Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月10日

長時間労働削減のポイント10選|削減のメリットや長時間労働の現状は?

近年盛んに働き方改革が叫ばれる中、日本社会固有の悪しき風習として長時間労働が問題視されるようになってきています。この記事では長時間労働を削減するためのメリットや、それを実現することで得られるメリットについてご紹介しています。

長時間労働削減のポイント10選|削減のメリットや長時間労働の現状は?

長時間労働の現状

みなさんは、普段どのくらい働いているでしょうか。他の先進国に比べて、日本社会では長時間労働が悪しき風習として根付いていることは周知の事実です。

朝出勤して夕方に退社するのが、一般的には理想的な働き方とされていますが、中には終電を逃す時間まで長時間労働を余儀なくされているというビジネスパーソンも少なくありません。

働き方改革の重要性が叫ばれる昨今ではこのような長時間労働の削減が社会的な急務となっています。

長時間労働削減のメリット3選

ドイツ語では、日本語の「過労死」がそのまま外来語として使用されているほど、長時間労働が常態化している日本の過酷な労働環境は世界中に知れ渡っています。

長時間労働を続ければ労働者の心身に深刻な健康被害が及ぶものですし、仕事の効率も低下してしまうことでしょう。

では、長時間労働削減にはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここからは、長時間労働を削減することの主なメリットを3つご紹介していきます。

長時間労働削減のメリット1:残業代の節約

長時間労働削減のメリットとしてまず考えられるのが、残業代の節約につながるということです。

中には残業代を支払わない会社もありますが、まっとうな会社は社員が残業した分だけ残業代を支払っています。

長時間労働を削減すれば給与を支払うだけで済み、残業代という余計な出費を削減することができるため、企業側にとっては金銭的に大きなメリットがあると言えるでしょう。

長時間労働削減には企業側に利益があります。

長時間労働削減のメリット2:労働者の離職が減る

労働者の離職が減るというのも、長時間労働削減のメリットのひとつとして挙げられるでしょう。

世間では長時間労働が常態化している会社は「ブラック企業」と呼ばれており、そのようなブラック企業の離職率は普通の企業と比べるとかなり高くなります。

離職者が増えれば新しい社員の採用に時間もコストもかかりますし、一から新人教育をせねばなりません。

このような無駄な労力を削減するためにも、長時間労働削減が必要です。

長時間労働削減のメリット3:働きやすい会社になる

長時間労働削減のメリットのひとつとして、働きやすい会社になるということも挙げられます。

社員にとって働きやすい会社になれば、社員の仕事に対するモチベーションが上がり、作業効率も上がって企業としての収益もアップすることでしょう。

また、働きやすい会社というよい評判が広まれば、企業イメージが向上し、企業のブランド力もアップしますし、優秀な人材が自発的に応募してくれるようになるはずです。

長時間労働削減のポイント10選

以上で見たように、長時間労働を削減することには非常に多くのメリットがあります。労働者にとって働きやすい職場になるだけではなく、企業にとっても金銭的なメリットを得ることができるでしょう。

では、長時間労働を削減するためにはどのような点に気を付けてそれを実施すればよいのでしょうか。

ここからは、長時間労働を削減するためのポイントを10個ピックアップしてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

長時間労働削減のポイント1:フレックスタイムの導入

長時間労働削減のポイントとしてまずご紹介したいのが、フレックスタイム制度を導入するということです。

フレックスタイム制度とは、会社が就業時間を規定するのではなく、労働者自身が自分の能力や生活スタイルに応じて柔軟に就業時間を決めるという働き方のことです。

フレックスタイム制度を導入すれば、だらだらと仕事をする社員が減り、自分が決めた就業時間の中で効率的にテキパキ仕事をするようになるので、一石二鳥です。

長時間労働削減のポイント2:ToDoリスト作成の徹底

ToDoリストの作成を徹底させるというのも、長時間労働を削減するためのポイントのひとつとして挙げられるでしょう。

ToDoリストを作成してやるべきこと・やらないでいいことをはっきりとさせることができれば、だらだらと仕事をするのを止めて、作業効率を向上させることができます。

職場全体でToDoリストの作成を徹底するよう取り組むことができれば、おのずと長時間労働が減り、作業の質も上がるでしょう。

長時間労働削減のポイント3:無駄な会議をなくす

長時間労働削減のポイントのひとつとして、無駄な会議をなくすということも欠かせません。意外と多くの職場では、無駄な会議を惰性で続けてしまっています。

無駄な会議は長時間労働につながってしまうので、現在行っている会議をリストアップし、それらが本当に必要かどうかを一つずつ検証してみてください。

「以前から行っている会議だから、ただ何となく続けている」という無駄な会議もあるはずです。

長時間労働削減のポイント4:仕事の分業化

仕事を分業化するというのも、長時間労働を削減するためのポイントのひとつとして挙げられるでしょう。

難しかったり時間や労力のかかる仕事は分業化し、社員一人ひとりの能力にあった役割を割り当てることで、効率的に仕事をこなすことができます。

分業化すれば職場全体の生産性も向上しますし、社員一人ひとりのストレスも軽減するでしょう。

さらには、長時間労働の削減にもつながるのでいいとこ尽くしです。

長時間労働削減のポイント5:残業が少ない人を表彰する

長時間労働を削減するためのポイントのひとつに、残業が少ない社員を表彰するということも含まれるでしょう。

残業が少ない人を社員全員の前で表彰することで、「残業をしないこと=いいことである」という意識を社員一人ひとりに根付かせることができます。

社員の中には「残業をすること=頑張っているアピール」と捉えている人もいるので、このような認知のゆがみを正し、残業をしないという意識を浸透させる必要があります。

長時間労働削減のポイント6:単純作業は外注に出す

単純作業は外注に出すというのも、長時間労働削減のポイントのひとつとして挙げられます。時間を取られる単純作業を社員に任せて長時間労働をさせるよりも、思い切って外注した方が、結果としてコストが下がると言えるでしょう。

というのも、単純作業に時間と労力を取られれば社員一人あたりの生産性は下がりますが、それを外注すれば他の有意義な仕事に取り組めるようになるからです。

もちろん、長時間労働削減にもつながります。

長時間労働削減のポイント7:ノー残業を朝礼のテーマにする

長時間労働削減のポイントのひとつとして、ノー残業を朝礼のテーマにするということもおすすめです。

朝礼時にノー残業をテーマにして、職場全体で残業時間を減らしていくという目標を共有することができれば、徐々にではありますが、長時間労働を削減することができるでしょう。

昔から職場に根付いている長時間労働という悪しき風習を一朝一夕でなくすのはなかなか難しいので、まずは意識改革から取り組むのが大切です。

長時間労働削減のポイント8:終業時間30分前にベルを鳴らす

終業30分前にベルを鳴らすというのも、長時間労働削減のポイントのひとつとして挙げられるでしょう。

ベルを鳴らして退社時間が近づいていることを職場全体に知らせることで、社員一人ひとりに「そろそろ仕事を切り上げて帰る準備をしなければ」という意識を持たせることが大切です。

ベルを鳴らすことで退社時間を意識させると同時に、終業時間を迎えたならば基本的に仕事はしないように呼びかけることも必要でしょう。

長時間労働削減のポイント9:仕事の内容によっては在宅勤務にする

長時間労働を削減するポイントのひとつとして、仕事内容によっては在宅勤務を認めるということも数えられるでしょう。

在宅でも問題ない仕事内容ならば在宅勤務を認めれば、その分出勤時間を削減することができるため、結果として長時間労働を削減することができます。

また、自宅ならば自分の裁量内で自由に仕事をこなすことができるため、社員によっては作業効率が上がりますし、ストレスも軽減するはずです。

長時間労働削減のポイント10:日々の残業時間を表にし貼り付ける

日々の残業時間をグラフ化して職場で人目のつく場所に張り出すというのも、長時間労働を削減するためのポイントのひとつです。

残業時間数を目に見える形でグラフ化し、社員一人ひとりの残業時間数を比較できるように人目に付く場所に張り出せば、「残業はしてはいけない」「就業時間内で効率的に仕事をしなければ」という意識を社員にもたせることができます。

また、残業時間削減の目標を数値化するのもおすすめです。

長時間労働しやすい人の特徴5つ

以上では、長時間労働を削減するためのポイントについて解説してきました。残念ながら、このように試行錯誤しても、長時間労働を続ける社員が一定数いるのもまた事実です。

では、長時間労働をしやすい人にはどのような共通性や特徴が見て取れるのでしょうか。ここからは、長時間労働をしやすい人に共通してみられる特徴をご紹介していきます。

ご自身に以下の特徴が当てはまっていないかどうか、チェックしてみてください。

長時間労働しやすい人の特徴1:長時間労働を善と思っている

長時間労働をしやすい人の特徴としてまず挙げられるのが、長時間労働を良いものだと考えているということです。

いわゆる「社畜」思考を持っている人は、身を粉にして働くことこそが社会人としての務めであり、きつい思いをして長時間労働をしなければ、自分の頑張りが周囲に認めてもらえないと思い込んでいる節があります。

このような歪んだ認知ゆえに、自発的に長時間労働を行うビジネスパーソンも少なくありません。

長時間労働しやすい人の特徴2:仕事に計画性がない

仕事に計画性がないというのも、長時間労働しやすい人によくみられる特徴のひとつでしょう。

仕事に計画性がなく、スケジュールを立てて仕事をきちんとこなせない人はミスをしたり仕事に遅延を生じさせやすく、それを補うために残業せざるを得ない状況に追い込まれがちです。

性格的にだらしがなかったり、いきあたりばったりで仕事をしてしまう癖のある人は、このような理由で長時間労働をしやすいでしょう。

長時間労働しやすい人の特徴3:愚痴が多い

長時間労働をしやすい人の特徴のひとつに、愚痴っぽいということも含まれるでしょう。愚痴が多い人は現状に不満を抱くだけで、それを自発的に改善しようとはしないため、自らの置かれた労働環境をより良くすることができません。

その結果、しなくてもいい無駄な作業をグチグチ言いながらつづけたりして、長時間労働をしてしまうことになるでしょう。

長時間労働しやすい人の特徴4:プライベートを楽しんでいない

プライベートを楽しんでいないというのも、長時間労働しやすい人の特徴です。アフターファイブの予定がなく家に帰っても何もすることがない人は、「なんとなく帰りたくない」という理由で、残業をする傾向にあるでしょう。

長時間労働しやすい人の特徴5:不規則な生活が多い

長時間労働をしやすい人は、往々にして不規則な生活をしているものです。不規則な生活をしているからこそ仕事に集中できず、結果として残業せざるを得なくなるのであり、それによって余計に不規則な生活になるという悪循環に陥るでしょう。

長時間労働削減を実現しプライベートを充実させよう

今回は長時間労働削減について特集してきましたが、いかがでしたか。長時間労働を削減すればプライベートの時間が増え、人生をより楽しく豊かなものにすることができます。

この記事でご紹介した長時間労働削減のポイントを参考にしながら、プライベートを充実させてみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related