Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月13日

経営企画が向いていない人の特徴8つ|おすすめの転職エージェントを紹介

経営企画は、社長の右腕として経営や事業計画など、会社の未来を左右される仕事を任されます。つまり、会社の舵取り役として担う存在です。仕事は多岐にわたるため、向き不向きが別れやすいと言えます。ここでは、そんな経営企画に向いていない人についてまとめました。

経営企画が向いていない人の特徴8つ|おすすめの転職エージェントを紹介

経営企画とは

経営企画が向いていない人の特徴8つ|おすすめの転職エージェントを紹介
経営企画とは、企業が立てた経営戦略を基に、長期または短期の計画立案をし、その計画を実現させるために必要な資源の分配などを行うことです。

会社の規模によっては、経営企画に社長が携わることも多いのですが、規模が大きいと組織として経営企画を担う者が必要になります。

経営企画を担う者は、他社調査やニーズの動向、市場分析など、経営者の右腕として経営業務をサポートすることが求められます。

経営企画が向いていない人の特徴8つ

経営企画が向いていない人の特徴8つ|おすすめの転職エージェントを紹介
経営企画は会社の未来を創造し、結果を出していかなければならない重要なポジションです。

重要なポジションがゆえに、求められるスキルも高くなります。そのため、経営企画に向いている人、向いていない人が出てきます。

ここでは、経営企画に向いていない人の特徴を8つにまとめてみました。1つずつ具体的に説明しますので、参考にしてください。

経営企画が向いていない人の特徴1:交渉力がない

経営企画が向いていない人の特徴8つ|おすすめの転職エージェントを紹介
経営企画が向いていない人は、交渉力がありません。

経営企画は、計画を立てるだけでなく、実現させることが役割です。そのため、業務遂行のために他部署との意思疎通や、トップ層との交渉を行うため、交渉力が必要になります。

上場企業になると、株主総会の運営や自社への資金を募ったりする活動も経営企画の仕事になります。つまり、経営企画を行う者は、対話力や交渉力がないと向いていないことになります。

経営企画が向いていない人の特徴2:社内調整力が苦手

経営企画が向いていない人の特徴8つ|おすすめの転職エージェントを紹介
経営企画には向いていない人は、社内調整力が苦手です。

経営企画で立案した数字を、各事業部の責任者に納得してもらう必要があります。企業の規模が大きければ、事業部の数、仕事をする人数も多くなるため、連携をとりながらスムーズに仕事を進めることが求められます。

調整力は人間性に関わる部分でもあり、調整力次第で仕事の結果が大きく変わると言えるため、調整力が苦手な人は、経営企画に向いていない人であると言えます。

経営企画が向いていない人の特徴3:発想力がない

経営企画が向いていない人の特徴8つ|おすすめの転職エージェントを紹介
経営企画が向いていない人は、発想力がありません。

経営企画は、変化が激しい市場の中、常に新しい収益源の確保を模索する必要があるため、新しいアイディアを発想できる人材は、企業にとって不可欠です。

つまり、客観的で柔軟な発想力がない人は経営企画には向いていないと言えます。

また、新しいアイディアは形にしないと意味がありません。アイディアを実現するための計画立案能力、そして実行力が経営企画には必要です。

経営企画が向いていない人の特徴4:論理的思考ができない

経営企画が向いていない人の特徴8つ|おすすめの転職エージェントを紹介
経営企画が向いていない人は、論理的思考ができません。

計画や企画を立案し、説明をしたときに納得がいく根拠を組み立てる論理的思考が必要になるため、理詰めで物事を考えなければ向いていないと言えます。

これができていない計画では、業務を一緒に遂行していく各部署の責任者に納得などしてもらえず、誰も付いてきません。つまり、論理的思考ができないと、経営企画には向いていないということです。

経営企画が向いていない人の特徴5:分析力がない

経営企画が向いていない人の特徴8つ|おすすめの転職エージェントを紹介
経営企画が向いていない人は、分析力がありません。

論理的なデータを収集する情報取集力は必須のスキルですが、そのデータを使わなければ宝の持ち腐れです。

現状の把握、適切な情報、市場ニーズや競合の動向などのデータを分析する力、分析力が必要になります。

より質の高いデータ分析を要求されるため、能力を磨かなければなりません。データ分析するための勉強を、常に行わない人は経営企画には向いていないと言えます。

経営企画が向いていない人の特徴6:判断力がない

経営企画が向いていない人の特徴8つ|おすすめの転職エージェントを紹介
経営企画が向いていない人は判断力がありません。

情報収集に長けていても、その情報をどう扱うか、どの情報が必要なのかを判断しなければ、情報はどんどんと膨れ上がって収拾がつかなくなってしまいます。

つまり、情報取集力があっても判断力がない人は、経営企画には向いていないということです。

現代は、情報過多と言われる社会です。誰よりも早く判断するのには勇気が必要ですが、あらゆるビジネスシーンで求められる力です。

経営企画が向いていない人の特徴7:決断力がない

経営企画が向いていない人の特徴8つ|おすすめの転職エージェントを紹介
経営企画が向いていない人には決断力がありません。

必要な情報を収集、計画立案しても最終的には「する」「しない」を決める必要があります。激しい変化を富む時代に柔軟に対応するため、決断する力が求められます。

チャンスが巡っても、決断すべき時に決断をしないと、悪い選択肢しか残りません。もちろん決断をしない決断もあります。経営企画は、企業の未来を左右する仕事でもあるため、決断力がない人には向いていません。

経営企画が向いていない人の特徴8:経営数字の知識がない

経営企画が向いていない人の特徴8つ|おすすめの転職エージェントを紹介
経営数字の知識がないと、経営企画には向いていないと言えます。

経営するには、自社の現状の数字、競合相手の数字、市場の数字など、あらゆる数字を落とし込まなければなりません。つまり、経営企画に向いていない人は、数字を交えて話をできない人とも言えます。

数字を交えて話をしないと相手側も納得するどころか、不安にも感じられ、一緒に業務を遂行しようなどと思わないので、経営数字の知識は必ず必要です。

正しい経営判断をするには、自社の財務状況を正確に分析し、現状把握をしなければなりません。分析の対象には、市場・需要の動向や自社の販売力の状態、競合他社の商品や販売戦略などに加え、自社の財務内容があります。

出典: http://www.seiwa-osaka.gr.jp/blog/life/85/ |

経営企画におすすめの転職エージェント7つ

経営企画が向いていない人の特徴8つ|おすすめの転職エージェントを紹介
企業の花形である経営企画ですが、挑戦をしたい、今のポジションから新たにキャリアアップを目指したい、チャレンジしたいなど考えている方もいらっしゃることでしょう。

次のステージへと進むために、そして自身の成長を目指している方へ、ここでは経営企画におすすめの転職エージェント7つご紹介しますので、参考にしてください。

経営企画におすすめの転職エージェント1:DODA

DODA(デューダ)の特徴は、なんと言っても求人数の多さです。その件数は10万件と国内トップクラスです。エージェントサービスに登録することによって、未公開の求人を見ることもできるため、登録しておきましょう。

特に営業、企画系などの求人情報が多く、豊富で幅広い求人を保有しており、スピーディーで高品質な対応をしてくれるため、初めての転職活動を行う人にオススメです。

経営企画におすすめの転職エージェント2:テンプスタッフキャリア

テンプスタッフキャリアは、転職ではなく再就職を考えている方にオススメです。

人材派遣の子会社を持っており、さまざまな企業とコンタクトをとっているので、転職支援に必要な情報収集が可能になっています。

一般的な転職エージェントでは、1人に対して1人の担当がつきますが、テンプスタッフキャリアは、専任キャリアカウンセラーと求人開拓部門の2人でのサポート体制のため、素早く適職情報をより多く届けてくれます。

経営企画におすすめの転職エージェント3:ヒューマンタッチ

転職エージェントのヒューマンタッチは、資格取得の教育を行っているため、資格を活かした転職活動に強みがあるのが特徴です。

この資格を持っていると、こんな求人があるなどと紹介してくれるほか、希望の企業や職種などに入るために必要な資格なども教えてくれたりとサポートしてくれます。

資格を前提として考えている方にオススメの転職エージェントになります。

経営企画におすすめの転職エージェント4:JOB転職支援サービス

転職エージェントのJOB転職支援サービスは、転職で正社員を目指す方のみで、東京、静岡、愛知エリアに特化しているのが特徴です。

広く認知されていませんが、担当キャリアアドバイザーが求人企業としっかり話しているため、詳しい企業情報を提供してくれます。特に、静岡県内の求人数や企業数はトップクラスを誇っているため、静岡県で転職を考えている方にオススメです。

経営企画におすすめの転職エージェント5:ジェイック

転職エージェントのジェイック(JAIC)は、既卒、第二新卒、フリーターに特化した転職支援サービスです。

事前に社会人としてスキルや経験不足を補ってくれる営業カレッジを実施し、そこから就職活動を望めるため、転職できる確率が上がります。

ジェイックの方針は内定後の定着率を重視しているため、離職率の高い求人に関しては紹介していません。

経営企画におすすめの転職エージェント6:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、大企業から地方まで求人のラインナップが豊富で、非公開人数は10万件以上と、他の転職エージェントを圧倒的に上回っています。

高い知名度と評判で企業側と転職側から集まるため、求人数や職種など豊富な求人に揃え続けています。

面接力向上セミナーや、生の企業情報を伝えてくれるエージェントリポートなど、さまざまな質の高い転職支援サービスで強力にバックアップしてくれます。

経営企画におすすめの転職エージェント7:パソナキャリア

パソナキャリアは地方転職に強く、関東、関西、東海を中心に全国に拠点を持っている転職エージェントです。

専門分野ごとのキャリアアドバイザーによる的確なアドバイスが特徴で、丁寧にサポートをしてくれます。スピーディな対応を求めている人より、じっくりと転職に向けて準備をしていきたい人にオススメの転職エージェントです。

経営企画は向き不向きがわかれやすい

経営企画が向いていない人の特徴8つ|おすすめの転職エージェントを紹介
経営企画の仕事は多岐にわたります。リサーチから始まり、計画や企画の立案、各部門の責任者や、社外のトップたちへのプレゼンテーション、販促そして検証などがあります。

人を巻き込むなどのリーダーシップ力や、他の人と何かを成し遂げれるコミュニケーション力、そしてプレッシャーに耐えられる精神力が必要です。

多岐にわたる分、向き不向きがわかれやすい仕事ではありますが、間違いなく自分が成長できるのが経営企画です。

Related