Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

長時間労働のメリットやデメリット|おすすめの転職エージェント10選

短期間であれば長時間労働をすることで得られるメリットもありますが、長期の長時間労働はデメリットが多くなります。なので、長期の長時間労働は避けることが望ましく、長時間労働をするにしても、そのメリットとデメリットの両方は把握しておく必要があります。

長時間労働のメリットやデメリット|おすすめの転職エージェント10選

長時間労働とは?

長時間労働のメリットやデメリット|おすすめの転職エージェント10選
残業などによる長時間労働が社会的問題となっています。本来であれば、法律によって労働時間の条件は決められていますが、雇用主がその法律を破ったり、法律の隙間をうまく利用して、労働者に長時間労働をさせることがあります。

ですが、短期間であれば、長時間労働で得られるメリットもあります。そのため、長時間労働をうまく活用している人もいます。ただし、当然ながら長時間労働にはデメリットもあるので注意が必要です。

長時間労働のメリット2つ

長時間労働のメリットやデメリット|おすすめの転職エージェント10選
基本的に長時間労働はさけることが望ましいです。しかし、上記で述べて通り、長時間労働をすることで得られるメリットもあります。

なので、体調を崩してしまうほどの長期間の長時間労働をしてはいけませんが、法律で決められた範囲の時間を超えないようにして、短期間で集中して仕事をするという点では仕事の仕方の1つとして行っても良いでしょう。

長時間労働のメリット1:スケジュールに余裕が出る

仕事では不測の事態が起こることもよくあります。そのため、決められた期間内で仕事が終わるようにスケジュールを組んでいると、急に別の対応をしなくてはいけなくなり、その対応によって仕事が忙しくなってしまうことがあります。

ですが、長時間労働をすることで、まとまった量の仕事を済ませることができます。先に多くの仕事を済ませておくことで、その後のスクジュールにゆとりを作っておくことができます。

長時間労働のメリット2:残業代が増える

長時間労働をするということは、1日の労働時間を増やすということになります。なので、長時間労働では残業をするということになる場合も多いです。もし、残業によって労働時間を増やす場合には、残業代がつきます。そのため、長時間労働をした月の給与も増えることになります。

長時間労働をしなければならないことになっても、その後にしっかりと休みを取ることができ、給与が増えるのであれば納得できるという人もいます。

長時間労働のデメリット6つ

長時間労働のメリットやデメリット|おすすめの転職エージェント10選
長時間労働をすることで、先にまとまった量の仕事を済ませることができたり、残業代によって給与が増えるなどのメリットを得ることができます。

しかし、基本的には長時間労働はしなくても良いのであれば、無理にしない方が望ましいです。長時間労働にはメリットもありますが、デメリットも多くあるためです。

なので、長時間労働のメリット活かすためには、デメリットも把握して、そのデメリットへの対処を徹底する必要があります。

長時間労働のデメリット1:プライベートの時間が作れない

長時間労働をすると仕事をしている時間がそれだけ長くなり、プライベートの時間が確保できないというデメリットが発生します。プライベートの時間がないと、ストレスを発散したり、体を休めたりなど、体調のメンテナンスができないというデメリットが発生します。

また、家事などのような必ずプライベートでしなければならないことの時間も圧迫するため、プライベートの時間ができても休めないという状況になることもあります。

長時間労働のデメリット2:やる気の低下につながる

長時間労働のメリットやデメリット|おすすめの転職エージェント10選
長時間労働では、仕事を中断する回数が少なくなるため、集中して効率良く仕事を進めることができるというメリットもあります。

しかし、あまりに長時間労働をする期間が長くなってくると、体の方が疲弊してきます。体が疲弊してくると、体調を崩してしまったり、気分が落ちてきてしまったりなどすることがあります。

さらに、仕事を続けることで、仕事に対する意欲も落ちていき、仕事が辛いと感じるようになってしまいます。

長時間労働のデメリット3:体調を崩しやすくなる

上記で述べた通り、長時間労働を長い期間続けてしまうと、体の方が疲弊してしまいます。体が疲れた状態のままでいると、当然ながら体調を崩しやすくなります。

体調を崩してしまう前には仕事の効率や質が大きく落ちることになり、体調を完全に崩してしまうと、全く仕事ができない状況となってしまいます。

なので、短期間の長時間労働は仕事の効率を上げることもありますが、長期間の長時間労働は逆に非効率となることもあります。

長時間労働のデメリット4:有給が取りづらい

長時間労働のメリットやデメリット|おすすめの転職エージェント10選
仕事の量が多く長時間労働が慢性化してしまっている人もいます。仕事量が多いことで体が疲弊してしまうこともあります。そのような場合には有給などもうまく使って体を休める必要があります。

しかし、常に長時間労働が必要なほど仕事量がある人は、1日でも休んでしまうと、休んでいるうちにまた仕事が溜まってしまうため、有給を取りづらいと思ってしまいます。

長時間労働のデメリット5:仕事を辞めたくなる原因になる

長時間労働が長期化すると、心身ともに疲弊しきってしまうこともあります。すると、仕事に行くことが辛いと感じるようになり、仕事を辞めたいと考えるようになることもあります。

このような形で仕事をやめでしまうと、そのような仕事に対しても不安を感じるようになてしまうことがあるため、転職しても仕事に対する不安が消えないということになってしまう可能性が合ったり、働けなくなってしまったりなどすることがあります。

長時間労働のデメリット6:生産性が落ちる

長時間労働のメリットやデメリット|おすすめの転職エージェント10選
先に述べた通り、短期間の長時間労働は仕事の効率を上げることもありますが、長期間の長時間労働は仕事の効率を落としてしまうというデメリットがあります。

また、長期間の労働で体が疲弊することで、仕事の質を落としてしまったり、ミスを発生させる原因となってしまうこともあります。

そのため、仕事効率を上げる目的で長時間労働を行っているつもりが逆効果となってしまっていることもあります。

長時間労働をなくすためのおすすめ転職エージェント10選

長時間労働のメリットやデメリット|おすすめの転職エージェント10選
長時間労働に耐えきれず、転職を決断する人もいます。転職活動では転職エージェントを利用する人が増えてきています。しかし、転職エージェントにはいくつも種類があり、それぞれ持っている特徴が異なります。

そのため、長時間労働のデメリットから抜け出すための転職であれば、その条件を満たしてくれる企業を見つけることができるような特徴を持った転職エージェントを利用する必要があります。

長時間労働をなくすためのおすすめ転職エージェント1:マイナビエージェント

ブランド力認知度が非常に高いことから、就職活動や転職活動ではマイナビやマイナビ転職にひとまず登録するという人は多いです。また同様の理由から転職エージェントも、ひとまずマイナビエージェントを選ぶという人は多いです。

マイナビエージェントには多くの企業情報が集まっていて、企業のこともよく把握しています。なので、長時間労働のデメリットが少ない企業を希望していることを伝えれば、適切に対応してくれるでしょう。

長時間労働をなくすためのおすすめ転職エージェント2:JACリクルートメント

JACリクルートメントは大手3大エージェントの1つで、ハイクラス転職に特化した転職エージェントです。JACリクルートメントの持つ大きな特徴として、アドバイザーは求職者側と企業側の両方を担当します。

そのため、アドバイザーは企業のことをよく把握しているため、長時間労働のデメリットを避けたいと相談すれば、適切な企業を紹介してもらえるでしょう。

長時間労働をなくすためのおすすめ転職エージェント3:リクルートエージェント

就職活動や転職活動を始める際には、求人情報の数の多さや、ブランド力、認知度などから、ひとまずリクナビやリクナビNEXTに登録するという人は多いです。

また、同様の理由から、転職エージェントも、ひとまずリクルートエージェントを選ぶという人も多いです。リクルートエージェントにも多く実績があるため、長時間労働のデメリットが少ない企業を希望していることを伝えれば、適切に対応してくれるでしょう。

長時間労働をなくすためのおすすめ転職エージェント4:ビズリーチ

長時間労働のメリットやデメリット|おすすめの転職エージェント10選
ビズリーチはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は高いです。ビズリーチの大きな特徴としては、ハイクラス転職に特化しているということです。

ハイクラス転職では、求職者側も企業側も難易度の高い条件を求めるため、なかなかうまく転職ができないというデメリットがあります。しかし、ビズリーチではそのデメリットをうまく解決して、ハイクラス転職を成功させてくれます。

長時間労働をなくすためのおすすめ転職エージェント5:パソナキャリア

パソナキャリアは求人情報の取り扱い数が業界でもトップクラスで、キャリアアドバイザーも高い専門性を持っているため、人気のある転職エージェントとなります。

パソナキャリアはもとは派遣事業をメインとしていました。そのため、長時間労働のデメリットについてもよく把握しています。なので、長時間労働のデメリットが少ない企業を希望していることを相談しておけば、適切な企業とマッチングを行ってもらえます。

長時間労働をなくすためのおすすめ転職エージェント6:doda

長時間労働のメリットやデメリット|おすすめの転職エージェント10選
DODAビズリーチと同様に、テレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は非常に高いです。転職エージェントとしても、大手3大エージェントのうちの1つとなっていて、取り扱っている求人数が非常に多いです。

さらに、DODAでは転職活動をする女性のサポートに力を入れていることもあります。なので、長時間労働のデメリットを避けたい女性におすすめの転職w−ジェントです。

長時間労働をなくすためのおすすめ転職エージェント7:ワークポート

ワークポートはIT、Web、ゲーム業界に特化した転職エージェントです。これらの業界は長時間労働となりやすいです。しかし、ワークポートはこれらの業界の特化しているため、長時間労働のデメリットを避けたいとアドバイザーに相談すれば的確な対処をしてくれます。

ただし、これらの業界で働く場合には完全に長時間労働がないということは難しい場合もあります。

長時間労働をなくすためのおすすめ転職エージェント8:Spring転職エージェント

長時間労働のメリットやデメリット|おすすめの転職エージェント10選
Spring転職エージェントはアデコ株式会社が運営する転職エージェントです。その規模は大きく、世界最大級の転職エージェントとなっており、世界25カ国に71のオフィスを構えて、1,000人以上のコンサルタントを抱えています。

Spring転職エージェントでは国籍、性別、年齢などの枠にとらわれず、幅広い条件で転職活動をサポートしてもらうことができます。

長時間労働をなくすためのおすすめ転職エージェント9:ハタラクティブ

ハタラクティブは若い世代に特化した就職支援サイトです。また、若い世代だけでなく、フリーターや既卒、第二新卒などの就職支援にも力を入れています。

長時間労働が原因で退職をしてしまった若い世代は、その後に仕事に対する不安を持ってしまう場合もあります。なので、そのような場合にはハタラクティブのような若い世代に特化したサイトやエージェントを利用してみましょう。

長時間労働をなくすためのおすすめ転職エージェント10:ロバートウォルターズ

ロバート・ウォルターズは外資系企業へのハイクラス転職に特化した転職エージェントです。また、英語が使える人材に特化した転職エージェントでもあります。なので、英語を活かした転職をしたいという人におすすめです。

逆に、どれだけ高い能力や実績があっても、英語ができないということで、紹介してもらえる企業が少なくなってしまうというデメリットもあります。

長時間労働のデメリット面に注意しよう

長時間労働のメリットやデメリット|おすすめの転職エージェント10選
短期間であれば長時間労働をすることで得られるメリットもありますが、長期の長時間労働はデメリットが多くなります。そのため、長時間労働はメリットとデメリットの両方を把握して、デメリットの多い長時間労働の長期化は避けるようにしましょう。

Related