Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月26日

【年代別】管理・事務職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介

平均年収が高いとは言い難い管理・事務ですが、ワークバランスが保ちやすい事から、人気がある傾向があります。年代ごとに管理・事務の平均年収は変化がありますし、男女差でも違いがあります。管理・事務の平均年収を年代別と、男女別でまとめましたので是非読んで下さい。

【年代別】管理・事務職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介

管理・事務職とは?

【年代別】管理・事務職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
管理・事務の仕事の幅は広く、経理、人事、在庫管理など、いろいろな事務職の事を指します。

正社員での募集もありますが、昨今では派遣社員や契約社員など、非正規雇用の方も多い一面があります。しかし、経理事務や人事事務など、企業の心臓部である部署では、アシスタントの方は非正規雇用の方であっても、部長クラスの方は必然的に正社員です。

このように管理・事務と一口に言っても、さまざまな雇用スタイル、職種があります。

管理・事務職の現状

人材不足と言われている世の中ですが、管理・事務の仕事は特に家庭と仕事のワークバランスを保ちたいと願っている女性からは人気の職種です。

20代くらいであれば未経験の方も転職は可能ですが、それ以降になると経験者以外は難しいと言われています。さらには経理職などの専門的な分野ですと、30代以降になると未経験で転職をされるのは難しい現状があります。

管理・事務職の将来性

管理・事務は、機械化により仕事が減ってくるとも言われていますが、その一方で需要が大きく減る事は考えにくい一面があります。

なぜなら、機械化をするとしても、その機械を動かすのは人間だからです。一般事務のままで大きくキャリアアップは難しい一面がありますが、経理職や人事職など専門性がある仕事にキャリアアップする事は可能です。

そうすることで、より需要が出てくる一面があります。

年代別!管理・事務職の平均年収4パターン

【年代別】管理・事務職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
管理・事務もいろいろな仕事がありますが、各年代ごとに平均年収があり、それは4パターンあります。

管理・事務も仕事内容は広く、非正規雇用で一般事務や経理人事などのサポートをしている方もいる一方で、経理職の部長を勤めている方もいるなど、人によって年収は大きく開きがあります。

それを踏まえて管理・事務の平均年収4パターンを見ていきましょう。

管理・事務職の平均年収1:20代の場合

20代の管理・事務の平均年収は約284万円です。

いろいろな職種の中で年収が多い順では最下位という結果になりましたが、一方で勤務時間や休日は一定である一面があり、プライベートの充実がしやすい傾向にあります。

しかし、そのような管理・事務の仕事の中でも、比較的専門性がある貿易事務の平均年収は305万円、翻訳・通訳の平均年収は294万円と、管理・事務の仕事の中でも高い年収となっています。

管理・事務職の平均年収2:30代の場合

【年代別】管理・事務職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
30代の管理・事務の平均年収は30歳から34歳で約308万円、35歳から39歳で約338万円となっています。

この年代になると、一般職の方はそのまま引き続き一般事務をされる方もいる一方で、経理職や人事職では課長になるなど、徐々に重要なポジションを任される年代にも差し掛かってきます。したがって、20代の時に比べると平均が上がる傾向にあります。

管理・事務職の平均年収3:40代の場合

40代の管理・事務の平均年収は40歳から44歳で約364万円、45歳から49歳で約385万円です。

40代くらいになると、経理や人事などの事務職の中でも比較的専門的な要素がある部門においては、部長になるなど、さらに重要なポジションに就く方もいます。

その一方で一般職の方は権限を持たず、昇給はするけれどアシスタントのようなお仕事をされている方もいます。

管理・事務職の平均年収4:50代の場合

50代の管理・事務の平均年収は50歳から54歳で約401万円、55歳から59歳で約395万円となっています。

50代前半は重要ポジションに就いている方は、引き続き高収入を得る傾向にあります。多くの方はお子さんが大学に通うなどで一番お金がかかる時期でもあり、一番年収が上がる時期です。

しかし、55歳から59歳と定年退職が近い年代になると、少々下がってきています。

男女での管理・事務職の平均年収の違い

【年代別】管理・事務職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
一口に管理・事務と言ってもさまざまな事務があり、また男女でも平均年収に違いが生まれる傾向があります。

昨今は女性の社会進出も進んできているので、総合職として男性と変わりなく働く女性がいる一方で、家庭と仕事のワークバランスを保ちたい女性の方は一般職の事務を選ぶ傾向があります。

そこで管理・事務の仕事でも、男女で平均年収に差が生まれる一面があります。男性と女性の、管理・事務の平均年収について見ていきましょう。

男性の管理・事務職の平均年収

【年代別】管理・事務職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
管理・事務全体での男性の平均年収は384万円です。

しかし、男性は一般職、事務アシスタントであるケースは非正規雇用では無い限りは多くなく、経理や人事などの比較的専門的な事務に従事している方が多いです。そして、ゆくゆくはその部署の課長や部長に昇進するケースが大半です。

中小企業においても、そのような総合職のような役割を期待されて雇用されている一面があります。

女性の管理・事務職の平均年収

【年代別】管理・事務職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
女性の管理・事務の平均年収は約314万円です。

男性と比較すると平均年収は低い傾向にあります。それは非正規雇用の方を含めて、事務アシスタントや一般職の方が多い一面があるからです。

女性の社会進出が進んでいても、特にお子さんがいる世帯であれば仕事と家庭のバランスが難しいので、一般職を選んで継続していく形にしたり、一度退職をされてから非正規雇用になったりする傾向があり、平均年収が低い結果となっています。

管理・事務職への転職におすすめのエージェントサイト5選

【年代別】管理・事務職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
管理・事務の仕事においてもエージェントサイトを使う事は大変お勧めです。

エージェントは転職に強いです。面接などのアポイントの代行や断る時の代行もありますし、キャリア相談も受け付けています。

特にワークバランスを意識している方に管理・事務の仕事は人気です。だからこそ、管理・事務への転職をされるのであればエージェントサイトを使いましょう。

おすすめのエージェントサイト1:dudaエージェントサービス

さまざまな職種への転職の取り扱いもありますが、管理・事務の仕事も多数ありますし、30年の営業実績がある点においてもお勧めです。

また、タイなどの海外での管理・事務の仕事も少数ながらも扱いがあります。管理・事務の仕事を探していて、なおかつ海外での転職をお考えであれば、前向きにdudaエージェントサービスを検討しましょう。

おすすめのエージェントサイト2:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、トップクラスとも言える豊富な求人数、転職の成功率が非常に高い事から、管理・事務への転職をお考えの方であれば、大変お勧めです。

その一方で、優秀なスタッフの方が多いがゆえに、ともすればスタッフの方が冷たく感じられてしまう一面もあると言われています。どちらかというと社会人経験がそこそこにある方のほうが利用しやすいでしょう。

おすすめのエージェントサイト3:パソナキャリア

パソナキャリアは、求人数が豊富とは言い難い傾向にはありますが、その一方で質の高い求人が多い一面があります。

パソナキャリアは第二新卒や20代の方にとっては少々向かない一面がありますが、未経験ではなく経験があり、なおかつキャリアアップをお考えの方に向いている転職エージェントと言えます。

おすすめのエージェントサイト4:マイナビエージェント

【年代別】管理・事務職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
マイナビエージェントは、第二新卒の方など、転職に不慣れな方でも、しっかりとしたサポートがある事が大きなメリットです。

マイナビエージェントは、求職者の方に親身になって相談に乗って下さる一方で、求人を押し付ける事はありません。未経験で管理・事務への転職を考える方の多くは、第二新卒の方など20代の方が多い傾向にあります。

そのような特徴から、管理・事務への転職をお考えであれば、ぜひ利用したいエージェントです。

おすすめのエージェントサイト5:type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、女性の転職に特化した18年の実績がある転職エージェントです。

女性は家庭と仕事の両立を考えるため、管理・事務への転職を考える方も多いです。大きなメリットは女性の転職に関するノウハウをたくさん持っている点です。さらには面接時のメイクの講座もあるなど、女性特有の悩みに向き合ってくれる一面があります。

管理・事務職の平均年収を知って働き方を見つめなおそう

【年代別】管理・事務職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
管理・事務は決して、平均年収が高いとは言い難い傾向がありますが、一方でプライベートとのバランスが保ちやすい一面があります。

仕事においても、高い年収が欲しいのか、年収はほどほどでいいのでプライベートも充実をさせたいのかなど、人によって求める点はさまざまです。その点も含めて管理・事務の平均年収を知った上で働き方を考えていきましょう。

Related