Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月13日

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選

皆さんこんにちは、今回は「残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選」と題し、「残業がつらい時の対処法11コ」をピックアップし、その具体的な際に方法やコツに加え、おすすめの転職エージェント10選をご紹介します。ぜひご参考下さい。

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選

「残業がつらい」と感じた時はどうすればいい?

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選
残業というのはどのような企業でも少なからず課されるもので、あまりに多いノルマをその際に課された場合、誰でも「残業がつらい」となってしまいます。そんなつらい残業を上手く回避する方法は、個別に分かれる形でいくらでも用意されています。

・仕事とプライベートをきっちり分けること
・あまりに理不尽な残業を課す企業は即辞める
・転職を考える


まずはこの3点を念頭に置き、自分の保身に努めてみましょう。

残業がつらい時の対処法11コ

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選
さてここからは「残業がつらい時の対処法11コ」と題し、残業がどうしてもつらいとなった場合の対処法を11コの形でご紹介していきます。残業というのはどんな企業でも(誰に対しても)課されるものであるため、なるべき早期に対処法を考えておきましょう。

残業を回避するために有効な手段の1つが「転職」で、この転職によって「自分の理想にぴったり合う企業」への転身を心がけておき、自分のための保身を想定しましょう。

残業がつらい時の対処法1:業務のフローを見直す

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選
最初に「自分が受け持っている業務のフローを見直す」ということが大切です。その残業は本当に必要なものなのかどうかを、企業側からの判断ではなく自分で判断し、少しでも理不尽な過程・不要と考えられる作業ノルマがあれば、その点を主張しましょう。

残業がつらい理由はこのような「不要なノルマを一度に(企業の方針だけによって)課される点」に見られることが多く、その一々を合理的に見れば、不要な点はすぐ見付かります。

残業がつらい時の対処法2:仕事を効率化させる

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選
これも先述の「業務のフローを見直す方法」に関連する内容になります。自分が企業から課されているその仕事の効率化を図ることによって、不合理な点・つらいノルマ達成、さらに不要と考えられる不条理な仕事内容をすべて省ける場合が出てきます。

この場合も「しなくてもいい仕事」をせず、本当に自分に課された仕事のみを達成するという作業によって、つらい残業を回避するという基本的な所作になります。

残業がつらい時の対処法3:毎日のKPIを作る

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選
この「KPI」というのは「key performance indicator」の略称であり、いわゆる「企業目標を達成させるために掲げられる、一定の評価基準を定めた主要業績評価指標」を指しています。

つまり、その企業が目標にしている事業プランの見直しを図る上で、自分がその企業から課されているノルマ達成における内訳が「本当に必要なのか・重要なのか」を問う形になり、それによって不要な点が出ればそれを省きます。

残業がつらい時の対処法4:本当に残業する必要があるのかを考える

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選
次の日に持ち越せる仕事でも「残業」という形で業務が課される場合や、(この場合も)しなくてもノルマ達成のための作業を延々課され続けることなどを含め、自分がするべき仕事内容にその(課された)作業内容が本当に必要かどうかを確認しましょう。

ムダに残業させている企業も中には見られ、その場合は企業側としても「残業の必要性」があまり見えていない場合もあります。残業がつらい場合、その点を先に考慮しましょう。

残業がつらい時の対処法5:リフレッシュする

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選
どうしてもしなければならない残業の場合、やはりある程度リフレッシュして心機一転し、もう一度仕事に取り組む覇気を養っておく必要があるでしょう。いわゆる気分転換の類になりますが、仕事を延々し続けていくと、誰でもつらい状態になります。

気分が煮詰まってくると、普段できていた仕事もできなくなることがあるため、かえって効率が悪く場合があり、その点を上手く調整していくことが大切になるでしょう。

残業がつらい時の対処法6:美味しいものを食べる

食は健康の元、という言葉もあるように、美味しい物・好物を食べて元気をつけることによって、仕事もかなり捗ることが実際にあります。この場合も大きく見れば気分転換の類に含まれることがありますが、心身的に元気づけるという点ではその効果は大となります。

残業がつらい時の対処法7:人と話して気分転換をする

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選
気分転換の効果はかなり大きなもので、特に仕事がマンネリ化してきた時、残業でつらい想いをしている時などを含め、気分転換を上手く取り入れ、英気を養っておくことが重要になるでしょう。

仕事が捗る基本的な土台設計にもなり、さらに残業を早く終わらせることでつらいノルマも難無くこなすことができ、その作業達成への評価も普通に得られることがあります。気分転換はやはりとても大切です。

残業がつらい時の対処法8:残業時間を減らす

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選
これは主にフリーランス制の会社などでよくある例ですが、そうした企業が課す残業の場合、その残業時間をあるていど自分で決めることができます。また外資系企業に勤める場合でもこの点は似ており、残業時間を減らすことでつらい労働も回避できるでしょう。

そもそも外資系企業に勤める場合には「残業」という概念が希薄なためあまり評価されませんが、日系企業の場合では残業時間の緩和がとても大切な項目になります。

残業がつらい時の対処法9:ゆっくり休む

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選
仕事を延々続け、残業した後には、心身をリラックスさせるためにも「ゆっくり骨休めする」という、自分へのご褒美の時間が大切です。つらい残業の場合はなおさら自分を褒めてあげて、そんな自分の気力を回復させられる環境設定をしておきましょう。

仕事は連日のものとなるため、あるていど自分で残業への対処の仕方を工夫しなければなりません。つらい残業も、その対処の仕方次第でいくらか緩和させられます。

残業がつらい時の対処法10:部署移動などの打診を行う

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選
あまりにつらい残業が連日連夜続くようであれば(そのように気持ち的に感じられるなら)、その職場の仕事方針、作業ノルマと自分のスキル(キャパシティ)が、まったく合っていない可能性も考えられます。

そんな場合はできるだけ早めに部署異動の打診をしておき、その職場から転属する旨をはっきり企業側へ伝えておくことが必要になるでしょう。いつまでもつらい残業に耐える必要はありません。

残業がつらい時の対処法11:どうしてもの時は転職を考える

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選
これはいわゆる最終手段になりますが、あまりにつらい残業が続く上で、部署異動も受け付けてもらえず、また異動した後でもつらい残業が同じように課される場合には、その企業自体とあなたのスキルとが見合っていない可能性が高くなってきます。

そんな場合は即刻「自分に見合った別の転職先」を探しておき、いつでもその職先へ移れるよう配慮しておきましょう。その時点で、企業側が規制を緩和させる場合もあります。

仕事がつらいと感じた時に活用したいおすすめの転職エージェント10選

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選
さてここからは「仕事がつらいと感じた時に活用したいおすすめの転職エージェント10選」と題して、実際に残業がつらい場合にすぐ役立ってくれる「おすすめの転職エージェント」をご紹介していきます。

転職エージェントの魅力は「求職者にとって理想的な環境を設けてくれる職先を見付け、その企業からの内定を確実に得ること」にあります。

仕事がつらいと感じた時に活用したいおすすめの転職エージェント1:マイナビエージェント

マイナビエージェントの特典は「求職者にとっての信頼・満足度」がかなり高い点で、転職後のアフターフォローにも非常に優れ、転職後の定着率にかなりの功績・実績がある点に見られ、理想的な転職エージェントとなります。

つらい残業がない企業を目指して転職する場合でも、そのための企業研究が十分できる環境が与え、自己能力の可能性をさらにアップさせてくれる点が魅力でしょう。

仕事がつらいと感じた時に活用したいおすすめの転職エージェント2:JACリクルートメント

一流企業・中小企業を問わず、各提携企業との密接な協働によって信頼実績を積み、多くの求職者から信頼を得ている「JACリクルートメント」です。残業がつらいという理由で転職する場合でも、その状況を回避させてくれる斡旋がなされるでしょう。

さまざまな職種における求人情報が豊富であり、求職者の理想に見合わせた転職斡旋が充実し、誰にとってもそのニーズを満たすことができる程、そのサポート力は高いです。

仕事がつらいと感じた時に活用したいおすすめの転職エージェント3:リクルートエージェント

リクルートエージェントの魅力は「求人情報がかなり充実している点」と「サポート力の高さ」で、転職する場合に必要な能力・スキルを伝え、その求職者にとって理想的な職先を見付けてくれる点に見られます。

残業がつらいという理由で転職する場合でも、その転職に必要なハウツーをしっかり教えてくれ、その転職先で必須となるスキルアップの環境を確実に伝えてくれるでしょう。

仕事がつらいと感じた時に活用したいおすすめの転職エージェント4:ビズリーチ

幅広い年齢層でも常用されている「ビズリーチ」ですが、この転職エージェントの魅力は「未経験・中途採用で転職する場合でもとても強いメリットがある点」で、転職後のキャリアアップを確約してくれるアフターフォローには優れた魅力があります。

残業がつらいという理由で転職する場合には、同じ状況にならない理想的な企業を率先して紹介してくれる上、転職後の将来設計・自己管理のための最適な方法をサポートします。

仕事がつらいと感じた時に活用したいおすすめの転職エージェント5:パソナキャリア

パソナキャリアの大きな魅力は「求職者の理想に見合わせてそのキャリアを上手く活用し、理想的な職場環境を確実に紹介してくれる点」に魅力があり、さまざまな状況から満足度の高い転職斡旋がなされます。

つらい残業を回避するための転職の場合でも、その転職回数に関係なく、実務キャリア・将来ビジョンの活用を想定し、求職者にとって理想的な職先を紹介してくれるでしょう。

仕事がつらいと感じた時に活用したいおすすめの転職エージェント6:doda

「dodaエージェント」の魅力は「求人数が充実して多いこと」と「転職アドバイザーが実力型」の点にあり、未経験・中途採用からの転職の場合をはじめ、あらゆる状況にある求職者にとってもかなり円滑な転職活動を進めてくれます。

残業につらい経験をもって転職する場合でも、かなり充実したアフターフォローが約束され、さまざまな転職先について調べる際でも十分な効果が期待できるでしょう。

仕事がつらいと感じた時に活用したいおすすめの転職エージェント7:ワークポート

ワークポートの魅力は「エリート層に比肩できるほどの転職ルート・コネが豊富にある点」で、「求人情報の掘り出し」や「サポート力の高さ」をはじめ、特定の希望職種においては貴重な情報が満載しています。

つらい残業を回避するための転職の場合でも、それぞれの求職者に最適なサポートを約束し、能力・スキルに見合った関連企業への斡旋を図ってくれるため、かなり信用・満足度の高いサポートとなるでしょう。

仕事がつらいと感じた時に活用したいおすすめの転職エージェント8:Spring転職エージェント

通常の転職においてはかなり人気の高いSpring転職エージェントです。基本的に年齢やスキルを問わず多くの求職者が集まり、自己ニーズ・理想・条件によってさまざまな職種分野に引き合わせたサポートが約束されます。

つらい残業を回避するための転職の場合でも、キャリアアップ・転職後の定着率を想定し、生活安定のためのアフターフォローに十分配慮してくれます。

仕事がつらいと感じた時に活用したいおすすめの転職エージェント9:ハタラクティブ

基本的に若年層の求職者が多いですが、ここ最近では未経験者・第二新卒者が利用する傾向が増えています。仕事とプライベートの両立・安定をメインにサポートし、理想の職種への斡旋を約束してくれる点が大きな魅力です。

さまざまな職種へ転職する場合に優れており、特に「企業側にとって即戦力となるPR作成」が魅力で、提出書類作成においても定評があります。マイペースで活用できるでしょう。

仕事がつらいと感じた時に活用したいおすすめの転職エージェント10:ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズでは日系IT企業、または外資系企業への転職斡旋、をはじめ、大企業・中小企業を問わず転職斡旋率が高く、求職者ニーズに配慮した「実務能力・面接でのハウツー」をしっかり教えてくれる点が魅力です。

つらい残業を回避するために転職する場合でも、個別スキルの発揮に重点を置き、オールラウンダーの実力をもってさまざまな職種への転職を有利にしてくれます。

残業がつらい時の対処法を活用してみよう

残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選
いかがでしたか。今回は「残業がつらい時の対処法11コ|おすすめの転職エージェント10選」と題し、「残業がつらい時の対処法11コ」をピックアップし、その具体的な際に方法やコツに加え、おすすめの転職エージェント10選をご紹介しました。

残業がつらい時の対処法にはいろいろありますが、まずはその企業と自分のキャパシティを対照させ、転職の必要があるかどうかを確認しましょう。焦らないことが大切です。

Related