Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月26日

【役職別】Webデザイナー職の平均年収5選|年収をあげる方法4つ

Webデザイナーの平均年収はご存じですか。今後ますます需要が高くなるWebでの仕事、Webデザイナーはどれくらいの収入があるのでしょうか。この記事ではWebデザイナーの平均年収を役職別に紹介したり、年収を上げるにはどうすればよいのかなどを紹介していきます。

【役職別】Webデザイナー職の平均年収5選|年収をあげる方法4つ

Webデザイナーとは?

【役職別】Webデザイナー職の平均年収5選|年収をあげる方法4つ
Webデザイナーとは、Webサイトのデザインを作成して実際にサイトを作り上げる職業です。
Webサイトは企業を知るために欠かせません。Web制作の大部分を任されるのがWebデザイナーです。

クライアントから依頼されたページデザインを、HTMLやCSSなどのプログラミング言語を用いて実際にWeb上に作成していく作業を行います。デザイン性の高さや多様なスキルがあれば、平均年収を超えた高収入も見込めます。

Webデザイナー業界の現状

【役職別】Webデザイナー職の平均年収5選|年収をあげる方法4つ
今までインターネットはパソコンで見ることがほとんどで、利用する人も多くありませんでした。しかし現在では携帯端末などが普及し多くの人がインターネットを利用しています。Webデザイナーは、今現在も成長途中の職業です。

広告のみならず、多様なWebサイトが立ち上がり、これからさらに進化していく業界です。しかし人材も頭脳も足りていないのが現状です。

Webデザイナーの将来性

【役職別】Webデザイナー職の平均年収5選|年収をあげる方法4つ
誰もが手軽にインターネットを利用する情報社会の中で、Webデザイナーの仕事は益々増加していきます。Webデザイナー業界は、今後さらに発展していくでしょう。

しかしながら、Webデザイナーの数は年々増加の傾向にあります。その時代の流れや社会のニーズに合った人材が求められるでしょう。以降では気になるWebデザイナーの平均年収を紹介します。

Webデザイナー職の平均年収は?

【役職別】Webデザイナー職の平均年収5選|年収をあげる方法4つ
Webデザイナーの平均年収は300万~400万円です。Webデザイナーの給料は、会社によって違います。Webデザイナーの多くは中小企業に就職しているため、高い給料をもらえる人は多くはありません。

しかし実力次第では、給料を上げることも可能でしょう。さらに総合的なスキルを磨き、Webディレクターやマネージャーなど、Webデザイナーの上位職と言われる職に就くことも、平均年収を超える高い収入を得る一つの方法になります。

【役職別】Webデザイナー職の平均年収5選

【役職別】Webデザイナー職の平均年収5選|年収をあげる方法4つ
先程も紹介しましたが、Webデザイナーの平均年収は約300万~500万といったところです。Webデザイナーの平均年収は決して高くありません。若手で経験が少なければ少ないほど年収も低くなります。

年齢が上がるにつれて平均年収も上がっていきますが、高い平均年収を得るWebデザイナーはどのような役職についているのでしょうか。ここではWebデザイナーの平均年収を役職別に見ていきましょう。

【役職別】Webデザイナー職の平均年収1:メンバー(新卒含む)

Webデザイナーの平均年収は約357万円です。平均年収は20代で319万円、40代で425万円になります。

Webデザイナーとして働く場合、全職種の平均年収を超えるのは40代以降になるでしょう。長期的にWebデザイナーとして働く場合は、キャリアアップや年収アップの取り組みを積極的に行う必要があります。

【役職別】Webデザイナー職の平均年収2:リーダー

Webデザイナーのリーダーの平均年収は約452万円です。多くのWebデザイナーやプロジェクトに携わる人達を束ねるリーダーとして活躍するWebディレクターなどは、デザイナーの上位職にあたります。

上位職ではスケジュールの進行管理、品質管理、クライアントとの打ち合わせなどを行います。リーダーはWebデザイナーのスキルのみならず、スケジュール管理やリーダーシップなどのスキルが求められます。

【役職別】Webデザイナー職の平均年収3:マネージャー

Webデザイナーのマネージャーの平均年収は、471万円です。クリエイティブディレクターやプロジェクトマネージャーなどの呼び方は企業によって変わり、仕事内容も違います。マネージャーはWebデザイナーのメンバーやリーダーよりもさらに総合的なスキルを求められます。

クリエイティブに関する責任を負い、プロジェクトの責任者としてスタッフに指示したり、社内外の多くの人とのコミュニケーションも取る必要があります。
【役職別】Webデザイナー職の平均年収5選|年収をあげる方法4つ

【役職別】Webデザイナー職の平均年収4:スペシャリスト

Webデザイナーのスペシャリストの平均年収は400万円~500万円です。Webデザイナーのスペシャリストは、デザインのセンスが高いだけでなく、SEO対策に知識があります。

スキルを上げて社内外での知名度が上げていくことで、上位職に就いたり年収アップにつながります。多い人で1,000万円もの年収がある人もいます。

【役職別】Webデザイナー職の平均年収5:フリーランス

Webデザイナーのフリーランスの平均年収は300万円程度です。フリーランスはWeb制作会社やデザイン会社に属しません。フリーランスのWebデザイナーとして活躍していくのは険しい道のりです。

大企業での勤務経験や大きなプロジェクトの実績、クライアントからの信頼、コネクションなどが必要になります。

Webデザイナー職で年収を上げる方法4つ

【役職別】Webデザイナー職の平均年収5選|年収をあげる方法4つ
Webデザイナーの平均年収は決して高くありません。クライアントからの依頼を受け、しっかり納品しているのに、利益が上がらないと悩む方も多いでしょう。Webデザイナーの年収を上げるためには努力が必要です。

ではどのようにすれば年収は高くなっていくのでしょうか。これから紹介していきます。

Webデザイナー職で年収を上げる方法1:まずは信頼を掴む

年収を上げるにはWebデザイナーとしての実績を積み、社内外からの信頼が大切です。社員やクライアントへ笑顔であいさつをする、依頼された仕事は納期にしっかりと間に合わせるなど、基本的なことが大切です。

笑顔であいさつをすれば、笑顔が素敵な人と他の人よりも好印象で顔を覚えられる可能性があります。そして仕事を納期に間に合わせるなどして、時間を守れる人という印象を得られれば、人からの信頼も得られます。

Webデザイナー職で年収を上げる方法2:スキルを上げる

Webデザイナーは、HTMLやCSSなどのプログラミング言語を使用して、クライアントが望むデザインのWebサイトを作成します。そのためHTMLしか扱えない、このデザインの表現が難しいなど、要望に応えられないと、仕事は別の人へ流れてしまいます。

さらに年収アップを目指すには、Webデザイナーとしてのスキルアップがかかせません。高度な注文にも確実に応えられるよう日頃からスキルを磨く必要があります。

Webデザイナー職で年収を上げる方法3:総合的なスキルを磨く

Webデザイナーの上位職にあたるディレクターやマネージャーなどは、Webデザイナーとしてのスキルだけ持っているのではありません。管理職としてのスキル、コミュニケーション力など、高年収のWebデザイナーは総合的なスキルを持っています。

Webデザイナーだけでの高年収は難しいです。年収を上げるためにも、積極的に多くのスキルを磨く必要があります。

Webデザイナー職で年収を上げる方法4:情報を発信していく



Webデザイナーはいつ仕事がなくなってもおかしくありません。Webデザイナーとしての知名度が無くなればクライアントからも注目されず、依頼は減り、年収も減っていきます。年収を上げていくには、Webデザイナーとしての活動を積極的に発信していくことが必要です。

年収を上げていくためにもTwitterやFacebookなどのSNSで積極的に情報を発信していき、クライアントから注目されるようになりましょう。

Webデザイナー職の年収の平均を知ろう

【役職別】Webデザイナー職の平均年収5選|年収をあげる方法4つ
今回はWebデザイナーの平均年収を役職別に紹介しました。思いのほか年収が高くないと感じた方も多いでしょう。Webデザイナーの年収は努力次第で上がります。

積極的にスキルを磨いたり、社内外でのコミュニケーションを高めていき、年収アップに繋げていきましょう。

Related