Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月02日

年収950万円の場合の生活基本情報7つ!暮らし方の疑問も解決

年収950万円と聞くと、高収入だと感じる方も多いでしょう。しかし実際には、そうとは言えない場合もあります。この記事では、年収950万円の人の職業や存在する割合、手取りや税金の額、さらに世帯別の暮らしの違いや住まい、貯金額についてご紹介します。

年収950万円の場合の生活基本情報7つ!暮らし方の疑問も解決

年収950万円の人の基本情報を解説!

年収950万円の人はどのような暮らしをしているのでしょうか。

年収950万円と聞くと、1000万円近い金額だと考えて、かなり高所得なイメージがあります。しかしながら、実際には税金などが引かれるため、手取りは考えているよりも多くはありません。

さらに、子供がいる家族世帯の場合、将来お金がかかることを考えると、過剰な贅沢はできません。ここでは、年収950万円の人の気になる基本情報をご紹介します。

年収950万円の職業とは?

年収950万円の職業には、大企業のサラリーマンなどがあります。

従業員数の多い大企業や外資系企業のサラリーマンの中には、年収が950万円を超える人もいます。また、サラリーマンは基本的に勤続年数が長くなるほど年収も上がっていく傾向にあり、特に営業職は成果によって収入が上がるため高収入です。

その他、エンジニアなどの技術系やコンサルタント系、医師の中でも勤務医などは若いうちから年収950万円を超えます。

年収950万円の場合の生活基本情報7つ!

年収950万円の場合、どういった生活を送れるのでしょうか。

現在、年収950万円を超えている人はあまり多くはありません。身近にそれくらい高収入な人がいることも多くはないので、実際に年収950万円でどんな生活を送っているのか想像するのは難しいでしょう。

ここでは、年収950万円の場合の給料や手取り、貯蓄額や家賃などを、一人暮らしや扶養家族がいる場合などさまざまなパターンでシミュレーションしていきます。

年収950万円の場合の生活基本情報1:給料

年収950万円の場合、月々の給料は58万円程度になります。

専業主婦の妻や子供などの扶養家族がいない場合は扶養家族の控除がないため、給料は58万円程度になるでしょう。また、家族世帯の場合は、子供の人数にもよりますが、60万円程度が月々の給料となります。

年収950万円と聞くと、単純に月々80万円ほどの金額が入ってくるように思えますが、実際にはかなりの金額が税金として引かれてしまいます。

年収950万円の場合の生活基本情報2:手取り

年収950万円の場合、手取りは年間690万円程度になります。

額面の給与から、税金などが引かれた金額が実際の収入となります。税金は基本的に収入が高くなるほど上がる傾向にあります。

そのため、扶養家族がいない場合は690万程度、配偶者や子供がいる場合は、人数にもよりますが、710万程度の金額が手取りとなります。

年収950万円の場合の生活基本情報3:割合

年収950万円以上1000万円未満の割合は、全体の1.8%です。

年収950万円を超える割合は、男女別に分けてみると、男性で2.8%、女性は0.4%という水準になっています。つまり、年収950万円を稼ぐことができる人は、全体の2%にも満たない、限られた人々ということになります。

現在のサラリーマンの平均年収が400万~500万円だということを考えても、年収950万円は高い金額だと言えるでしょう。

年収950万円の場合の生活基本情報4:家賃平均

年収950万円の家賃は、月15万円前後となっています。

年収950万円の人は、都内で働いていることが多いため、都心に近い場所に暮しており、家賃が高くなる傾向にあります。また、子供のいる世帯では、東京郊外や近県で広めの住居を探す場合もあります。

しかし、子供がいる世帯の場合、子供の人数によって出費はどんどん増えます。また、教育費がかかることを考えると、理想では家賃は12万程度に抑えておくと良いでしょう。

年収950万円の場合の生活基本情報5:税金

年収950万円の場合、税金もそれだけ高くなります。

サラリーマンの場合、給与から所得税や住民税、国民健康保険料が天引きされます。また、基本的に税金は収入が高くなるほど高くなります。

扶養家族がいる場合は、扶養控除が適応されるため、税金が減額される場合がありますが、一人暮らしの場合はそういった控除もありません。ここでは、一人暮らしの場合の税金についてご紹介します。

所得税

年収950万円の場合の所得税は、およそ95万円です。

年間95万円なので、サラリーマンの場合は、月々およそ8万円の金額が給料から天引きされているということになります。所得税だけで8万円という金額は大きいと言えるでしょう。

住民税

年収950万円の場合の住民税は、およそ70万円です。

年間70万円なので、サラリーマンの場合は、月々およそ6万円弱の金額が給料から天引きされているということになります。ただし、住民税は住んでいる場所によって異なるため、さらに大きな金額になる可能性もあります。

個人事業税

個人事業主として事業を行う場合、所得合計額が290万円を超えている場合は、個人事業税を納める必要があります。個人事業税は課税所得×税率で計算することができます。

課税所得は、合計所得額+青色控除額-各種控除額で計算することができます。仮に、課税所得が600万円だとすると、年収950万円の場合の個人事業税は48万円となります。

年収950万円の場合の生活基本情報6:自宅購入金額

年収950万円の場合、3000万円~4000万円の住宅を購入できます。

年収950万円あれば、20年でおよそ4990万円まで借入が可能で、月々の返済は24万となります。また、35年でおよそ7190万まで借入が可能となり、月々の返済は22万円となります。

3000万円~4000万円程度のマンションや新築物件を購入しても、うまく家計をやりくりすれば、ローンを返済することができるでしょう。

年収950万円の場合の生活基本情報7:住宅ローン

年収950万円であれば、住宅ローンの審査もとおりやすいです。

年収が950万円あれば、高額なローンの審査もとおりやすくなります。また、手取りも700万円近くあるため、実際にきちんと支払う事も可能です。

ただし、住宅ローンの支払いがあり、さらに子供などの扶養家族がいる場合、日頃から贅沢をするのは難しくなります。そのため、日常生活は実際には慎ましやかな生活を送っている人も多いでしょう。

【世帯別】年収950万円の場合の暮らし方

年収950万円の場合、どのような暮らしができるのでしょうか。

年収950万円と聞くと、贅沢な暮らしができそうに感じますが、先述のとおり、税金によりかなりの金額が引かれてしまうため、実際の手取りは700万程度になります。

また、月々60万程度で子供が二人以上いる家庭となると、将来のためにも家計管理をしっかりと行わなければなりません。ここでは、年収950万円の場合の世帯別の暮らし方をご紹介します。

一人暮らしの場合

一人暮らしの場合、生活にはかなり余裕があります。

一人暮らしの場合、特に大きな出費となるのが家賃や外食費ですが、それ以外では大きくお金を使う必要がありません。そのため、高額な趣味にお金を使っても、自然とお金は貯まっていくでしょう。

また、家賃に割ける資金にも余裕があるため、お金を使うような趣味がなければ、高級マンションやタワーマンションに部屋を借りて生活することも可能でしょう。

夫婦の場合

子供のいない夫婦の場合、生活には余裕があります。

子供がいない夫婦世帯の場合、将来必要になる教育費などの高額な費用がかからないため、どちらかが専業主婦もしくは主夫でも問題ないでしょう。さらに家賃に関しても、一人暮らしと同じく、高めの物件を選ぶことも可能です。

また、海外旅行に行ったり、車を買ったりするなど、たまの贅沢に高額な出費をすることも可能と言えるでしょう。

家族世帯の場合

家族世帯の場合、将来のことを考えると贅沢をするのは難しいでしょう。

子供の人数にもよりますが、子供のいる場合は教育費や将来のための保険なども考えなければなりません。特に教育費は公立でも1人1,000万円程度、平均で1,500万円前後かかると言われています。

そのため、二人以上子供がいる場合は、家賃など固定費を考慮しつつ、毎月しっかりと貯金をしていく必要があります。普段から贅沢をするのは難しいでしょう。

年収950万円の人の貯金額

年収950万円の人の平均貯金額は、1200万円前後です。

年収別の平均貯金額の調査では、年収900万円の人の貯金額は1198万円となっています。また、世帯年収900万円以上の世帯では、貯金額が2000万円以上の世帯が最も多いという結果が出ています。

しかし、貯金額は家族構成により変わります。ここでは、単身、2人暮らし、家族世帯でそれぞれの貯金額を見てみましょう。

一人暮らしの場合

一人暮らしの場合、年収950万円の人の貯蓄額は、2000万前後となっています。

年収750万円~1,000万円の平均預貯金は、単身者世帯で2,311万円です。つまり、年収950万円の人であれば、平均的な貯蓄額は2000万前後であると言えるでしょう。

また、高収入で一人暮らしであれば、生活にもかなり余裕があるため、ある程度の出費をしていても、自然とお金が貯まる傾向にあります。

夫婦の場合

夫婦の場合、年収950万円の人の貯蓄額は、800万円前後となっています。

年収750万円~1,000万円の平均預貯金は、2人以上の世帯では813万円となっています。ただし、夫婦の場合は、世帯年収が変わる場合もあるため、平均金額を出すのは難しいと言えるでしょう。

また、共働きの場合は、普段から外食をしたり休みは旅行へ行ったりと、日頃から高額な出費をしている場合もあるため、かなり貯蓄が少ない場合もあります。

家族世帯の場合

家族世帯の場合、年収950万円の人の貯蓄額は、1000万円前後となっています。

年収750万円~1,000万円の平均貯蓄金は、家族世帯では1069万円となっています。また、年収950万円の家族世帯の平均貯蓄率は、収入全体の19.9%と言われています。

つまり、手取りの約700万円の20%として、平均年間140万円の貯金ができていれば、平均的な数字だと言えます。

年収950万円の人の平均レベルを知っておこう

年収950万円は高収入ですが、贅沢は難しい金額です。

年収950万円は、平均年収よりはかなり高い年収ですが、住宅ローンや車のローンを組んだり、子供を私立学校に入れようと思うと、普段から贅沢をするのは難しい額だと言えるでしょう。

しかし、上手く家計を管理すれば家族世帯でも貯金も十分にできる金額です。高収入ではありますが、年収950万円の場合、世帯によって生活水準が変わるということを理解しておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related