Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月08日

年代別!法人営業職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介

法人営業職とは、法人対法人で営業活動を行う職種です。ビジネスのスケールとしても大きく、やりがいのある法人営業職は年収でも営業職の中で上位を占めていることが多くあります。法人営業職とはどのような仕事か、また平均年収はどのくらいなのでしょうか。是非ご覧ください。

年代別!法人営業職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介

法人営業職とは?

年代別!法人営業職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
法人営業とは法人対法人営業のことです。

法人営業は、企業同士の営業を行うことで「企業営業」、「B to B」ともいわれます。取引先は、企業や団体が多く継続的な営業活動が必要なため、コミュニケーション能力や信頼関係を上手く築く能力が求められます。

法人営業には自社製品を拡販する「ルート営業」、企業の問題解決策を探る「コンサルティング営業」、企業に企画を提案して販売する「企画営業」があります。

法人営業職の現状

インターネットやSNSなどITの進化に伴い、営業職の役割が大きく変わろうとしています。

それに加えて内需縮小は、グローバル化を加速させ国内需要の営業職は縮小を余儀なくされています。

営業職は優秀な人ほど職務範囲が広く、新規開拓、コンサルティング、フォローアップなど日本独特の企業風土の業務進行のため、海外のように専門性に特化したスピード感のある業務に対抗するためには変化を受け入れることが必要です。

法人営業職の将来性

年代別!法人営業職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
法人営業は業務の内容を「ヒアリング」「提案」「コンサルティング」に特化することが重要です。

日本企業の得意分野である顧客第一主義は、海外のビジネスでは見られない部分で、グローバリズムの中にあって十分に生き残っていける強みの1つです。法人営業では、それに特化した営業力を身に着けることが重要になります。

顧客の要望と真剣に向き合いベストな提案をすることは、ビジネスの継続性を構築できる1つの手段です。

年代別!法人営業職の平均年収4パターン

年代別!法人営業職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
法人営業の平均年収は、447万円です。

法人営業職は、経験やスキルによって平均年収に差があります。しかし、20代の若手社員でも大手企業に認められた有能な社員には、年収1,000万円以上を超える人も多くいます。

営業職の通例としては、基本給を低く抑えて能力に合わせて報酬を付加する成果主義型の報酬支払いをする企業が多いです。では、年代別の平均年収を見ていきましょう。

年代別!法人営業職の平均年収1:20代の場合

法人営業職の20代平均年収は、413万円です。

法人営業職の20代の最低年収は、150万円です。最高年収は、4,500万円の外資系証券会社社員です。

20代は、先輩社員から多くのことを学ぶ時期で経験やスキルがまだ備わってない時期ではありますが、有能な人は成果主義ならではの評価で、正当に評価してもらえることから高額な報酬が望めます。

年代別!法人営業職の平均年収2:30代の場合

年代別!法人営業職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
法人営業職の30代平均年収は、530万円です。

法人営業職の30代では、最低年収が150万円です。最高年収は、4,503万円の法人旅行手配会社社員です。高額年収社員は、年収の対価としてそれに伴う業務量が比例して多くなるため、精神的に疲弊するといった問題点が上がっています。

社員は、成果物に対して、それに見合った報酬が支払われているかということを常に意識して、企業と対峙して行くことが必要になります。

年代別!法人営業職の平均年収3:40代の場合

法人営業職の40代平均年収は、590万円です。

法人営業職の40代では、最低年収が150万円です。最高年収は、3,600万円の大手生命保険企業社員です。

40代では、業務内容に管理職の内容が入ってくるため一概に営業職だけでの平均年収を割り出すのが困難ですが、経験やスキルが充実して、安定した収入が見込める年代です。

年代別!法人営業職の平均年収4:50代の場合

法人営業職の50代平均年収は、625万円です。

法人営業職に占める年齢の割合では、20代が全体の47%を占めており、30代、40代、50代と年齢が上がるにつれてその割合は低くなります。50代では、全体の7から8%の割合で最低となっており、若手の社員中心の業界であることが分かります。

どの年代でも最低年収に変化が見られないことから、法人営業職の向き不向きがあることと、転職者が多いことも特徴です。

男女での法人営業職の平均年収の違い

年代別!法人営業職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
法人営業職では、男性が75%、女性が25%の割合で働いています。

法人営業職では、男性の占める割合が高いですが、女性の活躍も見逃せません。では、平均年収は男女ではどのくらいの差があるのでしょうか。男性、女性に分けて見ていきましょう。

男性の法人営業職の平均年収

法人営業職20代30代の男性の平均年収は、476万円です。

法人営業職は、就職当初はあまり給料の良い職種とはいえませんが、経験を積むにつれてそれが年収に反映される職種でもあります。男性の30代平均年収だけに注目してみると、530万円と20代に比べると多くなります。

これは、経験やスキルの積み重ねに見合った平均年収の上昇といえます。

女性の法人営業職の平均年収

法人営業職20代30代の女性の平均年収は、462万円です。

法人営業職の女性の平均年収は、20代では男性よりも収入が低く抑えられていますが、経験を積むことで、それが年収に反映されます。

女性の30代平均年収に注目してみると531万円と、男性よりも1万円多くなりその差がほとんどなくなっています。これは、男女の差が無い職種だということを裏付けていて、女性の有能な人は、チャンスを容易に掴むことができます。

法人営業職への転職におすすめのエージェントサイト5選

年代別!法人営業職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
法人営業へ転職する際は、営業職に特化したエージェント選びが必要です。

法人営業職の平均年収を色々と見てきましたが、ここからは、転職する際のエージェントについて見ていきましょう。法人営業職として年収アップを狙うには、おすすめエージェントが5選あります。

転職エージェントは、1つにこだわらず、複数のエージェントを利用して、1番条件の良いエージェントの利用をおすすめします。では、1つずつ見ていきましょう。

おすすめのエージェントサイト1:dudaエージェントサービス

年代別!法人営業職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
doda「デューダ」は、多くの営業職を紹介してもらいたい時に有益です。

日本全国に拠点があり、大手企業の求人からベンチャー企業まで、幅広い営業職関係の求人を7,000件以上かかえている事や、この求人以外にも非公開求人などがあり、選択肢が広がることがdodaの良い所です。

また、ITや通信関係、メーカー、サービス業界の営業転職実績が豊富です。

おすすめのエージェントサイト2:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、あらゆる業界の法人営業職に最適です。

大手リクルートグループが運営するエージェントで、転職成功実績ナンバー1です。キャリアアドバイザーは、営業職に精通した人が多くいることから、色々な業界の営業職求人に有益です。

おすすめのエージェントサイト3:パソナキャリア

年代別!法人営業職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
パソナキャリアは、初めての法人営業職への転職に有益です。

保有求人数が7,200件と非公開求人もあります。全国規模で拠点があり、親切丁寧なキャリアカウンセリングがパソナキャリアをおすすめする理由です。営業分野の専門アドバイザーのサポートにより、転職後の年収アップ率も67%以上です。

おすすめのエージェントサイト4:ワークポート

ワークポートは、IT業界の営業職転職に最適です。

IT業界の転職には、最も強く、ITやWEB業界の営業職転職サポートに特化したエージェントです。全国規模で拠点があり、転職決定人数ナンバー1です。

おすすめのエージェントサイト5:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、外資系営業職の転職に特化したエージェントです。

外資系営業職や、日系グローバル企業の求人を多く抱えています。各業界に特化したキャリアアドバイザーは、国内外を問わず、豊富な求人の中から最適な物を紹介してもらえるといった特徴があります。

法人営業職の平均年収を知って働き方を見つめなおそう

年代別!法人営業職の平均年収4パターン|男女別の平均年収を紹介
法人営業職の平均年収は、1つの目安として自らを見つめ直す良い指針になります。

法人営業職の年収は、成果型報酬の傾向があるため平均年収は単なる目安にしかならず、自らの努力次第で平均年収を大きく上回る報酬を得ることが可能です。

平均年収を下回る年収しか得られていない人は、転職も含めて、法人営業のスキル(コミュニケーション能力、忍耐力、誠実さ)を改めて磨く機会を作ることも必要ではないでしょうか。

Related