Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月24日

年収900万円の人に関する9つの情報|年収900万円の職業は?

年収900万円の人は、どのような生活をしているのでしょうか。年収900万円の職業とはなにか、どのようにすれば年収900万円を目指せるのか、気になる方は多いでしょう。今回は年収900万円の人に関する情報と年収900万円を目指せる職業についてみていきましょう。

年収900万円の人に関する9つの情報|年収900万円の職業は?

年収900万円の人の割合

年収900万円の人に関する9つの情報|年収900万円の職業は?
年収900万円の人の割合をみていきましょう。厚生労働省の調査によると、年収900万円の人は上位6.3%に属しています。

年収900万円の人の割合は、労働人口の3.6%です。性別でみると年収900万円の独身男性が2.9%、年収900万円の独身女性が0.7%です。

年収900万円の人は、いったいどのような生活をしているのでしょうか。次は、年収900万円の人の生活事情についてみていきましょう。

年収900万円の人の生活事情9つ

年収900万円の人に関する9つの情報|年収900万円の職業は?
厚生労働省の調査によると、年収900万円の人の生活レベルは独身で上位6.3%、世帯で上位21.9%の高さです。

国民生活基礎調査によると、年収900万円の人の生活レベルは子育て世代の平均生活レベルと同じレベルです。イメージすると、生活で必要なものを購入するお金には困らない生活レベルだと言えます。

ここからは年収900万円のひとの生活事情について9つご紹介していきます。

年収900万円の人の生活事情1:年収900万円の人の手取り

年収900万円の人の手取り金額は、670万円~700万円と考えられます。

総支給は900万円だとしても、多くもらえればもらえるほど引かれていくのが税金というものです。ここで30万円ほどの違いがある理由は、保険料や税金が異なるためです。支払う保険の種類や税金によって、手取り金額が違ってきます。

総支給だけでなく、どれくらいの税金がかかっているのかはしっかりと確認しましょう。

年収900万円の人の生活事情2:年収900万円の人の給料

年収900万円の人に関する9つの情報|年収900万円の職業は?
年収900万円の人の給料は、毎月41万円~43万円です。

手取り金額÷16(ボーナス4カ月分含む)で計算すると、給料を算出することができます。たとえば、670を16で割ると、41.333となります。41.333が毎月の給料になります。

以上が年収900万円の人の給料です。次は、年収900万円の人の家賃平均をみていきましょう。

年収900万円の人の生活事情3:年収900万円の人の家賃平均

年収900万円の人に関する9つの情報|年収900万円の職業は?
年収900万円の人の家賃平均は、15万円~22万円です。

適正家賃は、年収の20%~30%です。計算すると、年収900万円の人の適正家賃は、年間180万円~270万円です。それを12で割ると、15万円~22万円と算出することができます。

年収900万円の人の適正家賃は、15万円~22万円です。適正家賃が年収900万円の人の家賃平均です。

年収900万円の人の生活事情4:年収900万円の人の税金

年収900万円の人の税金は、153.7万円~179.1万円です。税金の内訳は、所得税が87.7万円~105万円、住民税が66.0万円~74.1万円です。

以上が年収900万円の人の税金です。次は、年収900万円の人の社会保険料について見ていきましょう。

年収900万円の人の生活事情5:年収900万円の人の社会保険料

年収900万円の人の社会保険料は、126万円~138.6万円です。

社会保険料は、健康保険料と厚生年金保険料を合わせた総称で、毎月の給料の14%程度です。社会保険料は、年収×0.14で算出することができます。年収900万円の人の社会保険料を計算すると、900×0.14=126になります。

以上が年収900万円の人の社会保険料です。次は、年収900万円の人の貯金額についてみていきましょう。

年収900万円の人の生活事情6:年収900万円の人の貯金額

年収900万円の人の貯金額は、毎月9万円~13万円の上に、ボーナスが加わった金額だと考えられています。

貯金額は人によって異なりますが、毎月上記の金額を積み立てた上に、ボーナスの一部を貯金へまわすなど節制生活を心掛けた場合、年間で220万円程度の貯金をすることができます。

以上が年収900万円の人の貯金です。次は、年収900万円の人の住宅購入金額についてみていきましょう。

年収900万円の人の生活事情7:年収900万円の人の住宅購入金額

年収900万円の人に関する9つの情報|年収900万円の職業は?
年収900万円の人の住宅購入金額は、4,500万円までです。

住宅購入金額は、年収の5倍程度といわれています。単純計算して年収900万円の5倍は、4,500万です。年収900万円の人は、理論上では住宅購入金額を25年~30年で完済することができます。

しかし、ローンを組んだ後に家族に不測の事態が起きて返済が不可能になる、という可能性もありますので、自分の家庭はどの程度が良いのかよく検討してみましょう。

年収900万円の人の生活事情8:年収900万円の人のローン

年収900万円の人の住宅ローンは、年間225万円までにしておくのがよいでしょう。

住宅ローンは、年収の25%までが無理なく返済できる上限です。年収900万円の25%は、225万円です。よって、住宅ローンの上限は年間225万円となります。

住宅ローンの上限を知ることにより、無理のない計画を立てて、破産することがないように気をつけましょう。次は、年収900万円の人の生活レベルについてみていきます。

年収900万円の人の生活事情9:年収900万円の人の生活レベル

年収900万円の人に関する9つの情報|年収900万円の職業は?
年収900万円の人は、生活で必要なお金に困らない生活をすることができます。

生活水準にもよりますが、年収900万円の人は生活で必要なものを買ったり、子供を私立大学に通わせることができます。生活に大きく困るようなことはありません。

自分のためだけでなく、家族を養うための貯金までできるほどの余裕があります。ただ、贅沢ができるほどではありませんので、ある程度の節約とお金の管理は大切です。

年収900万円以上を目指すには?

いくら頑張っても年収900万円以上を目指せない職業もあります。年収900万円以上が見込める職業を事前にチェックしてから選ぶことが重要です。

年収900万円以上を目指せる職業とは、どのような職業なのでしょうか。次からは、年収900万円以上を目指せる職業を6つピックアップして見ていきましょう。

自分が目指せるジャンルの職業がないか、これまでの経験が活かせそうな職業はないか、ぜひチェックしてみてください。

年収900万円以上の職業1:大学教授

大学教授の年収は、900万円~1,400万円です。

大学教授の年収に差が開く理由は、国公立大学と私立大学で給与が異なるからです。また、教授の年齢によっても給与が異なります。

例えば、国公立大学と私立大学では、私立大学の給与が高くなります。また、年齢が30代の大学教授と50代の大学教授では、年齢が50代の大学教授の方が給与が高くなります。

このように、働く大学と年齢によって、給与が異なります。

年収900万円以上の職業2:大学准教授

大学准教授の年収は、862万円~900万円です。

大学助教授の年収に差が開く理由は、教授同様に、国公立大学と私立大学で給与が異なるからです。また、准教授の年齢によっても給与が異なるからです。

例えば、国公立大学と私立大学では、私立大学の給与が高くなります。また、年齢が30代と50代の大学准教授では、50代の大学准教授の給与が高くなります。

このように働く大学と年齢によって、給与が異なります。

年収900万円以上の職業3:記者

記者の年収は、540万円~1,227万円です。

記者の年収に差が開く理由は、企業の規模によります。規模が小さい企業の記者の年収は、400万円~600万円です。一方、規模が大きい企業の記者の年収は、1,000万円以上です。

記者という仕事は苦労も多く、簡単な仕事ではありませんが、真面目に仕事を続けたり、規模の大きい企業へ転職することで収入アップ以上が期待できます。次は、営業職の年収をみていきましょう。

年収900万円以上の職業4:営業職

営業職の年収は、400万円~1,000万円以上と差があります。

営業職の中でも、不動産業界と自動車販売の営業職は、高額なインセンティブがある事で知られています。高額なインセンティブによって、不動産業界と自動車販売の営業職の年収は高くなります。

営業職の中でも、どの職種が高い給料を得やすいのかを知っておきましょう。以上が営業職の年収です。次は、コンサルタントの年収をみていきましょう。

年収900万円以上の職業5:コンサルタント

年収900万円の人に関する9つの情報|年収900万円の職業は?
コンサルタントの年収は、500万円〜1,000万円以上です。

コンサルタントの年収に差が開く理由は、コンサルティング企業の規模の大きさとコンサルタントの実力によるからです。

外資系のコンサルティング企業では、20代で年収900万円以上稼ぐことができます。また、実力のあるコンサルタントは、2年程度で年収900万円以上稼ぐことができます。

年収900万円以上の職業6:経営者

経営者の年収は、543万円~5,643万円です。

この数字は、自営業~大企業の経営者の年収です。年収に差が開く理由は、企業の規模によるからです。自営業と社員が1,000以上いる大企業では、社員が1,000人以上いる大企業の経営者の方が、年収は高くなります。

ここまで、年収900万円以上の職業を5つみてきました。次は、年収900万円の生活を実現する方法についてみていきましょう。

年収900万円の生活を実現する方法

年収900万円の生活を実現する方法は、昇進・昇給と転職です。

年収が低めの人でも、昇進・昇給することによって、年収900万円の生活を実現することができます。また、年収が高い業界に転職することによって、年収900万円の生活を実現することができます。

それでは、昇進、昇給するにはどうしたらよいのでしょうか。次は、年収900万円の生活を実現する方法である、昇進・昇給と転職についてみていきましょう。

年収900万円の生活を実現する方法1:昇進・昇給

年収900万円の生活を実現する方法のひとつに、昇進・昇給があります。

昇進とは、役職が上がることです。昇進すると、年収が一般社員の1.7倍~2.2倍に増えます。役職によっては、役員報酬があります。

昇給とは、基本給が上がることです。昇給率は、給料の1.45%です。例えば、給料が30万円としたら、1年後の給料は30万4,350円になります。10年後の給料は、34万6,000円になります。

年収900万円の生活を実現する方法2:転職

年収900万円の生活を実現する方法のひとつに、転職があります。転職による年収増加率は、平均11.4%、金額に直すと年収増加率は、平均150万円です。

例えば、制御設計技術者の転職前の平均年収は381万円ですが、転職後の平均年収は531万円です。このように、転職により900万円の生活の実現が可能です。

また、資格を取得して年収が高い業界の企業に転職をすることで、年収900万円の生活の実現が可能です。

年収900万円の人の平均レベルを知ろう!

年収900万円の人は、大企業で管理職を任せられるレベルで、難易度の高い資格を保有しています。

年収900万円の人が身に付けている主なスキルは、「人材育成力」「コミュニケーション力」「リーダーシップ力」「交渉力」「マネジメント力」「ファイナンス」「語学力」の7つです。

年収900万円を実現するには、年収が高い業界で働くことだけでなく、スキルを身に着けることも重要になってくることを頭に入れておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related