Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月21日

24歳の年収にかかる統計値4項目|転職に強いエージェント5つ

皆さんは、24歳の年収についてご興味はありませんか。この記事では「24歳の年収にかかる統計値」と、「転職に強いエージェント」についてを詳しくご紹介していきます。ご自身や身の回りの方に24歳がいるという人は、ぜひ最後までご覧ください。

24歳の年収にかかる統計値4項目|転職に強いエージェント5つ

24歳の平均年収を知る意義

24歳の年収にかかる統計値4項目|転職に強いエージェント5つ
皆さんは、24歳の平均的な年収がいくらかご存知でしょうか。この記事では、「24歳の年収にかかる統計値と、転職に強いエージェント」についてを詳しくご紹介しています。

24歳は社会人2年目に当たるので、周りの24歳の人の年収が自然と気になり始める時期です。

普段、「あなたの年収はおいくらですか」と聞けるチャンスはめったにやってきません。この記事で、24歳の年収についてをしっかりと確認しましょう。

24歳男性の転職事情

男性は、24歳の時点では転職を考える人は少ないと言われています。しかし、24歳という社会人2年目で転職を考える男性はもちろんいます。

24歳男性が転職を考えた時に、一番重要になってくる項目はやはり「年収」です。今の会社に就職できて安心した人でも、年収が低くて転職したいという方は大勢います。

転職先に公務員を目指す24歳男性の方もいますが、公務員試験に合格しないといけないので、資格習得に励みましょう。

24歳女性の転職事情

24歳の年収にかかる統計値4項目|転職に強いエージェント5つ
24歳の男性とは対照的に、女性は24歳で転職を考える方が最も多いと言われています。

24歳女性は将来の結婚や出産、育児などの明確な考えから転職活動を始める方が多いです。現在勤めている会社では育児休暇が取りにくいと感じたり、土日や祝日など子どもの学校の休みと仕事の都合が合わせにくいと感じた場合は、思い切って転職を考えるのも1つの手段です。

24歳の年収にかかる統計値4項目

24歳の年収にかかる統計値4項目|転職に強いエージェント5つ
ここからは、「24歳の年収にかかる統計値」についてをご紹介いたします。

社会人2年目の24歳の方にとって、周りの人の年収が気になる時期です。ここではそんな24歳の方のために、具体的な数字で「24歳の年収にかかる統計値」をお伝えしていきます。

24歳はどれくらいの給与をもらっているのか、記事の内容を自分に当てはめながらぜひご覧ください。

24歳の年収にかかる統計値1:24歳の平均年収

24歳の年収にかかる統計値4項目|転職に強いエージェント5つ
まずは「24歳の平均年収」のご紹介です。「24歳の平均年収」は、男性・女性によって数字が変わってきます。

多くの場合、現在の企業では男性の方が給与の金額設定が高く、女性は約10パーセント程度男性よりも給与の設定金額が低いです。

自分の勤めている会社の給与規定や概要を見直して、もし不明確な部分があれば1度確認をしてみましょう。

男性

「24歳男性の平均年収」は、約3,300,000円程度です。この数字だけで見ると、年間でもらえる金額が多く感じる方もいますが、これはあくまで24歳の平均的な年収であって、年収の手取額ではありません。

自分が女性でも男性でも、毎月の給与から社会保険料や税金がいくらか会社によって引かれていきます。仮にあなたが24歳男性で年収が3,300,000円だとしても、実際の手取額は約2,500,000円です。

女性

「24歳女性の平均年収」は、約2,900,000円です。「24歳男性の平均年収」と比べてみると、金額に差があることがわかります。

24歳女性の方も24歳男性の方とおなじように、毎月の給与から社会保険料や税金が会社によって引かれていきます。これによって、24歳女性の年収の手取額は約2,300,000円になります。

24歳の年収にかかる統計値2:24歳の年収中央値

「24歳の年収中央値」のご紹介です。20代はまだ若いため、企業による給与の設定額がどこも同じようなものになっています。

特に20代前半は、年収中央値がほとんど平均年収の数値と変わりません。ですが、「24歳の年収中央値」も男性・女性で若干数字が異なっていますので、しっかりと確認をしていきましょう。

男性

「24歳男性の年収中央値」は、207,2です。これは、20歳から24歳の男性に該当する年収中央値の数字です。

25歳から29歳の20代後半男性になると、年収中央値は239,1となってきます。この数字はいずれも、厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査より出ている数字です。

女性

「24歳女性の年収中央値」は、199,1です。こちらの数字も、20歳から24歳に該当する年収中央値です。

25歳から29歳の20代後半女性では、年収中央値は219,3となります。こちらの数字のいずれも、厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査より出ています。

20代の男性の数値と比べると、20代の女性の方が少し低いのがわかります。

24歳の年収にかかる統計値3:24歳の月収分布

24歳の年収にかかる統計値4項目|転職に強いエージェント5つ
ここでは、「24歳の月収分布」についてをご紹介していきます。24歳の一般的な月収はどの程度の金額なのか、自分が今貰っている月収は多いのか少ないのかと、不安になることはありませんか。

24歳の月収も、男性・女性で金額が多少変わってきます。現在24歳の方は、自分の月収がどの程度のものなのかを当てはめながら確認してみましょう。

男性

「24歳男性」の月収で最も多い金額は、200,000円以上220,000円以下です。

「24歳男性」の場合の月収は、2人に1人が220,000円以上240,000円以下の金額を給与として得ています。月収が300,000円以上の「24歳男性」は、全体の約10パーセントに満たない人数です。

月収が400,000円以上ある「24歳男性」はさらに少なく、全体の約1,5パーセントしかいません。

女性

「24歳女性」の月収で最も多い金額は、「24歳男性」と同じく200,000円以上220,000円以下です。

「24歳女性」で月収が220,000円以上の方は、全体の約40パーセントです。月収が300,000円以上ある「24歳女性」はとても少なく、20人に1人しかいません。

月収が400,000円以上ある「24歳女性」の数は最も少なく、100人に1人という割合です。

24歳の年収にかかる統計値4:24歳の手取額

24歳の年収にかかる統計値4項目|転職に強いエージェント5つ
24歳の年収にかかる統計値、4つ目は「24歳の手取額」です。「24歳の手取額」は、男女によって金額が異なってきます。

手取額とは、給与をいただく際に発生する税金や社会保険料を引いた、自分の手元に直接入ってくる給与の金額のことです。

社会保険料や税金の金額は勤めている会社によりますが、大体20,000円から40,000円かかってきますので、この金額が給与から引かれます。

男性

男性の「24歳の手取額」の平均は、180,000円前後です。24歳男性の場合、24歳女性と比べても10パーセント程度収入が多いとされています。

24歳男性の場合、同じ24歳女性よりも任される仕事量が多かったり、難しい仕事を振り分けられたりすることがあります。企業によっては男性・女性共に給与が同じという会社もありますので、会社の給与規定や概要をよく読んでおくと今後の収入の目安になります。

女性

女性の「24歳の手取額」の平均は、150,000円前後です。女性は、男性と比べて給与が少なく設定されている企業が多いです。

結婚を考えている女性や、シングルマザーなど子どもがいる24歳の女性の方は、手取額150,000円前後では心許ない金額です。

転職を考えている24歳女性の方は、就職したい会社の給与規定や概要を詳しく知っておくと安心できます。

24歳の転職に強いエージェント5つ

24歳の年収にかかる統計値4項目|転職に強いエージェント5つ
ここからは、「24歳の転職に強いエージェント」のご紹介をしていきます。転職関係のエージェントは数多く存在しますが、24歳という年齢で探した時には、どのような転職関係のエージェントを利用すると良いのでしょうか。

現在転職を考えている24歳の方や、身の回りに転職を考えている24歳の方がいるという人は、ぜひ最後までご覧になってください。

24歳の転職に強いエージェント1:リクルートエージェント

24歳の年収にかかる統計値4項目|転職に強いエージェント5つ
24歳の転職に強いエージェント、1つ目は「リクルートエージェント」です。「リクルートエージェント」は、求人の紹介や転職サポートを主に行っています。

「リクルートエージェント」では申し込み後、キャリアアドバイザーとの面接や書類などの書き方の指導、企業の面接対策を受けることができます。

「リクルートエージェント」が保有する求人情報は、業界でもトップの数です。

24歳の転職に強いエージェント2:パソナキャリア

24歳の年収にかかる統計値4項目|転職に強いエージェント5つ
24歳の転職に強いエージェント、2つ目は「パソナキャリア」です。「パソナキャリア」は、サポート体制がとても丁寧で信頼できる転職エージェントです。

「パソナキャリア」は、転職が初めての人や丁寧なサポートを受けたい方にとって大変人気の高い転職エージェントです。求人の質も高く、電話やメールの返事は迅速に対応して頂けます。

24歳の転職に強いエージェント3:doda

24歳の転職に強いエージェント、3つ目は「doda」です。「doda」は、業界最大手の転職エージェントです。

「doda」では求人の案件が多く取り揃っているため、困ることはありません。企業の面接対策や履歴書の書き方指導も丁寧に行ってもらえます。

「doda」の人気の理由の1つに、担当者の当たり外れが少ないことが挙げられます。安心して「doda」に任せてみましょう。

24歳の転職に強いエージェント4:リクナビNEXT

24歳の転職に強いエージェント、4つ目は「リクナビNEXT」です。「リクナビNEXT」は、ベンチャー企業やIT企業などさまざまな業種の求人を揃えています。

「リクナビNEXT」では会員登録を一度するだけで、会員限定のサービスを無料で受けることができます。企業からオファーをもらうことができる「スカウト企業」が充実しているのも、人気の理由の1つです。

24歳の転職に強いエージェント5:ミイダス

24歳の年収にかかる統計値4項目|転職に強いエージェント5つ
24歳の転職に強いエージェント、5つ目は「ミイダス」です。「ミイダス」は、20代の転職に強いエージェントです。

「ミイダス」はスマートフォンのアプリ専用の転職エージェントなので、スマートフォンがあれば誰でも手軽に利用できます。

「ミイダス」では「面接確約オファー」というものがあり、転職中のストレスを大きく軽減してくれます。スマートフォンアプリのサイトなので、エージェントに会う時間が無い方にも人気です。

24歳の平均年収を把握して就職・転職に活かそう

24歳の年収にかかる統計値4項目|転職に強いエージェント5つ
「24歳の年収にかかる統計値、転職に強いエージェント」については、いかがでしたでしょうか。特にご自身が現在24歳である方は、24歳の平均年収と自分自身の年収を比較してみてください。

ご自身の年収が一般的な24歳の平均年収より下回っていたら、この機会に転職を考えてみましょう。転職に強いエージェントも利用しながら24歳の平均年収をしっかりと把握して、就職や転職に活かしていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related