Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

マーケティングの目的8つ|目的を達成するための項目2つの紹介

本記事は、マーケティングの目的について知りたいという方を対象にしたもので、マーケティングを行うことの目的を8つ説明しています。また、マーケティングの転職におすすめな転職エージェントを5つご紹介しているので、ぜひ参考にしてマーケティングの目的を理解しましょう。

マーケティングの目的8つ|目的を達成するための項目2つの紹介

マーケティングとは

マーケティングとは、企業が自社の商品をより効率的にかつたくさん売ることができるような仕組みを作るということを言います。

現在の市場ではどのようなことが流行しているのかという調査から始まり、自社の商品はどのようなお客さまに必要とされているのか、そしてどのような層をターゲットにするのかなどを考えます。

その後に、商品を開発し、販売の戦略を立て、実行していくというものがマーケティングとなっています。

マーケティングの目的8つ

企業が自社の商品を売れるようにするための仕組みを作ることがマーケティングと説明しましたが、そのマーケティングを行うことには目的があります。

その目的とは、ブランドの認知度を向上されること、リードの最適化、利益を最大化させること、リード獲得を手段を開拓すること、ユーザーによるシェアを狙うこと、高品質なコンテンツの作成、エンゲージメントの増加を図ること、トレンドの追及という8つの目的があります。

マーケティングの目的1:ブランドの認知度向上させる

マーケティングを行うことの1つ目の目的は、ブランドの認知度を向上させるということです。

現在では、スマホの普及やSNSの流行によって、多くの企業が情報発信をしやすくなっています。このように商品の宣伝方法は多様化しています。

ブランドの認知度を向上させる主な手段として、SNSの運用、インターネットで広告を出す、その他オンラインコンテンツを作成するなどがあります。

マーケティングの目的2:リードの最適化

マーケティングを行うことの2つ目の目的は、リードの最適化です。

リードを生み出すことによって、それが売り上げに変わり、自社の商品やブランドは成長していきます。そして、優れた実績を持っているマーケターはリードの最適化をするという目的を持っています。

ブランドのことを第一に考え、多くのリードを生み出すことによって、さらなる売り上げを見込める可能性が増加していきます。

マーケティングの目的3:利益を最大化させる

マーケティングを行うことの3つ目の目的は、利益を最大化させるということです。リードの最適化によって生まれたリードを成長させることは企業にとって欠かすことのできない目的の一つです。

しかし、さらに良い結果を得るためには、お客さまはどのような商品やサービスを必要としているのか、自社の商品やサービスはどの層をターゲットとするべきかということも考える必要があります。

そうすることで、利益の最大化に繋げられます。

マーケティングの目的4:リード獲得手段の開拓

マーケティングを行うことの4つ目の目的は、リードを開拓する手段の開拓をするということです。新しいお客さまを見つけることも大切ですが、違った視点から自社のビジネスを考え直すということも重要なマーケティングとなっています。

リードを獲得する主な手段として、セミナーの開催や検索エンジンの最適化、イベントでの講演、自社のウェブサイトでライブチャットを行うなどがあります。このようにして開拓をしていきます。

マーケティングの目的5:ユーザーによるシェアを狙う

マーケティングを行うことの5つ目の目的は、ユーザーによるシェアを狙うことです。

自社の商品やサービスを企業のみで行うことは、成果を上げることは可能ですが、あまり効率のいい方法とは言えません。そこで、自社の商品やサービスを実際に使用した方に情報をシェアしてもらうことによって、効率よく売り上げを伸ばすことが可能となります。

そのために、紹介することで報酬を得られるプログラムを設けるなどの工夫をします。

マーケティングの目的6:高品質なコンテンツの作成

マーケティングを行うことの6つ目の目的は、高品質なコンテンツを作成することです。コンテンツに対してお金を払ってもらうためには、高品質なものではなければなりません。

そのため、コンテンツを高品質にする工夫をして、商品やサービスのターゲット層である方々に便利であるということや魅力的である、ユニークであるなどを感じてもらう必要があります。

このような工夫をして初めて、購入してもらうことが可能となります。

マーケティングの目的7:エンゲージメントの増加を図る

マーケティングを行うことの7つ目の目的は、エンゲージメントの増加を図ることです。

エンゲージメントの増加を図る主な手段として、SNSを運用して、多くの人を巻き込んだマーケティングを行うということがあります。TwitterやInstagram、Facebookなどを利用して、自社のブランドを認知してもらい、売上の向上を狙います。

注意点として、一度始めたら、その後は定期的に更新をする必要があることです。

マーケティングの目的8:トレンドの追求

マーケティングを行うことの8つ目の目的は、トレンドを追求することです。

近年では、モバイル端末が普及しているため、このような市場に目を向けてマーケティングを行います。

近年でトレンドとなっていることは、予想分析の発達やAIの発達によりユーザーの行動のデータを集めることが容易になったこと、マーケティングの自動化によって、より個人に対してのマーケティングを行うことができるようになったことなどがあります。

効果的なマーケティング項目2つ

これまでに本記事では、マーケティングを行うことの目的を説明してきました。

自社に合った目的を持ってマーケティングを行うことは重要ですが、ただやみくもに行えばいいということではありません。効果的なマーケティングを行う必要があります。

その効果的なマーケティングを行うための項目には、動画コンテンツを作成することと視覚コンテンツを増加させるということの2つがあります。それぞれについて詳しく説明していきます。

動画コンテンツを作成する

効果的なマーケティングを行うための1つ目の項目は、動画コンテンツを作成するということです。

現在では、スマホやタブレットなどのモバイル端末、インターネットの普及によって、動画コンテンツの需要が高まっています。FacebookやTwitterでは、多くの時間が動画の視聴に使われているほどです。

そのため、動画コンテンツは人気が高く、シェアされやすいという特徴を持っているため、効果を得やすくなっています。

視覚コンテンツを増加させる

効果的なマーケティングを行うための2つ目の項目は、視覚コンテンツを増加させるということです。

マーケティングを行う多くの人が視覚コンテンツが最も重要なコンテンツであると答えています。視覚コンテンツを増加させることによって、紹介したい商品やサービスがよりイメージしやすくなります。

そのため、写真などユーザーの方に見てもらうものは、よりよいものを選ぶ必要があります。

マーケティングの転職におすすめな転職エージェン5つ

転職市場では、近年、マーケティングの仕事が人気で求人が増加しています。

多くの企業ではマーケティングを行う従業員を必要としていて、そのニーズに応えることができるようになってマーケターとなることができます。

このように、近年で需要の増えているマーケターですが、マーケターになる手段として転職をするということがあります。本記事では、マーケティングの転職におすすめな転職エージェントを5つご紹介していきます。

マーケティングの転職におすすめな転職エージェント1:JACリクルートメント

1つ目のマーケティングの転職におすすめな転職エージェントは、JACリクルートメントです。

JACリクルートメントは、20代から30代の管理職などに就いているキャリアが高い方を対象とした総合型転職エージェントとなっています。

マーケティング職の転職を扱っているのはもちろんですが、コンサルや外資系企業、海外転職も行うことができます。また、案件は、キャリアの高いものが多くなっています。

マーケティングの転職におすすめな転職エージェント2:ビズリーチ

2つ目のマーケティングの転職におすすめな転職エージェントは、ビズリーチです。

ビズリーチは、転職のみならず、スカウトサービスなども行っている転職サイトとなっています。

転職したい方と企業の採用担当の方が直接メッセージをやり取りすることができるので、面倒な手間などはなく、話を進めることができます。

また、ヘッドハンターを通して、非公開の求人情報なども手に入る可能性があることも魅力の一つです。

マーケティングの転職におすすめな転職エージェント3:パソナキャリア

3つ目のマーケティングの転職におすすめな転職エージェントは、パソナキャリアです。

パソナキャリアは、16,000社以上との取引実績がある信頼することのできる転職エージェントとなっています。

パソナキャリアはサポート体制が充実しており、履歴書の添削や面接対策などを行ってくれます。また、電話やメールなどの反応が早く、求人の質が高いという評判があります。

マーケティングの転職におすすめな転職エージェント4:マイナビエージェント

4つ目のマーケティングの転職におすすめな転職エージェントはマイナビエージェントです。

マイナビエージェントは、20代から30代を対象とした総合型転職エージェントとなっています。

主に中小企業の案件を取り扱っており、企業の雰囲気や、入社後のことなど求人票を見ただけではわからないような情報も掲載されています。また、女性に特化した転職情報なども扱っています。

マーケティングの転職におすすめな転職エージェント5:リクルートエージェント

5つ目のマーケティングの転職におすすめな転職エージェントはリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、転職エージェントのなかでは最大級の案件を取り扱っており、75%以上が非公開の求人となっている転職エージェントです。

大手であるため、質の高いアドバイスをもらうことができたり、登録者数が圧倒的に多いため、安心して利用することができます。

マーケティングの目的を理解しよう

本記事では、マーケティングを行うことの目的や効果的なマーケティングを行うための項目を説明してきました。また、マーケティングの転職におすすめな転職エージェントを5つご紹介しました。

自社では、どのようなマーケティングを行うのかという目的などをしっかり検討したうえで、マーケティングについての理解を深めていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related