Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月08日

出張時荷物がパンパン?必要な持ちもの15個と荷物を減らすためのポイント

「出張時につい荷物を多くスーツケースに入れすぎて移動が大変だった」という経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。この記事では出張時の荷物を減らして移動しやすくするための方法をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

出張時荷物がパンパン?必要な持ちもの15個と荷物を減らすためのポイント

出張に必要なものをリストアップしてみる

仕事柄、頻繁に出張をするという方も多いのではないでしょうか。

旅慣れれば旅慣れるほど出張の荷物は少なくなっていくものですが、慣れない段階ではスーツケースに荷物をパンパンに詰め込んでしまいがちです。

出張時に余計な荷物までスーツケースに詰め込まないためには、まずは出張に必要なものをリストアップし、本当に持参すべき荷物を把握することからスタートしましょう。

普段の持ち物+着替えがあれば基本的に大丈夫

出張時と言っても、特別なケースを除き、普通の持ち物と着替えさえあれば問題ないはずです。

商用のサンプルや取引先に渡す手土産など特別なものを持参する必要があるケースももちろんありますが、それ以外の場合にはいつも使用しているグッズと宿泊日数分の着換えなどを持参すれば、問題なく出張をこなすことができるでしょう。

出張時に必要な基本的荷物15個

出張時に荷物がパンパンで移動するのが大変だったという経験をしたことがある方も少なくないことでしょう。

できるビジネスパーソンは、出張時の荷物を最小限にとどめているものです。出張時に荷物がパンパンになってしまうのは、必要でない余計な荷物をスーツケースに入れてしまっているからでしょう。

ここからは、出張時に必要な基本的な荷物をご紹介していきますので、荷造りの際にぜひご参考にしてください。

出張時に必要な基本的荷物1:貴重品(財布・保険証・クレジットカード等)

出張時に必要な荷物としてまず挙げられるのが、貴重品です。財布はもちろんのこと、もしも出張先で体調が悪くなった時のために保険証を持参すると安心でしょう。

なお、普段はクレジットカード派であっても出張先でクレジットカードが使えないこともあり得ますので、都心ではなく田舎などに出張される場合には、念のためやや多めに現金を持参しておくことをおすすめします。

出張時に必要な基本的荷物2:社員証・免許証

社員証や免許証も、出張時に必要な基本的荷物のひとつとして挙げられるでしょう。

出張先でも身分証明を行わなければならないこともありますので、そのような時に社員証や免許証があれば便利です。

出張時に忘れてしまわないように、これらの身分証明書は普段から財布の中に入れておくことをおすすめします。

出張時に必要な基本的荷物3:携帯電話・スマートフォン

出張時に必要なものとして、スマートフォンや携帯電話も挙げられるでしょう。

ビジネスパーソンとしてスマートフォンや携帯電話は連絡手段として必須中の必須アイテムであり、出張先で道に迷った時や交通公共機関の時間や乗り方を調べる時にスマートフォンはなくてはならないものでもあります。

いざスマートフォンや携帯電話を使う必要がある時に充電が足りないということにならないよう、念のため満タンに充電しておきましょう。

出張時に必要な基本的荷物4:名刺

名刺も出張時に必要な基本的荷物のひとつに数えられるでしょう。

ビジネスパーソンとして当然ではありますが、出張時に会う取引先の人やクライアントとの挨拶の際には必ず名刺が必要になってくるからです。

相手に失礼のないように、きちんとした名刺ケースに名刺を入れておくこと、名刺が足りないといった事態にならないように多めに名刺を用意しておくことが大切です。

出張時に必要な基本的荷物5:ノートパソコン・タブレット

出張時に必要な基本的荷物のひとつとして、ノートパソコンやタブレットも含まれるでしょう。

出張先で資料にもとづいてプレゼンを行ったり、時間がある時に報告書や資料を作成するにあたってノートパソコンやタブレットは必須アイテムです。

スマートフォンと同様に、出張前にあらかじめ充電を満タンにしておくことをおすすめします。

出張時に必要な基本的荷物6:筆記用具

筆記用具も出張時に必要な基本的荷物のひとつとして挙げられるでしょう。

基本的には黒のボールペンがあれば問題ありませんが、念のためシャーペンと消しゴム、赤ペンなども筆記ケースの中に入れておくと安心です。

なお、取引先やクライアントの前で使用しても恥ずかしくないように、筆記ケースはビジネスパーソンらしいシンプルでシックなものを使うことをおすすめします。

出張時に必要な基本的荷物7:仕事上必要な書類や道具

出張時に持参すべき基本的な荷物のひとつとして、仕事上必要な書類や道具も挙げられるでしょう。

商用サンプルや契約書類、プレゼン書類など出張内容によって必要な書類や道具は異なってきますので、出張前に何が必要かをきちんとリストアップしておくことが求められます。

また、書類はクリアファイルやケースに入れて折り目がついてしまわないようにした状態で持参するのもマナーでしょう。

出張時に必要な基本的荷物8:折りたたみ傘

折りたたみ傘も出張時に必要な基本的な荷物のひとつに数えられます。

出張先で急に雨が降り出してしまうこともあり得ますので、念のため折りたたみ傘を荷物の中に入れておくと安心です。

なお、できればビジネスパーソンにふさわしいシンプルで控えめな色・柄のものが好ましいでしょう。

スーツケースの荷物として入れると雨が降った時に取り出すのが大変になるので、手提げ鞄に入れる荷物としてリストアップするのがおすすめです。

出張時に必要な基本的荷物9:眼鏡・コンタクトレンズ

出張時に必要な荷物のひとつとしてご紹介したいのが、メガネやコンタクトレンズです。

普段はコンタクトレンズを使用している方でも入浴後から就寝までの間はメガネを使われるでしょうし、ワンデータイプをご使用の場合には翌日には替えのコンタクトレンズが必要になります。

そのため、メガネと替えのコンタクトレンズ、あるいはコンタクトレンズのケアグッズや保管容器などを荷物として持参しましょう。

出張時に必要な基本的荷物10:常備薬

常備薬も、出張時に持参すべき荷物として挙げられるでしょう。

たとえ元気な状態であっても出張時に体調を崩したりお腹を壊してしまうこともあり得るので、念のため常備薬を荷物の中に入れておくと安心です。

また、普段から使用している薬はもちろんのこと、サプリメントなどを飲用されている場合にはそれらもピルケースに入れるなどして持参するのがおすすめです。

出張時に必要な基本的荷物11:宿泊日数分の着替えもしくは洗濯洗剤

出張時に持参すべき荷物として忘れてはならないのが、宿泊日数分の着換えもしくは洗濯用洗剤です。

特に汗をかく夏場は毎日下着もシャツも変えなければ取引先やクライアントに不快感を与える悪臭を放ってしまいますので、宿泊日数分の着換えは絶対に荷物の中に入れておきましょう。

鞄がかさばるのが嫌な方は、出張時用などに発売されている簡易洗濯用洗剤を使用するのがおすすめです。

出張時に必要な基本的荷物12:携帯電話・スマートフォンの充電器

携帯電話やスマートフォンの充電器も、出張時に絶対に必要な荷物として挙げられます。

スマートフォンや携帯電話本体は忘れずに出張先に持参しても、肝心の充電器を忘れてしまって本体が使えなくなってしまったというケースも少なくありません。

そうなっては本末転倒ですので、必ず持参する荷物のリストの中にスマートフォン等の充電器を含めておきましょう。

出張時に必要な基本的荷物13:ノートパソコン・タブレットの電源アダプター

出張時に忘れてはいけない基本的な荷物として、ノートパソコンやタブレットの電源アダプターも含まれるでしょう。

ノートパソコンやタブレットも電源アダプターがなければ、充電が切れて使えなくなってしまいますので、スマートフォン・携帯電話の充電器とセットで必ず荷物の中に入れるようにしたいものです。

なお、海外出張の際には変圧器や変換プラグなども必要になります。

出張時に必要な基本的荷物14:身だしなみ用品(整髪料・化粧品)

身だしなみ用品も、出張時に持っていくべき荷物のリストに加えられるでしょう。

男性の場合は整髪料や髭剃りアイテム、女性の場合はスキンケアグッズや化粧品などが挙げられます。

整髪料にせよスキンケアアイテムにせよ、最近ではトラベル用のミニサイズのものが多く発売されていますので、そのようなものを利用するのがおすすめです。

あるいは、小分けして持参できるトラベルボトルに入れるのもよいでしょう。

出張時に必要な基本的荷物15:ハンカチ・ティッシュ

出張時に持っていきたい荷物として、ハンカチやティッシュも忘れてはなりません。

普段はハンカチやティッシュを使わないという方でも、出張先で面会するクライアントや取引先の人に万が一の時に悪印象を与えてしまわないように、ビジネスパーソンのマナーとしてハンカチとティッシュを持参しましょう。

出張時になるべく荷物を減らすためのポイント

ただでさえ疲れる出張だからこそ、荷物を多く持っていきすぎて移動時に大変な思いをするのは避けたいところでしょう。

しかし、「もしかするとこれも必要になるのでは」と考えて、あれこれと余計なものをスーツケースに詰め込んでしまうという人も少なくないはずです。

では、どうすれば出張時の荷物を減らせるのでしょうか。ここからは、できるだけ出張時の荷物を減らすためのコツをご紹介していきます。

ホテルで借りれるものは持って行かない

まずおすすめしたいのが、ホテルで借りられるものは持参しないということです。

たとえば女性の場合は使い慣れたヘアアイロンやドライヤーを持参したいと考えるでしょうが、多くのホテルではこれらを貸出しにしていますので、出張先に持っていく必要はありません。

スリッパやハンガーなども同様でしょう。

宿泊先のアメニティをチェックする

宿泊先ホテルのアメニティをチェックしておくのも、出張時の荷物を減らすことにつながるでしょう。

宿泊先のホテルのアメニティにどのようなものがあるかをあらかじめ把握しておけば、アメニティに含まれている髭剃りやコーム、シャンプー類などを持参せずに済むからです。

ホテルのホームページでアメニティの内容を確認することができますので、ぜひチェックしてみてください。

バッグ内は整理整頓する

できるだけ出張時の荷物を減らすためには、バッグ内を整理整頓するということも必要でしょう。

きちんと折りたたんだりケースに入れるなどして、コンパクトにした状態で整理整頓を行って荷造りをすれば、スーツケースの中はすっきりとします。

また、一目でどのような荷物をスーツケースに入れているのかがわかるため、余計なものを入れずにすむでしょう。

出張先や移動時の注意点

快適な出張にするためには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

ここからは出張先や移動時に注意したいポイントをご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

手荷物用バッグを用意(飛行機利用の場合)

まず注意したいのが、飛行機を利用する場合には手荷物用のバッグを用意するということです。

飛行機を利用する場合には規定のサイズを超えたスーツケースは全て預けて搭乗しなければならないので、機内でタブレットなどを使用する場合にはタブレットや電源アダプターを入れた手荷物用バッグを持参しましょう。

移動時の暇つぶしアイテムを持っていく

移動時の暇つぶしアイテムを持参するというのも、快適な出張にするためにおすすめしたいポイントです。

新幹線や飛行機での長距離の出張の場合はどうしても移動中に退屈してしまうので、携帯ゲーム機などを持参すれば暇つぶしができます。

長期出張の場合は宿泊先で洗濯して荷物を減らそう

今回は出張時に荷物がパンパンになるのを防ぐ方法について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

長期出張の場合にはどうしても着替えの服や下着が多くなってしまうので、荷物を減らすためにトラベル用の簡易洗剤やミニ洗濯物干しなどを持参し、出張先で洗濯をするのがおすすめです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related