Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月27日

会計士におすすめの副業4つ|求人サイト副業会計士.jobの使い方5つ

会計士でも副業はできるか気になる人は多いのではないでしょうか。では、会計士でも副業は可能か、どのようなものがあるかをご紹介します。さらに、副業を始める前に知っておきたいポイントや希望する公認会計士のための求人サイトをお伝えしますので、参考にしてみてください。

会計士におすすめの副業4つ|求人サイト副業会計士.jobの使い方5つ

会計士でも副業はできるのか?

会計士でも副業はできます。事務所や会社では個人のスキルアップや資格取得に繫がるよう副業を積極的にさせるところもあります。

そのため、自分が得意とする分野をより追求できる副業を選ぶ人は多いです。自分が興味があり、進んで学べる副業を選び、前向きに副業をしてみるといいでしょう。

しかし、会計士事務所や会社の中には副業を禁止しているところもありますので、注意が必要です。

会計士の副業にはどんなものがあるのか

会計士の副業には学校での受験指導をしたり、バックオフィスサポート、本の執筆業、開示書類のチェック業務など自分の知識やスキルを活かしてできる副業が色々あります。

データ入力やパソコンでの入力、書類作成、売上げ計算などの事務も人気ですし、英語能力を活かして通訳でもっと語学力を伸ばし、外国人の相談者に英語で対応する人もいます。副業をして、余裕のある生活を考える会計士が増えています。

会計士におすすめの副業4つ

会計士におすすめの副業があれば知りたいと感じる人も多いでしょう。では、仕事もしっかりやりながら楽しくできる、会計士におすすめの副業はどのようなものがあるか4つご紹介します。

会計士におすすめの副業1:専門学校や大学等での受験指導

会計士におすすめの副業その1は、専門学校や大学などでの受験指導が最適です。会計士が持つ知識やスキルを活かしつつ、会計士を目指すために学ぶ専門学校の生徒や大学生に講師として教えます。

また、学生のテストの採点業務や教材の作成なども手掛けるのも仕事ですし、受験生には資格を取得するための問題対策から就職後の実務経験を活かしての大学生サポートをします。

会計士におすすめの副業2:執筆業

会計士におすすめの副業2つ目は執筆業です。文章を書くことが好きな勉強家の会計士には、この執筆という副業は楽しくできます。

計算して企業の状態を想像する会計士は、会計分野の専門的な知識を活かし、想像して書く執筆業は最適な副業となります。

また、根気よく計算し、書類作成をする会計士は、文字を根気よく書く執筆業は面白さを感じる副業です。ビジネス書籍や会計関連の専門書の執筆を担当するなどして稼ぐのもいい方法となります。

会計士におすすめの副業3:小規模企業や個人事業主のバックオフィスサポート

会計士におすすめの副業3番目は、小規模企業や個人事業主のバックオフィスサポートです。小規模企業や個人事業主の利益を計算したり、書類作成から営業、事務などの仕事をやる経営者に対し、業務効率化のためにサポートをしたり、コンサルティングの仕事を行います。

また、業務の効率化の知識を備えている会計士は、内部統制にも詳しい知識を活かし、より利益が上がるよう利益が回復するためのアドバイスをする副業は最適です。

会計士におすすめの副業4:開示書類のチェック業務

会計士におすすめの副業の4つ目は、開示書類のチェック業務です。企業の決算・決定事項などを確認し、投資判断に重要な企業の業務や運営に関する情報を分かり易く開示する資料は、株式を発行する上場企業が決算を発表する時、四半期ごと取引所に開示する資料でもあります。

業績と財産の状況、編羅性に正確性をチェックし、間違っていないか全て確認するこの副業は細かい部分まで目を通し、計算が得意な会計士に最適な副業です。

副業を始める前に知っておきたいポイント4つ

会計士が副業を始めたいとき、どのようなポイントに気を付ければもっと楽しく副業ができるか知りたい人もいるでしょう。では、副業を始める前に知っておきたいポイント4つを取り上げて、詳細をご紹介します。

副業を始める前に知っておきたいポイント1:本業の就業規則を確認する

たいていの会計事務所では副業を容認していますが、中には本業に支障をきたすことを理由に禁止しているところもあります。

自分勝手に始めて事務所から解雇されることがないように、まずは副業をしても問題がないかを会計事務所に確認しておくことが必要です。

副業を始める前に知っておきたいポイント2:本業に支障が出ないよう注意する

本業に支障が出ないように注意をすることが必要です。本来は、会計士という仕事を集中して行うことが当たり前のことですが、副業をした結果、本業の仕事が疎かになったり、ミスばかりが続いてしまえば事務所をクビになってしまうことがあります。

また、副業が忙しくなって疲労が溜まり、本業に身が入らなかったり、面白くなって本業を辞めたくなったりすることも考えられます。

あくまで副業としての意識をもつことが大切です。

副業を始める前に知っておきたいポイント3:副業関連のセミナーやイベントに参加する

副業関連のセミナーやイベントに参加することが大切です。セミナー参加を通して、副業の始め方や本業と並行しながら会計士の仕事も快適に進めるにはどのようにすればいいかなどノウハウを教わります。

また、副業でも収入があれば確定申告もしなければなりませんから、申告の方法なども学び、自分から副業と本業を両立しやすい環境を整えることも大切なことです。

副業を始める前に知っておきたいポイント4:会計士の将来性を視野に入れて考える

会計士の将来性を視野に入れて考えることが副業をすることの注意点です。会計士の副業には本業の専門的な知識や資格、スキルを伸ばせるものが多いですし、活かして自分のスキルを伸ばすこともできます。

副業の働き方により、多様な経験を積み、将来は独立をすることもできるものを選ぶことがポイントです。副業を上手に活かし、自分の将来の道を広げるためにキャリアの幅を広げることを視野に考えてみるといいでしょう。

副業を希望する公認会計士の為の求人サイトとは?

副業を希望する公認会計士のための求人サイトとは、会計士が本業と上手く両立しながら自分の都合のいい曜日や時間帯に副業ができる案件を探すことができるサイトです。

また、24時間、自宅からパソコンで、外出先からはスマホやタブレットを使い、無料で登録して利用することが可能です。本業の仕事の合間に、気軽に利用して副業の案件を探せるこのサイトは、スカウト機能やメールで希望する案件を紹介してくれます。

副業会計士.jobの使い方手順5つ

会計士が副業を探す時におすすめなのが副業会計士.jobです。このサイトを利用すれば、自分が理想とする副業を快適に見つけることができます。では、公認会計士.jobの使い方を5つそれぞれ詳細をご紹介します。

副業会計士.jobの使い方1:会員登録する

副業会計士.jobの使い方その1は、会員登録をすることです。サイトのトップページ左横に新規会員登録ができるボタンがあります。そのボタンをクリックしたらメールアドレスと名前を記入し、後は簡単なアンケートに答えるだけで登録は完了し、すぐに無料で使うことが可能です。

副業会計士.jobの使い方2:セミナーや面談に参加

セミナーや面談に参加することが副業会計士.jobの使い方その2です。会計士のスキルアップになる知識と学べるノウハウが身に付くセミナーは、将来独立するための支援をする説明会やキャリアセミナー、業務改善支援の研修などを行っています。

女性会計士がゆくゆくは監査役になりたいと考える時に、学べるヒントのセミナーや仕事に役立つITツールの製品レビュー会などのセミナーが色々開かれています。

副業会計士.jobの使い方3:スカウトを受ける|応募する

副業会計士.jobの使い方その3は、スカウトを受けたり、応募することです。サイトに登録してセミナーに参加したり、個人面談を受けた後は自分が興味のある案件に応募してみてください。

応募することで希望に合う企業からスカウトがくるチャンスが増えますから、理想的な案件が見つかるまでスカウトサービスを利用して、気軽に副業を見つけてみましょう。

副業会計士.jobの使い方4:業務内容等の条件について打ち合わせ

スカウトを受けた後は、業務内容などの条件について打ち合わせをします。応募した企業と打ち合わせをする日時を決めて、これから始める副業の業務内容の希望条件を伝えることが前向きに副業ができるポイントです。

企業側も会計士の要望を取り入れた業務内容の案件を考えてくれますから、スキルや知識アップにつながる仕事ができます。

副業会計士.jobの使い方5:業務開始

副業会計士.Jobの使い方その5は、業務内容や条件の打ち合わせの後は個別の勤務地で勤務を開始します。自分が伝えた個別の勤務地に行き、指示された副業をすることになります。

会計士でも副業は可能

公認会計士でも副業ができます。会計士におすすめの副業を確認して、自分がこれならスキルも学べるな、今後の仕事に役立つと感じる副業を選んでみましょう。

また、始める時に知っておきたいポイントを学び、後悔しないために、会計士におすすめの副業が見つかる求人サイトを選んで利用すれば、長く続けられる副業をスムーズに見つけることができます。セミナーや面談に行き、副業の知識を学ぶなど、積極的に行動してみてください。

Related