Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

管理職の悩み8つ|おすすめな転職エージェントの紹介

管理職は悩みが多い立場です。そこで今回は、管理職の悩み8つと管理職のやるべきことリスト3つを詳しく見ながら、おすすめの転職エージェントをご紹介していきます。どうしても管理職としての立場に悩んだら、転職という選択肢もあると覚えておくとよいでしょう。

管理職の悩み8つ|おすすめな転職エージェントの紹介

管理職とは

管理職とは労働現場における仕事の指揮と組織の運営管理を行う立ち場にいる人間に対して使われている役職名です。日本では管理職は国家公務員法でしっかりと権限の範囲が定められています。

労働組合法では管理職は異動に関する監督者であり守秘義務がある立場のため原則、組合には入れないことになっています。民間企業および行政職では課長以上が管理職という地位に値することになっています。

また経営者は管理職に含まれません。

管理職の悩み8つ

管理職の悩みを8つご紹介していきます。

管理職は多くの悩みを抱えているといわれています。その複雑な仕事内容から現代社会は管理職になりたがらない人が増えてきています。人間関係のストレスが起こりやすくコミュニケーション能力を必要とされる管理職という立場は、それだけ難しい仕事で悩みも自然に多くなります。

そこで起こりがちな悩みを検証しながら、管理職とは本来どのような立ち場なのかを客観的に見ていきましょう。

管理職の悩み1:部下になめられる

管理職の悩みに部下に使われているような気分になるということが挙げられています。

管理職より下の地位にいる人間のグチの聞き役になってしまっているケースがこれに当たります。管理職でありながら部下の不平不満のはけ口となり、それを解決するために自分に仕事の負担が大きく傾いてくる場合があります。

部下になめられていると悩んでいる中間管理職の人は特に注意が必要です。精神的なストレスとなり得る可能性があるからです。

管理職の悩み2:飲み会などの出費が多い

特に中間管理職の悩みとなるケースが多いのが御祝儀や飲み会のときに部下よりも金銭を多く出さなくてはいけないという慣例です。

飲み会などで平社員よりも管理職がお金を多く出すのは仕方がないことです。しかし中間管理職のように残業もつかず給与も平社員に比べてそんなに差がなく、ましてや家庭がある人の場合は飲み会などが大きな悩みになってしまうケースがあります。

冠婚葬祭の出席も多くなり出費が多くなるのが管理職です。

管理職の悩み3:部下を育てるのが難しい

部下を育成することが管理職の悩みになることがあります。

自分が気に入った部下を選ぶことは滅多にできないので、仕事がまったくできない・やる気がない人でもどうにか指導をして一人前の仕事人間に育てなければいけないのが管理職です。

もしもいくら教育しもて部下が育たない・辞めてしまうなどの現象が起き続ければ大いなる悩みになってしまいます。

管理職とは部下を育てる仕事です。自分の中に指導力を育てることも大切です。

管理職の悩み4:人間解決のトラブル処理

部下の仕事の悩みに人間関係が必ずあるので、相談を受けたら解決に向けて行動を起こさなてくはならないという管理職の悩みになっています。

人間関係を他者が解決するのは至難の業です。しかも同じ部署内の悩みであれば、すべての部下を公平に監督すべき立場の管理職にとっても悩みとなってしまいます。

また、部下の悩み相談を受けが仕事と関係のないただのわがままの場合は管理職にとってたいへんなストレスになってしまいます。

管理職の悩み5:ミスの責任をとるストレス

管理職は部下のミスの責任を取るのも仕事ですが、それがたび重なれば大きな悩みとなってしまいます。他人のミスをフォローすることに納得できないケースが多々あるからです。

管理職は部下にのびのびと仕事をさせるためにある程度の失敗は覚悟して最終責任は自分で取らなければなりません。しかしそれがとても大きなミスであったり、事前に防げるはずの事故であったりした場合は大きなストレスとなって管理職に返ってきます。

管理職の悩み6:仕事の成果を求められる

管理職はチームマネジメントとして仕事の成果を出さなくてはいけません。

これは特に中間管理職にとってたいへんな悩みになる可能性があります。なぜなら中間管理職は上からやっかいな仕事を任されながらはっきりとした売上などの成果を出すことを強要される可能性があるからです。

ノルマがある職場の管理職は成果を出すことがたいへんなストレスになります。すべてが管理職の責任として重く圧しかかってくるからです。

管理職の悩み7:指導力不足を感じる

管理職として部下を適切に導くことができない場合は大きな悩みとなります。

管理職は指導力がある人が本来なるものですが、人に教えることが上手な人でも部下に恵まれない場合はチームワークが乱れて成果があげられないことがあります。

特にITなど最新の技術力に管理職がついていかれないケースなどでは、指導力以前に部下になめられる恐れもありたいへんです。

部下や仕事内容に応じて適切な指導ができる管理職を目指しましょう。

管理職の悩み8:上司と部下の板挟みのストレス

管理職はプレッシャーに強くならないとストレスで押しつぶされそうになります。

特に中間管理職に起こりがちな悩みが上と下の板挟みになりどう行動していいのかわからなくなりストレスになるケースです。上からも下からも勝手な意見を聞かされて、管理職としてどのような言動を取ればよいのか正しい答えが見つからなくなり混乱してしまいます。

自分の意見をしっかりと持った上で上手なコミュニケーション能力を養っていきましょう。

管理職のやるべきことリスト3つ

管理職としてやらなければいけないことを3つご紹介していきます。

管理職はたくさんのやることがありますが、どうしてもはずせないリストとして以下の3つの項目をご説明していきます。管理職としてこの3つのリストは基本ですので、常に忘れないようにしましょう。

管理職としての立場に悩んだときはこの3つのリストを思い出して基本に立ち返り、部下や自身の仕事に対する態度や言動をあらためてみるのが悩み解決の近道です。

部下の目標設定を決める

部下に目標設定を決めさせる場合はあくまで自発的に本人に設定させてください。

管理職が目標設定を決めてもなんの意味もありません。部下本人が目標設定を定めることで責任とモチベーションが上がります。管理職はあくまで目標設定のお手伝いをする立場だと覚えておいてください。

意思決定を行う

適切な意思決定が思い込みを防ぎます。

すべての選択肢の中から最適なものを選んで意思決定を行うことで広い視野で物事を見た上で仕事を進めていくことができます。そのためにさまざまな意見を取り入れてから意思決定を実行することが重要となってきます。

責任の分担を決める

意思決定の際に分担と責任を必ず個々の仕事に課すことで、確実な実行を得ることが可能となります。

責任の分担を決めずに意思決定をしても、単なる理想に終わってしまいます。現実を見据えて個々に責任と分担された業務の期限を課することで、モチベーションとやる気を導きだすことができます。

管理職の人におすすめな転職エージェント3つ

管理職の人におすすめな転職エージェント3つをご紹介していきます。

管理職の人が転職する際はやはり、専門の転職エージェントを利用するのがベストの選択です。そこで主要3つの大手転職サイトの概要を見ていきましょう。管理職の人の転職におすすめです。

リクルートエージェント

管理職などのハイクラスの転職にはリクルートエージェントがおすすめです。

数々の実績と幅の広い求人先が管理職の転職をスムーズに行わせてくれます。ベテラン専門スタッフが初めての管理職の転職にも適切なアドバイスで対応してくれます。

エンエージェント

管理職や大手企業の転職に強いエンエージェントはレベルアップを目指す人にぴったりの求人サイトです。

大手人材会社enジャパン社が運営するエンエージェントは2013年設立とまだ新しい転職サイトですが、たいへん親身になって相談に乗ってくれると評判です。管理職の転職にぜひ利用してみましょう。

DODA

DODAのエグゼクティヴ診断で、管理職としての質を見分けてもらえます。

DODAも管理職の転職に力を入れています。ベテランスタッフの対応も完璧で管理職の求人が多いことも特色のひとつです。

管理職は悩みが多い

管理職に悩みはつきものだと覚悟して、コツをつかんで賢く対処していきましょう。

管理職の悩みはつきません。自分には向いていないと落ち込む前に、今回の記事を参考にして悩み解決に積極的に動いてみてはいかがでしょうか。解決策がきっと見つかるはずです。

Related