Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月07日

引き抜きにあったらどうする?引き抜きにあったときの対処法3つを解説

他の企業から引き抜きのオファーを受けた時、多くの人は「自分を評価してくれている」と嬉しく感じるものでしょう。ですが、引き抜きにはメリットもあればデメリットもあります。この記事では引き抜きにあった時の対処法についてご紹介しているのでぜひご覧ください。

引き抜きにあったらどうする?引き抜きにあったときの対処法3つを解説

引き抜きによる転職事情

他の企業から引き抜きのオファーを受けると、誰しも「自分を高く評価してくれているのだな」と嬉しく感じるものでしょう。

ですが、引き抜きにはメリットもあればデメリットもありますので、安易にその話に飛びついてしまうのはややリスクが高いと言えるでしょう。

ただ、引き抜きを受けて実際に転職をする人が一定数いるのもまた事実です。ここではまず、引き抜きによる転職事情について簡単に見ていきましょう。

引き抜きによる転職は違法か?

そもそも、引き抜きによる転職は違法なのでしょうか。

日本国憲法によって職業選択の自由が国民一人一人に基本的な権利として保障されているため、引き抜きを受けて転職をしたとしてもそれは労働者としての自由意思として尊重されるべきであり、決して違法ではありません。

ただ、今まで自分を育ててくれた職場を捨ててライバル企業の引き抜きを受けるという場合は、道徳的に批判を受けやすいことは確かでしょう。

ヘッドハンティングとの違い

引き抜きとヘッドハンティングを同じものとして混同してしまう人もいますが、両者は似て非なるものです。

引き抜きは普通の平社員に対しても行われるのに対して、ヘッドハンティングは「ヘッド」という言葉から分かるように、幹部職を対象とするよりハイレベルなスカウトになります。

そのため、両者を混同してしまわないように気を付けたいところでしょう。

引き抜きでの転職のメリット3つ

引き抜きのオファーを受けるかどうか迷っているというビジネスパーソンもおられることでしょう。

では、もしも引き抜きのオファーを受け入れた場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここではまず、引き抜きを受けて転職した場合のメリットを3つピックアップしてご紹介していきます。引き抜きを受けるかどうかを決める際のひとつの参考としてぜひご覧になってみてください。

引き抜きでの転職のメリット1:収入が増加する

引き抜きを受けて転職をするメリットとしてまずご紹介したいのが、収入がアップするということです。

引き抜きを受けてもらえるように、引き抜きをオファーする企業は今の職場よりも高い給与を条件として提示するはずですので、引き抜きで転職をすれば今よりも収入アップが見込めるでしょう。

収入がアップすれば生活に余裕もでき、また貯蓄も増えるため将来に関する見通しも明るくなるはずです。

引き抜きでの転職のメリット2:キャリアアップできる

キャリアアップできるというのも、引き抜きで転職した場合のメリットのひとつとして挙げられるでしょう。

引き抜きで転職をすると多くの場合、今の職場よりも高いポジションを提示してもらうことができるため、それによって自分の思い描いているキャリアプランの実現に一歩近づくはずです。

キャリアアップを果たせたことでより仕事への意欲が高まり、さらにキャリアアップするという好循環も夢ではありません。

引き抜きでの転職のメリット3:転職活動の手間が省ける

引き抜きでの転職のメリットのひとつとして、転職活動の手間が省けるということも挙げられます。

転職活動を在職中にしようと思うとどうしても時間的な制約があり限界を感じてしまうものですが、引き抜きで転職すれば時間も労力もストレスもかかる転職活動をする手間が省けます。

最短ルートで転職ができる上に、余計な時間やお金お使う必要もないため、転職をしたいと考えている人にとってはメリットが大きいはずです。

引き抜きでの転職のデメリット3つ

以上では、引き抜きで転職をした場合のメリットをご紹介してきました。

このようなメリットを見ると「引き抜きで転職をすれば幸せな生活が待っている」と思ってしまいがちですが、必ずしもそうではないことにも注意が必要です。

ここからは引き抜きでの転職のデメリットをご紹介していきますので、引き抜きでの転職に夢を見すぎてしまわないよう、ぜひチェックしてみてください。

引き抜きでの転職のデメリット1:期待値が大きくなる

引き抜きでの転職のデメリットとしてまず知っておきたいのが、期待値が大きくなるということです。

引き抜きをされたということはそれだけ優秀な人材であると周囲から高く期待されるため、「期待を裏切ってはいけない」というプレッシャーやストレスに押しつぶされ、仕事のパフォーマンスがかえって低下してしまう人も少なくありません。

引き抜きでの転職のデメリット2:条件の相違

条件の相違が往々にしてあり得るというのも、引き抜きでの転職のデメリットのひとつとして数えられるでしょう。

引き抜きを行う際に、企業の中には優秀な人材を確保したいという思いから実際の条件よりもずっと好条件を提示しようとするところもあるからです。

好条件に魅力を感じて引き抜きを受けることを決心したものの、実際に転職をしてみると最初聞いていた条件と全く違ったというケースもあります。

引き抜きでの転職のデメリット3:人間関係のリスク

引き抜きでの転職のデメリットのひとつとしてご紹介したいのが、人間関係のトラブルが生じ得るということです。

ライバル企業に転職したことで前の職場の人との関係が険悪になってしまったり、あるいは「優秀な人材がやってきた」と転職先の職場の同期から一方的にライバル視されることもあり得るでしょう。

引き抜きに合った時の対処法3つ

もしも他の企業から引き抜きのオファーを受けた時、どのように対処するのがよいのでしょうか。

ここからは引き抜きにあった時の対処法を3つピックアップしてご紹介していきますので、現在進行形で引き抜きの誘いを受けているという方はぜひ参考になさってみてください。

引き抜きに合った時の対処法1:相手が提示した条件を熟考する

引き抜きにあった時の対処法として最も重要なのは、相手が提示した条件を熟考するということです。

本当に自分にとってよい条件であるのか、長期的な視点で見た時にその条件は自分のキャリアにとってプラスになるのかをよく考えてみてください。

引き抜きに合った時の対処法2:見送りの形をとる

見送りの形をとるというのも、引き抜きにあった時の対処法のひとつとして挙げられるでしょう。

引き抜きで提示された条件があまり魅力的でないと感じられたならば、きっぱりと断るのではなく、「今回はオファーを見送らせていただきたい」と婉曲的に断るのがビジネスパーソンとしてのたしなみです。

引き抜きに合った時の対処法3:転職エージェントに相談する

引き抜きにあった時の対処法として、転職エージェントに相談して客観的な意見を聞くということもおすすめです。

転職エージェントのキャリアアドバイザーに、今の職場の条件と引き抜きを受けている職場の条件などを比較してもらったり、引き抜きを受けるべきかどうかを相談することで、的確なアドバイスを得ることができるでしょう。

引き抜きにあってもすぐに食いつかないこと

引き抜きにあったらどうする?引き抜きにあったときの対処法3つを解説
今回は引き抜きにあった場合の注意点や対処法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

好条件を提示されると思わず引き抜きの誘いに飛びつきたくなるものですが、その条件が転職後もきちんと遵守されるのか、また自分にとって本当にプラスになる誘いであるのかをよく熟考することが大切です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related