Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月09日

広報の仕事ってどんなことするの?向いてる人・向いていない人の特徴3つ

広報の仕事に興味があるという方も多いのではないでしょうか。しかし、実際の広報の仕事の詳細についていまいちイメージが湧かないという方も少なくないはずです。この記事では広報の仕事内容や向き不向きについてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

広報の仕事ってどんなことするの?向いてる人・向いていない人の特徴3つ

広報とは

「広報の仕事に興味があるけれど、その仕事内容についていまいち具体的なイメージが湧かない」という方も多いのではないでしょうか。

広報とは英語で「Public relations」と表現するように、「パブリック(世間や大衆)」と企業との架け橋となることが求められる仕事です。

たとえば自社のサービスや商品について世間の人々に関心を持ってもらえるようにPRを行うのが、広報の代表的な仕事と言えます。

広報と広告の違いとは

広報と混同されがちなものに広告がありますが、両者はどのように異なるのでしょうか。

広報とは人が人に向けて行う仕事であるのに対して、広告はちらしや看板などの無機物が人に対して行う自社商品やサービスのアピールになります。

また、広告担当はメディアを通じて拡散される情報を企画・運営するのに対して、広報担当は自らがメディアを通じて自社のポジティブなイメージをアピールすることになります。

広報の仕事内容3つ

以上では、簡単ではありますが広報の仕事の概要についてご紹介してきました。「広報の仕事に就いてみたい」とお考えの方も少なくないことでしょう。

ここからは、広報の仕事に興味がある方のために、広報の主な仕事内容を3つピックアップしてご紹介していきます。

以下で取り上げる仕事内容に興味があり、なおかつ自分に適性があると感じたならば、広報の仕事にチャレンジしてみるのもよいでしょう。

広報の仕事内容1:プレス対応

広報の主な仕事内容としてまず挙げられるのが、プレス対応です。

ある程度の規模の企業ともなるとメディアから取材の打診を受けることも少なくなく、そのような時に企業の「顔」として自社のアピールポイントやポジティブなイメージを伝えるのが広報の仕事になります。

また、時には自社やそのサービス・商品に関する情報が誤って世間に伝わってしまっていることもありますが、プレスを通じて正しい情報を広めるのも広報の仕事です。

広報の仕事内容2:社内広報

社内広報も、広報が担う主な仕事のひとつとして挙げられるでしょう。

企業の利益を生むのは社員一人一人であり、社員のやる気や生産性をより高めるために企業理念や今企業が第一目標としていることなどを社員向けに効率的に伝えることを、社内広報と呼びます。

社内広報が上手く行われている企業では社内のコミュニケーションが活性化し、また社員のモチベーションが高く維持されていることでしょう。

広報の仕事内容3:危機管理対応

広報の仕事内容のひとつとして忘れてはならないのが、危機管理対応です。

自社の商品がリコールになった場合やSNSなどで炎上してしまった場合に、いち早く事態を収束すべく情報発信を行ったり報道陣への対応を行うのが広報の重要な務めになります。

広報の対応の善し悪しで、企業が危機を乗り越えられるかどうかが大きく左右されることでしょう。

広報の仕事に向いている人の特徴3つ

以上でご紹介したように、広報と一口にいってもその仕事は多岐にわたり、それゆえさまざまなスキルが求められると言えるでしょう。

大変な仕事ではありますが、その分やりがいが多く感じられる仕事でもあります。では、そんな広報にはどのような人が向いているのでしょうか。

ここからは、広報の仕事に適性のある人の特徴を3つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

広報の仕事に向いている人の特徴1:真面目な人

広報の仕事に向いている人の特徴としてまずご紹介したいのが、真面目な性格をしているということです。

広報の仕事は企業のイメージを大きく左右される責任重大なものですので、真面目な性格でなければ務まりません。

自分のやるべきことを真摯に行い、常に誠実な姿勢で物事に向き合うことができる人ならば、広報の仕事に適性があると言えるでしょう。

広報の仕事に向いている人の特徴2:企画が得意な人

企画が得意であるということも、広報の仕事に向いている人の特徴のひとつとして挙げられるでしょう。

広報の仕事は受動的であってはならず、常に能動的に自社に関する情報を発信したりポジティブなイメージを広めることが求められますが、そのためには効果的で斬新な企画を生み出す発想力も必要になってきます。

真面目でありながらも頭が柔らかく、柔軟な発想にもとづいて企画ができれば広報に向いていると言えるでしょう。

広報の仕事に向いている人の特徴3:客観的に物事を考えられる人

広報の仕事に向いている人の特徴のひとつとして、客観的に物事を考えられるということも挙げられます。

消費者や大衆の心をどうすれば掴むことができるのかを客観的かつ冷静に考えながら広報を行わなければ、どんなに斬新な企画を生み出し実践したところで、効果は得られないからです。

そのため、常に仕事を自省的に見ながらも複眼的かつ客観的な視点で物事を考えられる能力が必要になってきます。

広報の仕事に向いていない人の特徴3つ

広報の仕事に向いている人もいれば、残念ながら適性がない人もいます。広報の仕事に憧れや強い興味を持っていたとしても、適性がなければあまりおすすめできないと言えるでしょう。

では、そもそも広報の仕事に向かない人とは具体的にどのような人物像なのでしょうか。ここからは、広報の仕事に適性のない人の特徴について詳しくチェックしていきましょう。

広報の仕事に向いていない人の特徴1:対人が苦手な人

広報の仕事に向かない人の特徴としてまず知っておきたいのが、対人スキルがないということです。

広報の仕事はメディア関係者や世間の人々、顧客、あるいは自社の社員など常に人を相手にするものですので、対人スキルがなければこなすことはできません。

人見知りであったり、人と良好な関係が築けない人は残念ながら広報の仕事の適性はないと言えるでしょう。

広報の仕事に向いていない人の特徴2:豊かな発想ができるが飽きやすい人

豊かな発想はできるけれど飽きやすいということも、広報の仕事に向いていない人の特徴でしょう。

広報の仕事はすぐにわかりやすい結果が出るわけではなく、長期的な視点に立って粘り強く活動をしなければならないため、飽き性な人やすぐに結果を求める人には向いていません。

発想力が豊富でも飽き性な人は、広報の仕事よりも企画や開発の仕事のほうが向いているでしょう。

広報の仕事に向いていない人の特徴3:孤独に弱い人

広報の仕事に向いていない人の特徴として、孤独に弱いということも含まれます。

大企業であっても広報担当者は少数であることがほとんどであり、基本的にはチームプレーよりも個人プレーで仕事をするのがほとんどだからです。

プレス対応を行う広報担当者を見ると一見華やかな仕事のように思えますが、実は孤独な面も大きいため、孤独に強く一人でも自律的に行動できる人でなければ適性はありません。

広報の仕事に活かせるスキル3つ

では、どのようなスキルを持っていれば広報の仕事を上手くこなせるようになるのでしょうか。

ここからは広報の仕事に活かせるおすすめのスキルをご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

広報の仕事に活かせるスキル1:パソコンスキル

広報の仕事に活かせるスキルとしてまず挙げられるのが、パソコンスキルです。

プレス対応にせよ自社広報にせよ、パソコンがなければ広報の仕事はこなすことができないからです。

WordやExcel、PowerPointなどのスキルが高くあることが求められるでしょう。

広報の仕事に活かせるスキル2:対応力

対応力の高さも、広報の仕事に活かせるスキルのひとつに数えられます。

SNSで炎上するなど危機的な状況に陥った時でも、広報は臨機応変かつ柔軟な対応をすることが求められるからです。

そのため、常に冷静沈着で物事を合理的に判断できる能力も必要になるでしょう。

広報の仕事に活かせるスキル3:コミュニケーション能力

広報の仕事で強みになるスキルとして、コミュニケーション能力も挙げられます。

広報の仕事は常に人を相手にしているため、高いコミュニケーション能力と人の感情を分析する洞察力も必要になってくるでしょう。

広報は企業の縁の下の力持ち

広報の仕事ってどんなことするの?向いてる人・向いていない人の特徴3つ
今回は広報の仕事について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

広報は正確でポジティブなイメージや情報を発信することで自社のブランディングや成長を支える、縁の下の力持ち的存在だと言えるでしょう。

広報の仕事に興味のある方は、その業務内容や適性についてよく検討した上で、ぜひチャレンジしてみてはどうでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related