Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月23日

正社員の副業メリットやデメリット各3つ|おすすめの副業と注意点

正社員が副業をする場合、どういったメリットやデメリットがあるのかを紹介します。正社員には副業をする時には、必ず知っておかなければいけない注意点も存在しますので、そういった注意点をふまえたうえで、正社員におすすめな副業も5つ紹介します。

正社員の副業メリットやデメリット各3つ|おすすめの副業と注意点

副業とは?

正社員の副業メリットやデメリット各3つ|おすすめの副業と注意点
副業というのは、収入を得るために本業とは別の仕事をするということです。正社員の場合、正社員の仕事が本業です。

一般的には本業よりも少ない労働時間や労働力のものが副業と言われていて、本業と同じくらい本腰を入れていたり、本業より多くの収入を得ることもありますが、その場合には「副業」ではなく「複業」といった表現をすることもあります。

事業を複数行っている場合には、「兼業」という表現をすることが一般的です。

正社員の副業する時の注意点は?

正社員として雇用されていると、その企業や業務に関して一定の責任が必要になります。会社の業務や利益に悪影響を与えたりする場合には、副業を制限することができることを厚生労働省の発表する「副業・兼業の促進に関するガイドライン」で正式に発表しています。

基本的には正社員でも副業を行うことは認められていますが、会社との相談などが必要になる可能性や、制限されても文句が言えない場合もあることに注意しましょう。

正社員の副業の3つのメリット・3つのデメリット

正社員の副業メリットやデメリット各3つ|おすすめの副業と注意点
正社員が副業を行うことにはメリットもある反面、デメリットとなってしまう部分もあります。副業を行おうか迷っている場合にはまず、そのメリットとデメリットを正確に把握しておくことが重要です。

副業もちゃんとした仕事ですので、メリットとなる部分はしっかり存在しますが、始めた場合にはデメリットにも向き合わなければいけません。どういったメリットとデメリットがあるのか、代表的なものを3つずつ紹介します。

副業の3つのメリット

まずは副業のメリットを3つ紹介します。副業はその性質上、少ない時間や労働力で行うことが多いため、これから紹介するメリットも場合によってはそこまで大きく感じられない可能性もあります。

そうなってしまうと、後から紹介するデメリットばかり目立ってしまう可能性が高まってしまいます。せっかく本業以外の時間を使うのですから、メリットをしっかりと感じられる仕事を選ぶようにしましょう。

副業のメリット1:収入が増える

正社員の副業メリットやデメリット各3つ|おすすめの副業と注意点
副業は単純に仕事をする量が増えますので、収入の増加が一番わかりやすいメリットと言えるでしょう。

もちろん、副業の内容によっては増加する量や、仕事の時間に対してのコストパフォーマンスなどに差はありますが、収入を増やしたいと考えている人には、このメリットはとても重要です。

正社員の給料にどれくらい増やしたいかを決めることで満足感が得やすいですので、目標金額を決めるのがおすすめです。

副業のメリット2:新たなスキルを身につける

副業を行うことで、新しい事にチャレンジするきっかけができれば、その経験から新たなスキルを身につけることも可能です。新しいスキルを手に入れることで仕事の幅や質が向上すれば、それだけ自分の質を高めることができます。

その経験を本業の正社員の仕事に還元したり、副業の収入増加につなげることができれば、このメリットはどんどん大きくなっていきます。長い目で見ればとても重要なメリットと言えるでしょう。

副業のメリット3:起業・転職のステップとなる

副業が上手く軌道に乗ることで、副業が本業になっていくことも十分に考えられます。正社員として行き詰まっていると感じてる人には特に注目してほしいメリットです。

副業を行って新たなスキルを身につけたり、自分に合った仕事の形や内容を見つけ、それをきっかけに起業を行ったり転職をする段階まで行けば、副業を始めて大成功だったと言えるでしょう。いろいろな副業に挑戦してきっかけ探しをすると効果的です。

副業の3つのデメリット

正社員として働きながら副業を行う場合、必ずデメリットがついてくるということもしっかり肝に銘じておきましょう。

メリットには魅力的な部分が多く夢がありますが、副業はそんな簡単に成功するとも限りません。むしろほとんどの人が始めて早々にデメリットとぶつかり、それとお付き合いしながら続けています。

デメリットが大きすぎる場合は手を引くことが重要ですが、まずはそうならないように見極めて始めるのが得策です。

副業のデメリット1:自由な時間が無くなる

正社員の場合、多くの業種や会社は勤務時間内に副業を行うことを禁じています。厚生労働省のガイドラインにも「勤務時間外において」という前置き付きで副業を行う自由を認めています。

そのため、本業の勤務時間外で副業を行うことになり、本来なら自由な時間が副業という仕事の時間になってしまいます。副業は純粋に仕事の時間が増えるからメリットが発生するということを考えて、体力や気力の余裕と相談しながら考えましょう。

副業のデメリット2:ストレスがたまる

正社員の副業メリットやデメリット各3つ|おすすめの副業と注意点
副業は場合によっては苦痛を伴う仕事内容な場合もありますので、大きなデメリットになりえます。自由な時間が無くなることはリフレッシュの時間が無くなることにも直結します。ストレスが溜まり発散する時間すらないという状況になってしまうこともあるため、注意が必要です。

ストレスが溜まってきて、正社員の仕事に影響してしまうのは絶対に避けるようにしましょう。

副業のテメリット3:本業に支障をきたす場合もある

副業は本業である正社員の仕事に悪影響の無い範囲で行うことで認められていますので、まずは本業第一で考えることが絶対です。

副業が忙しくなってしまったりして本業に支障をきたすようになってしまうと、本業での評価の低下や副業を辞めるように指示されることも十分に考えられます。

そうなってしまうと、せっかく始めた副業もダメになってしまいますので、必ずこのデメリットは発生しないようにしましょう。

正社員におすすめの副業5つ

正社員の副業メリットやデメリット各3つ|おすすめの副業と注意点
正社員が副業を始める際に一番重要なのは「続けやすさ」です。本業と副業の優先順位の関係から、副業にはそこまで時間や労力を大きく割かない方がデメリットのリスクが少なくなります。

その他に重視すると良いポイントは、「手軽に始められるか」「収入が比較的多くなりやすいか」「本業の経験を活かせるか」といった部分です。そういったポイントをふまえて、正社員におすすめの副業を5つ紹介します。

正社員におすすめの副業1:クラウドソーシング

クラウドソーシングというのは最近生まれたばかりの比較的新しい形での働き方の一つです。

クラウドソージングでは、インターネット上の専門サイトなどで仕事をやりとりするもので、ライティングやプログラミングなどのPCワークだけでなく、覆面調査など様々な仕事が存在します。

募集を見つけて参加する形が基本ですので、自分のやりたい時に始めやすいという、時間に縛られにくい部分が正社員にはおすすめです。

正社員におすすめの副業2:アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のブログなどのWebサイトに広告をつけて、サイトを見てくれた人に広告も同時に見てもらい、その広告収入を得るというものです。

自分でサイトを運営するため、他者からの強制などもほとんど無く、自由に行いやすいのが正社員におすすめな一番の理由です。本業や趣味などをテーマにすることができれば、自分の強みを活かしやすいというのも特徴の一つです。

正社員におすすめの副業3:アンケートモニター

アンケートモニターの一番の特徴は手軽さです。アンケートの内容にもよりますが、そこまで本腰を入れてやらなくても大丈夫なら、隙間時間にちょっと稼ぐなんてことも可能です。

このタイプの副業は、本業への影響が出てしまうリスクがほとんど無いのでリスクの少なさという部分では最高の副業と言えます。

ただし、手軽さの分だけ基本的には収入は望み薄ですので、もっと稼ぎたいという人は別の副業を行うとよいでしょう。

正社員におすすめの副業4:写真撮影

最近ではプロのフォトグラファーのような専門家以外でも「写真」で収入を得られるようになってきています。

写真だけでなく動画も可能ですので、撮影する対象や内容には無限の可能性があります。特に人気なのはペットの写真や子供の写真などで、人気が高まると写真集の出版まで発展した例がいくつもあります。

スマホのカメラでも始めることは可能ですので、始めやすさという意味でもおすすめです。

正社員におすすめの副業5:アルバイト

仕事と言えばアルバイトも典型的ですが忘れてはいけません。正社員がアルバイトをすることを許可していない会社も存在するため一概におすすめはできませんが、しっかりと雇用契約を結んで仕事をする安定感は他の副業とは比べ物にならない安心感があります。

スケジュールをしっかり管理できれば、本業と完全に分けて行いやすいため、計画をしっかり立ててそれに合わせられるアルバイト先があればぜひ考えてみましょう。

正社員が副業するときの注意点

正社員の副業メリットやデメリット各3つ|おすすめの副業と注意点
正社員が副業をする場合、必ず確認しなければいけないことや守らなければいけないことがあります。なぜそういったことが必要かというと、正社員は企業に正式に雇用された立場なので、会社の約束事を守る義務が存在するからです。

副業を始める前にまずはその大前提をしっかり把握して、どういったことを注意しながら副業をするべきかを知っておきましょう。正社員が副業するときの重要な注意点を3つ紹介します。

会社に説明し許可・理解を得る

正社員が副業を行ってよいかどうかの判断は、個人ではなく会社が下すものです。厚生労働省のガイドラインでは副業を「禁止」するという内容が無くなっただけであって、勝手に行ってよいという内容ではありません。

正社員の場合基本的には、副業を行いたい意向を会社に説明し、その許可と理解を得てから始めましょう。その時に結んだ約束や、本業を優先することなどは正社員として必ず守りましょう。

確定申告が必要なら申告する

副業で得た所得が多くなってくると、確定申告が必要になります。売り上げから経費を引いた額が所得と言い、年間でその額が20万円を超えた場合には確定申告の義務が発生します。

青色申告と白色申告の2種類がありますので、状況に応じて適した方を選びましょう。確定申告をするための経理関係の作業なども必要になりますので、しっかりと稼ぐという場合には、確定申告の作業も忘れずに行うようにしましょう。

無理な仕事をしない

正社員は本業を最優先するのが絶対条件ですので、副業で無理をしてしまうのは厳禁です。睡眠時間の確保以外にも、精神的な回復時間を作らないと、今は大丈夫でも後々になって本業に悪影響が出てしまうこともあります。

心身共に無理のない範囲で副業を行うために、仕事を増やしすぎないようにしたり、楽な仕事を選ぶようにしたりといった工夫が必要になってきます。

正社員の副業のメリット・デメリットを理解して副業を成功させよう

正社員の副業メリットやデメリット各3つ|おすすめの副業と注意点
正社員として働きながら副業を行うのには、少なくないデメリットや注意点が存在します。副業を始めてからも、自分が正社員であることを忘れずに慎重に進めることが重要です。

副業のメリットを理解して上手く活用できれば、収入を増やすといった目先のことだけでなく、将来設計をよりよいものにすることも可能ですので、そのメリットとデメリットをよく理解して副業を始めるようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related