Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

【年代別】女性税理士の平均年収5選|年収の高い女性税理士の特徴

試験合格率は10%以下と低い税理士。しかし近年税理士人口の増加により、税理士の世界は競争が厳しくなっているのが現状です。ここでは税理士の将来性、女性税理士の平均年収や、年収の高い女性税理士の特徴など、女性税理士についてさまざまな情報をご紹介します。

【年代別】女性税理士の平均年収5選|年収の高い女性税理士の特徴

税理士の現状

【年代別】女性税理士の平均年収5選|年収の高い女性税理士の特徴
税理士とは、クライアントに対して税務上の指導などを担う専門職のことです。

会計・税務の専門家として、クライアントにアドバイスをしたり、税務書類の作成を行います。税理士は国家資格であり、試験合格率は10%程度と高い方ではありません。そのため、税理士になれば将来は安泰だと考える人もいるのではないでしょうか。

しかし最近は税理士の人口も増加しており、顧客がつかず仕事が立ちいかなくなるケースも発生しています。

税理士の将来性

【年代別】女性税理士の平均年収5選|年収の高い女性税理士の特徴
税理士の仕事は、今後少なくなっていくことが予想されます。

将来、単純作業はAIに取って代わられ、消えていくといわれています。税理士の仕事もその一つに挙げられていますが、基本的に仕事内容は多岐にわたるため、一部の仕事がなくなったとしても税理士という職業がなくなるわけではありません。

しかし、仕事が減れば税理士間の競争は激化します。そのため、結果的に税理士を辞めざるを得ない人が出てくる可能性があります。

男性税理士の平均年収や現状は?

【年代別】女性税理士の平均年収5選|年収の高い女性税理士の特徴
男性税理士の平均年収は830万円程度となっています。

税理士には、一般企業の経理として勤める方法や、会計事務所で働く方法、税理士法人で働く方法、独立開業するなどさまざまな働き方があります。

どういった働き方をするかによって年収には大きな差がありますが、開業税理士になると平均年収は3,000万円前後といわれています。しかし、4分の1の税理士は300万ほどの年収となっており、顧客の確保に苦労している背景があります。

【年代別】女性税理士の平均年収5選

【年代別】女性税理士の平均年収5選|年収の高い女性税理士の特徴
女性税理士の年収はどの程度の水準なのでしょうか。

女性税理士の平均年収は600万円程度となっています。男性税理士の平均年収は830万円程なので、男女間で200万円以上の大きな差があることがわかります。

しかしこれは、男女間で報酬に差があるということではなく、時短勤務をしている女性が含まれていることから平均年収が下がっているという背景があります。ここでは世代別の女性税理士の年収についてご紹介します。

【年代別】女性税理士の平均年収:20代

20代の女性税理士の平均年収はおよそ473万円です。

20代の女性税理士の場合、20代前半が277万4,000円、後半は669万8,000円となっていました。税理士の中には税務署勤務を経て税理士資格を得る人もいますが、そのためには23年以上の勤続が必要です。

20代なら必然的に税理士試験に合格しているため、職務経験が少なくても優秀なポテンシャルがあり、すぐに年収が上がっていく傾向があるといえます。

【年代別】女性税理士の平均年収:30代

30代の女性税理士の平均年収はおよそ882万円です。

30代の女性税理士の場合、30代前半は620万2,500円、後半が1,024万8,400円というデータになっていました。30代も税理士試験合格者ですので、税理士としての能力値が高いということが予想されます。

また、税理士としても働き盛りで、さまざまな方法でキャリアアップを目指している時期になります。そのため、給与水準が上昇する傾向にあるといえます。

【年代別】女性税理士の平均年収:40代

40代の女性税理士の平均年収はおよそ1,161万円です。

40代の女性は、40代前半が992万6,700円、後半が1,329万8,400円となっています。中堅税理士といえる年齢ですが、同じ事務所でキャリアを積み上げたり、能力を評価してもらえる職場への転職をするなど、さまざまな要因で年収が上がっています。

また、全国の女性税理士の平均年齢も41歳ほどとなっており、40代は年齢としても平均値になります。

【年代別】女性税理士の平均年収:50代

50代の女性税理士の平均年収はおよそ1,811万6,700円です。

50代の女性は、50代前半が1,533万6,300円、後半が2,089万7,100円となっています。50代となると、一部退職する層も出てきている年代です。

逆に税理士として仕事を続けている層は、順調にキャリアを積み、かなり高額な給与水準になることがわかります。

【年代別】女性税理士の平均年収:60代

60代の女性税理士の平均年収はおよそ441万円です。

これまで高い年収を得ていた女性税理士ですが、60代で急に平均年収が下がっています。これは60歳前後で一旦定年を迎え、その後は非正規雇用などで再就職したため、再就職扱いとなっていることが原因に挙げられます。

また、定年を迎えた税務署職員が無試験で税理士業界に参入してくる場合があります。そのため、平均収入が一気に下がっていると考えられます。

女性税理士の働き方

【年代別】女性税理士の平均年収5選|年収の高い女性税理士の特徴
女性税理士として働くにはどのような働き方があるのでしょうか。

税理士試験に合格し、晴れて税理士となったあと、どのように働くかは人によってさまざまです。例えば小さな事務所で地元の人のために働いたり、スキルを磨くために大企業やベンチャー企業のCFOに所属したり、独立して開業税理士となるなど、その選択肢は多く存在します。

ここでは女性税理士の働き方についてご紹介します。

大手企業

エキスパートを目指す場合は大手税理士法人などで働きましょう。

大手税理士法人はグローバルな仕事にも従事することができます。会計や財務という専門分野のエキスパートを目指す場合におすすめです。

また、監査法人系の場合は多くの上場企業を扱っており、その範囲は日本全国のみならず海外にも及んでいます。業務内容も財務以外にもコンサルティングなど幅広く、自分に合った分野で高いレベルの知識を習得することが可能です。

中小企業

幅広く税理士の仕事を経験したいなら、中小税理士法人などで働きましょう。

中小規模の場合、一つのクライアントを一人で担当することになるため、税務に関する業務を一からすべて習得することができます。

また、勤務先の所長である税理士から経営のノウハウを学ぶチャンスもあります。そのため、将来独立して開業することを目標にしている方にも中小規模の税理士法人はおすすめです。

個人事務所

町の税理士として地元の方と密着した働き方をしたいなら、個人事務所で働きましょう。

個人事務所の場合、クライアントはその地域にある会社や事業主となります。業務内容は毎月の帳簿入力や確定申告、給与計算からさまざまな手続きの書類作成の代行までを請け負います。

税やお金に関わる事務的は全て網羅し、税務に関わる業務すべてを学べるのは個人事務所の大きな魅力です。そのため、将来独立を考えている方にもおすすめです。

独立

自由に働きたいなら経験を積んで独立しましょう。

独立開業する場合、小規模の事務所を立ち上げたり、多くの人を雇って大規模な事務所を目指したりと、その形態はさまざまです。

最初は中小規模の税理士法人に勤めて、経験を積んでから独立する人も多くいます。独立すれば自分の努力次第で高い年収を得ることも可能です。また、時間を自由に使うことができ、自分のやりたい仕事を選ぶことができることは、独立開業の大きな魅力です。

女性税理士が重宝される理由とは?

【年代別】女性税理士の平均年収5選|年収の高い女性税理士の特徴
女性税理士が重宝されるのにはさまざまな理由があります。

女性の活躍が増えている税理士ですが、女性の方が男性よりも税理士として優位な適性があると言われています。例えば、女性ならではのきめ細かい配慮や丁寧な仕事ぶりは、税理士の世界でも評価されています。

まだまだ男性の多い税理士業界ですが、年収に関しても男性と遜色ないか、男性よりも良い待遇となっている例もあります。

年収が高い女性税理士の特徴4つ

【年代別】女性税理士の平均年収5選|年収の高い女性税理士の特徴
年収が高い女性税理士には共通した特徴があります。

女性は税理士としての適性が高いと言われており、年収においても男性を上回ることもあります。しかし順調にキャリアアップし、年収を上げていった女性税理士には、適正以外にも共通した特徴がありました。

ここでは年収の高い女性税理士に共通する特徴についてご紹介します。

年収が高い女性税理士の特徴1:人脈がある

【年代別】女性税理士の平均年収5選|年収の高い女性税理士の特徴
上手く人脈を築いている女性税理士が高い年収を得ているという特徴があります。

人脈作りは仕事をする上で大切な要素となっています。高い報酬を得ている税理士は、女性に限らず幅広い人脈をもっています。また、講習会やセミナーを開催することで、精力的に人脈を広げていく人もいます。

つまり税理士業界においては、人脈を上手く使ってクライアントを獲得し、さらに人脈を広げていく人が多くの売上を獲得できているといえます。

年収が高い女性税理士の特徴2:営業能力がある

営業能力が高い女性税理士が高い年収を得ているという特徴があります。

対面営業以外にも、広告やブログなどさまざま営業方法があります。女性に限らず、税理士としての実績に差がつくのは、顧客を獲得する営業能力です。税理士はサービス業とも言えますので、営業能力が高いほど売り上げに直結します。

つまりクライアントにうまく自分を売り込める能力のある人が、女性税理士の中でも高い報酬を得るという結果に繋がっています。

年収が高い女性税理士の特徴3:経営手腕がある

【年代別】女性税理士の平均年収5選|年収の高い女性税理士の特徴
経営手腕がある女性税理士が高い年収を得ているという特徴があります。

税理士としてだけではなく、経営の知識を身につけ、経営手腕を発揮できる人のほうが事業を拡大して高収入を得ています。

また、女性にとって話しやすいのは同じ女性です。女性経営者や、中小企業なら社長の配偶者が経理を担当しているということも多いですので、経営手腕を持つ女性税理士になると上手く女性のクライアントを獲得しやすいという傾向があります。

年収が高い女性税理士の特徴4:コミュニケーション能力がある

コミュニケーション能力が高い女性税理士が高い年収を得ているという特徴があります。

税理士には、クライアントからの信頼を得るためのコミュニケーション能力が必要です。また、異業種交流会やパーティなどの人が集まる場でうまく交友関係を広めるためにも、高いコミュニケーション能力が必要となります。

つまり、コミュニケーション能力の高い女性税理士ほど、クライアントから信頼され、新規顧客も獲得できる傾向にあります。

女性税理士の年収事情について知ろう

【年代別】女性税理士の平均年収5選|年収の高い女性税理士の特徴
女性税理士は男性に比べても年収水準が高い傾向にあります。

近年増えつつある女性税理士ですが、年収などの待遇に関しては男性を上回る場合もありました。また、女性は税理士としての適性も高く、女性のクライアントも多いため、女性に向いた職業であると言えます。

税理士という職業について理解を深めたい場合は、女性税理士の年収事情なども含めて、より深く知るようにしましょう。

Related