Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月21日

新人にありがちなミス10選|ミスをしてしまった後の対処法は?

どんなに優秀な人物であっても、新人ならば多少なりともミスをするものです。この記事では、新人にありがちなミスを徹底解説しています。ミスの具体例をあらかじめ知っておけば、それを防ぐこともできるでしょう。新入社員の方は、ぜひご覧ください。

新人にありがちなミス10選|ミスをしてしまった後の対処法は?

新人はミスして当たり前

入社したてで右も左もわからず、ミスをしては上司や先輩に怒られてばかりという方も多いのではないでしょうか。

もちろんミスをしたことに対しては真摯に反省をすべきですが、過度に落ち込んだり自己嫌悪に陥ったりする必要はありません。

新人は誰しも多かれ少なかれミスをするものですし、偉そうに振る舞っている上司や先輩も、新人時代はミスをしていたはずです。

新人はミスが当たり前ですし、そこから学びを得ることができます。

ミスしてしまった時はどうしたらいいの?

新人にミスはつきものですが、ミスをしたまま放置するのはいけません。同じミスを繰り返さないためにも、ミスをしてしまったことをしっかりと反省し、それを教訓とすることが必要です。

では、ミスをしてしまった時にはどうすればその傷を小さくすることができるのでしょうか。ここからはミスをしてしまった時に取るべき行動をご紹介していきます。

新人の方は、ぜひ以下のポイントを参考にしながらミスに冷静に対処しましょう。

まずは焦らず落ちつく

新人がミスをしてしまった時に取るべき行動としてまず挙げられるのが、焦らずに落ち着くということです。

ミスをした時には瞬間的に慌てて感情的になってしまいがちですが、そうなると余計にミスの被害が拡大してしまうので、まずは冷静になって心を落ち着けるようにしましょう。

心を落ち着けることができれば、状況を客観的に把握し、それを改善する方法や対処法を考えることができるようになります。

リカバリー方法を覚える

新人にありがちなミス10選|ミスをしてしまった後の対処法は?
どうすればミスを取り戻せるかを考えるというのも、新人がミスをした時に取るべき行動のひとつでしょう。

ミスをそのまま放置せず、どうすれば現状をリカバリーすることができるかを考え、自分の行動によって迷惑がかかるのをできるだけ抑えることが必要です。

ミスを犯してしまったことは仕方がないので、それによって与えてしまった損害や迷惑をどのようにすれば取り戻せるのかを冷静に考えてみてください。

上司や先輩の行動を観察する

新人がミスをした時に取るべき行動のひとつとして、上司や先輩の行動を観察するということも含まれるでしょう。

上司や先輩も昔は新人としてミスをし、それを乗り越えて今の自分を作っているので、その行動を観察してミスへの適切な対処法について学ぶことが大切です。

上司や先輩と言っても、観察して参考にすべきは、尊敬できる人物でなければなりません。社会人としてあるべき姿・行動をその後ろ姿から学びましょう。

新人によくあるミス10選

新人にありがちなミス10選|ミスをしてしまった後の対処法は?
社会人になりたての頃は、どんなに優秀な人であっても仕事に慣れていないため、何らかのミスをしてしまうものです。

今は立派なビジネスパーソンとなり、会社を経営している有名人であったとしても、新人時代には多くのミスをしていたはずです。

では、新人はいったいどのようなミスをしやすいのでしょうか。ここからは、新人にありがちなミスを10個ご紹介していきます。

新人の方は、他山の石としてぜひ以下をご覧ください。

新人によくあるミス1:遅刻

新人によくあるミスとしてまず挙げられるのが、遅刻をしてしまうということです。つい寝過ごしてしまったり、通勤にかかる時間を正確に見積もることができず、始業時間に遅刻してしまう新人も少なくないことでしょう。

遅刻は新人にありがちなミスではありますが、繰り返し遅刻してしまうと「だらしないやつだ」「社会人としての自覚が足りない」と、困った新人扱いされてしまいます。

何事も10分前行動を心がけたいものでしょう。

新人によくあるミス2:書類の不備

書類の不備も、新人にありがちなミスのひとつとして挙げられるでしょう。新人は書類の記入方法や形式についてまだ慣れていないため、どうしても書類に不備がでやすくなってしまいます。

8割方は合っているものの、ちょっとした細部の記入でミスをしていたり、あるいは添付する書類を忘れてしまうというのも新人にありがちなケースでしょう。

書類のミスは新人にとって避けられないものですので、一つずつ学んでいくことが大切です。

新人によくあるミス3:期日の間違い

新人にありがちなミスのひとつに、期日の間違いも含まれるでしょう。最終締め切りを中間締め切りと勘違いしてしまい、期日までに仕事が間に合わなかったという新人も少なくありません。

新人は学生気分が抜けきっておらず、スケジュール管理を徹底することができていない人が多いため、期日の間違いをしてしまいやすいと言えるでしょう。

ですが、期日の間違いは多くの人に迷惑がかかるので二度と繰り返さないことが大切です。

新人によくあるミス4:納期の遅延

納期の遅延も、新人にありがちなミスのひとつとして挙げられます。新人はまだ仕事に慣れておらず、そのためひとつの作業にどれくらいの時間がかかるかを正確に見積もりにくいため、間に合うと思っていた納期に間に合わせられないこともよくあります。

1日で終わると思っていた簡単な作業でも、予期せぬトラブルが起きたりミスをしてしまうと2日以上時間がかかり、約束した納期までに作業を完了できないというケースも多いです。

新人によくあるミス5:報告・連絡・相談を怠る

新人にありがちなミスのひとつとして挙げられるのが、報告・連絡・相談、いわゆる「ほうれんそう」を怠るということです。

上司とのコミュニケーションが上手く取れない新人だと、上司に報告・連絡・相談すべき案件を自分の中だけで処理してしまい、時に大きなトラブルへ発展することもあります。

中には、上司から怒られたり注意されるのが怖くて、あえて報告・連絡・相談をしないという新人もいるでしょう。

新人によくあるミス6:勝手に自己判断する

勝手に自己判断してしまうというのも、新人にありがちなミスのひとつです。新人に与えられている自由裁量はとても少なく、ビジネスにおける重要な判断をする権限は与えられていません。

例えば、上司に指示を仰がず、自分で勝手に判断して間違った行動を取ってしまう新人も少なくありません。

また、上司に確認を取るべきところをそうせずに、独断でクライアントと口約束を交わしてしまう新人もいることでしょう。

新人によくあるミス7:書類の紛失

新人にありがちなミスのひとつに、データや書類の紛失も含まれるでしょう。上司から押印をしてもらったばかりの重要な書類をどこかになくしてしまい、真っ青になってしまった新人も多いのではないでしょうか。

パソコンの操作に慣れておらず、自分ではそのつもりがないのにうっかりミスで重要なデータをバックアップも取らずに消去してしまうこともあります。

また、データの入ったUSBメモリを失くすケースもあるでしょう。

新人によくあるミス8:電話対応ができない

適切な電話対応ができないというのも、新人にありがちなミスのひとつとして挙げられるでしょう。

特に人と話すのが苦手で内気な新人は、スマートに電話の取次ぎができず、電話相手を怒らせてしまうこともあります。

電話の応対をするのに精いっぱいで、伝言を頼まれた相手の名前や所属先の会社・部署を聞くのを忘れてしまうこともよくあるケースです。

また、焦ってつい電話相手にタメ口を使ってしまうという新人もいることでしょう。

新人によくあるミス9:同じ失敗を繰り返す

新人によくあるミスのひとつとして挙げられるのが、同じ失敗を繰り返してしまうということです。

新人ならばミスをするのはある意味当然ですが、それを二度も三度も繰り返してしまうのは致命的でしょう。

一度目のミスをした時は「次から気をつけてね」と軽く注意されるだけでも、二度・三度と同じミスを繰り返せば、注意では済まず厳しい叱責を受けてしまいます。

また、上司からの評価も下がってしまうでしょう。

新人によくあるミス10:メモを取らない

メモを取らないというのも、新人にありがちなミスのひとつでしょう。上司や先輩から教えてもらったり指示されたことをメモに取らず、ただボーっと聞くだけで、すぐにその内容を忘れてしまう新人も一定数います。

このような新人は、教わることや指示されることについて逐一メモを取るという意識に欠けています。

そのため、何度言われても同じ間違いを繰り返しては、そのたびに上司や先輩に呆れられてしまうでしょう。

ミスした時にしなければならないこと5つ

新人にありがちなミス10選|ミスをしてしまった後の対処法は?
新人ならばミスをするのは致し方ありませんが、社会人として責任ある行動を取ることが必要です。

では、ミスをしてしまった時、具体的にどのような行動を取ればよいのでしょうか。ここからは、ミスをした時にせねばならないことを5つピックアップしてご紹介していきます。

ミスのダメージを最小限にとどめるためにも、ぜひ以下の方法を実践するようにしてみてください。

ミスした時にしなければならないこと1:すぐに報告する

ミスをした時にしなければならないこととしてまず挙げられるのが、すぐに上司や先輩に報告するということです。

自己判断でミスに対処しようとしても余計に状態が悪化してしまうことがあるので、まずは直属の上司や責任者に自分がしたミスを包み隠さずすぐに報告することが必要でしょう。

ミスした時にしなければならないこと2:ごまかさない

ごまかさないというのも、ミスをした時にしなければならないことです。怒られたくないからといってミスを隠ぺいすると、そのダメージが拡大して取り返しのつかないことになってしまいかねません。

また、大したミスでなくともそれを隠していることが発覚すれば、周囲からの信頼を失ってしまうでしょう。

ミスした時にしなければならないこと3:きちんと謝る

ミスをした時には、迷惑をかけた人にきちんと謝ることが大切です。言い訳をしたり見苦しい弁解はせずに、素直に自分の過ちを認め、心を込めた謝罪をしましょう。

また、最近の若い世代にありがちなことですが、LINEやメールで謝るのはよくありません。誠意を示すためにも、直接会って謝罪をするか、それが難しい時には電話で謝罪をすることが大切です。

ミスした時にしなければならないこと4:原因を考える

ミスをした原因を考えるというのも、過ちを犯した時にすべき行動でしょう。どうして自分はミスをしてしまったのか、その原因をきちんとつきとめ、自分の行動をしっかりと反省することが必要です。

原因を把握し、真摯に反省をすれば、次に同じようなミスをしないで済むでしょう。

ミスした時にしなければならないこと5:同じミスを繰り返さない

ミスをした時にしなければならないこととして、同じミスを繰り返さないように努力するというのも含まれるでしょう。

失敗から学び、それを二度と繰り返さないことが責任ある社会人として必要です。

新人はミスを恐れるな!ミスを反省することが成長につながる

新人にありがちなミス10選|ミスをしてしまった後の対処法は?
今回は新人にありがちなミスについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。新人にミスはつきものです。

ミスを過剰に恐れると何事にも後ろ向きになりチャレンジ精神を失ってしまうので、ミスを恐れずにさまざまなことに意欲的にチャレンジしてみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related