Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月11日

法人営業に向いている人の特徴7選|法人営業で活かせる経験とは?

法人営業に向いている人にはどんな特徴があるのか、また今までの経験の中で活かせるものはあるのか気になる方も多いのではないでしょうか。こちらの記事では、法人営業の役割や個人営業との違いなどを通して、法人営業に向いている人のタイプについてご紹介していきます。

法人営業に向いている人の特徴7選|法人営業で活かせる経験とは?

法人営業とは?

法人営業に向いている人の特徴7選|法人営業で活かせる経験とは?
法人営業とはどんな業種なのか、また個人営業と何が違うのか、気になっている方は多いのではないでしょうか。まずは法人営業の役割と、個人営業との違いをご紹介いたします。

法人営業の役割

法人営業は「企業や団体」向けの営業をします。取引先が法人なので、BtoB営業とも呼ばれています。営業による売り上げを上げることを目指すだけでなく、顧客の目的や状況についてもよく理解し最適かつ最高のサービスを提供することが、法人営業の役割にあげられるでしょう。

個人営業との違い

法人営業に向いている人の特徴7選|法人営業で活かせる経験とは?
法人営業と個人営業の大きな違いは、商談相手が異なるという点です。法人営業が企業を相手に営業を行うのに対し、個人営業は個人経営者を相手に営業を行います。

法人営業の場合、まず企業の窓口担当と商談をした後に最終的な決裁を企業の社長が行うことが多いため、契約までに時間を要します。それに対して個人営業の場合、商談相手が決裁権を持つことがほとんどなので、短い時間で契約を結ぶことが可能です。

法人営業に向いている人の特徴7選

次に、法人営業に向いている人とはどのような特徴があるのかを、大きく7つに分けてご紹介いたします。またその特徴を持っている人は法人営業にどう生かして仕事ができるかも、ぜひご覧ください。

法人営業に向いている人の特徴1:コミュニケーション能力が高い

まず、コミュニケーション能力が高い人は、法人営業に向いている人が多いでしょう。法人営業は企業や法人団体それぞれと長期的に有効な関係を築き続けることが重要なため、こういった関係作りをうまくこなせる人が好まれます。

法人営業に向いている人の特徴2:人と関わるのが好き

元々人と関わることが好きなら、営業職にはとても向いている人でしょう。多くの企業の人と出会いたいなら、法人営業はかなり有利です。特に法人営業では、企業の一担当者から始まって社長、会長などの重要な役職の人たちと実際に話ができるチャンスがある仕事です。

また、その企業とじっくり意見交換をし寄り添いプランを立てることで、顧客満足度の高い仕事をすることができるでしょう。

法人営業に向いている人の特徴3:人を喜ばせるのが好き

誰かの役に立つ仕事をしたいと考える人も、法人営業では向いている人といえます。自社のサービスを相手の企業で喜んで使ってもらうためには、実際の商談はもちろんのこと社内のミーティングやプロモーション内容に積極的に取り組む必要があります。

人を喜ばせることに仕事のやりがいを見いだせるなら、法人営業だけでなく営業職全般に向いている人といえるでしょう。

法人営業に向いている人の特徴4:チャレンジ精神が旺盛

営業の仕事は、ひとつの契約で上手くいったプランが、別の企業相手には通用しないことは多くあります。多くの視点で物事を捉え、常に斬新で鮮度の高いプランを組まなければ契約をとることは難しいでしょう。ですから、チャレンジ精神が旺盛な人はとても向いている人といえます。

また現状に満足せず、レベルの高い仕事を目指す精神を大切にする人も、営業に向いているといえるでしょう。

法人営業に向いている人の特徴5:メンタルが強い

メンタルが弱い人は、残念ながら営業職には向いている人ではありません。商談先からのクレームや新規開拓、自身の精神状態を崩す要素は数知れずあります。その中で上手く自分をコントロールして良いコンディションを保ち続けることは至難の業です。

仕事の多くは、時間をかけて練ったプランでも話すら聞いてくれないことも多いので、根気強くめげずに営業をかけることができるならばこの業種に向いている人といえるでしょう。

法人営業に向いている人の特徴6:柔軟性がある

その場の状況に臨機応変に行動できるスキルのある人は、営業職ではかなり向いている人材として重宝されます。商談先の希望に対してサービスプランを即座に組み替えたり、意見が一致しない際には時間をかけて話し合い納得できる商談にすることは、契約をとるために必要です。

ひとつでも多く契約をとりたい意志の強さと裏腹に、相手を尊重しその意見や目的にきちんと向き合える柔軟性がある人こそ、法人営業に向いている人材です。

法人営業に向いている人の特徴7:人脈が広い

仕事をする中でさまざまな企業の人たちと出会う法人営業職では、どの企業とも友好関係を築き上げるスキルの他に、人脈の広さを持つのも向いている人の特徴です。人脈が広いということは、より多くの情報を得ることができ、営業プランを組む際に非常に役立ちます。

まずは人見知りや先入観を捨て、相手に真摯に向き合ってみましょう。

法人営業で生かせる経験は?

法人営業に向いている人の特徴7選|法人営業で活かせる経験とは?
これまでの生活の中で学んだことや培ったスキル、経験などはたくさんあるのではないでしょうか。以下では、法人営業の仕事をする中で特に生かせる経験を大きく分けて3つご紹介いたします。

接客経験

接客業は常にお客様(相手)の目線で立ち、どうすれば満足していただけるかを第一に考えます。これは法人営業においても大切な要素です。また、お客様(相手)あっての仕事であり、サービスに対して対価(お金)を払ってくれることに感謝し、更なるサービス向上に努めます。

このようにお客様(相手)第一の目線で動くことを経験している人は、自ずと法人営業にも向いている人であると言えるでしょう。

ボランティア活動

ボランティア活動は人の役に立ちたいという思いがある人が集まります。また、こういった活動は人と人との絆を学ぶとても良い機会でしょう。

ボランティア活動を通して人とかかわることの楽しさや難しさを学ぶことで、営業におけるコミュニケーションの重要さにも気づくことができます。また新しいことにチャレンジする、それを成し遂げる達成感を得ることもできます。

団体スポーツの活動

法人営業に向いている人の特徴7選|法人営業で活かせる経験とは?
団体スポーツは、メンバーたちがひとつの目標に向かって協力し、成長していきます。団体行動を送る中で、チームワークの大切さやメンバーをまとめるリーダーシップ、後輩への指導力など、非常に多くの大切なことを学ぶことができたはずです。

それらのすべては法人営業に生かすことができますし、長年仕事をするうちに必要不可欠な要素です。ぜひ自分の持っている大切なスキルとして生かしていきましょう。

法人営業に向いている人の特徴を知ろう

法人営業に向いている人の特徴7選|法人営業で活かせる経験とは?
さて、ここまでは法人営業に向いている人の特徴をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。法人営業に興味があっても、どのようなタイプが向いている人なのか、果たして自分に向いているのか不安に思う方もいらっしゃったのではないでしょうか。

今回ご紹介した特徴や経験は、法人営業はもちろん、他の仕事にも大きく役立てることができます。ぜひこれからのお仕事選びの参考にして、毎日の生活をお楽しみください。

Related