Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月21日

年収査定の方法及びポイント3項目|年収をアップさせる方法5つ

「年収査定」ではいくつか必要な項目がありますが、それによって「適正年収」を算出することができます。自分の「適正年収」を知って転職をするときの希望年収の目安に、また年収交渉など年収をアップ方法についても紹介いたします。ぜひご覧ください。

年収査定の方法及びポイント3項目|年収をアップさせる方法5つ

年収査定とは

年収査定の方法及びポイント3項目|年収をアップさせる方法5つ
「年収査定」とは、現在のその人の年齢やキャリア・能力や役職などからその人の「適正年収」がいくらであるのかを査定することを言います。「年収査定」行っている人は転職を希望している人に多いですが、年収交渉に年収査定を活用するケースもあります。

適正年収とは

年収査定の方法及びポイント3項目|年収をアップさせる方法5つ
年収査定で査定する「適正年収」とは、年齢・学歴やキャリアや経験・スキルをどの程度持っているかによってその人が本来どの程度の年収を得るのが適正なのか、その目安となる年収のことです。

転職サイトなどでは「適正年収診断」という形で入力した情報を元に簡単に診断することができますが、年齢や学歴などおおざっぱなデータを元にしています。そのため、あくまでも目安程度に考えるとよいでしょう。

年収査定を行う意義とは

年収査定をする意義とは、その人の仕事に対する客観的な評価を知ることです。

客観的な視点からキャリアや能力に絞ってその人の年収を査定することで適正な年収を計算し、転職や人事との年収交渉などに役立てることができます。

とくに転職時には希望年収を聞かれることが多いので、自分の適性年収を知っておきその根拠をしっかり相手に伝えられると説得力があります。

年収査定の方法及びポイント3項目

年収査定の方法及びポイント3項目|年収をアップさせる方法5つ
ここからは、年収査定を行うにあたって査定に関してどのような情報が必要となるのか、年収査定でどんなことが判断できるのか、査定を実施した後にすべきことについて解説していきます。

年収査定のポイント1:年収査定に必要な項目

年収査定の方法及びポイント3項目|年収をアップさせる方法5つ
年収査定のポイント1、年収査定に必要な項目とは性別や生年月日といった基本的な個人情報から、職業・勤続年数・学歴や資格・そして仕事でのキャリアの情報となっています。

年収査定ではこういった情報を元に、同じような学歴や職業・年齢の人がどの程度の年収なのか比較してその人の年収を査定しています。したがって簡単に数項目だけ入力するよりも、入力する項目が多ければ多いほどより正確な年収査定ができることになります。

1:性別と生年月日

年収査定においてまず必要な項目の性別と生年月日は基本的にどこでも必要とされるものですが、これは年収を決定するときに年齢と性別が大きく影響しているためです。

基本的に年齢が高くなるほど家庭を持ったりしており、求職者の希望年収が高めになりますし、平均年収も高めとなっています。性別については男女雇用均等法がありますが、現在でも男性と女性では平均年収に差があるなどの実情があるため、年収査定に影響します。

2:職業と勤続年数

年収査定に必要な項目、職業は職業によって平均年収が変わってくるため必須の項目ですし、勤続年数が長ければ長いほど年収が上がるという傾向があります。

例えば医師と会社員では、そもそも基準となる平均年収に違いがあります。平均年収が高めの職業と平均的な職業、低めな職業がありますので、職業の情報は正確に入力するようにしましょう。

3:学歴と資格

年収査定では学歴や資格も必要な項目となっていますが、年収に影響を与える場合がある資格と違い、学歴はそれほど重要視されないことがあります。

すでに働きはじめている人の場合、学歴よりも職歴が優先される傾向があります。ただ職歴のない第二新卒では、学歴の重要度は高いです。資格は保有しているかしていないかで年収に差が出るでしょう。資格でなくても、外資系などではTOEICのスコアを求められることがあります。

4:営業経験

年収査定におけるポイントとして、営業経験の有無といった情報を求められることがありますが、経験があるとなると年収は上がる傾向にあります。

現在の職業、あるいは希望する職種について営業職を希望していた場合は、この営業経験の有無が大きく影響するでしょう。

営業経験が長いと査定される年収が高めになる傾向はありますが、このときの適正年収には年齢も影響してくることになります。1年未満でも経験とすることはできます。

5:実務経験

実務経験は、これまでに経験してきた職業において経験があること、すぐに同じ仕事についたら即戦力となれることをアピールするために必要です。

年収査定においては1年以上、3年以上、5年以上などの項目から入力することになりますが、勤務期間が1年以内だと実務経験とはみなされない場合があります。転職などの中途採用では実務経験が重視されることになりますので、年収査定ででてくる年収にも影響を与えます。

年収査定のポイント2:年収査定でわかること

年収査定の方法及びポイント3項目|年収をアップさせる方法5つ
続いて年収査定のポイント2つ目は、年収査定でわかることとは何か、ということです。

年収査定を行うことによって、あなたの「適正年収」を査定してもらうことができるのですが、その「適正年収と現在の年収との違い」や「適正年収と理想年収」との違いを確認することができます。

1:現在の年収との差

年収査定を行ってでてきた適正年収と現在の年収に差があった場合、あなたの能力に見合わない評価をされているか、能力を低く見積もられているかのどちらかとなります。

あまりないことですが、適正年収より高く評価されている場合はとくに問題はないでしょう。しかし査定された年収よりもかなり低い年収であった場合は、あなたのキャリアやスキルがしっかりと評価されていない可能性があるということになります。

2:理想年収との差

理想の年収はあくまでも理想ですので、実際に査定した年収と差が出てしまった場合は査定される項目について対策を行っていく必要があるでしょう。

適正年収を理想の年収に近づけるには、実務経験を積む・資格をとる、また転職をすることや年収交渉を行うなどの対処法があります。ただ注意するポイントとして、年収査定はおおまかな情報での査定を行っているため、算出された適正年収は目安程度に考える必要があるでしょう。

年収査定のポイント3:年収査定算出後にすべきこと

年収査定の方法及びポイント3項目|年収をアップさせる方法5つ
実際に年収査定算出を行った後は、何ができるのでしょうか。年収査定で適正年収を算出したら、「年収交渉を検討すること」や「転職の検討」、あるいは特に必要ないので「何もしない」という選択肢があります。

1:年収交渉を検討する

年収アップの交渉ですが、転職に際して行う場合は「年収交渉」、勤務している組織に対して行う場合は「昇給交渉」となります。

転職における年収交渉は、基本的に転職先の企業から内定をもらった後のタイミングがベストです。内定の連絡を受けて条件を確認し、希望年収と食い違いがあった場合には年収交渉を行います。

担当者に連絡をとるとまた新たな面談を行うことになりますが、ここで内定取消になることはほとんどないでしょう。

2:転職を検討する

現在もらっている年収が年収査定により算出された適正年収と隔たりがあった場合、さらにそれに対する交渉ができないあるいは難しい場合には、転職を検討することも必要でしょう。

転職をすれば必ず年収が上がるという訳ではありません。しかし、自分の市場価値を理解して適正年収を得るための努力を行っていれば、転職によって前職よりも適正年収に近づけることはできます。交渉が難しいという場合には、転職を検討してみましょう。

3:そのままにしておく

年収査定で適正年収を算出してもとくに不満がない場合や、すぐに昇給交渉や年収交渉を狙うことが難しいような場合にはそのままにしておくという人が多いです。

年収査定は何度も紹介していますが、あくまでも平均年収から算出しており個人の事情に配慮したものでもありません。現在の年収にとくに不満がないといった場合には、あえて昇給交渉や年収交渉を行う必要はないでしょう。

年収をアップさせる方法5つ

年収査定の方法及びポイント3項目|年収をアップさせる方法5つ
ここからは、年収をアップさせる方法として「昇任する」・「残業する」・「資格を取る」・「転職する」・「会社と交渉する」など5つの方法について紹介します。

年収が高いにこしたことはありませんが、年収を高くするためには自分のスキルを磨いたり負担を増やしたり、環境を変えるといったことが必要な場合があります。年収アップのためのポイントを押さえておきましょう。

年収をアップさせる方法1:昇任する

年収査定の方法及びポイント3項目|年収をアップさせる方法5つ
年収をアップさせる方法の1つ目は課長や部長などの管理職に昇任する、出世するという方法ですが、昇任をするためには社内での評価を高めていく必要があります。

当たり前の話ではありますが、出世をすると自動的に年収は増えます。とくにサラリーマンとして働いている人の場合は、管理職として役職者になることがもっとも近い年収アップ方法となるでしょう。

年収をアップさせる方法2:残業する

年収をアップさせる方法2つ目は残業代がつく残業をたくさんするという方法ですが、この方法では体調に悪影響があることがありますので、やり過ぎやサービス残業にならないよう気をつけましょう。

この方法では職を変えることのないまま、出世する必要もなく残業をすることで残業代がつき、結果的に年収をアップされられます。残業ができる環境であることが条件なので、比較的自分で仕事の裁量をある程度決められる人が対象です。

年収をアップさせる方法3:資格を取る

年収査定の方法及びポイント3項目|年収をアップさせる方法5つ
年収アップの方法3つ目の「資格を取る」ですが、なんでも資格を取ればよいという訳ではなく、出世に役立つあるいは資格をとったことで手当てがつく資格を取る必要があります。

働いている組織で出世するために必要となる資格、あるいは資格を持っていることで毎月手当がでる資格があります。そういった資格の取得には会社から補助がでる場合もありますので、相談してみてもよいでしょう。

年収をアップさせる方法4:転職する

キャリアアップや年収アップのために転職をする、というのは一般的に行われていますが、実際に転職で年収を上げるのは難しいのでしっかりポイントを押さえて転職しましょう。

年収アップのために転職するならば、専門性の高い分野の人や高い技術力を持っていること、しっかりとした実績があると成功率が高くなります。

年収をアップさせる方法5:会社と交渉する

年収査定の方法及びポイント3項目|年収をアップさせる方法5つ
会社と年収アップの交渉を行うこともできますが、事前に自分の市場価値をしっかりと理解して適正年収を算出しておくこと、会社にアピールするポイントをまとめておきましょう。

会社に対しては自分の生活状況について話すよりも、会社にとって自分がどれだけ利益があるのか、これからもそのつもりであることをアピールすることが効果的です。タイミングとしては、あなたが仕事で何かしら成果を挙げた後がよいでしょう。

年収査定を理解して適正年収を割り出しましょう

年収査定の方法及びポイント3項目|年収をアップさせる方法5つ
年収が低いと悩んでいる方、転職を検討している方にはまず年収査定を行うことで、自分の適正年収や市場価値について割り出しておくことをおすすめします。

転職活動をスムーズに、あるいは会社との交渉をスムーズにすすめるためにも、年収をアップさせる努力をするにも現在の適正年収を知っておくことは重要です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related