Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界6選|きついときの対処法4選

営業、販売職に現在就いてノルマがきついと感じている人はいます。そんな方は必見です。乗り越えられる対処法を紹介します。また、これから営業、販売職に就く方は、こんな対処法があるんだと、知っているだけでプラスになる情報となっています。

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界6選|きついときの対処法4選

ノルマが課される仕事は多い

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界6選|きついときの対処法4選
みなさんはノルマと聞いてどんなイメージを想像しますか。きっと多くの方がノルマに関してすぐに頭に抱くイメージは、「きつい」と思うことでしょう。

ノルマを課される仕事は世の中に非常に多いです。その業界や、きついといわれる原因は何なのかをそれぞれみていきましょう。

ノルマが課されるのはなぜか

ノルマが課されるのは会社が業績を上げ、収益をあげ、株主に配当をしたり、そして従業員に給料を払わないとけないからです。会社と考えるピンとこないでしょう。これをあなた家計に考えください。家賃や住宅ローン、光熱費、通信費そして食費と、かかる経費があります。

あなたが収入が無かったらどうしますか。これと一緒で会社も最低限の収入を得ないといけませんので、ノルマを設定します。

特に営業職や販売職はノルマがきつい傾向に

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界6選|きついときの対処法4選
特に営業職や販売職は、ノルマがきつい傾向にあると言われています。どうして営業職や販売職のノルマがきついと感じるのでしょうか。いろいろな理由が挙げられますが、共通することはプレッシャーを感じてしまうからではないでしょうか。

ノルマは個人により成長してほしいという会社の願いや持ちも込められており、少し高めに設定されること多いです。

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界6選

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界6選|きついときの対処法4選
営業マンにとって、ノルマはきついと感じることは仕方がありません。なかば諦めて受け入れることも、時には必要です。

とは言いましても、できればノルマがきつい職種は避けたいと思うことでしょう。ここでは、ノルマがきついといわれる業界6選と題しまして、それぞれ紹介していきます。

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界1:金融

営業、販売でノルマがきついといわれる業界1つ目は金融です。金融業界といっても銀行、証券、カード、ローンと多く存在します。

共通していることは、お金を扱うこうとです。お金を扱うのでとても慎重でシビアになります。金融業界は離職率が高いのできついというイメージにつながっているのでしょう。

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界2:商社

営業、販売でノルマがきついといわれる業界2つ目は、商社です。商社は、メーカー(生産者)とユーザー(消費者)の板挟みになってしまいます。お互いの意見を聞き、納得をさせないといけません。

どちらか一方が納得しなかったり、お宅には頼まないと、言われた時点でそこで売り上げはゼロとなります。板挟みになるのできついと言われています。

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界3:人材

営業、販売でノルマがきついといわれる業界3つ目は、人材です。人材の営業は企業のニーズに答えないといけません。ニーズに合った人材を探すことはとても大変な苦労がいります。

また、同じ業種が多いので、仕事の取り合いが生まれます。競合も多いので人材の営業はノルマがきついイメージが定着しています。

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界4:出版

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界6選|きついときの対処法4選
営業、販売でノルマがきついといわれる業界4つ目は、出版です。出版社の営業とは、発行する雑誌やフリーペーパーに広告出稿を依頼する仕事です。

広告と言っても種類はたくさんありますし、載せる媒体によっても異なります。広告の出稿が決まったら、クライアントのニーズに答えるべく掲載内容を検討する作業になります。

しかし、営業時には話を聞いてくれることすら難しいので、ノルマがきついと感じることでしょう。

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界5:アパレル

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界6選|きついときの対処法4選
営業、販売でノルマがきついといわれる業界5つ目は、アパレルです。

きつい理由の中で一番は時間の束縛が長いということが挙げられます。会社によっては繁忙期には時間外労働・サービス残業が発生する可能性があります。

個人でのノルマはありませんが、店舗での販売ノルマが課せられます。自分の頑張りだけでは達成できないこともあるため、きつい業界に感じる方もいらっしゃいます。

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界6:保険

販売でノルマがきついといわれる業界6つ目は、保険です。保険の営業は新規開拓が多いのでその顧客を取ることが難しいと言われています。

電話でのアポ取りでは顧客リストがありますが話を聞いてくれないことが多いので、きついと感じるのではないでしょうか。

ノルマがきついときの対処法4選

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界6選|きついときの対処法4選
営業、販売職においてノルマがあるのは、もはや当たり前です。きついと感じてしまうのは、対処法を知らないからです。

人は知らないことを不安と感じたり、きついと感じてしまいます。そのため対処法を知ってしまえば乗り切ることができます。

多くの対処法があるなかで4つをピックアップしましたので、覚えておきましょう。

ノルマがきついときの対処法1:そもそもの目標設定を見直す

ノルマがきついときの対処法その1は、そもそもの目標設定を見直すことです。例えば、自分の能力が10なのに14・15と設定する方も中にはいます。

しかし、目標値を高くしてしまうと自分で自分の首を絞める結果となります。自分の立場や能力などをしっかり把握をして、再度目標設定を考えてみましょう。

ノルマがきついときの対処法2:人脈をフル活用する

ノルマがきついときの対処法その2は、人脈をフル活用することです。一人で悩んでいても仕方がありません。例えば、○○会社に飛び込み営業をしたとします。最初の関門は受付ですが、面会のアポがないと門前払いにされてしまいます。

そのため事前に上司や同僚、得意先の方へ連絡をとります。中には、担当者と名刺交換をしている人もいるので、相談してみて下さい。ただ、自分が困ったときだけ頼るの避けましょう。

ノルマがきついときの対処法3:転職を検討する

ノルマがきついときの対処法その3は、転職を検討するです。会社にあなたが居なくても、仕事は回ります。世の中見渡せば多くの仕事がありますので、ノルマがきついと悩んでいるのであれば、転職も視野に入れて考えて下さい。

どうしても営業職がやりたいのであれば、会社を変えてみるのも一つの手段です。扱う商材によっては売り上げを伸ばすことができる可能性もありますので、少し視野を広げてみてはいかがでしょうか。

ノルマがきついときの対処法4:営業職以外の職種を検討する

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界6選|きついときの対処法4選
ノルマがきついときの対処法その4は、営業職以外の職種を検討するです。営業職を選んだ時を思いだして下さい。そもそもこの仕事がやりたかったのですか。中には仕方なくこの仕事を選らんだという方もいるでしょう。本当にやりたい仕事だったのかを自分自身に問いかけて下さい。

ノルマがきついから、耐えられないという方は、違う職種を探してみることをおすすめします。

ノルマがきついと感じたら対処法を実践しよう

【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界6選|きついときの対処法4選
【営業・販売】ノルマがきついといわれる業界について紹介してきました。ノルマがきついと感じる時もありますが道は一つではありません。

思いつめて悩んでしまったら、少しだけ視野を広げ深呼吸をし、対処法を実践してみましょう。

Related