Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

サラリーマンの副業に確定申告は必要?副業の収入額から分析|人気の副業5選

副業をしている皆さんは、副業の確定申告について考えたことはあるでしょう。副業の確定申告について、詳しくわからない方も勿論いらっしゃるでしょう。副業の確定申告とは、どのようにすればいいのか、副業の確定申告について詳しく知っていきましょう。

サラリーマンの副業に確定申告は必要?副業の収入額から分析|人気の副業5選

サラリーマンの副業に確定申告は必要?

副業での確定申告は、年間20万円の所得を超えた場合、必要となります。ではその所得とは、売り上げから経費を引いた金額です。なので、もし売り上げが年間100万円だとしても、経費で80万円以上かかった場合、確定申告は必要なくなります。

また、基礎控除額が38万円なので、副業とは別ですがアルバイトなどの収入では38万円以下であれば確定申告の必要はありません。

そもそも確定申告とは?

確定申告とは、所得にかかる税金を計算し、税金を支払うための手続きです。確定申告によって、支払うべき税金の金額を計算する他、払いすぎた税金が戻ってくる場合もあります。

もし、確定申告を行わなかった場合は、課税割合を高くされる他、延滞税が発生するケースがあります。なので、副業によって確定申告が必要か確認する必要があります。

目的

確定申告の目的は、所得税をはっきりさせることです。所得なので、売り上げに対してかかった経費を差し引いた金額を提出し、実際の収入に対する課税金額を算出する事が主な目的です。年末調整を受けていない方は、確定申告をする必要があります。

もし、確定申告をしていなかったら、実際の収入に対し多く課税されてしまう事があります。なので、所得税をはっきりさせるためにも、確定申告は必要になります。

計算期間

確定申告の計算期間は、毎年1月から12月までの1年間になります。1年間をまとめ計算し、提出期間内に提出しましょう。提出期間は、所得税と復興特別所得税が3月15日、消費税が3月31日までになります。

前年の儲け額を算出し、経費を差し引いて確定申告を提出しましょう。

年末調整との違い

年末調整とは、会社員が年末に給与から引かれている税金を保険料や扶養家族が増えるなどの控除の変動を加えて、しっかり算出します。毎月支給される給与に掛かる税金は、概算なのでそれを年末にしっかりと計算します。

確定申告は、収入がある人全員が対象となる申告です。なので、副業などで多く稼いでいる場合は、会社で行なう年末調整の他に、確定申告が必要となります。

確定申告が必要になるサラリーマンの副業収入額は?

確定申告が必要になる副業収入額は、年間20万円以上の収入の場合です。アルバイトやパートですと、経費が掛かりませんが、経費が掛かる仕事を副業にしている場合、収入から経費を引いた金額が20万円以下の場合、確定申告は必要なくなります。

なので、確定申告をしたくない場合は年間で20万円以下の収入に抑える必要があります。では、確定申告が必要となる副業かの注意点に着目してみましょう。

確定申告が必要となる副業かの注意点

副業をする前に、その副業での収入は確定申告が必要になるのか注意する事が大切です。副業で得られる収入を一年間でみた場合に、どのぐらいの収入になるかを確認しましょう。また、収入の種類も確認しましょう。

もし、経費が掛かる副業の場合は確定申告が必要ない場合があります。また、収入の種類によっても確定申告が必要ない場合もあります。副業の内容を調べてみましょう。

注意点1:収入の種類

副業での収入の種類には、雑所得と事業所得の2種類があります。簡潔に説明しますと、雑所得は、経費が掛かる収入のこといいます。事業余得は、給与を受けるアルバイトなどで得られる所得になります。

ただ、二つの収入共に収入に対し経費を引く事ができます。例えば、ネットオークションなどで品物を販売した場合、その品物に掛かる経費を年間売り上げから差し引いて、20万円以下だった場合は確定申告の必要がなくなります。

注意点2:収入と所得の違い

収入とは、経費などを差し引く前の金額で、所得とはそれらの費用を差し引いて実際に残る金額のことです。確定申告が必要となるのは、収入が20万円以下ではなく、所得が20万円以下の場合です。なので、経費などを差し引いて20万円以下の場合は確定申告が必要なくなります。

確定申告を避けるならば、収入ではなく所得を20万円以下に抑える必要があります。

副業がアルバイト・パートの場合

副業がアルバイトやパートの場合ですと、基本的には経費がかからないので、収入が20万円を超えた場合には確定申告をする必要があります。収入の種類で言いますと、事業所得になりますが、一応事業収入にも経費を差し引くことはできます。

ただし、時給制のアルバイトなどでは経費がかけられませんが、給与取得控除をかける事ができます。アルバイト、パートであっても歩合制や出来高制ならば、経費をかける事ができます。

副業がアルバイト・パート以外の場合

副業がアルバイトやパート以外の場合ですと、経費によって節税や確定申告を避ける事ができます。収入に対して、必要経費を差し引いて20万円以下に抑えられれば確定申告が必要なくなります。

例えば、自分で取引を行なう仕事などでは、通信費・交際費・光熱費・交通費などを必要経費とし差し引いた場合、それらが経費として認められ、所得が20万円以下になれば、確定申告の必要はなくなります。

副業がアルバイト・パートとそれ以外の両方の場合

副業が、アルバイトやパートとそれ以外の両方の場合、合算した所得によって確定申告が必要か必要でないかが決まります。アルバイトで10万円の所得で、それ以外の副業での所得が10万円を超えた場合、その取得を合計したが20万円を超えるので、確定申告が必要になります。

ただし、副業の取得を合わせた取得の種類を事業取得にするか、雑取得にするかによって経費が決められるので確定申告を避けることもできる場合があります。

勤務先企業に副業をしていることを伝えるべきか?

勤務先企業に副業をしていることを伝えることは良いことです。副業によって、税金が上がるなどの変化があった場合に、会社も不審に見ないので、副業をしていることを伝えることは大切です。

副業を認めていない会社でも、副業をする事情を伝えれば、認められる場合もあります。もし隠れて副業をして、不審に見られ、社内での評判が落ちてしまうならば、素直に伝えた方が良いでしょう。

確定申告をすると副業がバレやすくなる理由

確定申告をすると副業がバレやすくなる理由は、副業をしていない同じ給与額の人よりも、住民税などが上がるからです。給料が特別増えたわけでもなく、増税するのはおかしいので、他での収入を疑われます。なので、副業がバレやすくなります。

例えば、前年も今年も同じ給与額の人と住民税を比べて、明らかに住民税が上がっていたら、副業を疑われてもおかしくはありません。

副業がバレたきのリスクは?

副業がバレたときのリスクは、信用を失う場合もあり、最悪解雇になる場合もあります。例えば、企業に対して悪印象を与える副業や、業務に支障をきたす副業をしている場合は、会社にとって良い印象は受けません。実際に、解雇になったケースもあります。

就業規則にて副業を禁止している場合、副業をしている事がバレて解雇になってもおかしくはありません。副業がバレたときのリスクは、決して小さくはないので注意しましょう。

社会人のマナーとして副業は事前申請すべき

社会人のマナーとして副業は事前申請して、トラブルにならないようにする事が大切です。副業を隠れて行い、バレたときに目を瞑ってくれれば良いですが、信用問題になってしまうケースもあります。会社に対し、不審に思われる隠し事はあまり良くありません。

事前申請すれば、そういったトラブルにもなりませんし、バレないよに気を使う必要もなくなります。

サラリーマンに人気の副業5選

サラリーマンに人気の副業を5つ紹介します。副業をするにあたり、サラリーマンをしながらやりやすい副業を選べば仕事との両立もしやすいです。副業を選ぶ際に確定申告だけではなく、仕事にも影響出てしまうと、本末転倒になってしまいます。

副業をする際、自分にあった副業を選びましょう。

人気の副業1:オンライン投資

オンライン投資は、スマホやPCから気軽に始められる株取引やFXの事です。仮想通貨取引も、定番のオンライン投資になっています。注意すべき点としまして、こういった投資の取引でも確定申告は必要になります。

オンライン投資ならば、場所を選ばずに始められるので、副業としても人気が高いです。ただし、必ず儲かるわけではないので、その点でも注意が必要です。

人気の副業2:代行業

代行業は、自分にあった仕事を選べる副業のひとつです。内容としまして、お使いを頼まれる代行業、車の運転を二人一組で行なう運転代行業、家事代行業など種類も多種多様あります。自分にあった仕事を選べる点では、おすすめの副業のひとつです。

もし、自分の住まいでしか買えない名産物がある場合にはお使い代行で、代わりに買ってあげることもできますし、話し相手の代行をするサービスもあります。

人気の副業3:クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、ネット上でできる在宅ワークのひとつです。内容として、ブログ執筆やロゴデザインなどの制作、英語翻訳など多数あります。自分のスキルを活かせる副業でもあり、スキルがなくても始められる仕事でもあります。

例えば、帰国子女のため英語が得意であれば、翻訳の仕事を選ぶこともひとつですし、元々デザインに興味があった場合、デザイン関係の仕事を選ぶのも良いでしょう。

人気の副業4:アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のブログやWebサイトにて商品などを紹介し、その広告収入を得るネットマーケティングのひとつです。

ブログなどで、商品の紹介を掲載し、そのことで商品を多くの人に認知してもらったり、商品を購入してもらうことにより、収入が発生する仕組みになっています。もし、ブログなどをされている方であればおすすめの副業のひとつです。

人気の副業5:せどり

せどりとは、転売目的で品物を安く仕入れて高く売る商法のことをいいます。元々は、中古本を安く買って高く売ることが始まりでした。今では、せどりもさまざまな形があって、CDせどりやホビーせどりなど商品を選ばず大きな括りでせどりと呼ばれています。

デメリットとしまして、投資金が必要になったり、誰でも始めやすいのでオークションなどでのせどりではライバルが多いという点です。

ルールを守って副業の確定申告を行おう!

ルールを守り、会社にも迷惑が掛からないように副業の確定申告を行えば、トラブルを回避することができます。確定申告をすることで、自分が本来支払うべき税金の金額をはっきりさせたり、払いすぎた税金を返還してもらったり、確定申告をすることは大切です。

副業の確定申告を行い、トラブルのない副業を行いましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related