は多いです。そのため、正解は人によって異なりますが、昇給なしということが転職を決断する材料となることもあります。

昇給なしの会社から転職しよう!おすすめ転職サイト5つ

今までは同じ職場に長く勤めることが良いこととされてきました。しかし、今では自身のステップアップや、昇給や給与アップなどを求めて新しい労働環境を探すことなどを理由に転職を決断する人も増えています。

もし、昇給なしが転職を決した理由であれば、転職先を選ぶ際の条件に昇給制度について含めておく必要があります。条件を絞って転職活動を行う際には、企業情報を効率良く得るためにも転職サイトを使うことがおすすめです。

昇給なしの会社から転職しよう!おすすめ転職サイト1:マイナビ転職

マイナビはブランド力や認知度が非常に高く、利用者は多いため、就職活動を行ったことがある人の中にはひとまず登録したという人も多いです。そのマイナビのサービスを利用したことがあるという理由から、転職活動を行う際にも、ひとまずマイナビ転職を選ぶという人は多いです。

また、マイナビ転職には掲載企業が非常に多く、条件を絞って企業を検索できるため、まず企業情報を集めたいという場合にもおすすめです。

昇給なしの会社から転職しよう!おすすめ転職サイト2:エン転職

エン転職はテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は高まってきています。総合転職支援サービスとしても、日本最大級となっていて、情報量も多いです。

また、掲載企業を実際に訪問して、取材を行い、社員のクチコミや担当者のコメントなどの会社内部の情報も多く集めているため、転職希望者と企業のミスマッチを避けることができます。

昇給なしの会社から転職しよう!おすすめ転職サイト3:リクナビNEXT

マイナビと同様に、リクナビも認知度やブランド力が高いため、就職活動を行う際には、ひとまず登録をしておくという人が多いです。そのため、転職活動を行う際にもリクナビNEXTにひとまず登録するという人は多いです。

リクナビNEXTでは求人情報を検索する際に、年収を検索条件に含めることができます。そのため、転職によって給料が下がるということを避けたい人にとって、条件の合う企業を見つけやすいサイトとなります。

昇給なしの会社から転職しよう!おすすめ転職サイト4:ミイダス

ミイダスは転職サイトではなく、転職アプリとなります。ミイダスの大きな特徴として、経歴やスキルから現在の市場価値を算出して、興味を持った企業からのオファーに応えるという転職活動の流れとなります。

応募の時点で、希望条件を提示することもできるので、昇給なしの企業とはコンタクトしないという条件に絞って転職活動を行うことが可能です。

昇給なしの会社から転職しよう!おすすめ転職サイト5:doda

dodaもエン転職と同様に、テレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は非常に高いです。転職エージェントとしても、大手3大エージェントのうちの1つとなっていて、取り扱っている求人数も非常に多いです。

転職エージェントなので、アドバイザーどの面談のときに昇給なしの企業は条件から外すというという相談もできます。それほど難しい条件ではないため、対応してもらえるないということはないでしょう。

昇給なしの会社から転職しよう

昇給なしということは基本給が上がらないということです。給料が上がらないことに将来の収入面に不安を感じてしまい、転職を決断するという人もいます。転職をする人は増えてきているので、世間的にも転職は決断しやすい環境になってきています。

しかし、転職の回数を積み重ねてしまうと、その後の転職活動が不利となってしまうこともあるので、しっかりと条件を絞って転職に失敗しないようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related