Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月29日

ビジネスにおける現状分析の手法5つ|分析手法活用のメリットを紹介

戦略を策定するためには、現状分析を行なう必要があり情報収集をしただけで現状分析ができたと勘違いしてしまう人が多いです。現状分析とはグラフや図から問題点を炙り出すことができ、表層的問題からその真意を探り出し問題解決のための仮説を提示することができる手法です。

ビジネスにおける現状分析の手法5つ|分析手法活用のメリットを紹介

ビジネスシーンでは現状分析が重要

ビジネスにおける現状分析の手法5つ|分析手法活用のメリットを紹介
ビジネスの時には今のビジネスの状態について、現状分析をすることが大切です。現状分析をすることはなぜ重要なのでしょうか。また、現状分析をすることにはどのような目的があるのでしょうか。

ここでは、ビジネスにおける現状分析の手法や、現象分析をすることのメリットについて考えます。

現状分析の重要性

ビジネスにおける現状分析の手法5つ|分析手法活用のメリットを紹介
自分の会社、または取り組んでいるプロジェクトがどのような状態にあるのかを正しく理解しておくことは必要なことです。

まず、現状分析をすることによって、自分たちの立ち位置が明確にわかるようになります。そしてその上で、どのように改善、進展をしたらいいのかプランを推し進めることができます。正しく現状分析をすることは、ビジネスを進め成功させるためには欠かせません。

現状分析をする目的

ビジネスにおける現状分析をするための目的は、そのビジネスにおいて「自分たちの良い点」と「改善点」を明確に理解することです。

分析によって得ることができた、良い点を生かしながら、改善点を改善していくためのプランを考え、実行することによりビジネスの業績をさらに伸ばすことができます。

また分析をすることによって、自分たちの状況を客観的に見ることができるので、新しいアイデアを出しやすくなります。

分析結果の活用方法

分析結果を用いて今のビジネスを改善、またはレベルアップすることができます。先ほども少し触れましたが、ビジネスの現状分析をすると自分の状況を客観的に見ることができます。その結果、大きな発見をするきっかけになる可能性が高くなります。

現状分析をすることは自分のマーケットをちゃんと理解しているということです。そのため新しい発見をする機会も大きくなり、レペルアップへとつながります。

ビジネスにおける現状分析の手法5つ

ビジネスにおける現状分析の手法5つ|分析手法活用のメリットを紹介
現状分析の方法を正しく行えていないことがあります。そうすると正しいデータを入手することはできません。

当たり前ですが、現状分析をするためには正しい手法で分析することが大切です。そのためにどのような手法があるのでしょうか。ここではビジネスにおける現状分析の手法を5つご紹介します。

現状分析の手法1:3C分析(4C分析)

「3C分析(4C分析)」で、ビジネスにおいて、買う側の方向から現場分析する手法です。

3つのC、つまり「Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)」の頭文字をとってつけられました。Convenience(利便性)を加え4C分析を行うこともあります。

顧客の立場として、競争相手の対策、自社の状況(能力、資本など)の3つの分野から、分析を行なっていきます。

現状分析の手法2:4P分析

4P分析とは、売る側を支点においてメリットなどを考えて現状分析をする方法です。 4Pとは製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、販売促進(Promotion)の4つの頭文字をとってつけられた名前です。

先ほどの4Cの分析と対応させ、具体的に、どんな商品を、どこで、幾らで、どのような手法で販売するのかというアイデアを出していきます。具体的なビジネスアイデアを出すために大切です。

現状分析の手法3:SWOT分析

ビジネスにおける現状分析の手法5つ|分析手法活用のメリットを紹介
SWOT分析とは、強み(strengths)、弱み(weakness)機会(opportunities)、脅威(threats)の頭文字です。

強みと弱み(SW)は会社の内部環境、機会と脅威(OT)は会社の外部環境の分析です。OTは自分たちでは動かせない、法律、流行、競合相手などが含まれますが、反対にSWは自分たちで動かすことができる状況です。この手法によって立体的に問題を見ることができます。

ロジックツリー

ロジックツリーは問題解決ために、問題をもれなくダブることなく(MECE)を分析していき、問題に関連したツリー(枝分かれした表)にまとめていく手法です。

これは昔から使われてきた手法です。ツリーを問題別に書き出していく必要がありますが、だだしく問題を認識することができるのであれば有効な手法です。

現状分析の手法5:PDCA

PDCAとはPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字から取られた言葉です。計画を立てて、改善されるまでの流れを1つのサイクルとして考えようという手法です。

例えばミスをした時に「どうしてミスをしたのか」原因を考え、改善点を探し実行します。このサイクルを何度も繰り返すことによって、ビジネス効果を高めることができます。

現状分析で分析手法を活用するメリット

ビジネスにおける現状分析の手法5つ|分析手法活用のメリットを紹介
具体的に5つの現状分析方法を取りあげましたが、現状分析をするときにこのような5つの現場手法を使って分析するとどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、現状手法を活用することのメリットについて取り上げます。

分析の漏れを防ぐ

手法分析を行うことによって、フレームワークを活用することができます。フレームワークとは情報を整理するための枠組みのことです。

フレームワークを活用して現状分析を行うことによって、問題点の漏れや、分析内容の重複といった問題を防ぎ、効率的に分析することができます。

収集すべき情報がわかる

この現状分析により具体的に収集しなければならない情報が見えてきます。例えばSWOT分析を行う場合、収集しなければならない情報が4つの方向に分割されているため、自分が今どんな情報を収集しているのか、はっきりと理解できます。

それによって、収集集めをしやすくなりますし、集めた情報を整理して、立体的に物事を判断する助けにもなります。

問題を可視化できる

先ほども少し触れましたが、自分がどんな情報を取集しているのか理解して情報収集をしている場合、集めた情報をうまく整理することができます。

それによって、ビジネスの現場が立体的に捉えることができるようになります。これは問題を可視化することができるということにつながります。 問題を正しく可視化することによって正しい判断を下すことができます。

現状分析の注意点とは?

ビジネスにおける現状分析の手法5つ|分析手法活用のメリットを紹介
現場分析と情報収集の意味を誤まって捉えられてしまうという誤解が生じるケースがあります。

情報収集は、現状分析を行う上で行う過程のことで、情報収集で得た情報をもとに、話し合い改善点や新しいアイデアを生み出すのが分析です。

情報を得ただけで安心するのは避けましょう。また、分析を正しく行うためにはまずここにあげたような手法の意味を理解している必要があります。

現状分析の手法を知り実践で役立てよう

現状分析はビジネスをレベルアップさせる上でとても大切なことです。分析を何度も行うことで、さらに効果的な分析を行うことができます。

初めは慣れなくても繰り返し行うことによって、ビジネスを立体的に捉えることができるでしょう。そして、実戦で役立たせることができます。

Related