Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

管理職が孤独と感じる理由6つ|おすすめの転職エージェントを紹介

管理職になると孤独館が増えるという人は意外と多いです。一般的に言う上司と言う役割になるとなぜ孤独であることが増えてしまうのでしょうか。また、孤独感から転職という事も視野に入れる人もいますのでおすすめの転職エージェントもご紹介させていただきます。

管理職が孤独と感じる理由6つ|おすすめの転職エージェントを紹介

管理職とは?

管理職とは、文字どおりその部署を管理する仕事の事です。会社で言うなら課長や部長などの役職がついている人で、チェーン店の店長や工場の工場長なども管理職です。

管理職になると、今まで仲の良かった同僚がどこか冷たくなってしまったり自らも役職がある立場から厳しい指導や注意をしなければいけなくなることも増えます。そのため、管理職の中には職場で嫌われていたり孤独感にさいなまれている人も少なくありません。

管理職の仕事内容

管理職の主な仕事は部下の教育や指導だけではなく、会社の組織を運営していくことも考えなければいけません。だた部下を育てればいいというわけではありませんし、ただ会社の利益を上げていけば良いというだけのものでもありません。

管理職は、人材育成と会社の利益の両方を常に考えておかなければいけませんので、人によっては自分一人ですべての仕事をこなそうとして孤独になってしまうことや逆の場合もあります。

管理職に求められること

管理職に求められるのは、リーダーシップと現状を把握する力です。部下がどれだけの仕事ができて、どれくらい会社に貢献できるかという事を知っておくだけではなく、自分自身もこれから会社をどう良くしていくかという事を考えなければいけません。

指示したことをきちんと聞いてくれる部下ばかりでしたら問題ありませんが、そうでない場合には孤独感を感じるだけではなく管理職としての手腕も問われてしまいます。

管理職が孤独と感じる理由6つ

管理職になると孤独を感じる人は多いですが、どのような理由で孤独を感じてしまうのでしょうか。こちらでは、管理職が孤独を感じてしまう理由について6つ説明します。

これから管理職を目指す人も既に管理職の人も、もう一度孤独になる理由を見つめ直すことでこれからどうすれば良いのかという事を考えるキッカケになります。

管理職が孤独と感じる理由1:相談できる人がいない

管理職は基本的に1つの部署に1人です。部署に1課2課などの区分があれば、同じ内容であることもありますが、そのような場合それぞれの課がライバル同士であることも少なくありません。

また、部署が1つだけであれば、管理職以外はすべて部下という事になります。上司の威厳という事もあり、なかなか相談できないばかりか自分が一番知識があるため相談できる人がいないという管理職もいます。管理職が孤独な理由の1つです。

管理職が孤独と感じる理由2:飲み会に誘われなくなった

管理職が孤独と感じる理由6つ|おすすめの転職エージェントを紹介
管理職になると、それまで仲の良かった同僚や後輩が喜んでくれることもありますが、場合によっては先輩より先に管理職になってしまう場合や、元々あまり好かれていないのに管理職になってしまう場合もあります。

基本的に同僚に気に入られていれば孤独にならないというわけでもなく、管理職になると仕事量も増えてきます。部下が退勤しても自分は残業しなければいけないことも多々あるため、気を遣って誘われないこともあります。

管理職が孤独と感じる理由3:常に決断を求められる

管理職は会社の利益を常に考えていなければいけません。仕事によっては、部下のどちらかに仕事をまかせなければいけなかったり、時にはリストラ候補を選ばなければいけないこともあります。

特に会社のプロジェクトにかかわる際などには、これからどうするかの決断を求められ、誰にでもいい顔をすることはできません。そのため、部下に恨まれることや納得されないことも多々あるためいつの間にか孤独になってしまいます。。

管理職が孤独と感じる理由4:責任と重圧を常に感じる

管理職になると、常に責任を持って行動しなければいけないばかりか、部下の失敗も管理職の責任になります。

どんな失敗も自分の責任だから、好きなようにやると良いという管理職は少数派で、ほとんどの管理職が自分に責任が来ないように部下に失敗させないよう厳しく指導することがほとんどです。そのため部下の気持ちが離れていき孤独になってしまいます。

管理職が孤独と感じる理由5:全員に平等な距離感が必要

管理職になると当然ですが部下ができます。部署によっては結構な人数がいる場合もあります。その中の一人に仕事を集中させたり、またその逆をしてしまった場合、それ以外の部下は自分が同じ目に合わないようにと管理職と1線を引いてしまう場合があります。

あくまでも誰かをターゲットにするのではなく、仕事として公平に部下を判断する必要があります。そのためにはある程度の距離感が必要なため、孤独を感じる場合があります。

管理職が孤独と感じる理由6:嫌われていると感じる

管理職は部下の指導もしなければいけませんので、時には厳しく言わなければいけないこともあります。厳しく言う事で納得してくれる人であれば良いですが、それがキッカケで管理職を嫌ってしまう部下もいます。

また、管理職によっては言い過ぎたのではないかと反省し、嫌われたのではないかと考え自ら孤独になっていく人もいます。管理職が孤独と感じる理由の6つ目は、嫌われていると部下と管理職のお互いが考えてしまう事です。

管理職におすすめの転職エージェント5つ

管理職になったものの会社で嫌われている可能性があり、修復が困難である場合には転職を視野に入れるという方法もあります。管理職というのはキャリアになりますので、転職に有利になる場合もあります。

では、実際に管理職が転職する際におすすめのエージェントはどのようなものがあるのでしょうか。こちらでは、管理職におすすめの転職エージェントを5つご紹介します。

管理職におすすめの転職エージェント1:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、日本だけではなくアジアやヨーロッパなどにもグループ会社がある大手の転職エージェントです。30代~50代のスキルを活かした仕事を探すことができます。

主に技術職や専門職という分野で管理職をされている方におすすめです。また、JACリクルートメントは東証一部に上場しており、信頼できる転職エージェントです。

管理職におすすめの転職エージェント2:マイナビエージェント

管理職におすすめの転職エージェントの2つ目は、マイナビエージェントです。株式会社マイナビが運営する転エージェントサイトで、転職活動をする際にキャリアアドバイザーという専門のアドバイザーがつきます。

履歴書の書き方やどのようにアピールすれば転職に有利かなどのアドバイスを受けることができます。また、通常の転職サイトではなかなか出てこない非公開転職情報をゲットすることもできます。

管理職におすすめの転職エージェント3:リクルートエージェント

管理職におすすめの転職エージェントの3つ目は、リクルートエージェントです。大手でもあるリクルートが運営する転職エージェントで、約32万人に選ばれている実績があります。

転職に期待することや自分のプロフィールを記入することで、転職支援サービスを受けることができます。また、職種や勤務地などから選ぶこともでき、キャリアを積んできた管理職はもちろん、新しいキャリアを積みたい場合にもおすすめです。

管理職におすすめの転職エージェント4:ビズリーチ

転職をして管理職になったものの、以前の職場で管理職をしていた方が待遇や給与も良かったという事がある場合があります。自分が良いと考えての転職のはずなのに、悪化してしまっては意味がありません。

ビズリーチは、即戦力となるハイクラスの転職をしたい管理職の方におすすめの転職エージェントです。メールアドレスとパスワードと現在の年収を登録しておくことでスカウトを受ける事ができるようになります。

管理職におすすめの転職エージェント5:ロバートウォルターズ

日本で管理職をしている人の中には、日本の会社の現状や上下関係などに嫌気がさしている人もすくなくありません。また、終身雇用制度が崩壊したとは言え、出世や昇進が年功序列であることも珍しくありません。

日本で実力が認められないなら、海外へ転職するという選択肢もあります。ロバートウォルターズは、海外で働きたい人に向けた転職エージェントです。

管理職はメリットもたくさんある

管理職をやっていると、孤独を感じる事も多々あります。しかし、管理職だからこそできるという特権もあります。なによりも会社にとって重要な人材であるからこそ管理職になれたという事は事実です。管理職だからこそ会社の運営に直接かかわることもできます。

孤独だというデメリットに目を向けるのではなく、管理職だからこそできるメリットというものを探してみませんか。

Related