Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月26日

法人営業がつらいといわれる理由9選|法人営業の現状や将来性は?

法人営業の現実はどのようになっているか、将来性はあるのかと考えることがあるでしょう。では、法人営業について役割や個人営業との違いも含めてご紹介します。さらに、法人営業がつらいといわれる理由を法人営業の仕事の種類もお伝えしますので、参考にしてみてください。

法人営業がつらいといわれる理由9選|法人営業の現状や将来性は?

法人営業の現状

法人営業がつらいといわれる理由9選|法人営業の現状や将来性は?
法人営業の現状は、やるべき仕事が山積みでつらいという営業マンが多くいます。売上げ・利益を高めるために新規開拓の営業でアポを取ることが大事ですが、なかなか成果につなげられません。

手厚く顧客をフォローしても高い購買率を持続する保証はなく、既存顧客は減少傾向にあり、売上げも低迷している状態です。

売上げ予算を上手く達成するには減少分を増やすため営業に専念し、今以上に新規開拓を行うことが求められています。

法人営業の将来性

法人営業のニーズは上昇傾向にありますので、IT業界などニーズの高い業界でミドルから若手まで活躍できるチャンスがあります。

人手不足の不動産業界は業務拡大が見込めますし、IT業界での需要が増えているのでますます法人営業の活躍ができる場は広がるでしょう。

未経験でも営業のスキルを習得し、企業の特長や顧客の求めているもの、今のニーズを学ぶ努力をすることで法人営業マンとして活躍する場は広がります。

法人営業の役割

法人営業がつらいといわれる理由9選|法人営業の現状や将来性は?
コストや経費の計算をするのも大切な法人営業に求められる役割は、多くの企業と交渉して成約に結びつけ、企業と会社が新しい道を共に切り開いていく関係を築くことが役目となります。

人間開拓を担う営業マンは、訪問・電話・メールで買ってくれそうな顧客にアポイントを取り、オフィスソフトを使って資料や各種書類を正確に作成するのも大切な仕事です。

個人営業との違い

個人営業よりも法人営業の方が年収はかなり高いとの違いが見られます。法人営業の方が20、30万円も報酬が高い理由には、1件あたりに取り扱う金額が個人営業よりも大きいからです。

しかし、契約しやすい個人とは違い、法人営業は大手の企業との交渉になりますので、なかなか契約件数を増やせないこともあります。個人営業の方が契約数とアポ件数は多いという違いがあります。

法人営業がつらいといわれる理由9選

法人営業がつらいといわれる理由9選|法人営業の現状や将来性は?
個人営業よりも法人営業はつらいといわれることが多いですが、頑張り次第ではかなりの高収入と高待遇になるのに、どうしてつらいとのでしょうか。では、法人営業がつらいといわれる理由を9つピックアップして詳細をご紹介します。

法人営業がつらいといわれる理由1:ノルマがきつい

法人営業がつらいといわれる理由はノルマがきついからです。一つでも多くの企業からアポと契約をとらないと報酬にならない営業マンは、食べる暇も惜しんで電話をかけて交渉します。

しかし、電話を切られたり、出てもらえない時はメールを送って交渉・アポをとります。そのメールさえ読まれず、削除されてしまうとつらいですし、直接企業に出向いても話を聞いてもらえないのではさらに心身共につらいでしょう。

法人営業がつらいといわれる理由2:個人戦になりがち

法人営業がつらいといわれる理由9選|法人営業の現状や将来性は?
個人戦になりがちなのが法人営業がつらいといわれる理由です。企業に電話をかけてアポをとる時は一人で電話をかけ、メールを送信して交渉をするのも自分で内容を考えて一人でしなければなりません。

また、契約後は担当した法人営業マンが手厚くサポートすることも必要です。事務処理や書類の作成も全て個人で作業しなければならず、責任が重いのも法人営業がつらいといわれてしまう理由になります。

法人営業がつらいといわれる理由3:職場環境が会社によって大きく違う

法人営業がつらいのは職場環境が会社によって大きく違うからです。社員同士で競わせて営業ノルマを伸ばす会社もあれば、社員一人一人を大切にして尊重する職場環境に違いがあります。

ノルマが低い法人営業は何度も企業へ出向いたり、電話やメールで契約することはありません。しかし、ノルマがきつい法人営業の場合は毎日過酷な仕事となるので体力も使うからつらいでしょう。

法人営業がつらいといわれる理由4:接待が多い

法人営業がつらいといわれる理由9選|法人営業の現状や将来性は?
接待が多いところが法人営業はつらいといわれる理由です。企業と接待をして距離を縮めておくことで新たに契約を結んでくれるチャンスを掴むことができるでしょう。

そのため、契約をしてくれた企業の社員や幹部、社長を料亭に招いてご機嫌をとり、ゴルフは一日中付きっ切りで周ります。気分良くさせたり、パターやゴルフボールを用意するなどして信頼関係を築きます。

法人営業がつらいといわれる理由5:付き合いで出費がかさむ

法人営業がつらいといわれる理由9選|法人営業の現状や将来性は?
付き合いで出費がかさむのが法人営業がつらいといわれる理由です。企業相手に営業する法人営業は、会社の経費で接待するのであればまだ金銭的に負担はかかりません。

しかし、ときには個人でお金を出し、付き合いをしなければならないのは金銭的に負担がかかります。多くの契約件数がある法人営業マンは報酬が高いからまだいいですが、報酬が低い人が付き合いで出費がかさむと生活が苦しくなるのでつらいと感じてしまうでしょう。

法人営業がつらいといわれる理由6:休みの日の対応が多い

休みの日の対応が多いのが法人営業がつらいといわれる理由です。営業ノルマが著しく低い法人営業マンは、会社が休みでも出勤させられます。

急な接待を任されれば休みの日でも家を出てゴルフや食事をしながら商談をさせられることもあり、家でゆっくりと寛いでいることができません。

そうでなくても外回りや電話でのアポとり、事務的仕事、書類作成もして疲れるのに、休日も休めない法人営業はつらいと感じるでしょう。

法人営業がつらいといわれる理由7:長時間労働になりがち

法人営業がつらいといわれる理由9選|法人営業の現状や将来性は?
法人営業がつらいといわれる理由は長時間労働になりがちだからです。色々な企業相手に電話をかけて説明したり、担当者が不在であればまたかけ直していると残業になってしまいます。

また、企業に出向いては情報を伝えて交渉し、契約までこぎつけなくてはならないので移動時間がかかります。さらに、渋滞にハマって定時で会社に帰社できないときは長時間労働になることが多いでしょう。

法人営業がつらいといわれる理由8:会社の方向性に納得できないことがある

会社の方向性に納得できないことが法人営業がつらいといわれる理由です。今月はこのくらいのノルマを電話とメールで達成すると会社側に言われた時は、その方針に沿って契約に結びつけることになります。

会社の方向性に従わないとさらなるノルマを課せられ、達成しなければ給料がカットされるなど理不尽な対応をされると納得できず、前向きに仕事ができないこともあるでしょう。

法人営業がつらいといわれる理由9:給料が見合わない

給料が見合わないのが法人営業がつらいといわれる理由です。残業は長い、外回りは多いなどノルマがやたらと高いのに給料が低いのは、社員が働く意欲を無くすほど給料が見合わないと感じます。

残業しても残業代が出ないのでは働き損と強く感じれば、さらに給料が見合わないと感じる法人営業マンは多いです。

また、給料が低いのに責任だけを増やされるのは心身共に疲れ、給料が低くてやってられないと感じるでしょう。

法人営業の仕事の種類3選

法人営業がつらいといわれる理由9選|法人営業の現状や将来性は?
法人営業の仕事には、どのような種類があるのかよくわからない人も多いのではないでしょうか。もっとよく種類について学びたい人のために法人営業の仕事の種類を3つ取り上げてご紹介します。

法人営業の仕事の種類1:企画営業

企画営業も法人営業の仕事です。自分なりに仕事への工夫とアイデアを出した企画・提案は顧客を満足させるために必須の仕事内容となります。

営業という仕事で営業成績を伸ばすためにも顧客の立場になってのアイデアを考えるのは重要な仕事です。

法人営業の仕事の種類2:ルート営業

法人営業がつらいといわれる理由9選|法人営業の現状や将来性は?
法人営業の仕事の種類にはルート営業があります。ルート営業では定期的に法人顧客をまわり、営業活動を行うことが目的です。

通常ルート営業は既存顧客に挨拶回りをしたり、新規商材の提案、リプレースや更新の提案、取引先との打ち合わせをします。

法人営業の仕事の種類3:コンサルティング営業

コンサルティング営業が法人営業の仕事です。会社が抱えているのに気付かない業績・経営に悪影響を与えている要因や社員教育の仕方の問題点、職場環境など幅広い問題点を取り上げて改善策を見つけることが仕事となります。

企業の問題点を改善し、会社も社員も発展できるよう課題を的確に指摘するのもコンサルティング営業の役目です。問題解決のために役立つ自社製品やサービスを進めて、販売して解決策を提案します。

法人営業のつらい点を知り参考にしよう

法人営業がつらいといわれる理由9選|法人営業の現状や将来性は?
法人営業のつらい点を知り参考にしましょう。ノルマがきつい、個人戦になりがち、職場環境が会社によって大きく違う、接待が多いなどのつらい点を幾つかチェックして理解した上で法人営業を選ぶことが大切です。

どのような仕事かよく理解をした上で転職すれば仕事が過酷でも耐えられます。さらに、どうしたら高いノルマを達成できるか考えられる営業マンになり、仕事がつらいと感じなくなるでしょう。

Related