Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月13日

30代の仕事の悩み10つ|おすすめな転職エージェントの紹介

30代になると中堅社員の仲間入りを果たし、先輩あるいは上司として新入社員の指導にあたる機会も増えてきます。この記事では、そんな30代ならではの仕事の悩みについて徹底解説しています。また併せておすすめの転職エージェントもご紹介しているので、ぜひご覧ください。

30代の仕事の悩み10つ|おすすめな転職エージェントの紹介

30代はこれからの人生を考える時期

学生を卒業して社会人になりたての20代は、右も左もわからずとにかくがむしゃらに目の前の仕事に取り組みます。

がむしゃらだった20代を過ぎ、30代にもなると仕事にも慣れ、色々と物事について考える余裕も出てくるため、これからの人生について悩むことも多くなってくることでしょう。

この記事では30代ならではの仕事の悩みについて特集しているので、30代の方はぜひご覧ください。

30代の仕事の悩み10つ

30代にもなると責任ある仕事を任されるようになります。また、中堅社員の仲間入りをするため、後輩や部下を指導する機会も増えてくることでしょう。

そんな30代だからこそ、さまざまな仕事の悩みを抱えることになります。では、世の30代のビジネスパーソンはどのような仕事の悩みを抱えているものなのでしょうか。

ここからは30代ならではの仕事の悩みについてチェックしていきましょう。

30代の仕事の悩み1:部下の育成

30代のビジネスパーソンにありがちな仕事の悩みとしてまず挙げられるのが、部下の育成についてです。

30代にもなると多くの人が指導される立場から指導する立場へと転換するため、どうやって部下に接すればよいのか、どうすれば適切な育成ができるのか悩んでしまうことも多いでしょう。

部下とうまくコミュニケーションが取れない自分に落ち込み、自己嫌悪に陥ることも少なくないはずです。

30代の仕事の悩み2:マネジメントがうまくいかない

マネジメントがうまくいかないというのも、30代によくある仕事の悩みのひとつとして挙げられるでしょう。

30代になって管理職などマネジメントを司るポジションに就くビジネスパーソンも多いですが、まだ経験が浅くどうすれば適切に効果的なマネジメントをできるのかわからず悩んでいる人も少なくありません。

また、そんな状況を誰にも相談できず、一人で仕事の悩みを抱え込んでしまっている30代もいることでしょう。

30代の仕事の悩み3:仕事のミスが多くて自信喪失

30代によくある仕事の悩みのひとつに、仕事でミスが多くて自信を喪失してしまうということも含まれるでしょう。

30代にもなると責任のある仕事を任されるようになるものですが、だからこそミスをすると各方面に大きな迷惑をかけることになるため、その精神的なダメージは大きくなります。

また、「30代にもなってこんなミスをするなんて自分はなんてダメ人間なんだ」と自己嫌悪してしまうことでしょう。

30代の仕事の悩み4:これから同じ仕事をしていく不安

これからも同じ仕事を続けていくことに対する不安感も、30代によくある仕事の悩みのひとつです。

今の仕事にやりがいを感じているわけでも適性があるわけでもない人にとって、これからもずっと同じ仕事をやり続けるのかと思うと嫌気がさすものですし、「本当にこのままで大丈夫だろうか」と将来に不安を覚えてしまいます。

中には焦りを感じて、早まって転職をしてしまう30代もいることでしょう。

30代の仕事の悩み5:給料が上がらない

30代ならではの仕事の悩みのひとつに、給料が上がらないということも数えられるでしょう。

30代にもなると出世組と非出世組に二極化するため、バリバリ稼いでいる同世代を見ると、給料が上がらない現状に不満や不安を感じるはずです。

とりわけ業績を上げても勤続年数が増えても昇給の可能性がない会社に勤めているならば、余計に不安感は増大することでしょう。

30代の仕事の悩み6:評価が低い

職場での評価が低いということも、30代によくある仕事の悩みとして挙げられるでしょう。

20代のうちは目の前の仕事をこなすことに精一杯で職場での評価にあまり気を配れないものですが、30代にもなると精神的な余裕が出てくるため、職場での自分のポジションや評価についてあれこれと気になってしまいます。

やたら同期と自分とを比べてみたり、後輩のほうが評価が高いことにショックを受けるのも、30代ならではです。

30代の仕事の悩み7:ハードな仕事を続けていけるか

このままハードな仕事を続けられるのか不安であるというのも、30代によくある仕事の悩みのひとつでしょう。

長時間労働が常態化している勤務体制で体力勝負の仕事をしている30代のビジネスパーソンは、体力の衰えを感じ「このまま今の仕事を続けられるのか、続けてよいのか」と自問自答するようになります。

30代の仕事の悩み8:後輩を指導できない

後輩を適切に指導できないというのも、30代ならではの仕事の悩みのひとつでしょう。30代にもなると後輩を指導するようになるものですが、リーダーシップに欠けていたり物事をはっきりと言えない性格をしていると、後輩の指導に四苦八苦してしまいます。

後輩とのコミュニケーションの取り方に悩んだり、どうやって注意・叱責をすればよいものか頭を抱えている30代も少なくないことでしょう。

30代の仕事の悩み9:先が見えない

先が見えず不安であるというのも、30代によく見られる仕事の悩みとして挙げられるでしょう。

同期がどんどん出世していくのに対し、自分はいまだ平社員のままでパッとしない状況であるならば、先が見えずに不安になることでしょう。

また、「このまま今の仕事を続けていて本当によいのか」「転職をしたほうがよいのではないか」と将来についてあれこれと悩むのも、30代によくあることです。

30代の仕事の悩み10:下積みの期間が長い

下積みの期間が長いというのも、30代の仕事の悩みのひとつでしょう。職人・料理人や美容師などスキルがものを言う仕事に就いている場合、20代を過ぎて30代になっても下積みのままであり、自分のやりたい仕事をさせてもらえないというケースはざらにあります。

他の職種で華々しく活躍している同世代を見ると余計に焦りを感じると同時に、今の仕事に対する不満を募らせていくことでしょう。

転職を考えているひとにおすすめな転職エージェント

以上では、30代にありがちな仕事の悩みについてご紹介してきました。多くの場合、このような仕事の悩みは自分の努力や工夫次第で解決あるいは改善することが可能です。

ですが、時にはいくら頑張ってみても事態が一向に改善しないこともあるでしょう。そんな時には転職をしてみるのも一つの手です。

ここからは30代におすすめの転職エージェントを3つ厳選してご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

doda

仕事の悩みを抱える30代におすすめしたい転職エージェントとして、まずはdodaをご紹介します。

dodaはあらゆる業種の求人情報を多数取り揃えていることで定評のある転職エージェントであり、検索機能がとても使いやすく便利なので、膨大な求人情報の中から自分にぴったりと合う天職を見つけることができます。

パソナキャリア

パソナキャリアも、転職をお考えの30代のビジネスパーソンにぜひ使ってもらいたい人気の転職エージェントとして挙げられるでしょう。

業界でも大手の一つに数えられるパソナキャリアは、その長い歴史の中で培った確かな転職ノウハウと豊富な実績をもとに、自分の望む転職先へと導いてくれると評判です。

リクルートエージェント

リクルートエージェントも、30代にぜひ使っていただきたい定評のある転職エージェントのひとつでしょう。

知名度・人気度・実績のどれにおいても頭抜けた実力をもつリクルートエージェントは、各業界に精通したプロの転職アドバイザーがマンツーマンで親切丁寧に転職相談に応じてくれるだけでなく、一から十まで転職をサポートしてくれると評判です。

悩みとしっかりと向き合おう

今回は30代ならではの仕事の悩みについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。30代はよくも悪くも仕事に慣れて精神的な余裕が出てくる上に責任あるポジション・仕事を与えられるようになるため、仕事についての悩みも増えてきます。

仕事の悩みは放置せずにきちんと向き合って解消すること、時には相談相手を見つけて相談に乗ってもらうことも大切でしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related