Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月21日

みなし残業を導入するメリット10個|みなし残業を導入するデメリット6つ

みなし残業を導入するメリット10個とみなし残業を導入するデメリット6つについてご紹介します。最近では、みなし残業、つまり固定残業システムを導入する企業が増えています。みなし残業があることに飛びつかず、きちんと理解しておくことが必要です。

みなし残業を導入するメリット10個|みなし残業を導入するデメリット6つ

みなし残業とは

みなし残業を導入するメリット10個|みなし残業を導入するデメリット6つ
みなし残業とは、固定残業のことを示し、残業をみこしていることをいいます。みなし残業がある企業は、その分もみなし残業手当として、残業代も事前に決められた一定の金額が支払われます。

ここではみなし残業を導入するメリット10個とみなし残業を導入するデメリット6つをご紹介します。転職をお考えの方も、みなし残業がある企業のメリットとデメリットを理解した上で、転職を成功させましょう。

みなし残業に適した業種

みなし残業を導入するメリット10個|みなし残業を導入するデメリット6つ
みなし残業は正確には「事業場外労働に関するみなし労働時間制」といいます。要するに、労働時間の把握が難しい業種に適応されることが多いです。そのため、同じ企業であっても職種によってみなし残業がある部署とない部署があって当然です。

一般的に営業職はどうしてもクライアントの都合で帰社時間が読めないことも多く、みなし残業があることが多いです。出張や外回りなどが多くなると、定時に帰れる可能性も低いです。

みなし残業に適さない業種

みなし残業に敵さない職種は、外出しない職種といえます。社内で仕事をする場合、労働時間の把握もしやすく、「裁量労働制」を適応しやすいです。そのため、労働した時間分だけが、時間で計算されて残業代が支払われます。

みなし残業に適さない業種は、製造業やオフィスワークが中心となる企業があてはまります。弁護士や会計事務所などもみなし残業の制度が適さないことが多いです。

みなし残業を導入するメリット10個

みなし残業を導入するメリット10個|みなし残業を導入するデメリット6つ
みなし残業がある企業は、お給料が残業手当が支払われるため金銭的メリットが大きいと思いがちですが、みなし残業のメリットとデメリットをしっかりと確認しておきましょう。

みなし残業を導入することのメリットをご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。みなし残業がメリット感じられるポイントも大いにあります。企業側も雇用される側にとってもみなし残業はメリットがあります。

みなし残業を導入するメリット1:残業代の計算が簡単

みなし残業を導入するメリット10個|みなし残業を導入するデメリット6つ
残業代の計算は、時給に換算して1.3倍など、少し割がよく支払われます。そのため、労働時間分を計算して残業代にする場合、計算が大変です。しかし、みなし残業を導入した場合、残業代の計算をしなくてすむので給料の計算が簡単になります。

みなし残業を導入して給料の計算が簡単になる事で、雇用者側にも雇用される側の面倒を省けることになります。雇用者側も今月分の給料がはっきりと読めるため収入の管理が楽になります。

みなし残業を導入するメリット2:勤務時間の管理が簡単

みなし残業を導入する際に、適切な時間外労働の時間をあらかじめ定めています。もちろん、みなし残業時間を超えた場合には、その分残業代として支払わなければなりません。みなし残業があれば、超過分を支払わなくてよいという事ではないです。

みなし残業を導入した場合、みなし残業時間を超えているかどうかで、超過分の時間分を計算しなくてはならないかだけを管理すればよいということになります。勤務時間の管理が簡単です。

みなし残業を導入するメリット3:業務の効率が良くなる

みなし残業時間を導入するメリットの背景には、業務の効率をよくすることが期待されています。雇用者はみなし残業時間内に、仕事を早めて効率的に仕事をすれば、みなし残業時間以内に帰宅できます。そうすれば、残業代よりも仕事少なくすることができます。

労働時間分だけ残業代を支払う場合、残業代欲しさに仕事が遅くなることも考えられます。みなし残業を導入することで、雇用者に仕事を早めるメリットを感じさせます。

みなし残業を導入するメリット4:業務改善の意欲がわく

みなし残業を導入するメリット10個|みなし残業を導入するデメリット6つ
みなし残業を導入するメリットとして、業務改善の意欲がわくことが期待されています。みなし残業を導入することで、時間以内に仕事を終わらせることで少しでもお得に感じる雇用者が多く、仕事の質を向上させる意識につながることがあります。

金銭的なストレスを省けることができ、就労者のやる気につながり、結果的に企業にとっても、就労者にとってもメリットになることが考えられます。

みなし残業を導入するメリット5:やる気がアップする

みなし残業を導入することで、社員のやる気がアップすることがあります。時間外を計算して残業代が支払われる場合、社員にとって損も得もありません。しかし、みなし残業を導入することで、社員にとってメリットになることがあります。

社員のモチベーションをアップすることで、企業の業績アップが期待できます。業績アップにつながれば、社員へのボーナスや賃金をアップさせることもでき、メリットは数多く期待できます。

みなし残業を導入するメリット6:残業未払いがなくなりやすい

みなし残業を導入するときには、適切な残業時間を計算されます。残業時間を時間給で計算している場合、計算間違いなどで残業代が未払いになることも考えられます。しかし、みなし残業の場合は残業代の未払いが少なくなる傾向があります。

社員もみなし残業の時間を超えないように仕事をする意思が高まり、残業代の未払いを防げるというメリットにつながっています。

みなし残業を導入するメリット7:トラブルになりにくい

みなし残業を導入することのメリットの1つが、企業と社員のトラブルになりにくいということです。残業代の未払いや計算方法や時間の計算などで、トラブルになるケースがあります。

みなし残業では、決められた残業代が一定で支払われるため、残業代の未払いが少ないです。残業代の未払いがなくなるということは、比例してトラブルも少なくなります。

みなし残業を導入するメリット8:収入の計算がしやすい

みなし残業を導入するメリット10個|みなし残業を導入するデメリット6つ
収入が支払われる前に、年収などの計算をする場合、残業代の計算がしづらく収入が読みづらいです。収入が読みづらいと金銭的な計画がしにくいことにつながります。しかし、みなし残業の場合は、全体の収入の計算もしやすいというメリットがあります。

収入の計算がしやすくなることで、社員の給料も安定しているため、旅費やレジャー、貯金などの金額を事前に読むことができます。

みなし残業を導入するメリット9:平等さが増す

みなし残業を導入することのメリットとして、社員の平等さが増すことが期待されます。社員によっては残業時間の長い短いで、同じ部署であっても給料にばらつきがでます。しかし、みなし残業の場合は同じだけ支払われるため平等さが増します。

社員を平等に扱うことは、仕事へのやる気などにも必然的につながる傾向があります。残業を好む方とそうでない方をうまく緩和させる対策にもつながります。

みなし残業を導入するメリット10:残業の有無が明確

みなし残業を導入することで、残業の有無が明確になります。残業代が支払われるということは、基本的に残業があることがわかります。転職活動をするときに、みなし残業があるということは、残業があることが前提になります。

転職活動をするときに残業がないことを条件とする求職者にとっては大きなメリットになります。残業があるかどうか、残業代がでるかどうかなどは、入社前に確認したいところです。

みなし残業を導入するデメリット6つ

みなし残業を導入するメリット10個|みなし残業を導入するデメリット6つ
みなし残業を導入することで、よいことばかりではありません。メリットばかりで仕事を決めてしまうと失敗してしまうことも考えられますので、みなし残業を導入するなかでデメリットもしっかりと理解しておきましょう。

物事には良い面もあれば、それに伴い悪い影響を与えてしまうこともあります。つまり、考え方は2通りあるため、慎重に考える必要があります。

みなし残業を導入するデメリット1:長時間労働を誘発する

みなし残業を導入している企業は、残業があることが前提のため長時間労働が予想されます。みなし残業を導入することで、残業があることが当たり前化してしまい、さらに労働時間を延ばしてしまう結果になることもあります。

みなし残業代が支払われる時間までは、仕事をしても良いという考えになってしまい、仕事の効率アップがおろそかになることもあります。

みなし残業を導入するデメリット2:勤怠管理が必要となる

みなし残業を導入することで、勤怠管理が必要となります。みなし残業時間内で仕事をしているかどうかによって、給料が変動します。みなし残業時間を超過するとそれ以降の時間外手当を支払わなければなりません。

勤怠管理をしなければ、みなし残業時間が適正であるかどうかがみえません。そのため、みなし残業時間を導入しているからといって、個人の残業時間を把握しなくてもよいというわけではありません。

みなし残業を導入するデメリット3:勤務実態が不透明となる

みなし残業を導入するメリット10個|みなし残業を導入するデメリット6つ
みなし残業時間を導入することのデメリットとして、勤務実態が不透明になることがあります。時間ばかりを気にして勤務実態を把握していなくては、残業の必要性の判断ができなくなります。

勤務実態とは、適正な仕事をしているか、業務にあたって取り組みなどがあげられます。みなし残業をしていても、勤務をするなかでの効率性や社員のモチベーションなどはとても大切なことなので確認が必要です。

みなし残業を導入するデメリット4:無駄な人件費が発生する

みなし残業を導入するメリット10個|みなし残業を導入するデメリット6つ
みなし残業を導入することで無駄な残業代が発生する恐れがあります。業務改善などにより、仕事の効率化をあげることも可能ですが、残業をすることが当たり前になってしまうと業務改善に取り組まないこともあります。

残業代が発生することが本当に必要であるかどうかを判断しづらくなることがあり、デメリットになるケースがあります。

みなし残業を導入するデメリット5:コミュニケーション不足となる

みなし残業を導入するメリット10個|みなし残業を導入するデメリット6つ
みなし残業を導入することで、残業の申請などがなくなり、コミュニケーション不足になることがあります。企業によっては、残業をするときには事前に申請を行わなくてはならないこともあり、上司と部下のコミュニケーションが発生します。

また、みなし残業があることは残業が前提ということで、仕事が忙しいイメージがあります。忙しいことで社員のコミュニケーション不足が懸念されることもあります。

みなし残業を導入するデメリット6:人事評価が困難となる

みなし残業を導入することのデメリットとして、人事評価が難しくなることがあります。人事評価をする際に、個人の裁量をみられます。残業代の有無や残業時間などを参考に人事評価をすることもあります。

また、人事評価を行う上で、業務改善や取り組み力ややる気や効率化も対象となります。みなし残業を導入することで、勤務実態がわかりにくくなり、人事評価が困難となることが懸念されます。

みなし残業を正しく理解して導入しましょう

みなし残業を導入するメリット10個|みなし残業を導入するデメリット6つ
みなし残業を導入するメリット10個とみなし残業を導入するデメリット6つにつていのご紹介はいかがでしたか。みなし残業を導入することで、デメリットもメリットもありますので、みなし残業を導入する際には慎重に考えなければなりません。

みなし残業がある会社は残業代が支払われるので良い会社というわけでもありません。転職活動をするときにもみなし残業に対する理解をした上で、企業を選ぶようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related